ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

yo

yoの感想・評価

4.0
K、、(泣)

昨年末、徹夜明けで見たので途中気絶しつつも察しの力で何とか追いついて最後はもう(泣)
でもどっかのポイントで笑ってしまった記憶がある…どこだっけ…?思い出すためにリベンジを誓う
ayamackey

ayamackeyの感想・評価

4.2
Kがとにかく切ない。
長くて最初ちょっとつまんないかなって思ったけど、ジワジワくる。
そして伏線とか意味とかをずっと考えてしまう。ずっと。
1本目も見なくては…!
世界観を壊さずに続編を作った点が評価できる。SFとしてはどんでん返しやらがなくちょっと退屈。前作ファンは雰囲気を楽しめるかと。
優

優の感想・評価

2.5
あらすじの二番煎じ感とかがどうも拭えず…
ターミネーターとかアイロボットとかを思い出す感じ?
機内で見たのが良くなかったのかも(笑)
評価にある世界観などが分からなかった。話しは深みがあって面白かった。
ストーリーも深みがあって好きですが、やはりカッコイイビジュアルに興奮しました。
ウォレス社内の直線的なエレメント、カジノ廃墟にある不気味な巨大な女の像、広告の巨大ホログラムなどなど。
上映時間は長く、じっくり見れる映画であり、その尺の長さのおかげでブレードランナー世界を改めてしみじみ味わうことができました。光や陰、空間が美しいです。人によっては長くて退屈と思うかもしれませんが、私は画面が美しければ飽きずに見て楽しんでいられる人なので、大満足です。

機械を音声で操作する感じは、前作でも魅力的でしたが、今作ではなおそのシーンが多い印象でした。何か意味があるのか?
単純に監督が「私も声で操作するシーン撮りたい!」と思ったのかもしれませんが。まあ、それならそれで納得です。

難解な点は、評論家などの解説を参照するとある程度解りそうです。中々深いようです。

…ただ、字幕が邪魔でした。タイポグラフィで見せてるところでさえ、気の利かないサイズの白い文字が入って構図が台無し。吹き替え版か、字幕なしを観るべき。
Izumi

Izumiの感想・評価

4.1
記録用

前作の続編としては本当に良かった。

自分とは何か、自分は何のためにいるのか…

特別な存在が自分かもしれないと言う期待。

なんとも切なくこんな未来が来るのかと考えてしまう映画でした。
mame

mameの感想・評価

3.7
前作は観てないけど
ちゃんと観れた

世界観がよくて
すごく悲しいんだけど
それだけでは無い気持ちになる終わりが
個人的に好きでした
ライアン・ゴズリングはいいなぁ
mg

mgの感想・評価

4.0
あの逃避行からそんな展開に!
主人公カップル(でいいのかな)がひたすら切ない。

ハリソン・フォードよ永遠にあれ!
はる

はるの感想・評価

4.0
前作で足りなかったドラマの要素を強くしたことは評価できる。

やはりこの作家は真面目な気質でとても丁寧に作品世界を作り上げるので、そういう人でなければこの物語の終結は成立しなかったのではないか。

ともあれこうしてSFでハードボイルドな作品を見られることに感謝したい。作家の気質が反映された生真面目な主人公Kに寄り添えるかどうかが境界線になりそうな構成になっていて、それは前作とは全く違うアプローチだ。その時点でKの存在が特別でないことが既に示されているようでもあるが、実際のところデッカードが特別であることには違和感がある。あんなクズが‥ということなんだけど、それはタイレルのきまぐれだったのだろう笑。レイチェルが特別なのは間違いないが。あのシーンはまがい物とはいえ本人が演技に関わっているということで泣けるシーンだった。

Kの造形やジョイといったAIの描かれ方のことなど触れたいことはいくつもあるが、今作を見てふと思ったのが「オフワールドとは?」ということである。ラブがデッカードを連れてオフワールド行きのターミナルへ向かう道中は管理されていた壁の外で暗い海が広がり、絶えず雨が降っているようだ。暗い海というのは映画的なルックなのだけど、この作品世界で喧伝されている理想郷に向かうには違和感がある。ここで思ったことは「オフワールドは本当に理想郷なのか」ということ。レプリカントはそこで過酷な労働をさせられ、ロイはその中でオリオン座の近くで炎を上げる戦闘艦や暗黒に沈むタンホイザー・ゲートのそばで瞬くCビームを見たらしいが。何しろ彼らは4年の寿命しかなかったので、なかなかの過密労働だなと。アドリブのセリフとして映画史に残る素晴らしさなのでこのことは前作ですでに思っていたことだが封印していた。

しかし今回オフワールドへの道程の一端を見せられたことでその疑問がふくらんでしまった。
>|