ウィンターズ・ボーンの作品情報・感想・評価

『ウィンターズ・ボーン』に投稿された感想・評価

田舎町、事件の真相を探ろうとするが町を支配する不文律がそれを遮る。人が共存していく中で正しいことだけでは片付けられない人間関係があると思うけれど、郷に入るか出るかの二者択一……
travis

travisの感想・評価

4.0

アメリカの貧困な村、閉塞感に満ち溢れ、泥水を啜りながら這いつくばって、家族を支えて生きている17歳。
派手さもなく、ドラマティックでもなく、万人受けする作品ではない。
日本では、まず評価が低いだろう…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

森の中の集落で暮らす狭いコミュニティーや親族関係、その闇が深く描かれていて、暗く閉鎖的な雰囲気がかなりリアル。余計なBGMもなく暗く静かで良い意味で質素。田舎系のミステリーやサスペンス、スリラーが好…

>>続きを読む

 とにかくくら〜い作品。父親が犯罪で捕まって、保釈されるが、裁判に出ないと保釈金は全部取られる。担保に入れていたのは、自宅と土地。母親は精神を患い、12歳と6歳の兄弟がいて、17歳の主人公は一人で父…

>>続きを読む
たけp

たけpの感想・評価

4.0

すごい静かなオープニング
自然が豊かな場所だけど貧しい生活をしてるんだと見てる側に伝わる
そこに保安官が父親を裁判に出廷させないと担保になってる家と森を取られると伝えて物語スタート

主人公のリー(…

>>続きを読む

17歳のリーの父親が実家と土地を担保にして失踪した。リーは父親を捜すが…

雰囲気は「ウインド・リバー」って映画に似てますね。

父親を捜索しつつ、アメリカの田舎の闇を描きます。

悪い事してないの…

>>続きを読む
チロル

チロルの感想・評価

3.8
ミズーリが舞台の映画って全部こんなイメージ。
エンディング曲が良きかな

「何かを吸い取られる映画」

暗くて重くて実にタフな内容。最初から最後までシビアっぱなし。貧しさと絶望でグッタリしてきます。最後はハッピーエンドだろうという期待だけで観通しましたが、最後にほんの僅か…

>>続きを読む
林檎

林檎の感想・評価

3.8

凍てつくような寒々しい森の中にリー(ジェニファー・ローレンス)は母親がわりに幼い弟、妹の世話をしながら生活している。終始失踪した父親のために危険な目に遭うけどそれは地域独特の風習にも関係している。ど…

>>続きを読む

結構面白かった。二十歳のジェニファー・ローレンスが可愛い。とにかく不憫だけど。俺がいつも観てる痛快なアクション映画をアメリカの“光”の部分とするならば、この映画はアメリカの“影”の部分。

舞台はア…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事