ウインド・リバーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ウインド・リバー2017年製作の映画)

Wind River

上映日:2018年07月27日

製作国:

上映時間:111分

3.9

あらすじ

「ウインド・リバー」に投稿された感想・評価

実話を元に作られた作品なのですね。

作中では舞台は閉塞的な雪国に追いやられた場所(アメリカ中西部ワイオミング州にあるネイティブアメリカンの保留地)で、酔った男たちが自分を自制できず起こしたレイプ事件です。

ある程度脚色されてるだけで実際にネイティブアメリカンの女性が失踪し、それが表沙汰になる事は無いという事実を訴えていて随所に物凄くメッセージ性が含まれています。

今の時代人権問題といえば黒人差別が問題視され、黒人の方やそれ以外の人種の人も声を大きくしてきていますが、声を出す事もできず、ただ外れで細々と暮らし、その中で部族問題や誘拐などの事件が多発しているという事もわかっていかなくてはならないのだと思いました。

作品としてだけ観るのなら、ジェレミー・レナーの淡々と物事をこなしていく様がカッコいい。ミッション・イン・ポッシブルのイメージが強かったので僕の中では新鮮な役でした。

ただ、人権・迫害・部族問題がテーマの一つとされてるこの作品の指揮してた人がセクハラ野郎だったらしいのでなんだかなぁーという気持ちになりました。
トムシ

トムシの感想・評価

4.0
重くて観るのにオススメはしないけど
主要人物と雰囲気に伴った雪景色がよかった ..
なんとも言えん気持ちでかなしい
ほんとにこんな世界いやだ😫
底知れない歴史の闇
ジェレミー演じるランバートのスナイパーぶりがかっこいい。
アメリカのワイオミング州の雪景色の中で淡々と物語が始まると、何となくアカデミー賞作の「ファーゴ」を思い浮かべたが、そこにブラックユーモアは無く、実に淡々と、そして、ジェレミー・レナーが新境地のような存在感を醸し出している

FBI捜査官役のエリザベス・オルセンは対照的に飄々とはしているが、捜査には情熱的

全体的に派手さは無く、娯楽作ではないが映画としては近年のコミック実写化や、リメイク作品のオンパレードに飽き気味の方々には、たまにはこういう落ち着いた作品も良いかも知れない
アメリカ社会の抱えている闇が浮き彫りになった感じ。重い。だけれど、そういう国、そういう土地もあるんだという現状を知るきっかけになったし、警察や法の行き届かない極地の凄惨な状況を多くの人に認知させるきっかけにもなったかもしれない。すごく暗い話だけど、最後はすっきりできて良かった。
これは我々が知っている、TVで見るアメリカとは違う世界。黒人差別より更に埋もれた暗い部分。
圧倒的に弱者故に埋もれてしまっている事実の物語。
見ず知らずの女の子の10kmを思って泣いてしまえる人と、自分の手を動かせる人、ともすれば哲学がぶつかり合いそうな2人の合致であのラストなんだなあ。
へぷた

へぷたの感想・評価

3.8
人も自然も厳しい辺境の絶望感に満ち溢れた作品だった。どうにもならない理不尽さや閉塞感を一面雪景色の舞台が体現していた。”世界”に何を奪われても悲嘆に暮れているだけじゃ何も変えることはできないというメッセージを感じた。主人公の「感情と戦う方を選んだ。世界には勝てない。」というセリフがそれを表していると思う。
黒人差別が取り沙汰される昨今のアメリカで日の当たらない場所で同じように苦しんでいる人たちがいることを、この映画を見た人間として忘れてはいけないと思った。
本筋とは無関係だが、銃声や銃の扱い、撃たれ方など銃に関連するシーンにかなり注力していた印象を受けた。
ぼみ子

ぼみ子の感想・評価

4.0
深刻な社会問題をまた一つ学べた気がする。メッセージ性が凄く強い作品。

ネイティブアメリカンについては学校でサラッと教科書で勉強しただけで、今の現状を全然知らなかった。

広大な土地に警官がたったの6人!?しかも登場人物が極端に少ないのが 凄く閉鎖的な印象を受ける。

実際にこんな事件が起きてるなんて胸糞だし、闇が深すぎる。
そんな現実があるとは全く知りませんでした。とても勉強になりました。
>|