ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

10ku0

10ku0の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

また、ここに伝説を観た。

前作は、初見では魅力が分からないどころか頭が混乱したものだ。

それでも見終わった後にどうしても気になって見返すうち、この退廃した世界と生命の物語に魅了されてしまった。

今回のヴィルヌーブ監督によって描かれた30年後の世界にも、また観たくなる魔力があるのは、近年観るどんな続編よりも全監督の世界を継承しているように思えるからだ。


オープニングからファンを喜ばせるシークエンス、退廃的なセットの再現率や、要所要所日本語の使用。

継承しつつ、監督の色も出し

レプリカントの進化のみならず、ジョイというホログラムという新しい虚構の存在は斬新で、
また生きていることは何であるか、五感で感じることは何であるのかを考えるきっかけになった。

デッカードの消息、レイチェルのその後と秘密には息を呑む展開。

ライアン・ゴズリング演じるブレードランナーK自身がレプリカントであり、レプリカントがレプリカントを裁く皮肉。
それを命ずる人間の方が身勝手で、レプリカントよりも生を弄ぶ愚かな存在なのか。

生を受けたレプリカントを目の前に流すレプリカント、ラヴの涙の意味は、もしや人よりも生の尊さを知っていたのか

本当は
人であることを望むレプリカントこそ、より人間らしいのか

レプリカントが、より人間に近付こうとする思いの根源とはなんなのか

人間が生み出したレプリカントではあるが、結局レプリカントとはなんだったのか

毎度、この虚構の世界に存在する
虚構の人物達の物語に入ると

現実との違いや狭間を考え

結果その答えに辿り着かない。

いや
明確な答えが出ないこと、それについて議論することがこの世界の楽しみ方なのかもしれない。

ソフト化の際には、ぜひ副音声解説を入れてもらいたいところ。
coco

cocoの感想・評価

-
なにより残念なのはヴィルヌーヴなのに面白くないこと。わたしはラヴを救いたい。
ドゥニ×リドリーのタッグ作だけで興奮‼︎
リドリーの世界観を継承しつつも、ドゥニの映像美センス、スローな魅せる演出。
お互いのSF感の融合が素晴らしい‼︎
更にハンスの音‼︎
ブレードランナー独自の雰囲気に合ったキャスティングも秀逸。
人間とレプリカント、新たな展開を見せたが、暗く悲しい気持ちは今作も残る。
ブレードランナー2049、3本の前日譚や予告映像で完成度高そうと思いながらも、大好きな映画の続編ってことで不安を抱えつつ鑑賞。

ツボを押さえたサイバーパンクな世界観と音楽に、前作に頼りつつも頼りきらない絶妙なあんばいの脚本や、メッセージにも通じる記憶をキーワードにした展開も合わさって、事前の不安がアホらしい位のSF傑作。

これが興行的に苦戦してるなら、そもそもブレードランナーの続編の需要がそれほど無いんじゃないか。。
特別な人間なんていないことを思い知らされた(受け売り)
kirito

kiritoの感想・評価

3.0
【沸騰した鍋あり】

なんかまあレビューするの難しいよな…ってなって、後ででいいや!ってなって
結局内容忘れるやつwww

Q 1番好きなシーンはどこですか?
A オレンジ一色の荒廃した街のシーンです。大きな像が倒れてるのも好奇心をそそります。

Q印象に残るシーンはどこですか?
A 新型レプリカントがうにゃっと袋から出てくるとこです。生々しいです。


とりあえずクソ静かなのでねむくなります。
特にSF耐性ない人はきつい気がします。
何よりながい!
120分に収めてほしい。

曇った音とか、風景とかそういう要素は良かったです。
時代は進化したなあ…と思いますな。


あとこの映画の短編は予習してないと放置されます。
僕は映画見たあとに短編みたらスッキリきました。スッキリ。

2017.11.21
前作観てから観たけど、入りやすかったな
世界観というか街並みがゴーストインザシェルとかぶる、好きだから良き
途中、このシーン必要?意図はなに?ってところがあって寝た…
ストーリーが少し?だったけど、
映像、世界観は良かった
aquacube

aquacubeの感想・評価

4.0
美しいディストピアなデザイン、今っぽくない(前作を意識してる?)ちょっとゆっくりとしたテンポ、真実と偽物の境界のあいまいさ、どんでん返し、重低音の響くアンビエントなBGMにゾクゾクしっぱなしでした。
前作は随分前に観たきりで復習する間がないまま新作を観てしまったので、前作と併せてもう1回観たい…
前作を観ようと思っていたが結局観れず、ほぼなんの予備知識もないまま観に行ったわけですが、意外にとてもおもしろかったです!!
なんか、言葉では表しにくいけれど、色んな謎が最後にはするすると溶けて行くような感じで…!
いやー、これはみる価値あったなって感じですね!
でも、あと2回くらい観ないとちゃんと全部の意味はわかりきれないのではないかと笑
けっっこう内容が難しいので!

このレビューはネタバレを含みます

ドゥニ・ヴィルヌーヴだからもっと踏み込んでくれると思ってたんだけどなぁ、っていうのが最初の感想。
見方を変えればかなり踏み込んだとも言えるけど、前作のブレードランナーや原作のアンドロイドは電気羊の夢を見るか?は機械と人間の違いを内面、魂から考えていったのに対して、今作は機械は子どもを生せるかという肉体的な方がメインだった印象なので、なんだか違うなぁって感じが否めなかった。
原作の持つテーマ、独特の雰囲気がなくなって、普通のSFになっちゃった感じがした。
フィリップ・K・ディックがこの映画を見た時にどんな評価をしただろうなって思ってしまう。

そうは言っても、続編としてはよくできていて、前作の余韻をぶち壊すことなく見事にその30年後を描いていたと思う。
映像もとてもきれいだったし、ちっとも飽きることなく最後までのめり込んで見られた。
街の看板の「ハンバーガー」は前作の背景と同じだったりして、前作を見てからだと気付ける面白さもあったと思う。
物足りなさや広げっぱなしの風呂敷もあった気がするけど、これも何回か見たらまた印象が変わるかもしれないかな。

とりあえず、小さいところだったけど劇場で見られてよかった。
>|