密偵の作品情報・感想・評価

密偵2016年製作の映画)

밀정/The Age of Shadows

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:140分

あらすじ

1920年代の日本統治時代。元朝鮮人の日本警察イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は武装独立運動団体の義烈団を監視しろとの特命を受け、義烈団のリーダー、キム・ウジン(コン・ユ)に接近する。出処不明の情報が双方間で飛び交い、誰が密偵なのか分からない中、義烈団は日本統治下の主要施設を破壊する爆弾を京城(現ソウル)に持ち込む計画を進めていた。そんな中、日本警察は義烈団を追って上海へ。義烈団と日本警察のかく…

1920年代の日本統治時代。元朝鮮人の日本警察イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は武装独立運動団体の義烈団を監視しろとの特命を受け、義烈団のリーダー、キム・ウジン(コン・ユ)に接近する。出処不明の情報が双方間で飛び交い、誰が密偵なのか分からない中、義烈団は日本統治下の主要施設を破壊する爆弾を京城(現ソウル)に持ち込む計画を進めていた。そんな中、日本警察は義烈団を追って上海へ。義烈団と日本警察のかく乱作戦が繰り広げられる緊張感の中、爆弾を積んだ列車は国境を越えて京城へ向かうが…。

「密偵」に投稿された感想・評価

YUKi

YUKiの感想・評価

4.0
タイトルのとおり、いつどこで誰がどうやって
人を陥れるのか緊張の糸が途絶えなかった。

日本の統治下に置かれていた1920年代の朝鮮で
まず何が起こっているのか、ストーリーを追うのにも
必死だったのでほんと油断できず‥。
(好い意味で)ただただ憔悴。

朝鮮人でありつつ日本警察の一員である
主人公、イ警部が独立運動グループ「義烈団」の
キム・ウジンを諜報するよう命じられるんですが‥
この2人関係だけはどうかクリアなものであって欲しい!
と願わずにはいられなかった。

イ警部、しれっと「 義烈団」に潜入するかと思ったけど
そうじゃないんですよね。
結局そこがストーリーのキーになっているという。

後半の列車シチュエーションとか、
あれだけじりじりと差し迫った諜報ものなのに
すごい盛り上がりで、
「うわ!誰っ!!!??」の大ピークだったなあ。
作り込みの細かさよ‥。

主人公は結局最後まで
日本警察なのか 義烈団かがわからない。

でも、単に情に流されたり感情的に任せたり
私欲に流されたりする訳ではなく、
終始根強い葛藤を抱えていることだけは
わかるんですよね。ものすごく人間らしいというか。
好い役に加え、重厚感ある凄まじい演技力でした。

手汗が止まらないコン・ユとのバディシーンも
たまらなかったなあ。もちろんラストの法廷シーンも。

このレビューはネタバレを含みます

ソウルを京城と読んでた時代。旭日旗が高々と掲げられていた時代。
どいつが味方でどいつが敵か最後まで、追いかけるのに必死。え?あ?うえ?の連続。ここの分かりにくさが、やや減点でした。いや、密偵やから、すぐに分かるような話ではアカンのですけどね(笑)

クライマックスの爆破シーンのBGMがラヴェル作曲のボレロ。爆破シーンとボレロの組み合わせって、実は某邦画でもやってるんですよ。実に合いますね。
新感染に出てたコン・ユは、ええ役が続いてますね。
ariri

aririの感想・評価

3.8
ソン・ガンホ!コン・ユ!イ・ビョンホン!といったキャストの豪華さだけど、個人的にはハシモト役のオム・テグの演技が絶妙!顔面力もよし!ビンタの仕方がどうなってんのか分からなくて逆に面白くwww嫌すぎるwww

終盤の展開が良い…コン・ユはこういう切ないのが似合う系なんだろうか。一つだけ残念だったのが鶴見辰吾の演技…海外映画の日本語って基本違和感バリバリなのだけど、ソン・ガンホはかなり頑張っていたと思う高レベル(滑舌はともかく、言い回しの不自然さが少なかった)なのに、鶴見さんの形通りっぽい演技が浮いてたように私には見えてしまった…好きな人いたらスイマセン。他の俳優陣が素晴らしかったので…
悪魔をみたのキム・ジウン監督最新作

キャストにソン・ガンホ、コン・ユ、イ・ビョンホン

これは観るしかないやろ!

義烈団と呼ばれる組織とそれを追う日本警察の抗争を描いている

その中に密偵(スパイ)が居り、犯人を捜す話

みんな日本語が上手でした(*^^*)

韓国映画お馴染みの拷問や残酷シーン

親指を千切っちゃダメ(笑)

面白く無くはないけど韓国映画の他の作品には及ばず。
ああ、やっぱり韓国映画はスゴい。

最前線で最も大切なのは自分の命。その命を守るため一番頼りになるのは、最も身近にいる戦友だと思う。独りだと簡単に損なわれがちな気力も能力も、傍らで一緒に銃を担っている同僚との、お互いの支え合いで何とか前進できる。
生きるか死ぬかの瀬戸際でその信頼関係を相手と確認し合うとき、平時ならベタで白々しいキレイ事に聞こえたり、過大に誇張された態度に見える表現でも、その方が相手に伝わりやすかったりするのかもしれない。

この作品でも、立場は違えど大義名分の元に自らの命を投げ打つ人々が登場し、やはり、これまで繰り返されてきたセオリー通りの言動を発し行動する。
平和ボケでポカンと口を開けながら見ているようなワタシがそれらしい場面に出食わした場合、本来ならすぐさま耳たぶを赤くして気恥ずかしくなってしまうところだ。

なのに、韓国映画は気の遠くなるような緊迫感で観客の心を鷲掴みにし、最後まで牽引し続ける、半ば強引に。

何なのだろう?
娯楽だろうが社会派だろうが、芸術作品だろうが、ほとんどすべての映像に緊迫感がみなぎっている。勢い止むことなく邁進し続ける韓国映画から、今後も、そしておそらくずっと、目が離せないだろう。
skm818

skm818の感想・評価

3.9
日帝時代の朝鮮が舞台の映画。
独立を目指す義烈団のメンバーと、日本の警察官として彼らを取り締まる側にいる朝鮮人警務官。ひょんなことから警務官は義烈団と関わることになるのだが、そこに抜け駆けしようとする同僚の警部だの密告者だのが絡んできて、情報は筒抜け、手に汗握るサスペンスと凄まじい拷問場面、爆弾闘争などなど。
えーとこれ、警務クラブ爆破の時にジョンチュルを手引きしてくれたの誰なん? 団長の手の者? イ・ビョンホン、役が美味しすぎだぜ。
朝鮮式のどんどん飲ませる酒盛コワイ笑。
公判の場面で、自分は関係ないと言って釈放されるの、いやそれでも十分悲しかったんだけど、ああいう事情が(ある意味お約束)。家族を養うために同胞に犬と罵られる仕事をせざるを得ない、それで友人を死に追いやったりすることも避けられないって、どんだけ辛いんだ。
ウジン役の俳優さんがけっこう好みだったのもよい。ウジンというキャラもよい。
この話自体はフィクションらしいけど、こういう独立運動組織、反日帝組織や活動は実際にあったわけで、こういう拷問などもあったのだろう。
1920年代の中国や朝鮮の街並風俗けっこう好き。社会状況は嫌な感じのものだったのだと思うし、日本人の威張りっぷりや独立運動弾圧だってほんとひどい話なのだが、この時代にロマンを感じることもたしか。
meltdownko

meltdownkoの感想・評価

4.0
「密偵」というタイトルとは裏腹に、カタルシスを生むためにフーダニットのタネ明かしを全くあてにしていない点や、(朝鮮独立を最終目的に据えるのはさすがにファンタジーが過ぎると踏んだのか)サロゲートとしての爆破をゴールに据えることで人間ドラマをきっちり描こうとした点については好感が持てるのだけど、この特徴が同時にこの映画の弱点にもなっているように思われる。イ・ジョンチュルがハシモトの追及に対して表情の変化を隠すことができない、というのは上記のドラマとしての要請であろうけれど、エスピオナージュとしては端的に無能であろうし、またイ・ジョンチュルは密偵が送り込まれていると知った時点で自分が敵陣営にどう受け取られているかを悟らなければならないはずだが、それが行動に全く反映されていないというのもやはり疑問であった。
ていうか韓国とか香港の警察が出てくる映画だいたい手の込んだBLに見えてくる。あと拷問シーンについては最近みた「ソウ・レガシー」をはるかに上回る痛々しさ。
takuro

takuroの感想・評価

4.0
韓国の三大俳優と言える、ソンガンホ、コンユ、イビョンホンが共演している韓国映画ということで鑑賞。
特に、ソンガンホとコンユは韓国の俳優の中で演技が好きな俳優。
さらに、内容的にも興味深かった。

まずはひとこと、映画としてとてもおもしろかった。
映画苦手な人にとってはわかりやすい映画として楽しめると思うし、分かりやすい展開であるが、その中に人に着目した深い描写が特徴的で、そういう意味での見応えもある。
さらに、当時の時代背景までもがわかる。
(韓国目線で描かれているので、どこまでが真実かはさておき。)

日本警察vs義烈団。
時代は1920年代、朝鮮半島が日本の統治下にあった時代。
義烈団とは、1919年(大正8年)11月10日に朝鮮独立活動家の金元鳳を中心として結成された民族主義的な武装テロ組織。
今作は、この義烈団がベースとなっているっぽい。

冒頭からいきなりイジョンチュルの旧友であり、義烈団のキムジャンオク(パクヒスン)が、日本警察に包囲され、一気に映画の世界に引き込まれる。

義烈団は、朝鮮を独立させ、新しい国家を創るために、奮闘する。
リーダーはキムウジン(コンユ)、団長にチョンチェサン(イビョンホン)、対して日本警察に朝鮮人でありながら所属していたのがイジョンチュル(ソンガンホ)という構図。

ヒガシ部長(鶴見辰吾)とイジョンチュルの関係性を見ても、日本の統治下にあった朝鮮半島は、日本警察が国の中でも上の立場にあったことがわかる。
さらに朝鮮半島において、日本が嫌われること、そちら側にいくことは祖国を裏切ることと同義であると捉えられている。

そんな時代背景の中、独立国家を創るために奮闘する義烈団を、イジョンチュルが監視しろとヒガシ部長から特命を受ける。
キムウジンと接触し、懇意になるイジョンチュル。
しかし、それはイジョンチュルを引き込むための義烈団側の策略であった。

義烈団と日本警察の情報戦が展開されていく中、誰が敵なのか味方なのかがわからない常に緊迫したムードがスクリーン上に漂い、観ている側も心が休まらない。
爆弾を京城に搬入したい義烈団とそれを阻止したい日本警察。
繰り広げられる心理戦と情報戦が見物(みもの)。

その中でも特にすごかったのが、日本警察側と義烈団側、どちらにつくかを揺れ動きながら考え行動していたイジョンチュルの描写。
ソンガンホの真骨頂とでも言えるような演技だった。
ものすごい迫力と機敏な感情表現。
何が正解かもわからないような激動の時代の中、2つの国それぞれに挟まれながら心が揺れていくイジョンチュル。
義烈団のリーダーキムウジンと日本警察の鶴見辰吾は、自分のやるべきこと、目指すべきことが明確であっただけに、とことんそれに尽くす形であったが、2人の描かれ方もまた違った。

キムウジンは情に深く人間臭い描かれ方であったが(特に恋人ヨンゲスンのことを心配していたこと)、ヒガシ部長はまるで人間の心を持っていないかのような描かれ方だった。
この時代の朝鮮人から見た日本人がまさに描かれているような感じ。

日本警察側と義烈団側それぞれの密偵。
特に義烈団の密偵の暴き方や爆弾を運ぶための策略は見事だった。

結局イジョンチュルは、日本警察ではなく、友情祖国である義烈団を選び、最後の仕事を成し遂げる。
途中色々あるものの、イジョンチュルも情に深く、ヒーローのような描かれ方であった。

「どちらの歴史に名を刻むか」という命題を突きつけていたキムウジンのシーンも非常に印象的。
敵対していた中で、どうしても他国の統治下に置かれることに耐えられず、祖国を守り独立国家として創り直したかった義烈団。
怖さなどを飛び越えたような信念がそこにはあった。

今作は、完全に韓国側からの描かれ方ではあるが、時代背景やこの時代を、義烈団という実在したレジスタンスな民族主義的武装テロ組織を織り交ぜながら展開されていて終始息を飲んだ。

映画としても非常におもしろいし、ソンガンホ、コンユ、イビョンホンとキャストも豪華すぎるし、韓国で750万人動員の大ヒット作というのも納得。
韓国映画、やっぱりすごい!!
ちゃな

ちゃなの感想・評価

4.0
やっぱり韓国映画、私のツボです。
ドキドキ、ハラハラ楽しめました。

相変わらず血が出るシーンは迫力ですね。おなじ日に観たブレードランナーより、私はこっちが好きでした。
中盤から後半は見れますね。

イ・ビョンホンさん、出なさ過ぎてずるいかなぁ。
>|