デトロイトの作品情報・感想・評価

デトロイト2017年製作の映画)

Detroit

上映日:2018年01月26日

製作国:

上映時間:142分

あらすじ

1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わ…

1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わず脅迫し自白を強要する「死のゲーム」が展開されていく・・・。

「デトロイト」に投稿された感想・評価

ShowgoBond

ShowgoBondの感想・評価

4.5
‘Detroit’ was directed by Kathryn Bigelow (well known for directing The Hurt Locker and Zero Dark Thirty) and stars John Boyega, Will Poulter, Aglee Smith and etc. This is based on a true story that took place in 1967 in Detroit, where some many riots, violence, shooting and stuff were caused by African-American people and sometimes police officers ended up killing some guys by shooting. This movie mostly focuses on one of the incidents which occurred between African-American guys and some police officers who caught those people and interrogate them in an incredibly cruel and threatening way after hearing some gunshots from an apartment...

This movie was really good and even though the film was 2 hours and 20 minutes long, I felt like that I saw an hour film after the film came to an end just cos every single scene has some stuff which intrigued and kept my eyes wide open so I never got bored. This film was, for me, better than those two films that she directed before, even the Oscar winning film The Hurt Locker. One of the reasons why I found this movie that interesting was probably that I didn’t know about the circumstances in the city of Detroit at that time that much, though I knew it used to be a dangerous city just a little bit. And I learned so many things such as the existence of kinda corrupt, brutal and biased police officers, sporadic gun shooting in that city and stuff. I felt like that I was enlightened from this movie. From the beginning to the end, everything was tense and nothing unimportant there so didn’t find this film slow, dull or anything negative luckily. I suppose it’s thanks to performances of these incredible actors especially Will Poulter who played a role of one of brutal police officers interrogating the residents in a really threatening way and ends up doing something horrible (I’m not gonna say what he did cos it might be a bit of spoilers) but his performance was incredible and since he’s never showed such a horrifying face before, it was pretty much to see...Anyway hope you’ll enjoy this movie as much as I did too.

Thank you for reading my brief review of ‘Detroit’!
当然のように見応えあり。緩急織り交ぜ140分全くダレない。

ダレないが、本作の肝の40分に渡る陰湿な取り調べはさすがに苦痛だった。絶対この現場には行きたくないし、素直にそう思わせる監督は大したもんだ。

そして何よりウィル・ポールターのサイコパスっぷりが恐ろしくて素晴らしい。

ストーリーに実在のコーラスグループ(現在も活動中)のThe Dramaticsが大きく関わっているのでソウルファンも観てください。
Detroit is a period-piece. A dramatization of an infamous era in the United States' recollections. It is a topical film that masterfully preserves the past yet profoundly speaks of the present. As with the Hurt Locker and Zero Dark Thirty, Katheryn Bigelow bestow a documentary-like feel to the film. Putting audiences at the center of the chaos, amplifying our sense of fear and distress. With the help of its outstanding casts--particularly, Boyega, Poulter, and Smith--Detroit ushers in scenes of indescribable horror, comparable to that of the scariest horror flick.

Detroit is an emotionally exhausting film. It may not be the most entertaining cinematic outing, but the facts remained--these event happened. The current occurrences of injustice only make Detroit more essential.
RYJTJN

RYJTJNの感想・評価

3.9
狂気の沙汰でしかないけど、これ、実話を基にしてるのか…。

とにかく怖い。そして重過ぎる。

全編ドキュメンタリーのような映画の作り、白人警官役ウィル・ポールターの怪演、そして突きつけられる現実。何から何まで信じられないことだらけ。

今のアメリカを理解する上で避けられない事実の一つなんだろうな。ドラマティックスのことをもっと調べなきゃ。

映画としてもダレることなく2時間20分ずっと緊張してた(なんなら最後足がつるかと思ったよ…)。面白かったけど、もう一度観たいかと言われると、一回観ればいいかな、と。怖すぎました…。
Keitoes

Keitoesの感想・評価

4.4
1967年デトロイトで起こった暴動:実話を元にしたストーリー

✔️黒人差別の実情を知らなくても、臨場感や現実味の溢れる作品だった
✔️実話を元にした約140分という長さ、更にあまりのリアルさに途中からずっと身体に力が入ったままだったけれど、一瞬で駆け巡った感覚
✔️主演のジョン・ボイエガが、スターウォーズのフィンの時とは打って変わって、シリアスで本当に格好良かった
✔️ウィル・ポールターの演技も良すぎて、憎たらしさMAX
✔️いろんな感情が渦巻く映画だけど、個人的にとてもオススメする映画です
ILC

ILCの感想・評価

4.0
なかなか良い。まさにタイムリーな映画。フィクションならもっと振り切ってできたような内容。事実だからこそドキュメンタリータッチで描いたのは臨場感が出て正解だったと思う。フィクショナルな過激なもの目当てで、期待して観ると肩透かしを食らうと思う。
KY

KYの感想・評価

4.1
キャスリン・ビグロー監督作。

1967年夏、デトロイト。デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始める・・・。

・・・

ブラック・ライヴズ・マター運動と連動して話題になった映画として『ゲットアウト』は煽りまくって中々たたみにかからない苛立ちがあった。一方で今作はかなり早い段階から強烈な緊張感で見せて来れる。個人的にはこちらの方が好みだった。

モータウン全盛期のデトロイトを舞台にし白人が黒人に憧れる逆転現象が音楽によって生まれはじめた頃の白人女と黒人男がいちゃつく絵に音楽の素晴らしさが収束されている分、そこからの地獄絵図のギャップも鮮烈。

むやみやたらにリアリティのためだけにドキュメンタリータッチに描いてるのではなく、事件そのものの緊張感を描くため、映画としての面白さのためにきちんと機能してた印象。
filmoGAKU

filmoGAKUの感想・評価

3.0
【記録】id. 15 sep. 2017. in english.
joanna

joannaの感想・評価

4.0
今この時だから、この映画が出てきたのかな。それぞれを丁寧に描いているから、人間の弱い部分を共感できる。
カメラワークとストーリーがしんどい
けどいい映画です。
人物描写が丁寧というか、個人の社会的地位による逃げであったり葛藤であったりがとても観ていて憎いしもっと正義感持てよ!!とか言いたいけど果たして自分があの状況にあったらどこまでできたのかっていう。
>|