ブレードランナー 2049のネタバレレビュー・内容・結末

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿されたネタバレ・内容・結末

楽しみにしていたが、予想以上でも以下でもなく、設定(全てがはっきりするわけではない)や美術がすごい、よくできてる、と思いながら観ていた。
細かいツッコミどころもあり前のめり!という感じにはならなかったけれど、たまには冷静に観られるこういうのもよい。

SFやハリソン・フォードがちょい苦手で、前作を観ていないことがずっと悔やまれていたが、やっばり観なくてはいけないなあ。
あ、観てなくても本作面白いと思います。

登場人物が少ないのだけど、特に女性それぞれの魅力が印象に残りました。
K(ジョー)の彼女は可愛いし、ラヴも格好よくって悪い!
女上司や娼婦(地下組織の人?)、みなよかったです。

あ、そうだ。
レプリカントの組織は何に抗おうとしてるのか分からなかった😣
レプリカントの技術的なこと、スペックがはっきりしないから何とも言えないんだけど、自分は深いメッセージとかではなく娯楽作品として楽しめました。
前のを観てなくても楽しめるとかちらほら書いてあるのみてあまり関連してないのかと思いきや、しっかり前作を引き継ぐどころか壮大に重厚に膨らませてはるかに超えてきたように感じた。今回のだけみてたら三割も楽しめなかったと思う。
前作も今作も、レプリカントは人間以上にもろくて切ないね。最後のシーンの美しさに涙が溢れた。
頭使った、でもそれも楽しい
ただ、構図はシンプル
前作、短編集は見ててよかった。

優しさ、愛がある。
細かい突っ込みどころは多々あるけれど、よい作品だったて思う。人間たらしめているのは何なのか、レプリカントと人間とを分けるもの、その中で感情をどう扱えばよいのか、結論はでないけれどいろいろ考えさせられる。頭の中で思考を転がしているうちに、これってカズオ・イシグロの「私を離さないで」とクローンとレプリカントという違いはあるけれど、共通のテーマだなと思った。そして前作の舞台の2019年に限りなく近い今、状況は違うけれど何かが掛け違っていけば、私達はこの映画に感じる恐怖や戸惑いや悲惨さと隣り合わせにいるのかもとも感じた。
最後なぜ、Kが彼女こそがその子どもだと思ったのか、全く腑に落ちなかったのだが、いろいろ考えるうちに、最初に殺されたレプリカントが「私は奇跡を目の当たりにした」←こんな意味だったと思います の奇跡は、単にレプリカント同士から子どもが生まれたにとどまらず、そこからレプリカントではないもの、オリジナルが生まれたということも奇跡なんだなと、だから彼女がその運命の子なんだと納得した。
娘が成長して記憶メーカーになるまでの過程に関する疑問が多くて、全てが疑問が解消されるアハ感は得られなかった。ピースを一つなくしてるパズルを完成させてもモヤモヤした気持ちにしかならない、みたいな。
でも、んなことはどうでもいいくらい綺麗だった。「1000年後に観てもきっと美しい」っていう売り文句がそれほど大袈裟ではないという驚き。

古い名作映画がリブートされる度にハリスンフォードは息子が増えてるから、あのミスリードは天才的だと思う。

レイチェルの場面は『ローグワン』のターキンと同じ技術を使ってるのかな?口の動きを極力見せないことで嘘っぽさを隠そうという意図が読み取れた。
VRの先を見た気がする。
ゴズリングも可愛い系が好きなんだね、とにやけてしまった。と同時に、空気人形の彼女やらと2.5次元しか愛せないゴズリングの切なさ。。
その2.5次元のジョイさんのなつきっぷりがまた可愛いんだ!実態がないからご主人を助けられない、触れたくても触れられないなんて。
そんな感じですかね、感情移入のしどころは笑

で、映画のルックはというと。無菌空間のような画作りをするドゥニ監督は流石です。お話の押し引きもお上手で、ラストのくだりなんて、バンって暗くなってから、ハッとしました。

ちょっと気になったんですけど、ドゥニ・ビルヌーブはガラスのこっちと向こうみたいなの好きなんですかね。前作『メッセージ』でも出て来たし、『ボーダーライン』はタイトルがそんな感じだし。なんなんでしょう。
前作ブレードランナーは2、3回観た程度で正直、大好きな作品というわけでもない。好きだけど。
町山さんの「ブレードランナーの未来世紀」のブレードランナー解説を読んでようやく理解できた、のかな。。
映画だけでは難解。むしろ町山さんの解説の方が面白い。
映画だけ観て理解したって人いるのかな?
何を考えているかわからない能面デッカードよりレプリカントの方がより感情豊かで生に執着し、生きるとは?命とは?
みたいなテーマ。なのかなと。。
ブレードランナーに影響を受けたであろう功殻やアキラ等々は大好きで、2049を観ながらも思ったけど自分はやはりブレードランナー以降の人間なんだなと思った。

ブレードランナーより2049の方が好きです。わかりやすいし。でもちょっと長い。
前作のゴチャゴチャした(良い意味で)雰囲気や映像や小道具とは反対に、2049はバキッと完璧に決めてくるカット等々が良かった。
レイチェルをあの見せ方でリタイヤさせるのも昨今の過去作リバイバルブームに対する気持ちの表れなのかな〜と思いました。
無理矢理前作に絡めてきた後付け設定はどうなんだろう。前作のわからない答えはそのままにしておいた方がよかったのでは。。と思いました。伝説は伝説のままに。

兎にも角にも、私はジョイちゃん一択。
私の周りでは賛否両論でしたが、よかったです。ちょっと長いなとは思いましたが…
昔のMRIサウンド、やはりハンス・ジマーかよ〜 そこはデデデデデデデデを聴きたかったかな。ライアン・ゴズリング、良すぎ。落ちてたら拾います。
do androids
dream of wooden horse?
no
ストーリーのワクワク感はさほどない割に3時間があっという間に感じられるのがすごい。十数年後のカルフォルニアは、前作のブレードランナーやそれに影響を受けたSF作品に比べ華やかさは少し欠ける。ゴミゴミとした中にある活気のようなものは、あの頃に比べ失われていく意識があるのだろう。
そう、ゴミゴミとした中にある活気、信念を貫き通そうとする熱さ、それは前世代的であることをこの作品は悲しくも伝えている。旧型と新型のレプリカントは、まるで高度経済成長を知っている世代とさとり世代と言われる現代っ子の性格をそのまま受け継いでいるようだ。
データで作られた彼女も、もしかしたら自分は奇跡の存在であるかもしれないという期待も、(そして父親の存在も)全て失われて、Kは静かに笑う。
悲壮感があるわけでも、絶望であるわけでもない。

なんだ、仕方なかったな。

奴隷の代替品であるレプリカントの存在や、退廃した世界観がディストピアなのではない。同じストーリーでももっと感情を掻き立てる演出や表現ができたはずだ。それをあえてせず淡々と。無感情なのではなく、ただKは「そう」なのだ。馬鹿にされながら仕事をし、アパートメントに帰って触れることの出来ないデータで構成された彼女とイチャイチャする。それでいい。それ以上もそれ以下も望まない。もっと良い世界を描けるかもしれない、それも別にしなくていい。そういうKのような存在は幾らでもいる、いっそ増えているかもしれない。そんな彼らがディストピアなのだ。

デッカードはKに言う、大丈夫か?
大丈夫もなにも、あがいたって得られることの出来ないものに、Kたちは手を伸ばさない。
>|