告発のときの作品情報・感想・評価

「告発のとき」に投稿された感想・評価

LO

LOの感想・評価

2.5
実話を元にした、淡々としたドラマが好きな人向けです。 

私には可否が付けられません。
tlagalt

tlagaltの感想・評価

3.0
イラク戦争で起こった兵士たちの心の傷を、ひとつの事件を題材にして描いた映画。息子の失踪事件を解明するにつれて、息子やその仲間たちが戦地でおかしくなっていったことを知る主人公。その過程を経るに従い、感情は怒りから諦めや空虚なものへと変化していく。その状況に息子が陥った要因のひとつに、自分自身があるからだ。
ライ

ライの感想・評価

-
実際に起きた事件・・・イラク戦争に徴兵した息子が行方不明。そして、ばらぼらの死体に。
徴兵した息子、そして、仲間。
戦争で心が壊れたんだね。
重い。。。

シャーリーズ・セロンも地味な警官として演出。
事件を追う熱血な部分もあったが、真実が明らかになり、何も言えなくなく。

映画などで真実が伝えられているが、
ごく一部の話しかもしれない。
でも将来、子供たちに何を伝えるべきか。
真実を受け止めて、平和を願いたい。
Abu

Abuの感想・評価

4.0
PTSDの割合が高いのがイラク戦争だと言われている。米兵の意識の変化、戦い方の変化など要因が挙げられるが、戦場は変わりなく非戦闘員が多く死んでいく「殺される」。
その辺を色々と考えさせられる映画。
もちろんサスペンスなんで犯人捜しは当たり前。この映画、皆んなが病んでいるように見えるので落ち着けない感じがする。
その辺を含めて、かなり評価の高い映画だと思われる。
0naiii

0naiiiの感想・評価

4.2
イラク帰還兵の実話ベース。
狂っていく兵士たち。
まさかの結末。

大義とは。英雄とは。戦争とは。
アメリカの深い闇がじっとりと纏わりつく。


クラッシュの監督だった。納得。
無駄なシーンがない。全部が繋がる。
りさこ

りさこの感想・評価

4.8
登場人物と同じ目線で、息子の良心を信じ、最後に真相を知った瞬間、登場人物と同じ目線でショックを受けました。
観ている人にそう感じさせるこの映画の構成力・演出はすごいと思います。
人を、加害者でもあり被害者でもある救いようのない存在にしてしまう戦争のむごさを、実感として想像させられる感じがしました。

身近な話に通ずる教えも込められていたと思います。
父親もベトナム戦争での地獄の経験があったから、軍役につく息子の気持ちは分かるものだと思っていた。でも、イラク戦争ではまた別の地獄が展開していた。父親は、遠ざかる息子に気づけませんでした。
似ていても同じでない限り理解はできないということを忘れてはいけない、と戒められました。

政府の陰謀〜!みたいなものを観たいテンションで観始めたのですが、違ったのですが、観て良かったです。
2018 189本目

なんかどこかで見たことあるような内容。
この設定の映画はありすぎ。
shinnaoki

shinnaokiの感想・評価

3.0
戦争の後遺症の話。戦争は戦場では終わらない。死者だけが戦争の終わりを見る。
oji

ojiの感想・評価

3.5
逆さまの星条旗が、マイクの助けを求める叫びと重なってとても切ない…
戦争から帰還後に失踪した息子を親父が必死に探す物語。
戦争の惨さを感じるには十分ですが、そんな作品はごまんとあり、全体的にみて緩急穏やかで温度差が少なくなんとなく終わる感じ。

元軍人の親父さんの推察力はなかなかですが、息子が迎えた結末はあっけない。
まさに「告発のとき」といった流れですが、意外性があまり……。

この手の映画はメッセージ性やその奥に隠されたものを読み取るのを重視すると思いますが、どうも僕はそれが苦手なようです。
>|