お嬢さんのネタバレレビュー・内容・結末

お嬢さん2016年製作の映画)

아가씨/Agassi/The Handmaiden

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:145分

3.9

あらすじ

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結…

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキにヒデコが次第に心を開いていき…。

「お嬢さん」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最初、犬神家みたいな雰囲気なのかと思いきや案外コミカルでたまにクスッとしてしまう感じでした。侍女役(ワケあり)のスッキが持つ無邪気さですかね。
⚠️以下長文⚠️

しかしそんなちょっぴり穏やかな雰囲気も束の間、湯を掻き混ぜる音や唾液の音、絡まる視線…
"お嬢さん"の謎の艶っぽさに当てられ、スッキは自らの使命を忘れそうに…
なんだかこの女子2人のやり取り、本当にこっちが翻弄されてしまう。
嗚呼コルセットってこの悦楽のためにあるのかとか嗚呼実は女性の柔らかで瑞々しい肌は女性自身が触れるためにあるのでは?とか思っちゃったりする程に見てる方が惑わされるのです。

相手を想い患うことの悦びや哀しみを想像していたよりも繊細に緻密に描いたこの作品、とても好きです。
女性2人のやり取りは一瞬「キャロル」思い出したけど、私が日本人だからかこっちの方が好みかも。

日本絡みの設定いるかな〜?と思ってましたが、谷崎潤一郎っぽいお耽美な世界を、そしてこの色彩を得るには必要な設定かなと思い直しました。
お着物もこんなに沢山見れるとは。やっぱり美しいね…

ただ日本語聞き取りづらいとても…字幕欲しい…

「このミステリーがすごい!」なんて言われている通りラストの展開が凄い。
タイトル通りだし、パッケージ通り。中心はいつもそう…あの人が息を潜めて見てる。関わってる。考えている。

そして初めて人が交わってるの見て泣いたかもしれない。
なんだその感想って感じだけど。笑
友情と愛情で満ち満ちた2人がゆく未来は果たして。
私からは2人へ…こんな映画待ってた!!ありがとう!!という愛をこめて。

追伸:ラストの叔父さんのヘアーは悪趣味なアラーキーワールドを干してるのかと思いやした。
お嬢さんとメイドが騙し合いながらも、お互い心惹かれていく様が最っ高にいい。
レズビアンではなく百合だなぁと思う。

個人的に韓国人が喋る日本語が耳に心地よかった。

物語が3部に分かれているのもよかった。おもしろい。

2人には永遠に愛し合っていてほしい。
インテリジェンスを感じるエロ。
まったくそっち方面の趣味はないけど、不思議と引き込まれてしまった。
各パートごとにちゃんと綺麗にひっくり返してくれるのが快感。サスペンスとして純粋にめちゃくちゃ楽しい。

変態爺さんが本当にどうしようもなく性的に倒錯した変態で気持ち悪さしかない。
タコ、タコかよ、、
最後の水銀を吸うシーンの伯爵が一番男前だった。
R15+指定版を鑑賞。春画は18禁らしい。
予想外に予想外な展開だった。特に第2章。第1章の衝撃の裏側を見ていくのが面白い。
もっと欲望にまみれたお話かと思いきや、それほどでもなかった。でも、がっつりエロい。サスペンス要素はしっかり面白かった。
ラストのグロはキツい。
第一部でそ、そんなぁ…とショックを受けた。ここで終わってたら私は死んでいた。
台詞が半分くらい日本語だったが片言な部分もあり気をつけないと聞き取れない(笑)

時代もあるのかもしれないが日本人はこんな変態だと思われているのかしら。いろんな意味で思っていたのとは違う方向のエロでした。性別じゃないんです、愛は心なんですね。
静かなところで1人で見るのをおすすめします。
Wowowで放送されてたのを見てたけど、ぼかしてとか音が消されてて18禁のものをレンタル
百合やん
日本語ちょっと聞きにくかった


なかなか面白かった
珠子が捕まった時からえええええ!ってなったけど、お嬢様は藤原と逃げるわけはないなとおもってたけどこういう展開か!
って感じでなかなか良い展開でした
第一部の最後で、えーー!!ってなって先が気になりすぎて夢中になった。最後2人が幸せになってよかった!キムミニさんの消えちゃいそうな尊さがたまらん
百合要素が強い今作。日本占領下の朝鮮の貴族と使用人の騙し騙されのストーリー。
3部に分かれていて1部の最後で秀子が悪女でしかないように見えたけど段々とこのキャラが嫌いじゃないようになるからいい。
女と男のドロついた部分をかきながらも3部のあの展開は紛れもなく純粋な愛の形だと思う。
面白かったので、今年観た映画にカウント(笑)
ストーリーとか、騙しだまされみたいなのが高評価だと思っていたけど自分が一番衝撃だったのが、台詞ほぼ日本語ってところー(///∇///)
すげー、もう日本人でも聞き取りにくい言葉をたくさん話すので、字幕ほしかったですよ、、(*´ω`*)
あと、めっちゃ金がかかっていそうな装飾、調度品の数々・・・あれらもすべて「フェイク」だと言いたいのかなぁ。
TCGハッピーフライデーでエクステンデット版を観ました\(^^)/


2018-17
エクステンデット版での鑑賞です。
まだ僕は本数を観ていないので169分の上映時間は今までで一番長かったのですが、最初から最後まで楽しめました!

タイトル、お嬢様じゃなくて、お嬢さんですもんね〜
眠いので、詳しい感想は明日にでも書こうと思います笑
>|