密偵の作品情報・感想・評価

密偵2016年製作の映画)

밀정/The Age of Shadows

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:140分

3.7

あらすじ

1920年代の日本統治時代。元朝鮮人の日本警察イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は武装独立運動団体の義烈団を監視しろとの特命を受け、義烈団のリーダー、キム・ウジン(コン・ユ)に接近する。出処不明の情報が双方間で飛び交い、誰が密偵なのか分からない中、義烈団は日本統治下の主要施設を破壊する爆弾を京城(現ソウル)に持ち込む計画を進めていた。そんな中、日本警察は義烈団を追って上海へ。義烈団と日本警察のかく…

1920年代の日本統治時代。元朝鮮人の日本警察イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は武装独立運動団体の義烈団を監視しろとの特命を受け、義烈団のリーダー、キム・ウジン(コン・ユ)に接近する。出処不明の情報が双方間で飛び交い、誰が密偵なのか分からない中、義烈団は日本統治下の主要施設を破壊する爆弾を京城(現ソウル)に持ち込む計画を進めていた。そんな中、日本警察は義烈団を追って上海へ。義烈団と日本警察のかく乱作戦が繰り広げられる緊張感の中、爆弾を積んだ列車は国境を越えて京城へ向かうが…。

「密偵」に投稿された感想・評価

KanKawai

KanKawaiの感想・評価

3.8
2016年韓国映画。日本統治時代、武装独立運動を働く団体と接触する警務の捜査の中、密偵を抱え込むことで爆弾輸送を実現しようとするが…。韓国人俳優の日本語が違和感なく聞ける。日本統治という歴史的事実を背景に、日本人としては複雑な気持ちになるが緊張感溢れる作品。
she

sheの感想・評価

3.0
抗日映画だとか何とかはおいといて…(あまりそれを感じさせる印象もないし)

韓国人俳優が話す日本語には字幕がついていたけど、ソン・ガンホの日本語は字幕がなくても聞き取れるくらい自然でびっくり。
少し期待しすぎたせいもあるのかもしれないけど、ソン・ガンホ演じるイ・ジョンチュルの心理的描写が甘かったというか、ところどころにもう少しきっかけ的なものは欲しかったかも。

あとこれは仕方ないことだけど、きっと韓国人が観れば感じ方が違うんだろうなと思う場面もあって、個人的には、感情移入が難しすぎた。
アクションのシーンは期待以上。冒頭から臨場感があって見入ってしまうくらい。
橋本役のオム・テグは、隠された時間やタクシー運転手(物語の重要なシーンで出てくるながらもかなりちょい役だけど)で観たけど、こんなにいい演技する俳優さんだと思わなかった。狂気的な表情がうまい。
KURO

KUROの感想・評価

1.5
結局何が言いたかったのか

複雑なスパイ合戦かと思いきや
心理描写も微妙な気がしました

役者陣を見て楽しみにしてたのですが かなり退屈してしまいました…
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

3.2
短文感想 72点
日本が統治する1920年代の朝鮮半島において、武装独立集団「義烈団」が日本政府に立ち向かう様子を描いた歴史映画。日本人役を韓国人が演じるのはやはり違和感がありますが、反日的な映画であるにも関わらずアクションシーンが多いためかすんなりと見れました。誰か密偵かわからないまま会話が進んでいくのはやはり緊張感がありますね。
なつ

なつの感想・評価

4.0
政治のことはよく分からないが、他国を我が物にしてはいけない。隣人を殴って「お前んとこの土地は俺の土地じゃ!」って言えないのと同じ。この映画を反日だの何だの言ってはいけない。そんなことを言いたい映画じゃない。(決してテロを容認するのではない。それとこれとは別)

ソン・ガンホとイ・ビョンホンとコン・ユと一緒に美味しい白飯+キムチの朝ごはんを食べたい。

拷問シーンが痛すぎる。 我が身に降りかかるなら生け捕りじゃなくて即死にしてほしい。

エンドロールは最後の最後まで見逃して、いや聞き逃してはいけない。

橋本の高速ペチペチ、確認しました。あの人はちょっとEXILEっぽいね。
コンユ、イビョンホンの義烈団側が、ソンガンホを抱き込もうと酒飲むシーンはすんごい引き込まれた‥!
明月

明月の感想・評価

3.5
朝鮮総督府による統治時代の日本側の警務と独立義烈団の情報戦を描く映画。裏切り合戦で今日の仲間は明日の敵状態。ソン・ガンホが二重スパイになってからの葛藤が心に響く。何を信じるか?何を選択するか?生きる道はそれだけ。
ハラハラしました´д` ;

ビョンホン氏目的だったのですが、「新感染」のコン・ユ氏がまたイケメンだった...

ジョンチュル(ソン・ガンホ氏)が日本統治下の元、ウジン(コン・ユ氏)に近づき、国を取り戻そうとする義烈団内に警務として潜入するが、それは義烈団団長チェサン(イ・ビョンホン氏)の思惑も働いていた...

人はなぜ"密偵"になるのか

ディープな作品の中で流れるボレロが印象
友人がコン・ユにハマりすぎて、お勧めされて見た作品。
思った以上にディープだし、歴史を感じる作品。見た後は、タイトルの『密偵』という言葉に集約されるなぁと思う。グロいやつ苦手な人は、あまりお勧めしないかも。
韓流映画のダイナミックさを改めて確認できて、とても良かった。
yasu

yasuの感想・評価

2.7
1920年代日本統治の韓国。

日本の統治から独立する為、義烈団が現ソウルに爆弾を仕掛けようと企むが、日本の警察がそれを阻止しようする。

見終われば簡単なストーリーなんだけど、登場人物が多くて、誰が誰なのかの区別で苦労する。
>|