ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価・動画配信

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

ReoM

ReoMの感想・評価

3.7
絵が綺麗。
AIの女の子が可愛かった。
過去作をみてないから感動するポイントがアレだったが、単体としても面白かった。
ブレードランナーの新しい話
いい展開だった
ハリソンフォード懐かしかった
今作でも目,なんですね〜

映像と音がすごかったけれど,前作のごちゃごちゃの方がタイプかな
Reo

Reoの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

[雑なストーリーメモ]
旧型の人造人間『レプリカント』を破壊する新型レプリカントでブレードランナーの『K』。事件で訪れた場所の地面の中から、人体の骨らしきものが発見される。その骨には出産の痕跡があったが、その骨さ人間ではなくレプリカントのものだった。
---

久々に映画で時間を無駄にしたと感じた。
2時間40分、長過ぎるうえに中身スカスカ。
無駄にたっぷり間をとってるのに格好良い演出や、前作であった世界観の魅力も何もない。

物語もかなり中途半端で終わる。
黒幕の社長やら、革命を起こそうとしてた軍団どこ行ったん…。
これだけ時間割いて未消化とか逆にすごい。
唯一救いだったのは、ジョイ役の女優さんが可愛かったこと。でもジョイはストーリー的には別に居なくても良い存在…。
るい

るいの感想・評価

3.8
2022年の大停電事件により問題となった旧型を新型が解任する。その新型であるネクサス9型レプリカントのKは、警察でブレードランナーとして任務に就いている。あるケースで見つかった妊娠の形跡のある旧型レプリカントの発見で彼の運命は大きく動き出す。非常に陰鬱とした街、日本語の混ざるネオン。すごく好きな世界観。
最後の横たわるライアン・ゴズリングの姿は「ドライヴ」のラストシーンを彷彿とさせる。横たわる芝居をさせたら右に出る者がいない。「ブレードランナー」「デューン」とハリウッドの大作続編映画を任され、すっかりビッグになってしまったドゥニ・ヴィルヌーヴの初期の映画も見返したい。
人造人間、、、ペッパー君ならいいなぁ。

感情をもった人造人間かぁ。
産まれ方が斬新すぎたなぁ。
Maiki

Maikiの感想・評価

4.5
 〜名作ブレードランナー•正当なる続編〜

 ディストピアを作り上げた伝説の映画『ブレード•ランナー』
世界中に多くのファンが存在する名作だが、多くの伏線や含みを帯びたまま、幕を閉じた為、同時に多くの推測や考察が飛び交った。
 その答えがやっと導き出される。

 【Directing】
 正当なる続編という事で、少しドキドキしながら見始めた。だが「あの世界が崩れていてはどうしよう。。」といった不安は瞬時に取り払われた。

 画面に広がる荒廃した土地や、ネオンと雨が降り続け、日本文化が混じった青混じりのロサンゼルス。それとは対比的にオレンジ一色の荒野。
全てがとても美しく、またブレードランナーらしいシュールな世界が広がっていた。

 それらを作り上げるは撮影監督を務めるロバート•ディーキンス。彼はイギリスで騎士団勲章を授与するほどのやり手であり、それは本作を見れば納得。『1917』ではワンカット(に見える)だけでの戦争映画を作り上げ、その腕前を世の中に知らしめている。

 映画自体は3時間ほどあり、ワンシーンごとの「間」がすごく大事にされている為、とても長く感じるはずなのだが、圧倒的世界観と映像美、またシュールな音楽が、鑑賞者の時間を加速させるのだ。

 1982年には描ききれなかったであろう部分が多々あるのもついにやけてしまうものだ。
ホログラムであるジョイが売春婦であるレプリカントと繋がり、Kとキスするシーンは秀逸。
(ジョジョのスタンドに見えてしまったのは秘密で、、)

 なにより今回は話が分かりやすく、物語の事実開示や展開の仕方も面白い。
 段々と謎が解けていく「子供」の真実には、きっと誰しもが驚き、言葉をなくすであろう。

 【My review】
 ブレードランナーならではの『レプリカント』という概念に対する焦燥感という様な悲しい感情が見ているうちに生まれる。これはゴズリングや他のレプリカントを演じる人達の演技力がありからこそ、押し寄せる感情なのだ。
 心がないはずの人間の姿をした物体。しかし確実にその何処かに潜む『心』の気配。
 しかしそれもプログラミングされたものであるかもしれない可能性や、人間に虐げられ、まるで奴隷の様に扱われる事実。
 それでも愛を求める。それでも心があると信じる気持ち。見ていて胸がしめつけられるのは何故だろうか。
 本当の心を持っているものはレプリカントか、人間か。毎度考えさせられますね、、


 期待以上に楽しませてもらった本作。
ハリソン•フォードがいつまでもかっこいいのは『スターウォーズシリーズ』でも知っていましたが、やはりしみじみ感じますね〜。
 しかしやはりブレードランナー。見ているうちに何が真実か分からなくなってきて頭が一瞬こんがりそうになってしまう。もう一度前作から見直さなければいけませんね。。
N

Nの感想・評価

3.8
前作を見た方が楽しめます。
登場人物達は多くを語らないので、彼らの表情や前後の過程から、読み解き理解する必要があります。

人造人間は魂ないっしょ、みたいなことを言って人造人間に向かって言うシーンが辛かった。

人間よりも頭いいし、裏切ったりしないし、本当の将来人間は滅んでいき人造人間の世界になり得そう。
Gnz

Gnzの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

続編と聞いて不安になったが、観てよかった。
上手くいかない現実的なラストと近未来の非現実的な世界が本当に上手く噛み合っていて最高だった。
>|