ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

4.1

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

デッカードは老けていいの?てか出ていいの??
あらすじが荒ーーーーーーーーー。

あれから時がたち...
2017年7月ようやくあらすじが出現。
今あらすじから詳細案内へと変貌をとげた。
デッカード。お前ってやつはwww
TheThe

TheTheの感想・評価

-
ルトガー・ハウアーを越えられるだろうか…
しかしながらライアン・ゴズリングなら
いける
そんな魅力ある俳優だ。

ハリソン・フォードも楽しみですね
mikaho

mikahoの感想・評価

-
前作を超える事はないだろうけども!!
メッセージを観て期待感MAX!!!
映画館の予告で観ただけで期待が膨らむ。爆音上映の一番前の席で観たいなぁ。
どうかあの近未来的で世紀末な詩的な映像のまま、そしてアンドロイドは電気羊の夢を見るか?であって欲しい。
Mihot

Mihotの感想・評価

-
今年のど本命〜否応無しに期待高まりますなぁと😊
ジャケめっちゃおもろい
daisuki

daisukiの感想・評価

4.0
世界観の名作
ゆ

ゆの感想・評価

-
キャスティングだけで100点
とうとうきたね!ハリソンフォード差し置いて、ライアンゴズリング主役〜♪
絶対やばい。来年の楽しみが増えた!テンション上がったわ!
ちなみに前作は観たことないです♪(´ε` )
>|