デトロイトの作品情報・感想・評価

デトロイト2017年製作の映画)

Detroit

上映日:2018年01月26日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わ…

1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わず脅迫し自白を強要する「死のゲーム」が展開されていく・・・。

「デトロイト」に投稿された感想・評価

BoiledEgg

BoiledEggの感想・評価

4.2
緊張感のあるシーンが続く。痛々しい暴力。心底恐ろしかった。
救いようのない話だが、これが真実であり、現在も少なからず続いているものなのだと改めて感じた。

途中で当時の映像が挟まれるのが、さらに物語をよりリアルなものにしていた。
TAKEZOH

TAKEZOHの感想・評価

3.0
『ハートロッカー』『ゼロダークサーティ』で戦場で生きる人間達を描いたキャスリン・ビグローが、暴動で無秩序と化した街の非日常に観ている者をいざなう!?
軍人たちも関わらないよう一線を引く警官達の暴挙と振る舞いと人種差別、その時代性を表しているが、
非日常を体験した一般人が日常に戻った時、傷を抱えながら理不尽な世の中を懸命に日々を生きていく彼らの心の慟哭は、事件の現場を追体験しているような感覚に入り込んでしまった。
今年『デトロイト』『タクシー運転手 約束は海を越えて』など立て続けにこのような作品が公開されているのは、何かの暗示か? それとも偶然なのだろうか?
みき

みきの感想・評価

3.7
数ヶ月前に見たけど、今でもこの映画を見た時の重苦しさや息苦しさが思い出せます。自分が正しいと思い込んで非道なことをする人間が一番タチが悪いと思いました。
Hisako

Hisakoの感想・評価

3.7
当たり前だけど人種云々ではなく、一人の人、多くの人が無実の罪で殺されることは絶対にあってはいけない。目を背けたくなるけど、知っておかなきゃいけない歴史。
ゆうこ

ゆうこの感想・評価

3.8
この映画は観ててシンドかった

これは実話らしく、当時のニュース映像等も時折挟んでました。
こういう国家内の恥部はどの国にも存在したし現存する。で、この映画(監督)が100パーセント正義か?という疑問も残る。イエロー(黄色人種)は卑怯者という台詞を突き刺したまま放置されるからだ。白、黒だけの話じゃない。
monica

monicaの感想・評価

3.0
つまらなくはないけど見なきゃよかった
映画でストレス受けるのは嫌だ
キャスリン・ビグロー監督作品は、
はりつめる緊張感で軽く筋肉痛になるってことを思い出した
くたくた系
2018年2月14日、TOHOシネマズシャンテにて鑑賞。
この映画、楽しむ映画ではなく、キャスリン・ビグロー監督が追求して捉えて真実を確認する映画であったと思う。
特に、黒人差別についての強いメッセージ性は伝わって来た。

酒場の摘発から暴動に至る部分よりも、数人の黒人たち(白人女性2人含む)が壁沿いに並ばされて脅されるシーンがインパクトあった。

ただ、キャスリン・ビグローは『ハート・ロッカー』や『ゼロ・ダーク・サーティ』などの様に、銃や爆弾・地雷などのある戦場を追求していると思っていたが、今回は暴動の影に隠れた殺人事件の追求など、真実追求作家という気がした。

真実を追求する熱意は感じるが、自分としては楽しい映画ではなかった。 

<映倫No.47449> 
デトロイト
私が生まれる3年前のアメリカ史上最大の暴動を描いた映画。見ていてとにかく人種差別というよりも、"人"としてこんな法も秩序もない暴挙が許されるのかとたまらない気持ちにさせられました。40分間に渡る恐怖の尋問シーンはその場に居合わせたようなヒリヒリした感覚を感じましたねぇ〜。こんな惨劇を起こした刑事フィリップの非道さが際立った映画ですが、それを見事に演じきったところに一見の価値ありです・・・映画を見た人全員に嫌われるであろう演技でしたから。
>|