ボーダーラインの作品情報・感想・評価

ボーダーライン2015年製作の映画)

Sicario

上映日:2016年04月09日

製作国:

3.7

あらすじ

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)。特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からな…

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)。特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からなくなってゆく。麻薬カルテルを捕えるためにどこまで踏み込めばいいのか?法無き世界で悪を征する合法的な手段はあるのだろうか?得体の知れない悪を前に、知れば知るほど深くなる闇の行く末とは―。

「ボーダーライン」に投稿された感想・評価

楽しいメキシコ殺伐観光旅行。
首スマスマツリーとかオーナメントいっぱい。原題が「殺し屋」なので邦題はミスリードを誘い良くない。
マサミ

マサミの感想・評価

3.8
序盤の空撮の、何か良くないことが起きそうな不穏な空気がたまらない。
終始事件の蚊帳の外に置かれ、振り回される不憫な主人公も悪くないです。
メッセージ、プリズナーズと比べると物足りなさを感じる。
でも、やっぱり画作りが上手くて質は高い。
緊張感があって良いんやけど、深み重視なのかエンタメ重視なのか中途半端なのかも?
地獄で修羅場をくぐっています感が、アレハンドロ率いるチームから絶望的に伝わった。リアルで怖い。
メタ

メタの感想・評価

3.8
「聞け、お前たちアメリカ人には何も理解できないだろう。俺たちのすることすべてに疑いを持つだろう。だが、最後には君も理解する。」

誰が "暗殺者" なのか?


なんといっても、ベニチオ・デル・トロの存在感が凄まじい。そして、彼の表情。その向こうには、暗く深い経験が垣間見える。私には、彼自身の中にも、彼の周りの世界にも絶望を通り越して、何も見えなかった。
それでも、彼は生きている。「行動すること」によって、生きている。

この死ばかりの世界。そこに生きたまま、彼の行き着く先は...
komomizo

komomizoの感想・評価

3.8
正義って何?
正しいって何?

人によって
場所によって
タイミングによって
シチュエーションによって
時期によって
立場によって
重さによって
スピードによって
…etc

そういうもんだよ、ケイト。
だから自分をそんなに責めないでと
言いたい俺は汚れちまってるのか?
たろう

たろうの感想・評価

4.5
上質!
ヴィルヌーヴはほんとうまい。
ハイウェイのシーンの緊迫感がえげつない。
マコ

マコの感想・評価

3.3
相変わらず私の知識不足と理解力の無さで、ストーリーを解読するのに必死になりすぎて、あまり内容が入って来なかった。。

ヒリヒリした緊張感は痛いほど伝わってきた。
カメラワークが好みでした。
主人公・エミリーブラントと共に置いてけぼりをくらう!

計算された演出のためか、あるいは日本用のタイトルのためか。
いや、私の頭が悪いのか‥‥

ストーリーはメキシコ麻薬組織を殲滅するためにリクルートされたエミリー・ブラントを中心に進む。単純な話なのだけれど、もたついた演出のため上長に流れる。

相方がエミリー・ブラントに『眉毛の処理をしろ』『魅力的な下着をつけろ』『Tシャツを着替えろ』というけれど、そもそも眉毛はゲジ眉だし、下着もTシャツも見苦しいものでないので、着替えたところでなんら変化はない。つまり、私はエミリー・ブラントがあまり好きではないのだ。なので本作の評価も厳しくなるのだった。

デル・トロの個性が光る映画であった。
yo1ro

yo1roの感想・評価

4.8
エミリーブラント美しい
デルトロ演技素晴らしい、なんだかプラピに見えてきた

リアリティではない本物のリアル

綺麗事が戯言
リアルなバランスの均衡こそが
善でしかない現実を知った

映像が美しい
>|