お嬢さんのネタバレレビュー・内容・結末

お嬢さん2016年製作の映画)

아가씨/Agassi/The Handmaiden

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:145分

3.9

あらすじ

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結…

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキにヒデコが次第に心を開いていき…。

「お嬢さん」に投稿されたネタバレ・内容・結末

う、うっ…、美しい。。

芸術は変態だあああああ!!
すごい!エロが綺麗、グロも綺麗、タコさんが一番綺麗!メンヘラだああああ。変態の向こう側。ビール瓶に殴られたって眼を覚ますことのない夢の国。

狂おしいほど官能的。

画面いっぱいに映し出される独特な世界。日英の建造様式を交えた建物。下品だ。趣がない。だけど許せる。片言の日本語が聞き取りづらい。2時間越えの作品で聞き取りづらいシーンが大きい割合を占めている。これは許せない。タランティーノ、黒澤明を彷彿とする仕掛けだらけのセクション展開。素晴らしい。韓国、アジア、いや世界クラスのカメラワーク。滑らかに映画の中を滑り駆け、舞台、セットの美しい世界を存分に引き出していた。節々に流れるサウンド。これもすごい。ハリウッドの超大作を見てるかのように耳から引き込まれる。

チームワークが織りなす『お嬢さん』の圧倒的"美"体験。

5年おきに見たい。
一部とか出てきて三部構成?
ってなったんだけど見終わると流石っすって感じ。
オールドボーイは私の中でパクチャヌク作品最高位は不動ですが本作も良く出来てます!
この感じ「ゴーン・ガール」!!
でも嫌な気持ちにさせられ続ける果てに
光をちゃんと見せてくれるので是非!


ただ、主人公の女性2人は男からは解放されるもののラストにも上月のかつての異常な性癖からは逃れられずむしろその性癖を通して愛を確かめてたのには
パクチャヌク節を感じさせられました
それに月のアップで終わるのは明らかに上月も意識してるのではと
ご馳走様です(笑)
下心たっぷりで観に行ったら想像してなかったどんでん返しに全て持ってかれた。あれだけ官能な雰囲気出しといてお互い初めてはただただ滾る。
「私の珠子、私のスッキ、私の人生を壊しにきた救世主」とそれまでのシーンは何度観ても飽きない。
全編に渡って性描写が展開されるが、どのシーンもどこか滑稽で、セクシーさに欠ける…ただ、スッキと秀子のベッドシーン、あのシーンだけが、とにかくエロティックで、生々しく、緊張感に満ちている。

あのベッドシーンで、二人の間に特別な絆があることを示すことにより、後半の展開に説得力をもたらしている…。

ドンデン返し系のサスペンス映画は、その形式にこだわるあまり、仏作って魂入れず的なことになることが多いが、本作では二人のラブストーリーとドンデン返しの展開が有機的に絡み合っており、そこがこの映画を傑作たらしめる最大の要因であると思う。
よかった。お互いに騙しあってる三つ巴の展開で、最後まで「いや、まだひっくり返るのでは…」とわくわくしながら観た。R18だしそれなりなシーンもあるのだが不思議とやらしさは感じなかった。俳優に感情移入するというよりカットそのものの美しさに目がいく。

シリアスな話なんだけどたまにフハッと笑っちゃうようなユーモアの一瞬があったりその組み込み方が絶妙なんだな〜 えっ今わたし笑ってよかったんかな…?と心配になりつつ次のユーモアでまたフハッと笑ってしまう。話は全然笑い事ではないのに。

何回か山場があるんだけど最初を越えたあたりでなーんだこんなもんかーと思っちゃったが話はまだまだ続き、まず一発ひっくり返され、疑心暗鬼になったところでさらにもう一回転させられ最後には爽快だった〜 エグいシーンも多々あるが誰も憎めないしなんかもう美しいからいいよ!なんでも!(放棄)

韓国人の方々が日本人の役をやったり日本語を話したりされていらっしゃったので、最初は独特のアクセントに聞き取るの大変だった(そもそも韓国語にも慣れてないのでダブルで大変だった)けど終わる頃にはこのもにょっとした日本語愛しいな〜と思えてる自分がいる。韓国の方が話す日本語ってかわいい。
コリアンジャパネスク様式でエロと変態の世界を耽美的にドキツく描いた何とも言えない作品。話の組み立てに工夫が凝らしてあって、展開に一度ならず驚きがあるのはさすが韓国映画、または原作の力か?そして、悪どくても退廃していても人権無視でも、最終的にはそれに対してキッチリ報いが与えられ、愛は勝つので、全体として倫理には抵触せず、意外と見終わってスッとするのも韓国映画らしいと思う。重くもない。
 だけど、正直ドキツ過ぎて苦手だった…。特に、エロシーンというかもはや露骨なポルノシーン。(女同士なら多少やり過ぎてもOKというバイアスかかってない?) R18指定をナメていた。
 セリフが日本語のためなのかどうもお嬢さんの内面が演技から伝わってこなくて、最初から最後までお人形のようにしか感じられず、お嬢さんに惚れるスッキの気持ちが全然理解できなかった、というのもある。
 日本語を頑張っている俳優さんたちはエライのだが。

和室の真ん中に水が現れるようなシュールさは嫌いじゃない。あの水はどこかにつながっているのかいないのか気になる。旧岩崎邸も顔負けの洋館に日本家屋を継いだ建築物等見応えがあった。あれは桑名の六華苑という建物らしい。他にも日本で多くロケされたようだ。
(後日、書き直すと思うけれど、忘れないよう、鑑賞後に勢いでふせったーに投下した感想の転記)

伯爵の策略に乗った(フリをした)2人。屋敷を出る前に、秀子がスッキを叔父の蔵書室に連れて行き本を見せその内容に(仕打ちに)スッキが怒って本を破り踏みつけ傷つけぶちまけ汚し破壊するあたりで私の涙腺がぶち壊れ。そして嬉しかった。
とても、まっとうな作品だと思う。
そっからズンズン歩いて、段差を乗り越え、川へと。ああ、スッキは肩を怒らせ歩く、伯爵が秀子の肌に触れたあの時も怒って足を踏みならし歩いていた。
秀子の、愛しいスッキ、私の人生の破壊者、救世主、ってモノローグがもう素敵すぎて。ゲボ泣いた。
スッキと出会って、美しい人形のような秀子の頬が色づく様、目が潤み、体温が上がっていくさま、あと伯爵との初夜(と見せかけてのスッキとの夜)のあの気高さ。
観てて自分のなかの火(男への、女の怒り的な...)がメラメラしてたんですけども、それとスッキと秀子に、行け、そのまま行けーー!っていうのとで、心の中のボルテージが途中からなんかもう振り切れてました。......ああもう最高だった。
あとラストのほうもユーモアがあってフフってなった。ハジョッシたいへんな目にあってたけど、気絶したら起きたらズボンはいてなくて靴下だけだったあたりからかわいかった。拷問されてもかわいい(鬼かよ)

あんまり情報入れないようにしてたので、一部の終わりでえっ!?そうなんやられた!ってすっかり騙されてた。そこらへんも気持ちよかった。

怒っていい、摑み取れ、ってほんと大事よね。まっとうでないことがまかり通ってる中で生きてて、こんな近年まれに見るまっとうさをぶん投げてきてくれて、もう私今日眠れるのか分からん。まだ感想整理しきれてないけど、一つだけの言葉で表すなら、「嬉しい」です。ほんとに。まだ体のなかでもらった力が渦巻いてる。観られてよかった......
すごい面白かった!3部になっていて違う視点からの面白さ!良かった!
ただベッドシーンがあまりにもあまりにも・・なため。。人には勧めにくいな。。
あのパクチャヌク最新作ということで鑑賞。
一部、二部と場面が変わる度に驚きの連続。オールドボーイが胸くそ悪かったので期待してなかったけど、三部は爽快で良かった。

お嬢さんが予想に反し、いろんな意味で強い人なのがいい。地下室で本を破るシーン〜夜更けに走るシーンが好き。すべてが騙し合いの中であの二人の愛だけは純粋なものなんだと思うと、音楽も美しさも手伝って泣ける。

お嬢さんの衣装はじめ色彩がきれい。R18要素も言葉は汚いが下品なエロではなく、美しいものになっているので文学・芸術作品のよう。
近くで上映している所がなかったけど、映画館で観たかった…!

俳優さん達があれだけ日本語頑張っててすごいのだけど、やっぱり聞き取りづらいので字幕があれば☆5。
みんな偽者。
日本人になりたい月上。
月上が嫌になり朝鮮人になりたい秀子。
秀子の資産を狙い、日本人に扮して彼女に近づく朝鮮人の藤原伯爵。
藤原伯爵と一緒に秀子を罠に嵌めようとメイドに扮するスッキ。

みんな自分を偽っている。全ての語り手が「信頼できない語り手」となる。映画の王道的表現手法だ。(同じように黒澤の『羅生門』=芥川の『藪の中』も複数の信頼できない語り手の手法)

最終的に真実は「女同士の愛」になる。これは韓国併合(朝鮮半島の植民地支配)が日本人男性と朝鮮人男性による女性の搾取として描かれ、それを欺き崩壊させるのが日本人女性と朝鮮人女性の愛という構図ということになる。

日本と朝鮮という構図が偽物であり、むしろ男同士の絆としてのミソジニーに対抗する女の連帯が、植民地関係を逆照射するということになる。的確だ。
>|