ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

QUO

QUOの感想・評価

4.9
ハリソンお爺ちゃん溺れててほんまかわえぇかった〜〜

アナ・デ・アルマスはアニメの萌えキャラとして従順で健気でヲタクウケしそ〜〜(男子ってあーいう子が好きなんでしょ〜〜)
chitose

chitoseの感想・評価

3.5
んんんん…前作が偉大すぎた…映像は当然ながら格段によくなっていたとは思うけど……デッカード出るのをワクワクしながら待っていたけど始まって1時間30分以上出てこなかった。
全体的に盛り上がりに欠けるかな。
Finisterre

Finisterreの感想・評価

2.0
これは、シリーズを観て理解しないといけないものだった。。。単編で見るのは辛い…。
最後のオチは、途中で予想できたけれど、悪くない。
sano

sanoの感想・評価

4.2
この映画もっかい見なくては。

大学の先生と1を見て、じゃあ2も見るかと勢いよく見た覚えがある。

ファンの期待に応え得る。
素晴らしい作品でした。

ラストの雪景色の中迎えるラストは、
とても綺麗だった。

もちろんその他のSF未来都市描写もね
KaWaKeN

KaWaKeNの感想・評価

3.9
オリジナルのブレードランナーのアナログ未来みたいな世界観からそのまま30年経ったような描写がすごい良かった
ストーリーは、前回よりも更に人間とは、レプリカントとは何なのかっていう問いに迫るような内容やったけど未だ答えは出ず。納得いくラストではあった
ケイ

ケイの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

この映画は主人公Kの失恋映画と言えるのではないかと思いました。

しかも失恋は失恋でも童貞野郎が失恋する過程を描いた映画です。つまり一番辛いやつです。

厳密に言えば別に恋破れたわけじゃないんですけど、その心情がすごく似てるなあと思いました。

あれ?俺ってもしかして大好きななんとかちゃんと両想いなんじゃね?

いや、そうに違いないわ。マジかよ嬉しいなあ、いつ告白して付き合おうかなあ。

あ・・・なんだ既に彼氏がいたんですね・・・。なんかすみませんでした・・・。

そうだよな、なんとかちゃんすごく美人だし、俺みたいな童貞には所詮無理だったんだ・・・

だいぶ私の解釈と喩えが含まれていますが、ざっくり言えば映画におけるKの心情の流れはだいたいこんな感じです。(実際Kが置かれている状況はもっとずっと過酷ですが)

しかし、ここでKが男前なのはそれでも大好きななんとかちゃんのために奮闘するところです。

さっきの喩えで言えばなんとかちゃんの彼氏が不良に絡まれていると聞けば、助けに行きます。

結果不良を撃退し、彼氏を送り届け、自分は静かに去っていく。

Kよく頑張ったよ。お前喧嘩もたいして強くないからボコボコにされちゃってんじゃん。

でも、そのおかげでなんとかちゃんは彼氏と幸せに過ごせそうだよ。俺はお前の事ちゃんと見てたからな。

映画を見終わった後こんな感じの気持ちになり、泣けました。
観れて良かった〰‼

この監督さん、好きなので。どういった味付けをするのか、期待しとりました。
うまい具合に2049年へバトンタッチ。

静かで美しい映像と音楽に心を奪われてしまいます。
ライアンゴズリングが可哀想で泣けるラストもしびれました。
ほんと、いい人が似合う役者さんです。

アントニオ・バンデラスが出ていた"オートマタ"では、AIが赤ちゃんみたいなの、作ってましたけど。。
レプリカントと、人間の子供かぁ。。

早く続編が観たいです❗
u1

u1の感想・評価

4.5
ワンが面白かったので、大丈夫か心配したけど、すごく面白い作品だった。

アナ・デ・アルマスがめっちゃかわいいので、それ見るつもりだけでも観て欲しい作品。
アンドロイドが妊娠?!こもった機械音。ホログラムの恋人。植物が貴重。
ロボットが子供を産む意味が分からないし、産むとなんでまずいのかもわからない。無駄に長い。二次創作どまり。ブレードランナーのオーディオコメンタリーでリドリースコットが続編作りたいって言ってたのに作らせないからこんなことに。でもブレードランナーの世界ってだけで下駄はかせちゃう
やの

やのの感想・評価

3.8
前作の衝撃が凄まじすぎて前作を超えてくることはなかったけど観終わってからじわじわきた
Kのレプリカントらしい前半からの激情してからの完全に人間の心を持って動いてる後半、それであの冷たい雪の降りしきる中のKのラストシーンは心臓持ってかれた、ロイを思い出した、ロイはこの作品にもいた
やっぱりロイが完全に脳裏にこびりついてて尊い、ロイは私の中でベストオブ尊い
>|