お嬢さんのネタバレレビュー・内容・結末

「お嬢さん」に投稿されたネタバレ・内容・結末

とってもイノセントで官能的。物語の構成や伏線の回収も面白い。屋敷の建築美や、美術も本当に綺麗!スッキと秀子が屋敷を出て、生垣を越えるシーンが本当に素敵でした〜。監督のティーチイン付きの試写会に行きましたが「親切なクムジャさん」「オールドボーイ」を生み出した鬼才な監督なのに、それを感じさせないほど優しくて可愛らしい方でした。笑。
詐欺集団の一味が富豪から金を騙し取る計画を立てて、姪の求婚者と侍女になりすまして屋敷に潜入する話。
百合要素があるらしいということで観たんだけど(ハ・ジョンウが出演してるからそうでなくてもいずれは見たけど)、要素どころじゃない、いろんな意味でかなり濃厚だった。こんなに過激だとただのサービスシーンになってしまいそうなのに二人の親密さがちゃんと伝わってくるのがいい。女同士特有の軽率なスキンシップからくるイチャイチャ感もたまらない。萌える。あかぬけた色白弥生顔のお嬢様とあかぬけない色黒縄文顔の侍女のカップリングも好み。
官能小説朗読会は悪くない趣味だと思うけど、子供に朗読練習させるのは虐待以外の何物でもなく見るに堪えない。
第1部の最悪な結末が第2部でひっくり返って、鬼畜生がちゃんと死んで、救われて欲しい二人が幸せになる最高の結末だった。
しかし朝鮮語とカタコトの日本語が半々で進んでいくからとにかく見づらい!日本人が全員朝鮮語喋ってても文句言わないからそうしてほしかった。話に集中できん!
1930年朝鮮統治下の満州国の朝鮮貴族の使用人としてスッキは最初は孤児の赤ん坊を売り飛ばすしていた
一方日本人になりすます朝鮮貴族は金銀の採掘権の権利を手に入れて金儲けが出来ると
スッキはお嬢様の側にお使いするようにとの
使用人にアクセサリーを身につけさせてたり
お嬢様と使用人(強調して)レズして精神病院送りにされる

濃縮アヘンを手に渡され
アヘンを旦那に盛って飲ませSEXの最中に倒れて893だけに指を詰められる

お嬢様はグラジオストクに逃亡

1932年満州国建国し皇帝溥儀
岸信介や児玉誉士夫や笹川良一のA級戦犯も一緒に活動していた時代だ
その時代は第2次世界大戦下で似非ユダヤ國として東インド会社と共に建国し、アヘン麻薬取引と人身売買、臓器売買として金儲けしてたが、失敗に終わってる。

腹のわた煮えくり返りながら観ていた!
似非日本人になりすましている山口県田布施出身の政治家共の先祖がやってきた事だけに💩腹たつ
まず一言。なっがーーーーーい❗
正直、前半飽きます。そして日本語が嘘くさい‼ 聞き取れない‼バカにしてるの? 何故この映画を観たかというとネットで面白い韓国映画ベスト50のなんと1位だったのです✨だから最後まで観ようと覚悟を決めて観ました😲
何故1位だったのはさておき。
今までいろんな映画を観てきましたがこんなにも女性同士の過激なラブシーンは観た事がありません。男女の騙し合いもみどころです。
でも何故この映画が1位なのかいまいちピンときません。そこまで?という感想です。笑
すごいものをみてしまいました…やった!
下ネタ多いは気持ち悪いは腹立たしいはギャグなのかとあまり他人に軽くオススメはできないですが
ハッピーエンドで本当に良かった…!!!涙
スッキ(珠子)とお嬢様が結ばれるエンドをいつひっくり返されるのかとハラハラしてましたが2人が笑顔で終われて私はそれだけでこの作品を観れて良かったです。三部構成が最高に面白かった。

2人のベッドシーンが凄いと聞いてましたがそこまで構える程ではないかと。アデルよりは優しい気がします。

あのクソジジイは死んでからも秀子以上の苦しみや辱めを受けてほしいですね。

スッキがお嬢様と初対面した時に
「あらかじめ(お嬢様が)美人だって教えといてよ〜> <//// 」
というシーンがありますが
そっちこそポスターより遥かに可愛いじゃないかともう〜///という気になります。
ツルッと言葉は出ちゃうし言葉も悪い馬鹿正直なスッキですが、どんどん好きになっちゃいます。
彼女のまっすぐさな言葉や行動で、妖しげな映画なのに朝ドラ、大河のような爽やかな風が一瞬吹きます。そこで心を掴まれました。
特にクソジジイの本を怒りながらドンドン破り捨てていくシーンは秀子の気持ちが痛いほど分かってキュンとなりました。

こんな純愛映画観たことない…
2016年。原題"아가씨"(アガシ、お嬢さん)、英題"The Handmaiden"。原作はサラ・ウォータースの"Fingersmith"(「助産師/腕利きのスリ」2002年、邦題『荊の城』)。詐欺師の藤原伯爵に、令嬢和泉秀子を騙して結婚し財産を奪った後精神病院に入院させる計画を持ちかけられたスッキ。秀子の世話をするうちに、スッキは彼女に惹かれていく。秀子がスッキに丁寧に世話をされる場面が最も官能的に見える演出には、「乱暴に扱われることに女性の快楽はない」という明白なメッセージがこめられているように思う。
一章と二章に分かれてて、二章は同じ場面でお嬢様の視点ver
お互い騙そうとしてるなかで好きになっちゃったんだな… 二章見てるうちに展開は読めたけども
お嬢様絶対日本人じゃないってくらい日本語より韓国語が圧倒的流暢(笑)
たどたどしい人いて、ちょいちょい聞き取れない日本語がww
てか真面目に話してるんだろうけどキチガイ病院は流石に笑う(笑) そういう設定が謎なところがマイナスw
たまに日本語の下ネタが笑わせてくる.....朗読とか
最後の拷問だけグロい。指切られてる
エロいというより、美しい。。
誰かと見るより1人で見た方が良き
あんなに頑張って日本語しゃべってる俳優さんたちすごい。騙されすぎてみんなに騙されました。けど、恋とか愛に勝る原動力ってないよね。
公開当時とても話題になったことは覚えてましたが、サラ・ウォーターズの原作を読んでからだいぶ時間が経ったこともあって、ストーリーは思い出せない状態で鑑賞。
舞台立てから何から、翻案も凝ってます。
主演女優ふたりがかわいい。時々、松岡茉優と石原さとみに見える。
サービスカット的やり過ぎシーンはわたしはない方が良かった派だけど、それで興味を惹かれる層もあると思えばまあ。まあね。
女性たちがまあ酷い境遇スタートで、明るい前途を暗示した終わり方にも見えない気もするけど、カタルシスもあって濃厚でした。
原作読み返そう。
三部で区切られており 一部毎になるほどな と言ってしまう 上手い作りだと思った

ストーリーは分かりやすく ラストもいい方向の終わり方だったので 後味は悪くはないのですが 全体的に暗いというか 陰湿な感じで エロティックよりそちらのイメージが強かった
まあ どちらにしても オススメし難い作品

吹き替え無しの理由なのか 日本語が混じるのですが 日本語の部分が聞き取り辛かったのが残念です
>|