デトロイトの作品情報・感想・評価

デトロイト2017年製作の映画)

Detroit

上映日:2018年01月26日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わ…

1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わず脅迫し自白を強要する「死のゲーム」が展開されていく・・・。

「デトロイト」に投稿された感想・評価

JJ

JJの感想・評価

4.0
素晴らしい映画。アメリカの歴史を知る上で、お勧めしたい映画の一つ。
※「面白い映画」とは言えない(言ってはいけない)。
2018 98本目

デトロイト

1967年に実際に起こった暴動を当事者の記憶などをもとに映画化。

日本人では余り理解出来ない人種差別。

白人警官の暴行は目に余るものがある。

が、そのキッカケになったある出来事も軽率ではあった。

完全に事実とするならばアメリカの闇は深い。
槇村

槇村の感想・評価

4.0
ハートロッカー、ゼロダークサーティを撮った監督だそうで、どちらも見ていますが、今回の映画が一番グサッと来ました。前作同様今作も実話で、有名なデトロイト黒人暴動に端を発した、モーテルでの白人警官の黒人への横暴、殺人を延々と描いています。1967年、まだまだ人種差別が横行していた時期ですが、警官という特権をもった人間が一般の黒人を差別するのが胸くそ悪い映画で、どんな決着になるのか目を離せませんでした。結局、実話という事もあり、胸くそ悪いままの結末でしたが、50年経った今でも、警官が黒人を射殺する事件があったりして、いまだに黒人への偏見、差別があるのを見ると、アメリカの黒人差別の根深さを感じずにはおれません。
ところで、黒人差別の映画で真っ先に思い浮かぶのが名作ミシシッピーバーニングで、これも同時期(1964年)の実話ですが、こっちの結末は今作に比べやや溜飲が下がる感じです。
正直映画の見応え面白さは全く無い!

実際に起きた人種差別を元にした事件の話

お暇な方はどーぞぐらいな感じかな

非常考えさせられる映画。
予想していたのと全然違った笑(^^)
ネタバレ見るか、人種差別に興味がある人は見たら良い程度かな。
白人くそ警官が、2時間ずっと拷問している映画。実話。
アメリカの闇、結局アメリカてこういう国だと思う。理想の国家など地球にはない。
silence

silenceの感想・評価

4.0
ただただ重く、ただただ辛く、ただただ苦しい現実を見せられる作品。ラストシーンのラリーの聖歌はとても儚く、人間としての強さ美しさが全て引き出されていた。
胸糞悪くて怒りに震えた。

デトロイト暴動におけるアルジェモーテル事件を題材にした作品。これ事実かよ。こんな衝撃受けた映画ないよ。

ウィル・ポールターてお馬鹿な映画によく出てくる馬鹿なガキの役やってるイメージだったのに、コイツがまた凄い演技してた。

そしてジョン・ボイエガ。なんて良い役者。セリフだけじゃなく、全身で演技してた。スターウォーズの世界に紛れ込んだコスプレイヤーとか言ってごめんよ。

結局、モーテルの件だけで3人の死傷者を出し、しかも警官は無罪放免。こんなこと許されていいはずがないのに、、。ただ、この事実を歴史の一部として受け入れたことでアメリカは一歩進んだはず。

一つだけ言えば、なぜ尋問の場面でありのままを話さないのか。事実を隠す動機は無いはず。どうしてもそこが理解できなかった。

これを観たあとは皆タランティーノのジャンゴを観よう。
NORIDAR

NORIDARの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

前作のゼロダークサーティもすごい好きだったけど今作の鬼気迫る映像展開も堪らない!
メインのモーテルでのやり取りは当然だが今作の署内での尋問シーンも凄い迫力で、尋問される孤独感をどの犯罪作品よりも強く感じた。

ここまで胸糞映画だとは…。



ウィルポールターがぶっ殺される映画観ないと気持ちが晴れないんだが。
ju

juの感想・評価

-
デトロイト市警の必死さ 笑 w

実話元で、聖歌隊に入った人本当にしんどかったんだな。親友の死でw

おもちゃのピストルでもだめっしょ

勘違いされるわ
スター

スターの感想・評価

4.0
キャスリン・ビグロー監督のハート・ロッカーには、イマイチ共感できなかったのですが、この作品は良かったです。
実話ベースの映画で、1960年代に起きたデトロイトでの黒人の暴動と、その最中、白人の警官が起こした、黒人の殺害事件を描いたものです。
ドキュメント風の展開で、時折ニュース映像を交えながら、物語が進みます。スター・ウォーズ/フォースの覚醒に出演した黒人俳優ジョン・ボイエガも、警備員役で出演してます。
かなり重苦しい話でしたが、見応えありました。
>|