ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

えび

えびの感想・評価

2.5
描きすぎず、解説なさすぎで
、行間を読むこと必須。

たくさん想像力を総動員して、なんとかこの作品をとらえることができるのかな?

チラチラ見える日本の要素がおもしろい
Miyuki

Miyukiの感想・評価

3.5
前作観ずに観賞したけどなんとか話にはついていけた。
でもやっぱり思い入れがない分感動はちょっと薄かったなぁ。
とりあえず前作観てからもう一回観たい
やっぱりオカルト映画でしたね〜
一回観ただけじゃわからん!笑

多くのSF系エンターテイメイトに影響を与えたと言われるーー例えばAKIRA
や攻殻機動隊ーーこの作品ですが、若者からすると「??これの何がすごいの??」となってしまうかと思います。

何がすごいってえと「SFにおける未来像の起源」なのがすごいんですよね。だから映画の心象に、リアルタイム世代とそうじゃない世代に大きな乖離があるという。

もうこればかりは致し方ないです。

こういった事実を知った上で鑑賞するとより本作を楽しめるかもしれません。
あやの

あやのの感想・評価

3.6
広げた風呂敷をたたみきれていないような
続くような気がしてる
社長側の話もう少しあってほしかったかなあ
ジョイがよかった
エキスポシティの次世代iMaxで鑑賞。圧倒的な音響と映像美にやられた。テーマも人間って何?みたいな深いテーマだった。バーチャル彼女?がめちゃめちゃかわいいです。
かい

かいの感想・評価

4.0
herだった。予想に反してAI時代の未来予想のような感じだった。アジア代表が中国に移るなか日本語がたくさん出てきて嬉しかった
hisayu

hisayuの感想・評価

4.1
前作が作り上げたカルト性を利用して好き放題に遊んでやろうと目論んだ天才のけだるく憂鬱な作品。
画面いっぱいにオマージュが散りばめられていて、前作ファンはニヤけるでしょう。
IMAXで観た。没入感が半端でなく、ストーリーはそうでもなかったが、世界観にどっぷり入り込んでしまった。相手がレプリカントだったらとずーと考えながら前作も観てましたが、知ってるか、知らないかの違いで、分からなければ普通に歩み寄れる対象な気がした。美人ってうんざりするほどたくさんいますね。
kotoe

kotoeの感想・評価

4.5
ゴズリングカッコいい。AI彼女かわいい。映像のセンス。配置のセンス。洗練って感じ。ちゃんと前作見ておいてよかった。衣装も車とか部屋のデザインも前作に引き続きハイセンス。作品全体がSF的現代アート。
なお

なおの感想・評価

4.8
2回鑑賞。造られた人の話。
映画館で観たほうがいいです
観たことない人は2049観てから前作観てまた2049観るのもいいかも
>|