ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

前作を見ずにブルネイにて鑑賞。BND7‼レイトショー。

たまに少しだけグロい画が入るのが、個人的にだめだった。そして160分は長い。
しかし映像美はさすがSONY
COAGIL

COAGILの感想・評価

2.5
う〜ん、暗い映画だ‥

う〜ん絵的にも暗い‥

昔のブレードランナーも暗かったけど、
まだ、あっちの方が好きだな〜

当時、これまで近未来SF映画といえばピカピカとかキラキラした世界観が主流の時代に、ブレードランナーの どんよりとした暗い近未来像を描いたのには時代が付いて行けず、後から評価が高くなっていったけど‥

やはり最初のインパクトにはどうしても負けて しまうのは仕方ない‥

映像的には、今作は当時と違いCGを使っているから当然綺麗な映像ですが、
だからこそ、昔のブレードランナーの映像美は凄いなぁと改めて思ってしまう。

あと、音楽‥

「スターウォーズ」にしろ「スーパーマン」にしろ、メロディーのある映画音楽があるが、
昔のブレードランナーも印象に残る映画音楽がありました‥
しかし、今回は映画音楽というより、ほぼ音響といった感じでしたが、ブレードランナーの世界観には合っていて違和感がなかったです。

個人的に残念に思うころは、アジア風の屋台とかの街並みのシーンがもっと見たかったかな〜

全体的に暗くて静かな感じの映像がず〜〜っと続くので眠くなってしまいますが、個人的にはラスト15分が一番の見どころかと‥

(昔のブレードランナーはDVD買ったけど、今作はDVD買わないな‥)


追記: ブレードランナー公開から30年が経過していますが〜

その空白を埋める 2022年に起きた大停電を描いた短編アニメ『 ブレードランナー ブラックアウト2022 』と、

2036年を舞台に新型レプリカントについてを描いた『 2036:ネクスト・ドーン 』と、

最後のピースとして描かれた
『 2048:ノーウェア・トゥ・ラン 』が公開(日本未公開)さらているみたいなので、できたら
それを先に見たかった‥
ah

ahの感想・評価

-
なんか、色々言われてるけど
仔犬みたいな顔が出てるからさー
観るよ

このレビューはネタバレを含みます

早く見たくて字幕なしの英語で見たけど、内容が難しくて、もう一度見ないとよくわからない。なので、もう一度見る。しかし、雨降りでいつも薄暗くて、退廃した街の映像も、眩しいネオンも、近未来的なシンセの音楽も最高にかっこいい。82年のブレードランナーの続き感は、もちろんだけどしっかりとある。これは映画の大スクリーンで見るのが最高だと思った。最後のシーン、主人公が倒れて行くところなんて82年のブレードランナーとシンクロしていて、鳥肌がたった。
良かったです、予想を覆す素晴らしさ。改めて、前作の素晴らしさも思い起こさせてくれて、嬉しい限り。
個人的には完璧と思う前作だったので、正直、続編は作って欲しくなかった。リドリースコットも監督じゃないし、音楽もヴァンゲリスでもない。
それでも、観ておかないとと思って鑑賞。

Columbiaのオープニングタイトルが普段と違ってるところから気持ちが高揚。そして、これはまさにBRADE RUNNERの世界。映像美はもちろん、街のデザインから、音楽と重厚なサウンド。
前作へのリスペクト感が素晴らしい。雨だけでなく、今作は雪もうまく使われているし、その他のデザインは映像は素晴らしい。特に、”VR”カノジョなんて巧い!し、そのJOYが可愛くて。。。
前作を模写するだけでなく、+αを加えてファンにも嬉しい限り。

ストーリー的には賛否あるでしょうが、改めて、人間とは、生きるとは何?というような深いテーマを突きつけられている気がしますね。
当然、賛否あるだろうけれど、オタクには観て欲しいです。

あ~、でも後半のあのシーンにはちょっと涙しそうになった。

※一足お先にドイツで鑑賞
最高!!!

まず、2049の内容だけで十分重厚な話になっているため、見応えがある。

とはいえ、2019以後 デッカードとレイチェルが起こした"Miracle"が今回のストーリーの原動力になっている。"K"が核心に近くにつれ、彼らの存在感がググッと大きくなる。特に終盤には1982版を観た人は涙を流してしまうくらい素晴らしいシーンがいくつもあった。映像技術がとんでもなく高い。

「記憶のインプラント」も1982年版より遥かに重大さを増している。かなり面白い哲学が展開できそうな「記憶の存在がレプリカントを人間らしくする」という発想にあまり深く言及しなかった1982年版のもどかしさ(or残した課題?)を2049では大きく扱ってくれたのでよかった。また"K"のデジタル彼女の存在も「何がレプリカント(or人間でないもの)を人間たらしめるか」というテーマを扱う上で大事な役割を担っていた。"HER"を観た時に感じた哲学的疑問をここでも問われた気分。

1982年版はその独特なディストピア風景がセンセーショナルになったのだけど、今回はそれの延長にある風景だけでなく、全く新しい風景も創造していてどれも素晴らしかった。特にデッカードの家のステージのシーンは神がかってた。

"SF風景の創造"で一躍有名になった1982 ブレードランナーと同じくらい素晴らしい"SF風景の創造"を2049もやっていると思う。
Cocoa

Cocoaの感想・評価

4.5
ブレードランナーは、アンドロイドは電気羊の夢を見るか?がストーリーの元で、映像の世界観は歌舞伎町からインスパイアされているらしい。なので今回も、エレクトロな日本文化や、日本の退廃した商店街のような雰囲気ぷんぷん!ちょっと親近感わきました。
人間とレプリカントの違いは何か。何をもってして人間は人間なのか。その答えは最後に膨らみ、疑問符がついたままです。
世界観がほんと好きでした。
深化した物語も、繊細な画も轟音響く音楽も、全てに心揺さぶられる。インスタレーションアートのように、ブレードランナーの世界を、映画館に様々な演出で作り上げたような、そんな感覚です。全ての物事が、私たちの想像力に問いかけてきます。前作の物語を継承しつつ、新しい世界が広がっています。リアルタイムにブレードランナーを観れなかった身としては、2049を今観れて幸せです。
前作の世界観をきちっと踏襲した間違った日本語があえて使われた舞台が目に入った時に嬉しくてクラっときた!そしてヒロインを演じるアナ・デ・アルマスってキューバ出身の...あー!『ノック・ノック』に出てたあの人か!約2時間40分という長尺なストーリーながら、ストーリーを役者一人一人が噛み締めているような演技がなんとも味わい深く、しばらく余韻が忘れられない。


ちょっと期待し過ぎたか。2時間43分は長い。冗長な場面が多く、2時間で収められるはず。
>|