ブレードランナー 2049のネタバレレビュー・内容・結末

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿されたネタバレ・内容・結末

なわけないよね?×10の後に、やっぱりなわけなかった。。

ドゥニ曰く、1作目の気候とは違う(雰囲気や色合いを変えた)&発想を広げたらしいけど、2049も雨やら雪やら霧やら水気たっぷりな 静かでくら〜〜い天候シーンばかり(最高)そしてドライブ以上に、終始ポーカーフェイスなゴズリング(最高) ちなみにほとんどのシーンはリアルなセットで撮影したんだそうで(ドゥニ…)

溺死寸前なのに ちょこんと座るハリソン・フォードも良し
オリジナルは何度も鑑賞した。
そしてこのキャストで続編。期待しか無い(笑)
感想は。。。
鑑賞1回目は「期待ほどじゃ無い」が正直なところ。
ただ、配信のレンタル期限があるうちにどうしても2回目が観たくなった。
これがこの作品の魅力だと思う。
そして翌日に2回目鑑賞。劇場で観なかった事を後悔した(笑)
ライアン・ゴズリングはドライヴでの「冷酷さ」とララランドでの「哀愁」を感じさせ、ジョイ役のアナ・デ・アルマスはノックノックの悪さ加減は何処へやら...(彼女が最高なんです...)
また、ラヴ役のシルビア・フークスも「鑑定士と顔のない依頼人」とは違った意味での存在感。
あと、あまり出番はなかったけど印象に残ったマッケンジー・デイビスもよかったなぁ....
前作を意識した暗めの街並みや映像美もさることながら、これらの女優陣がこの作品を支えてると私は思ってます。
...あ、忘れちゃいけないのが「レイチェル」ね(笑)
ローグワンで若き日のキャリーが再現されたのと同じ感動。
やはりあの頃のショーン・ヤングは最高だった事を思い出しました。
今は........
飛行機にて3作品目!

訳もわからないのですが、なぜか涙腺が弛むことがありました。
帰国便だったこともあり、疲れが出てたのかな。

映画の雰囲気は、「静」…でしょうか。アクションシーンは勿論あるんですけど、熱くたぎるというよりは、弔いのような気がしました。

設定を知らずに、しかも英語(英語字幕はありました!)での鑑賞だったため、『ダーク・タワー』以上に理解できてないんじゃないかと思えてなりません。
中盤でようやく、Kがrealだと気がついたくらいですし(^-^;
彼もレプリカントかと思ってましたよ…。

生身のKと、サポートシステムjoiの関係は…うん、多くを語らない方が良いような気がします。

"I love…"

joiが壊された瞬間も、泣き叫んだりしないKが、妙に人間らしく感じました。

鑑賞後は、「無」に残されます。
名前もなく、識別番号だけの「K」。
そんな彼にジョイから贈られた名前ジョー。
レプリカントとAIの間の純愛。


兎にも角にも
ジョイの可愛さにやられました。
なんて芸術的で、普遍的哀しさに溢れた作品なんだ…!

SF映画のニュースタンダードを確立した作品として伝説的威光を放つ『ブレードランナー』。
それが創り出した「破滅的なサイバーパンク」像は、作品のみたことある/なしに関係なく今や全世界共通の未来ビジョンの1つになっています。私が1作目を観たのはリアルタイムではなく、そのビジョンに影響を受けた様々な後続作品を経てからだったので、当然目新しさはありませんでしたが、噂に名高いオリジナルの完成度と、それ故に未だその未来予想図が書き換えられていないことに驚きました。それだけ『ブレードランナー』の、濡れたネオンがきらめくディストピアは、私たちにとって居心地がよかったのだと思います。

そんな腰の重い私たちを、ようやく更に先の未来に強制移住させたのが、他でもない正当続編の『ブレードランナー2049』です。あれから30年、地球はより住みづらい環境に悪化し、強まる酸性雨で根っこまで枯れ果てた星になっている。一方テクノロジーは進化し、街はファンタジックなサイバーパンク世界から、面白みを引いた冷めた風景になっている。このノスタルジーの消失が映像技術の進歩によるものではないことは、同年に公開された『攻殻機動隊 ゴースト・イン・ザ・シェル』を観れば明らか。ただそんな進化したテクノロジー社会において、スピナーやブラスターなどの特徴的アイテムの造形に、1作目の遺伝子が色濃く残っているのがいいね!この辺の造形物を愛でるのもブレランファンの楽しみの1つではないかと思うので、ゆるぎないサービス精神です。

もう一つ、前作の特長を引き継いだ点として嬉しかったのが、音楽!ブレランの宇宙的浮遊感のある音楽は気持ちよく好きだったので、今作もそれが生きていて良かったです。更にそこにドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の哲学的テイストが加わり、『2049』は静粛な美術館で映像芸術をみている心地になりました。特にデッカードがウォレスと対面するシーンは、部屋の造りやライティングもあいまってとってもアーティスティック!偽物のレイチェルを、そうだと解りながらも再度喪う辛さを味わうデッカードの心痛と、ウォレスの残酷さが孤独な空間に反響し増幅され、強く心を揺さぶられました。

さてストーリーについて!自己(アイデンティティ)についての問いに基づくレプリカントの悲哀は前作からのテーマですが、今作は主人公自身が明らかにレプリカントということで、より深い哀しみに貫かれていました。とりわけアナとの会話は引き裂かれるように辛かった…!「自分は特別な人間だ」と信じたい。それはレプリカントでなくても、誰しもが抱く普遍的な願いで。だからこそ、それが否定され、有象無象の一人であることを突き付けられた時の失望感と悔しさも容易に想像できる。Kは当初仕事において感情を表すことを必要と考えない「よくできた」レプリカントでしたが、木彫りの馬を隠した記憶を「誰かのコピーだ」と断言された時の嘆きは完全に人間のそれで、いよいよ人間とレプリカントの、出生以外の違いが判らなくなりました。観終わった後もその答えは出ないままで、きっとそれがシリーズのメッセージの一つなのだと思うけど、きっと「自分のために自分を知ろうとする」ことが分岐点なのかもなあ。そんなKの様子を見たアナは涙をこぼしますが、最初あれは共感によるものだと思っていたけど、結末を知ると、罪悪感も大いに混ざっていたと思う。彼女がそれを抱く必要は全くないのだけど、その優しさが余計に両者の切なさを煽ります。

人間と人造物との違いといえば、Kとジョイの甘く苦い関係はとてもロマンチックでした。ジョイはKと比べても遙かに「人造物」なのだけど、物語が進むにつれて自分の意見をはっきりと進言し、複雑な感情を表情の奥に滲ませるようになるので、彼女もまた人間と変わらないパートナーに見えてくるんですよね。けれど物理的に血が通った肉体を持たないので、娼婦の体を借りてKと愛を交わすシーンは、「にせもの同士」なのだけど、本人たちにしか感じられない極めて密やかな悦びがあり、それが故の深い哀愁を感じました。

続編を制作するにあたり、デッカードとレイチェルの未来を変えうる特別な可能性や、ディストピアに抗うレジスタンスの活躍など、焦点を当てる方向によってどんな映画にでも振れる要素に満ちているのだけど、その中で「一人のレプリカントの悲哀」という極めて個人的な世界に終始したのは素晴らしい決断だと思います。「自己存在の探求」というテーマを軸に貫いたからこそ、『2049』はほかでもない『ブレードランナー』というシリーズなのだと。

最後はとにかく哀しくて、隣の見知らぬおじさんとずびずび泣いてしまいました。「もしかして」という望みが何度も吹き消され、報われないまま迎えたラストだけど、デッカードの「俺は君のなんだ?」というセリフ。あれが聞けただけで、Kには充分だったのかもしれないなあ。
どこを切り取ってもスタイリッシュ!で美しい映画だった。

前作も静かな感じだったけど、その雰囲気を受け継ぎつつ、排他的な街の雰囲気もそのまま、でも、小綺麗になった印象も受ける。

生を生み出したレプリカントがいて、それを聖母的にカリスマ視する違法レプリカントと、自身もレプリカントでありながらブレードランナーを、務める主人公の話。

どことなく生きがいを見失ってる(ジョイの存在が生きがいのようではあるが、それも途中で薄れていく)ような主人公が、
自分自身が聖母から生まれた特別な存在ではないか、真相を知るべく捜査を進めるが、結局はただのレプリカントの一人と知って絶望する。

ジョイが超可愛い。
娼婦のレプリカントと映像を重ねて愛し合うシーンなんかは、アイディアとして斬新だった。
前作では人間?とレプリカントとの間の恋愛、今作ではレプリカントと、バーチャルな存在であるホログラムとの恋愛が描かれていて、ますます人間と、それとは別の存在との区別が曖昧となった。レイチェルの妊娠についてもそうだ。Kとジョイとのラブシーンでは、マリエッティの身体とジョイとの身体が完全に重なりきらないところがすごく切ない。前作を観てから観たのでつながりをすごく楽しめた。個人的にはデーカードの言った"Her eyes were green."という言葉がすごく印象的だった。とにかくアナ・デ・アルマスが美しかった。
賛否分かれている作品ですが私は圧倒的な賛です。前作の記憶がおぼろげだったので鑑賞前に復習し、今もなお色あせないアバンギャルドな世界観に魅了されました。そして今作。あんまりデザインとか語れないのでなんともいえないですが、とにかく主人公の切なさにノックアウトでした。レプリカントとは…が深く描かれていた前作に比べると今回はレプリカントというよりは「選ばれざる者の哀しみ」を描いている気がして、そこに私はかなりガツンときてしまいました…。特に中盤、自分が特別な存在だと気付いたときの今までもの静かだったKの叫び。これは「おれは今までレプリカントだからといろいろなことを諦めて我慢していたのになんなんだ!」という突発的な感情の発露なのかな、、と涙。そして終盤、「実は特別な存在ではなかった」と知らされるあの絶望的なシーン。まさにアゲて落とされるという人が無意識に最も嫌だと思うあの状況。まさにあの。あのときのKのたたずまいと表情。この2つのシーンが本当に最高で、「ブレードランナー」として…とかよくわからずとにかくこの2つのシーンを軸としたKの物語が素晴らしかったです。そしてKのとる選択も良かった。。。あああ。
個人的には1作目の「ブレードランナー」を大きく超える続編となってしまった
本当に音響の良い映画館で見れて良かったと思っている ハンス・ジマーの音響などは相変わらず良すぎて、特にオープニングのドォーーーンという強烈なオープニングがすごかった
映像も前作の感じを引き継いでおり、今作は更に上をいく映像を見せられた
映画のトーンはドゥニ・ヴィルヌーヴらしいゆっくりなトーンで、上映時間も長いので、退屈になる人もいますが、個人的にはそんなことを一切感じないほど作品が素晴らしかったです
色々この後余韻にすごく浸ってしまった
そこで思ったことを記録

① K (ライアン・ゴズリング)
まずレプリカントを演じる演技が上手だった 映画見る前は普通の人間だと思ってたけど、映画の最初ら辺でレプリカントと観客が知ります 個人的には気になりませんでした
Kは途中デッカードの息子と途中から思い始めるのですが、結局は違い、更に愛していたジョイも居なくなってしまい、最後に自分自身が死んでいく とてもそこに悲しみがあり、本作のレプリカントと人間の境界線というテーマの一つであり、境界線で葛藤している様子が伝わり、何とも悲しい

② ジョイ
ジョイという名のAIは本当にKを愛していたのか?
その部分も本作のテーマの一つで、前作のレイチェルがデッカードを愛しているのか?と同じ感じであり、今作から新たに人間とレプリカント以外にAIも加わっていることが分かる
AIはただ単に埋めつけられているプログラミングでKを愛するようになっていたのか?
人間の心があるのか?
まだその部分が謎だが、色々考えらせられる

③ ウォレス (ジャレッド・レト)
少し違和感あるキャラクターで、自分のことを神様と思っている感じだったので、それが実際にそうなのであれば、納得がいく

④ デッカードとレイチェル
これに関しては驚愕の事実でした
それはジャレッド・レトのキャラクターがとっくの前に生殖できるレプリカントを作っていたということです
そのことに関しても、生殖ができるのであれば、レプリカントではなく、人間なのではないか?というのも今作のテーマの一つ
レイチェルの再登場
デッカードがレイチェルの瞳は緑色だと言いますが、実際には茶色です この部分はいろいろと議論出来る部分ですね
そして、再登場したレイチェルはデッカードを愛していたレイチェルではないとは思いますが、果たしてどうなんでしょう
デッカードはレプリカントなのか?
という謎もまだ残っています

前作よりも哲学的なテーマがある作品になっていたと思った
色々な見解が生まれるからこそ、「ブレードランナー」は面白いのです
傑作でした
ブレードランナーの前作の続編っていうより、
今作は”魂を持たないとされる”レプリカントKの物語として、好き。
ライアンの抑えてるのに感情豊かな演技すごい。

今回は人間ほぼ出てこないんですが、
特別な誰かでありたい、と願う特別ではない人造人間Kの姿は
現代人の空虚さ、誰かとの繋がりの儚さ、承認欲求の強さそのものだと思う。

命令、大義、与えられた生き方を拒み、
人間らしい選択、死に方をしたKを通じて、
人間の私は人間らしい生き方をしているか、考える。
>|