ボーダーラインの作品情報・感想・評価

ボーダーライン2015年製作の映画)

Sicario

上映日:2016年04月09日

製作国:

3.7

あらすじ

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)。特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からな…

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)。特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からなくなってゆく。麻薬カルテルを捕えるためにどこまで踏み込めばいいのか?法無き世界で悪を征する合法的な手段はあるのだろうか?得体の知れない悪を前に、知れば知るほど深くなる闇の行く末とは―。

「ボーダーライン」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

CIAはFBIがいないと任務が出来ないの?という疑問。メキシコの警察は全員汚職という認識を植え付けられ、怖くなった。終盤で任務の裏にある事実が分かり、上からの命令には理不尽でも従わなくてはならない時もあるのかなと思った。
半端ない緊張感
何が悪で何が善かが分からなくなるほど
の攻防があった。
Mena

Menaの感想・評価

3.5
緊張感がずっと抜けず終わったあとも色々考えさせられる。
見せ方が酷。
ボーダーラインとかそんな事じゃない正義と悪の何が正しいのかも正直分からない。
何が正しいのか分からなくなる。


容赦ない撃ち合いを久しぶりに見た。


先を読む余裕もなく、ただ本当に見ているだけになった。
烏龍茶

烏龍茶の感想・評価

3.9
アレハンドロ怖え…。

メキシコには行っちゃいけないことを学んだ。

正直、最初は訳わからない。主人公に一切情報が与えられなくて、最早要らないもの扱い。作戦も目的も伝えられない主人公が「説明してよ!!」と叫ぶのも当たり前。でも、訳わからないのに観ていられる。意味があるのか分からないカットや間があって、それが緊迫感を維持させてた。漫画でよくある、余白大きめのコマ割で一旦落ち着かせるやつに近い。

サスペンス映画みたいだった。トンネルのシーンこわすぎ
IKe

IKeの感想・評価

4.2
面白い!
濃厚。
後ろで流れる音楽が、
重さを増幅させていた。
アライ

アライの感想・評価

3.5
エミリーブラントがずっとおされっぱなしでめずらしい展開。緊張感はあったけど、もっとどんぱちもしくは謎解きほしいなー
この映画の序盤は、いわゆる主人公巻き込まれ型なんだが...普通は巻き込まれつつも、物語を解決へと導いていくんだけど、本作が変わってるのは巻き込まれっぱなしで、エミリーブランドは終始お客様っていうところ。

白眉はフアレス護送シークエンス。絶対行きたくない。

デルトロ渋いし、ジョシュブローリンは胡散臭いし。撮影監督はロジャーディーキンス、音楽はブレラン2049の人らしい。確かに低音で迫ってくる感じ同じね。
koshijin

koshijinの感想・評価

3.8
映像に緩急があり、前触れもなく事が起こるから一瞬たりとも油断ができない。余計なBGMが無いことも一層緊張感を駆り立てる。あれだけ男勝りで力強い主人公がどんどんと衰弱していく様、そうならざるを得ない無慈悲な現実の闇は何と心苦しいのか。
じゅん

じゅんの感想・評価

3.6
漂う緊張感。
メキシコとアメリカの溝は深そうですね。

かっこいいエミリーブラント期待してたけど、この作品は周りが冷酷過ぎてかっこよさが抑えられてたかな。

善悪のボーダーラインはどこまでなんだろう。
>|