密偵の作品情報・感想・評価

密偵2016年製作の映画)

밀정/The Age of Shadows

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:140分

3.7

あらすじ

1920年代の日本統治時代。元朝鮮人の日本警察イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は武装独立運動団体の義烈団を監視しろとの特命を受け、義烈団のリーダー、キム・ウジン(コン・ユ)に接近する。出処不明の情報が双方間で飛び交い、誰が密偵なのか分からない中、義烈団は日本統治下の主要施設を破壊する爆弾を京城(現ソウル)に持ち込む計画を進めていた。そんな中、日本警察は義烈団を追って上海へ。義烈団と日本警察のかく…

1920年代の日本統治時代。元朝鮮人の日本警察イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は武装独立運動団体の義烈団を監視しろとの特命を受け、義烈団のリーダー、キム・ウジン(コン・ユ)に接近する。出処不明の情報が双方間で飛び交い、誰が密偵なのか分からない中、義烈団は日本統治下の主要施設を破壊する爆弾を京城(現ソウル)に持ち込む計画を進めていた。そんな中、日本警察は義烈団を追って上海へ。義烈団と日本警察のかく乱作戦が繰り広げられる緊張感の中、爆弾を積んだ列車は国境を越えて京城へ向かうが…。

「密偵」に投稿された感想・評価

韓国映画を観ようシリーズ。
いきなり現代劇からちょい昔の時代モノをチョイスしてしまって大丈夫かな?って思ってたんですけど心配なかった。
テロリストを探るべく利用するつもりが、自分が密偵になり利用され尽くした日本に裏切られ最後はテロリストになり果てるという…。まあ、時代と同民族ゆえにそこに行き着くってのはわかるし、アツい友情的なものが最後に見えるのは韓国らしさもあって漢臭くて良かったです。
しかし、人を裏切ることの凄惨さとイ・ビョンホンは何で助かってんのか…っていうw
odkysyk

odkysykの感想・評価

-
おもしろかった。でも長かった。この手のサスペンスはわりと苦手なことが多いんだけど、これは列車の美術がすごいのとソン・ガンホの人間力でなんとか乗り切れた。ビンタの鬼ハシモトもよかった。それにしても「新感染」に引き続きコン・ユは電車に乗るとろくなことにならないですね。
作品の背景を勉強がてらメモさせてください。歴史に興味のある方は便乗してね☆


朝鮮半島(今の韓国と北朝鮮)は長らく中国の支配下にあった。
(中華思想により元々日本を下に見ているのか)
高麗時代1356〜1392は元の属国となっているし李氏朝鮮時代1392〜1897も明と清からの許可を受けて存続している。(そうしないと滅ぼされるからか)

1894年に"日清戦争"で勝利した日本は李氏朝鮮を独立国家として清に認めさせる。これで日本は朝鮮半島の利権を独占できると思いきや
今度はロシアが干渉するようになる。日本は親露派の暗殺をしてなんとか防ごうとする。
1897年、大韓帝国に改名。

1905年に"日露戦争"で日本が勝利するとイギリスとアメリカの協力を得て大韓帝国に対する優越権をロシアに認めさせる。

その後日本は大韓帝国の軍を解散させる。(これによって軍人の反発が増えたのか)

1905〜1910に起きた朝鮮民衆による義兵闘争により当時大韓帝国監督の責任者であった伊藤博文が1909年に暗殺される。

1910年に大韓帝国の統治権を永久に日本国皇帝(明治、大正、昭和天皇)に譲与する韓国併合が行われた。

これにより朝鮮半島の専制君主制は終わりを迎え日本の統治時代が始まる。

(作品はこの日本統治時代のお話)

1945年、第二次世界大戦で日本が負けると北緯38度線を境にソ連とアメリカの支配下(おそらくここでアメリカ主導による反日思想がさらに植えつけられる)に置かれる。

1948年、大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国として独立。

--------
ふう、海に守られてきた日本とは違い朝鮮半島は常に他国に支配されてきた大変な国だったんだな。

独立を志とした集団がいることも当然なわけで、本作は実際に存在した義烈団によるテロが題材。

巧妙に隠してあるがコン・ユの日本語によるシーンは日本へのメッセージが込められている気がしてならない。日本人としては複雑な気持ちになる。

スパイもの作品としては良く出来ているのだけどさっ。

実に40年もの間支配下に置いていたわけで、確かにインフラ整備など大きく貢献したと思うけれど民衆の感情はどうだったのか、大韓帝国人を尊重した法の整備などが出来たのか、日本人としてはこの期間に何が行われたかに関心を持つ必要があるのだろうな。そもそも他国に統治なんかされたくないってのが元凶なんだろうけどw

こうしてみると日本が中国とロシアと戦争したのは朝鮮半島を是が非でも欲しいと思っていたはずで、きっと遥か昔の天皇の頃からの悲願だったのではないか。今後未来永劫防ぐために連合軍側の操作による(勝手な推測です)朝鮮半島の反日思想ってのは非常に有効なのかも、と感じた。

もしかしたら昔の天皇の遺言書のようなものに、朝鮮半島を得るべしとでも書いてそうな気がする。
いやぁー面白かった!!!

内容云々の前に何が良かったって、
韓国人が喋る聞き取りにくい日本語に字幕がついてたのが、まず良かった♪

そして何気に豪華キャストじゃぁないですかー☆

コン・ユにガンホ兄さん!
ビョンホン様にオム・テグ♪

日本の統治下におけるこういったお話『暗殺』に比べると多少地味ではあるけれど、
ドキドキもハラハラもしっかりありました!
そして、なんともいえないこの余韻!

一体誰が密偵なのか⁈
密偵は何人いるのか⁈


列車での犯人探しのシーン、あれ良かったなぁ〜♪
でもって、バーでの3人並んでの微妙な空気!
ガンホ兄はどこから覚悟決めてたんだろー!

きっとみんな、コン・ユがカッコいい!と絶賛なんだと思うけど、私はやっぱりガンホ兄だなぁ(*´∇`*)
冗談ひとつも飛び出さないこういう役もいい!
きりっとしててお髭も似合ってた☆
あと、オーラが凄いビョンホン様も良かったし!
たったあれだけの登場であの存在感!
さすがだよね〜☆
オム・テグのしつこい嫌な役もはまってたなぁー♪


この手のお話、しかも韓国映画!
ストレートに終わるわけがないと信じてたけど…

ラヴェルの優雅で幻想的な”ボレロ”にのせてのシーンが印象的でした。

そして、祖国を思う彼等を心から応援してしまいました☆

自分を含め、今の日本人にはなかなかないプライドと熱い思いが素晴らしかった!
日本の暴利統治下にあった朝鮮半島で、日本警察と義烈団、それぞれに所属する者の思惑が密偵という形で交錯する。誰がどこの密偵なのかよりも、日本警察を欺くための義烈団の細やかな策、それが看過された時の思い切りの凄さ、それらのスリルに目が離せない。拷問シーンはならではの過激さ。ソンガンホの日本語がとても上手。
FA

FAの感想・評価

3.6
「暗殺」と似てて、そっちの方が好みでした。
作りも丁寧で悪くはないんだけど…。
列車でのハラハラ感がピークだった。
でもそのハラハラ感も、少しコメディ映画かよと思いながら観てた。
そりゃこの抗日系は、韓国ではウケるだろうなぁ…。
飛び抜けた所はないけど全てが高水準。
物語も内容もしっかりしているし、監督の撮り方も見せ方も上手い。
列車のシーンは楽しいなぁ〜
微妙な日本語も大目にみます。
LAGUNA

LAGUNAの感想・評価

3.5
全く内容知らずにソン・ガンホが出てるというだけでレンタル。
なんと、朝鮮が日本統治下にあった時代の話…。だから、冒頭から日本語が…。WOWOWでみた「お嬢さん」は韓国人が話す日本語が全然わからずイライラしてしまったが、本作はDVDだからかわらないけど、韓国人が喋る日本語には字幕がついてたので(笑)わかりやすくてよかった。東部長役に鶴見辰吾が出演していたが、鶴見辰吾のとこだけは字幕がでない(当たり前だけど)それにしても、鶴見辰吾以外、多分韓国人が日本人を演じてますよね(-_-;) 変な日本語聞きながら日本人じゃないし~💦💦
あっと…ソン・ガンホは朝鮮人でありながら日本警察に所属。義烈団の監視を命じられるんだけど、彼が本当はどっち側なのかというのがわからずなかなか面白かった。あいかわらず、拷問シーンはきつい。
日本からみたらちょっと複雑な心境。
ソンガンホ、コンユ、鶴見辰吾、
イビョンホンと自分的豪華キャスト。

日本への配慮なのか常識なのか
日本軍がいまひとつ悪く見えず
心穏やかに安心して観れたけど
ドラマとしては盛り上がれず。

兎に角ちょい出の拷問シーンが
ホラー映画なみにきっついで候。
elie

elieの感想・評価

4.2
はー おもしろっ 😭
ものすごい重厚感と見応え◎
日本警察に所属してる朝鮮人という
複雑なポジションの
ソンガンホ
もう素晴らしかった〜
日本語うまっ

双方に隠れた密偵の存在
しかも二重というややこしさ
どこからか漏れる情報に
作戦が計画通りに進まない
ハラハラ感と
本当はどっちなの?!の
ドキドキ感
主要メンバーの演技と
複雑なストーリー展開に
目が離せないっ!!!
好物作品〜🤤
こんな時代もあったのね。。
>|