ブレードランナー 2049のネタバレレビュー・内容・結末

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿されたネタバレ・内容・結末

2017年。『ブレードランナー』(1982)の続編。ブレードランナーであるレプリカントのKは、旧型レプリカントの抹殺に従事している。上司からある奇跡的事象の追求とその痕跡の抹消という使命を受けその職務に従事するうちに、彼は自身の出自の秘密を垣間見ることになる。ライアン・ゴズリング演じるKは基本的に無表情なのだが、唯一感情を露わにするのが、自分が人間かもしれないと思い当たった瞬間である。「何が本物なのか」という主題が、最後の「大義のために死ぬのは最も人間らしいこと」という真正性を最重視した行動規範に繋がる。
大傑作❗️
映画館で見たときに衝撃を受けた作品
3時間近いのに全く退屈しない

ドゥニ・ヴィルヌーブ監督はすごいな
カルト映画のブレードランナーの35年ぶりの続編をちょうど良いところまで持っていって、それをさらに興味深くするのは
今後の彼の作品が楽しみです

ストーリーはすごいゆっくりだが、ブレードランナーの世界観にゆっくり浸っていく感じで良かった

音響、サントラが素晴らしすぎる
あれはすごかった
これは映画館で味わえたのは大きい
最初のSONYからのドゥーーーーーーンというオープニングで一気にブレードランナーの世界に引き込まれる

視覚効果も全編非常に興味深いシーンばかり
ロサンゼルスの都市のデザインもそうだし、ラスベガスのもう誰もいない状態の赤土色に覆われた廃墟、暗闇とときどき当たる光の中でのアクションシーンなどどれもすごい

車のデザインなどの美術も良かった

今作は前作と比べて、キャラクターがより興味深い
前作はもちろん興味深いキャラクター(レイチェルなど)はいたが、少し弱く感じたが、より興味深いキャラクターが見られたと感じた(特に①❗️、②も)
キャラクターごとにまとめたいと思います

① K(ジョー)
このキャラクターはすごい興味深かったし、悲しいキャラクターでした
彼はレプリカントで、捜査を進めていくにつれ、もしかしたらデッカードが自分の父親なのか?もしかしたら自分は人間なのか?とそれ以上のものと思うようになるが、結局違った
非常に複雑なキャラクターで、ジョイとの恋愛などすごく人間味があり、人間とレプリカントの境界線ってホントになんなんだ?と考えさせられた
やはり自分はレプリカントだったと分かるシーンでのショックは自分もショックなほど感情移入出来た
レプリカントなのに...
最後雪が降っているところで寝ころんで、静かに去っていくのはすごい感動的だった
ライアン・ゴズリングの演技は今作も素晴らしかった
自分の好きな俳優の一人に入ります

② ジョイ
このキャラクターはAIだが、Kがあげたプレゼントを喜んだり、Kのことが好きで、体に触れて、キスをしたいという感情があったり、後にKはその名前が全てのジョイというAIに植え付けられていることを知るが、ジョーという名前をKが人間なのかレプリカントなのかを考え始めたときに言ったり、絶対人間だろと思うほど人間味が強いのだが、彼女は全てプログラムされているAI
そしたら、Kとの恋愛は嘘ということになるが、そこら辺の人間とAIの境についてもすごく考えさせられた
さっきも言った、Kがジョーの名前について植え付けられていると知ったシーンのKの悲しさはもうやばい
Kと唐突に別れるところの “I love you”もKを本当に愛していたのか?
非常に興味深かった
実際の人間とジョイが重ね合わせて、Kとキスしたりするシーンもとても興味深かった

③ デッカード
前作はあまり人間味が感じられなくて、逆にレプリカントみたいな感じで、謎があるキャラクターだった
今作は少し変わっていて、人間味の面が出ていた
前作みたいな強さとは逆に弱さが目立っていましたが、歳のせいなのか
レイチェルと一緒にどこかに逃げたあと、子どもができて、その子どもをどこか安全な場所に送り込み、レイチェルは死に、デッカードはまた違うところに身を潜める
悲しい人生だ
デッカードの登場は逆に秘密にしておいた方が衝撃がさらにあった
ポスターとか予告編にいるので、登場したとき衝撃などなかったので、そこは惜しい気持ちです
デッカードレプリカント説というのはよくわからなくなった
老いたレプリカントなんかいるのか?
あと、レイチェルとの恋愛がどういう感じも謎なので、今作も謎は残っている

④ ラヴ
強いレプリカントでした
彼女もウォレスのことを愛していて、愛する彼の命令のために行動をしています
手を握り潰したり、一瞬で人間が死んだりめちゃくちゃ強かった

⑤ ウォレス
特にないですが、サイコパスな演技をしたジャレッド・レト良かったです
自分を神だと思っている人でした

映画の終わり方もすごい良かった

今作で人間とレプリカントの境界線は何なのか?と色々考えさせられた
感情を持ったら、人間なのか?
セックスが出来るのなら、人間なのか?
そして、愛とは何か?というのも考えさせられた
答えはないが、その題を観客に問いかけるのが上手いと思った

前作とは全く違う作品になっていたが、それはそれで良い作品だった

間違いなくオールタイムベストの上位に入る素晴らしい作品でした
「自分はレプリカントかも?」っていう疑念ならまだしも、「自分はレプリカントから生まれたレプリカントかも」っていう疑念を抱く主人公に感情移入するのは困難で、ひたすら傍観し続ける3時間弱はしんどい。
ライアン・ゴズリングって。。。
ホントこういう役が似合うよね。。。

疑問
期待
確信
喜びからの絶望。
でも。
結果的にはハッピーエンドってことなのかな。

前作の世界観を見事に継いでいて素晴らしい。壮絶な死闘も◎
前作の肩車鼻フックはある意味一見の価値ありかも(^_^;)

VR彼女のジョイがいたらますます少子化進みそう。でも健気で可愛いい!

デッカードのブラスター、日本人が作ったレプリカがこの続編で採用されてるとか。
すごい!!!(◎_◎;)
期待していたが、あまり響かず。
ドゥニヴィルヌーヴ監督がゴズリングを主演に起用し、名作の続編を作るとなったらおもしろくないわけがないと思ったが、期待は超えなかった。話が難しい!

音楽と映像は素晴らしいのはわかるが、タイトルの割には3時間ずっと静かに進んでいき、起承転結に派手さがない。ハリソンフォードが後半やっと登場してから作品の空気が異様に変わったが、前作を観てないせいか、大物の登場にあまり感動できず。そしてあまりわくわくしない近未来図。前作を予習して、映画館で観るのがベストかと。

こんなに悲しい話とは思わなかった。Kの存在そのものが切ない。ブレードを振り回して敵を成敗するランナーの話とはまるで正反対だった(真面目)。哀愁たっぷりのゴズリング物語。続編だと知っていたし、最初にレプリカントとブレードランナーの説明をしてくれたおかげで多少は理解できたけど、かなり浅い。大停電のくだりやレイチェルなど、表面的にしかわかってない。『スターウォーズ』と同じく、知れば知るほどおもしろい映画なんだと思います。ドゥニヴィルヌーヴの頭の中が気になる。
ジョーは、世界にとって特別な存在ではなかったけど、それでもジョイにとっては特別な存在だった。
人間とレプリカントが、個々がどう生きるか、どこに存在意義があるのか、自分は誰かにとって特別な存在なのか、きっとそういう話なのかなと解釈しました。
ラヴだって、ウォレスにとっての最上の天使(=特別 ※ただしラヴの認識で)だった。
映像が神秘的で雰囲気は最高。
ハリソンフォードの酒を飲むか?ってシーンで思わずビールを片手に鑑賞してしまいました(笑)
観た後に考え直して軽く整理しました。
個人的にはKがデッカードの子供なのだとばかり思っていたが、実は違うという捻りが効いた展開もとても良かった。
デッカードはレプリカントだと言う事実も子供を産むためにレイチェルに対して好意を抱くと言う風に設計されていたという事で解明されました。
35年ぶりの続編でしたが、前作を遥かに超える脚本でとても素晴らしかったです。
続編がとても楽しみな作品でした。
次はレプリカント率いる革命軍と人間との戦争?かな??
2018:04:23
★★★☆☆ レンタル。あかん。正編の『ブレードランナー』見返さないと、殆ど忘れてしもうとる。
思い出補正の期待に応える出来。
アンドロイドの「自我」の次は「繁殖」というテーマ選びが難解でなくマス向け。
アナ・デ・アルマスが激カワ。
最後の結末に驚愕。
結局二作とも、主人公はデッカードなのか。

「製造されたレプリカントは命と呼べないのか」
「人間から生まれてきた人間と何が違うのか」
という疑問を投げかけた一作目に対して、二作目は
「レプリカントと人との間に生まれた子供は命ではないのか」
「記憶、魂とは何なのか」という疑問まで追加。

非常に考え深いSF作品。
>|