ボーダーラインの作品情報・感想・評価

ボーダーライン2015年製作の映画)

Sicario

上映日:2016年04月09日

製作国:

3.7

あらすじ

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)。特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からな…

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)。特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からなくなってゆく。麻薬カルテルを捕えるためにどこまで踏み込めばいいのか?法無き世界で悪を征する合法的な手段はあるのだろうか?得体の知れない悪を前に、知れば知るほど深くなる闇の行く末とは―。

「ボーダーライン」に投稿された感想・評価

メキシコ麻薬カルテルをモチーフにしたクライム映画

とにかくベニチオ・デル・トロが渋すぎる

エミリー・ブラントの主人公なのに何もわかってない無力な虚勢感と、ベニチオ・デル・トロの超越者然とした底が見えない感じ
この対比は立場全然違うけど「オンリー・ゴッド」のゴズリンとカラオケ鉈おじさんを思い出したりしました

ドゥニ・ヴィルヌーヴの映画全部面白い説更新中

2018年に続編公開予定
楽しみですね
ばりう

ばりうの感想・評価

3.1
敵には、法律も感情もいらない。

麻薬撲滅などハナから目的ではないというのがわかる🇺🇸🇲🇽国境線フィルム・ノワール
メッセージ、複製された男、プリズナーズに続いてドゥニ・ヴィルヌーヴ鑑賞4作目
やはり引き込まれる。
特にほぼ説明のない前半の緊張感。

感情が壊れたかのようなデルトロが復讐していくのに対し、エミリーブラントの何もできない無力感。
みんな子どもがいるんだな。

そして、メキシコがドイツに勝った。
麻薬カルテルとの抗争を描いた社会派ムービー
【ボーダーライン】をみた。

敵対する麻薬組織の無法っぷりも大概だが、取り締まる側も中々に狂っていた。
なんせ部隊を率いるのがビーサン姿のジョッシュ・ブローリンと、よれたスーツに死んだ目の男。
そう、、、ベニチオデルトロである。
デルトロにいたっては、最優秀目が死んでいたで賞受賞だった。
任務を共にすることとなるエミリー・ブラントは、基本この二人に振り回され続けるとこになるのでとても可哀想だった。

個人的に注目したのがファッション面。
私服の上に防弾ベストという着崩しである。ごちゃごちゃした装備は要らない。いつの時代も“シンプルイズベスト”が一番人気だと、このボーダーラインが証明している。
合コン、デート、毎日の服選びでレパートリーが底をつきた大学生なんかも、何を着れば良いのかわからないときは兎に角タクティカルベストを羽織ってみてはいかが?

善悪の境界が曖昧に描かれている本作。まさしくタイトル通りで、終盤へ進むにつれて何が正義か分からなくなること請け合いだ。
それにしてもラストはめちゃめちゃ痺れた。
ELEKING

ELEKINGの感想・評価

3.9
サスペンス映画5本目

麻薬組織撲滅の特殊部隊に加入した女性FBI捜査官ケイトを観ていて、ただただ不憫であった。

麻薬組織カルテルの麻薬ルートを潰すために法に則った正義のやり方ではなく、冷酷とも言えるほどの合理的なやり方で物語は進んでいく。

正義と法に殉じるケイトでは麻薬組織は太刀打ち出来ず、特殊部隊の冷酷なやり方に最後まで反論も出来ず終わってしまう。

物語全体に緊張感があって、観ているこっちも息が詰まる。加えてベニチオデルトロの渋い演技がこの映画に重厚感を与えていた。

観て疲れる映画だった。
OMAK

OMAKの感想・評価

4.0
陳腐な表現だけどめちゃくちゃ面白い。

もう個人の正義や感情など、大きな流れの中ではなにも通用しない。

今の日本だってなにも変わらない。

どこも同じだな
mtzn

mtznの感想・評価

3.8
プエルトリコの役所広司こと、ベニチオ・デル・トロ。
癖のある男臭い演技がほんとに好き。

大統領がメキシコの国境をどうこうする、みたいな話もよく聞くしそれはやっちゃいけないことでしょ!と思うけど、このおっかなさを見せられるとちょっと単純な問題ではないんだなとひしひしと。

多少のデフォルメはあると思うし、いまは改善してきてるってのも見たけど。国境や人種のボーダーラインを感じにくい日本人の僕にとっては、カルチャーショックでは足りないくらいの驚きでした。
tori

toriの感想・評価

4.0
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。シャープな映像が、恐怖を演出。音楽もいい。メッセージ、ブレードランナー2049も撮ってたんだ。なんかこの監督いいです。ファンになりました。
他の映画も観ます。
エミリー・ブラントも良いです。
はる

はるの感想・評価

3.0
銃すきやから音にかなり満足したけど、はなしはよくわかんなかった!
yn

ynの感想・評価

3.0
遵法意識が高過ぎる主人公とバディに少しイライラ。巨悪を潰す事よりも、目の前の小物の検挙に拘るような言動も多いし。
そのせいか、イマイチ主人公側に感情移入できなかった。
>|