密偵の作品情報・感想・評価

密偵2016年製作の映画)

밀정/The Age of Shadows

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:140分

3.7

あらすじ

1920年代の日本統治時代。元朝鮮人の日本警察イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は武装独立運動団体の義烈団を監視しろとの特命を受け、義烈団のリーダー、キム・ウジン(コン・ユ)に接近する。出処不明の情報が双方間で飛び交い、誰が密偵なのか分からない中、義烈団は日本統治下の主要施設を破壊する爆弾を京城(現ソウル)に持ち込む計画を進めていた。そんな中、日本警察は義烈団を追って上海へ。義烈団と日本警察のかく…

1920年代の日本統治時代。元朝鮮人の日本警察イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は武装独立運動団体の義烈団を監視しろとの特命を受け、義烈団のリーダー、キム・ウジン(コン・ユ)に接近する。出処不明の情報が双方間で飛び交い、誰が密偵なのか分からない中、義烈団は日本統治下の主要施設を破壊する爆弾を京城(現ソウル)に持ち込む計画を進めていた。そんな中、日本警察は義烈団を追って上海へ。義烈団と日本警察のかく乱作戦が繰り広げられる緊張感の中、爆弾を積んだ列車は国境を越えて京城へ向かうが…。

「密偵」に投稿された感想・評価

小原

小原の感想・評価

-
盛り込みすぎて観客を騙すのがあまりうまくいかなかったのはしょうがないとしても、せっかくイビョンホン出すんだからソンガンホと対決させてくれなくっちゃ!
友情のために戦うソンガンホが民族の大義のためには仲間の犠牲も厭わないイビョンホンを追い詰めるシーンを妄想。
2018.1.21
STAR坊主

STAR坊主の感想・評価

3.9
日本警察VS義烈団(ウィヨルダン)
日本警察に所属するイ・ジョンチュルとライバルの橋本
どちらも朝鮮人でありながら日本の犬になるか、義烈団に転がるか緊迫の展開!
また作戦そのたびバレてるのは誰が密偵してるのか?
ハラハラドキドキの逆転劇が良かったです。

個人的に橋本が部下にビンタをもういいだろ!っていうほどにするからおもろい!笑

拷問シーンはエグいです。(^^;

申し訳ないけど大日本帝国ざまーみろ!って見てました。
記録
煽り予告編ほど敵味方が分からないことはないけど、迫力で押しきった感じ。
韓国映画の暴力描写、悪役の徹底ぶりは毎回感心します。日本の俳優さんイメージ壊れるの考えているのかな?
立場的に韓国では作ることできるけど、日本側では作成できないのかな。
韓国作品見てると日本も思い切らないとね。同じジャンルの作品を撮るなら。
鶴見辰吾の悪役もよかったです。
mujiny7

mujiny7の感想・評価

2.7
キャストが豪華!描写がリアルでさすが韓国映画と思った!
両国の関係を考えさせられる映画だった。
Naoco

Naocoの感想・評価

3.5
前売り買っていたけどたまたまレディースデイだったのと地元は上映最終日で平日の昼間なのにほぼ満席(地方では珍しい)
男性はシニア割引で観に来てる方がチラホラだったのだが…終わって明るくなると同時に真後ろのおじいさん「なんじゃこんなもん」ぶつぶつ言いながら席を立ち、私の隣も年配の男性で「なんでこんなに人が多いの?人気ある人出てるの?」納得いかない様子で尋ねられたので、俳優さんは人気のある方々だし今日はレディースデイですからと言ったら「ふーん」て。

中立な立場で描かれていると思いましたけどお年寄り(男性)には引っかかるものがあったのでしょうか。

罪のない、無関係な一般人含めてたくさんの人の命を奪った点ではどっちもどっちだろうよ。

とにかくコン・ユが2次元すぎて色々と無理があるレベル 笑
人相書きなんか見なくても10頭身の超絶イケメン連れて来いって言ったら秒で捕まえられそう!
あんた、アニメか!

あと、鶴見辰吾はペラい悪人やらせたら天下一品。
簡単に憎める。
あの時はおじいちゃんたちも思ったでしょ?「ざまあみろ!」って。
のん

のんの感想・評価

3.3
スパイ的なドキドキやスリルはあまりなく、敵味方がハッキリしすぎていた印象。スパイにしては表情に出しすぎ。コン・ユが素敵だった。あと、イ・ビョンホンが恐ろしく存在感があって、このカリスマ性というかオーラは慕われるよなと思えて凄かった。かっこいいなぁと。
kazuかず

kazuかずの感想・評価

4.7
いや〜ハラハラドキドキが止まらない。
韓国ノワール炸裂。
日本よ!これが映画だ!とはこのことでしょう。
第89回アカデミー賞外国語映画賞韓国代表作品でもあります。

1920年代、日本統治下の朝鮮半島。
日本の主要施設を爆破するために爆弾を運ぼうとする独立団体「義烈団」と、それを防ぐべく義烈団メンバーを一網打尽にしたい日本警察との攻防を描いたサスペンスフルな作品。

主要キャストは4人!新旧の名優がとにかく素晴らしい。
・朝鮮人の日本警察官に、ソン・ガンホ
・義烈団の団長に、イ・ビョンホン
・義烈団のリーダーに、「新感染ファイナルエクスプレス」の好演が記憶に新しい コン・ユ
・日本警察の部長に、鶴見辰吾
そしてなんといっても注目は、冷徹な日本警察側の犬を演じたオム・テグ。ラグビーの平尾誠二を彷彿とさせる顔立ちのブレイク確実の俳優になるでしょう。

ソン・ガンホの日本語がとにかく上手い。映画「お嬢さん」の出演者の日本語が酷くて映画の内容にさっぱり身が入らない苦い経験がありましたが、本作は全く違和感なし。日本の犬となりながらも、朝鮮人の心を失わないソン・ガンホの役所に拍手喝采ですね〜。

監督は「悪魔を見た」「ラスト・スタンド」などのキム・ジウン。やはりこの監督好きだわ(*゚∀゚*)

中盤の列車で、爆弾を運ぶ義烈団と日本警察の息詰まる密室戦、そしてボレロの音楽が流れる終盤の応酬は、映画史に残る名シーンといっても過言ではありません。「アンタッチャブル」の駅の攻防、階段のシーンを彷彿とさせるような感じでしょうか。

韓国映画にまたもや傑作誕生!
かなりのオススメ作品です。
日本警察と韓国レジスタンスとの間に立たされた韓国人の選択を描いた作品。

真新しいことのない物語、映像でちょっとがっかりしてしまった。電車内での事件も観たことあるパターンだったし、今作特有の何かというものが見つけられなかった。
だが、暇つぶしに観ればそれなりに楽しめるというものだと思う。
はむこ

はむこの感想・評価

2.5
拷問シーンがえぐい。
ユージョリアルサスペクツみたいな展開を期待したけど、解りやすい「敵と味方(日本人vs韓国人)」で終わった。
さち

さちの感想・評価

4.2
長さを感じさせない面白さ!二重スパイって緊張感も二倍だわね〜〜


ソン・ガンホ、イ・ビョンホンは勿論のこと、近頃コン・ユがアツいな…「トガニ」くらいの頃周りの韓国ファンの人からファンミーティングとか何とか聞いてたのでてっきりアイドルスターなのかと思ってたけどごめんなさい立派な俳優さんでした🙏(笑)
>|