デトロイトの作品情報・感想・評価

デトロイト2017年製作の映画)

Detroit

上映日:2018年01月26日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わ…

1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わず脅迫し自白を強要する「死のゲーム」が展開されていく・・・。

「デトロイト」に投稿された感想・評価

masatan

masatanの感想・評価

5.0
こういうの見ていつも思うんだけど、差別する側の人間に気持ちが絶対に理解できない。ほんと酷すぎて直視したくなかったけど、繰り返さないためには見ておかなければと思った。出演者の迫真の演技がさらにその気持ちを高めたと思う。
Mika

Mikaの感想・評価

4.5
すごく心に残った
これが実話だったなんて残酷すぎる
警察の拷問シーンがやっぱり一番印象的で俳優の演技がうますぎて見てて嫌な思いしたけどすごく見入ってました
本当にいい映画だった
仁

仁の感想・評価

3.5
こんな酷い人種差別が実話だとは。警官の尋問も裁判結果も全てが不条理で胸クソ悪い。こんな酷い結果になるということは、アメリカの社会全体がこんな人種差別を認めているという事に他ならない。それはこの事件から50年経過した今でも人種差別は完全には無くなっておらずアメリカ社会の根底に根強く残っている事からも明らか。
Rucola

Rucolaの感想・評価

3.9
だいぶ前に観たのに、何を書いていいのかわからず放置してました。こういう社会派作品は、観終わるといろいろ考え過ぎちゃって、逆にどうしようってなる傾向があります...


デトロイトと聞いて思い浮かべるのは...

16年前にカナダのトロントに住む知人に一人で会いに行く時に、トランジットしたのがデトロイト空港だったこと。
広い空港で、構内?に電車が走ってて驚いたっけ。一人で時間もあったので、意味もなく端から端まで乗ってみたり。

あとはKISSの”Detroit Rock City“という曲。イントロ部分がカッコよくて好き。たぶんかなり有名なので、聴いたことある人は多いはず。


...と映画と全く関係ないことばかり思い出したけど、映画の方はとにかくそんなのんきなことを言ってられないくらいの、シリアスな内容です。
まだ50年くらいしか経っていない時代の出来事ということに驚く。じゃあ私が生まれる経った10数年前の話じゃないですか!

ふと想像してみる。
もし自分がその時代にいたとして、たとえば白人だった場合、自分はどんな行動を取るんだろう。黒人だった場合、どんな行動取るんだろう。頭の中でループです。
結論も出ないのは、今の時代でのほほんと暮らしているからなんじゃないかと思ったり。

とにかく今の時代に出来ることは歴史を知って、この先またこういうことが起こらないようにすること。
多くの人に観てもらいたい作品です。
KarimF

KarimFの感想・評価

3.9
見るのが辛かったけど、映画として残って本当によかった!こんなことは二度と起きてはいけない!
観たあとめっちゃ疲れた、、、

実話かあ、、、しんどいな、、、
ウィルポールターのいじめっ子顔めっちゃ殴りたくなった、、、
ジョンボイエガにライトセーバーを、、、
かじ

かじの感想・評価

4.5
この出来事がほぼ実際にあった事件だと思うと、黒人の方たちの人権の軽んじられ方は、どれだけ想像してもその想像を絶する過酷さだったんだろうなと思ってとても苦しい気持ちに
けど、そんな時代でも生きていく希望を感じられるかのように人々の中には音楽が存在していて、現在に至るまで黒人の方たちを中心に作り上げられてきた音楽ムーブメントを今以上にちゃんと噛み締めて聴いてみたくなった
エンディングのRoots最高だ
tofu

tofuの感想・評価

3.8
人種差別がテーマのため、非常に胸クソ悪く、モヤモヤし、スカッとしない作品。とはいえ、作品に釘付けとなったことは間違いない。

警官の非合法スレスレの強制捜査をキッカケにデトロイトは暴力が連鎖する街と化していく。その無法地帯の中で黒人住民に対する、差別主義のレイシスト警官が凄惨な事件を巻き起こす。このシーンが1番の見所でもある。見所といっても恐ろしく理不尽で暴力的な描写である。

また後半、黒人警備員を任意同行(半ば強制)し事情聴取するシーンも恐ろしい。何を言っても屁理屈で返され、なんなら暴力でウソの自白を促すあたりは他人事とは思えなかった。

ラストの裁判シーンも、司法と国家権力の癒着を思わせるセリフや役者の目線、表情が垣間見られた。

語り出すと、政治的主張やら共和党うんぬんやら始まるのでこの辺で(笑)。

多分、ブルーレイ買うわ
さより

さよりの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

好きなところ
・歯車が段々狂っていき、暴力に歯止めがきかなくなっていく様
・ウィルポールターくんの共感力のなさそうな名演
・あれだけの証言があっても無罪
・ボイエガくん、罪を着せられなくてよかった

元航空部隊のアンソニーマッキー……
帝

帝の感想・評価

4.0
実話をもとにしたものって地味だけど重い

イエローが臆病者って意味だと知りました。
>|