渇きの作品情報・感想・評価

「渇き」に投稿された感想・評価

ERI

ERIの感想・評価

3.3
夏に一度観ようと試みたのだけど、イマイチこの世界に入りきれなくて気づけば、秋になってしまった。今日はこの映画が観たくなったのです。とはいえ、何度目を背けたことか。普通に怖かった。主演はソン・ガンホさん。そして相手役の女優さんキム・オクビンさん可愛い。

描写がグロいので結構やられる。神父だったサンヒョンは祈りで人を救いきれないことを悟り、人体実験を自ら志願した。隔離された研究所で500人が実験で死んでいく中、サンヒョンだけが唯一生き残る。実験の結果気づけば、ヴァンパイアになった。もう色々と怖い。笑

でも屋上で血を飲んで復活して、彼女を抱えてビルの上から飛び降りるシーンは、急にキュート。

吸血鬼の、恋。
Nami

Namiの感想・評価

3.4
評価低い理由は前半後半の雰囲気?方向性の違いにあると思う。
もちろん私は前半のシリアスな雰囲気が好き。
単純に、虐げられるテジュが神父と惹かれ合う感じ好き。あんな色っぽいベッドシーン、、これ以上ないと思う。チョアヨをここで覚えた。
ブラックな韓国映画すき。
バンパイアと化した神父を描いたパク・チャヌク監督作品。前髪を下ろしたソン・ガンホの色気に惑わされる吸血鬼映画。主人公たちが卓を囲みながら会話を交わすシーンの大胆さと奥ゆかしさが最高。タイトルの終わりに句点が付かないので、小松菜奈は出ないが、血の量はあちらと五分五分。
前半のうっすら見える日常的な雰囲気はあっという間に異常へと染め上げられて、バンパイアの世界へ、官能ホラーといった感じに。
「心理的なもの」の表現があらて過ぎた(笑)
二階堂ふみちゃん似のキム・オクビン、どんどん色っぽくなっていく〜!
吸って吸われて、血の交わりは彼らにとって愛の交わりなのですね。
ショー

ショーの感想・評価

2.3
女に影響されまくりの実に人間らしい神父バンパイア。終わり方は良かった。
ヴァンパイアになっちゃった悩める神父のお話。

個人的にはゴツいイメージしかない(失礼)ソン・ガンホ氏が、禁断の恋に翻弄される繊細な役柄を好演。

神に仕える身だけに人は傷つけたくない、究極の?吸血手段に爆笑。

彼を振り回す魔性の人妻…特に後半の暴れっぷりには目を見張った。

宗教絡みの厳かな雰囲気と、韓流お笑いがチャンポンになった奇妙キテレツな世界。

魂抜けました…(笑)
jean

jeanの感想・評価

5.0
過去鑑賞。
当時中学生だった私がどんなアダルトなビデオを見るよりドキドキしてしまった作品。と言うか問題作。本当にワケが分からなくて一度見たら簡単には忘れられなかった。
春

春の感想・評価

3.9
大好きなパク・チャヌク作品。監督作の中では普通でした。
いつも通りソン・ガンホの演技や音楽、映画の独特の雰囲気はとても良いです。視覚的にとても美しかったり不気味だったりで、印象に残るシーンが多かったです。シン・ハギュンの顔が凄い…。
ただかなりエロがくどく感じました。お嬢さんよりくどいです。
色々唐突なところはあって、なぜ?な部分はあったけど面白ろかったー!
韓国映画見始めの頃に、パクチャヌクの復讐三部作にすっかりやられ、じゃあ次はこれだ!と意気込んで見たら、ぶっ飛んだ設定に全然入り込めずに置いてけぼりを食らってしまったが(何故か更にぶっ飛んでる「サイボーグでも大丈夫」はすんなり気に入ってしまったが)、久々に見てみたら結構いいじゃんって感じでレビュー。
安易にエログロとか言いたくないけど、それぞれやる時はとことんやるって感じが流石だなと。あと、これ笑っていいのか?って戸惑いすら感じるシーンもやっぱり健在で、特に後半のおばさんの下りが何とも言えない味わいがあった。
まぁ乗り切れなかったと言っても初見時もラストは何か心に残ってたけど、再見してみたらより味わい深かった。
あと、何気に音楽が素晴らしい。
これを機に乗り切れなかった韓国映画再鑑賞をまたやってみようと思った。
>|