ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

ワンシーンワンシーンの描写が美しい。水の使い方に見惚れました。最後のクライマックスの戦闘シーンは…本当に疲れました…せつなかった…
前作よりアジアンテイストが少し薄まったが、心理的な部分や細かい演出で全体の流れは似ていた。そして、やはり新作のSFは見事なクオリティで、じめっと暗い感じではあるが楽しめた。アイデンティティーを題材とする感情を持ったロボット達の深い話。一作目はマストで観ないとダメ。
ショー

ショーの感想・評価

2.5
この続編は無くても良かったのではと思っていたがジョイ役のアナ・デ・アルマスを知れたことは大きな収穫。
たらこ

たらこの感想・評価

4.0
さすがに難解すぎるけど、これくらい凝ってるやつを自分の解釈で読み解いていくのが楽しい。
ズミ氏

ズミ氏の感想・評価

3.3
前作見てることが前提の映画なので、初期のブレードランナーを見てない人はあまり楽しさが分からないと思います。

これぞ、SF映画!!
久しぶり、SFを見たって気にしてくれます!
スターウォーズとかは、迫力は本作よりあるのですが、ファンタジーにしかみえないので笑笑

攻殻機動隊とはまた別の近未来感をすごく出していてよかった!
この発想は無かった!!という驚きに満ちています。

ストーリーは、やや中だるみ感がみえたのですが(全てハリソンフォードが出るのが遅いせい)、
ライアンゴズリングのハードボイルド感がすごく出ていて帳消しにしてくれます!

ラストとかかっこよすぎ!
まり

まりの感想・評価

3.8
長くて密度もある映画。ザ・SF。長いものだから、こってりした料理の食後のような感覚で、もうお腹いっぱいだった。

初めて観た感想としては、1回みるだけでは、内容汲み取りきれないんだろうなという感触はうっすらある。

ただ、木漏れ日を浴びることや、手のひらに舞い降りる粉雪といった 自然なものに、純粋に美しいなと思える描写は好きだった。
映像はすごく見入ってしまうほど美しく力強くカッコよくてすごくよかった。

けどハリソンフォードは別に出さなくてもよかったと思った。もっと独立した作品にしてもいいんじゃないかと感じた。

あと俺もジョイちゃんがほしい。
救いのなさ、響く重低音と終始不穏な空気が堪らなく良かった。粘着質なファンの多そうな作品だけれども、これは満点の続編だと思う。
くろの

くろのの感想・評価

4.5
俺の大好きな映画を俺が大っ嫌いなライアン・ゴズリングが演じる事に不快感。お前じゃ無い。
初見は劇場で。良かったが途中で睡魔も襲来。一応撃退した。ただし愛すべき作品と思った。

思ったから、だいぶ経ってDVDで2度目観賞。
ヤバいよ最高。
2回目は長いと感じない、いいや、あと1時間長くてもいい。
映像のクオリティが半端ない、頼むからもう1時間余計に見せてくれ。
観客をミスリードする脚本は悪くないと思うし、哲学的な問いかけもあって考えさせる。1作目へのリスペクトも素晴らしい。
ヒロインの姉ちゃんはもうダメ、キュートさMax2乗×10000。

スコアは、ヴァンゲリスぽいのは今や大御所ハンスジマー。スゴいというよりも感動的な再現力。
他はBウォルフィッシュ担当。「メッセージ」ぼいスコアは彼? これが以外に良い。映像にメチャメチャしっくり来てます。スタンディングオベーション。ほんと素晴らしい。

今、日本語吹替えで、また観てるけど
…これまた以外といけた!
>|