渇きの作品情報・感想・評価・動画配信

「渇き」に投稿された感想・評価

ソン・ガンホ牧師か、私としては絡みシーン満載でのブァンパイア映画です。
ブァンパイアとして生きている人の血は必要。
でも牧師は殺さず点滴からチューと飲み込んでいくのが、観ていて面白い。
人妻との付き合いの中で激しく求めあってしまったのが運の尽き。
人妻は奔放型。神父様は、その衝動を抑えようとするが流されてしまう。
ソン・ガンホの体ってシュとしていて、おじさんでは無い!
神父姿が似合います。
下半身がモロにみてるのは笑える。これは貴重なシーンと私は思う笑
まぁ最後まで殺す事で自分も生き延び事になるのだか。

誘惑された神父ブァンパイアが、人妻に翻弄され朽ちていく様が見られます。
私には深読み出来ず💧
時間的に長さを感じましたね。
もっと神父ブァンパイアのチューチュー姿が見たかったです😆
2020.0924
監督パク.チャヌク
出演ソン.ガンホ
  キム.オクビン
  シン.ハギュン
致死率100%の猛威を振るう謎のウィルス
のワクチンを開発する為自死を覚悟で
人体実験に志願した神父のサンヒョンは、
輸血されてしまった正体不明の血液に
よって一命を取り留める❗️
奇蹟の生還を讃えられたサンヒョンは、
ある日、幼馴染みのガンウの妻テジュの
あどけなさの中に潜む不思議な色香は、
自ら律するサンヒョンの心をかき乱し
夫ガンウとの抑圧された日常から逃れたい
テジュもまた猛烈な迄にサンヒョンに
惹かれていた❣️しかし、サンヒョンは、
体内に潜むある異変に気付き恥じていた
ある夜ついにサンヒョンとテジュは、
欲望を抑えきれず唇💋を貪る様に
求め合い二人は、かつて体験した事の
ない快楽に身を焦がしていく、そして
遂には、ガンウの殺害を企てるのだった😱

今いち、神父とヴァンパイアの対比
させてると思うがキム.オクビン嬢
とのエロの方が際立っているわ😳
贖罪感が薄いかな‼️

DVD
桃尻

桃尻の感想・評価

-
2020(219)
ずっと青い画面を観させられるのでラストのコントラストが効果的で眩しい
思っていたより超ドリーミーな映画だったしガンホ様が大人しくて素敵だ
水と血の呪い、二重の会話
パク・チャヌクのエッチ!
ミク

ミクの感想・評価

4.0
血縁を求めた究極のカタチ。芸が細かい!隅々まで面白い。馬鹿にしてるのだか、なんだか、至ってシンプルなのに、疲労感はマックス。御馳走様でした。
Takumi

Takumiの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

個人的にテジュが・・・う〜ん…だった😒
中盤までは好かったけど、途中ワガママ娘みたいでついていけなくて💦「彼のこと愛してるんじゃないの?」ってやたら疑問符が💦💦
ただ、初めてエッチしそうになったシーンと足を舐めてられてるシーンはエロ可愛い🤭
ソン・ガンホの神父さんは文句無く素敵だった❤️
パク・チャヌク監督は、血だらけが好きなのとタブーが好きだ。バンパイや―物なのだが、なるのが神父そして性欲も強いという、明らかにタブー。最初の頃は、あまり良い印象ではなかったが、後半の女性が自立していくとともに面白くなってきた。「赤い殺意」の春川ますみのようだ。早く、女性が虐げられた状況から自立し暴走するのメインにすれば良かったのにと感じるほどだ。しかし、結構話は、こじんまりしていた。
エロティック・ホラー⁉️

ガンホにゎ似合わない役だけど、キム姐の脱ぎっぷりゎ流石❣️

ヴァンパイアらしい最期でした

(^^)/
『お嬢さん』『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督によるバンパイヤ作。
信仰深いヒョン神父は、不治の病に信仰の力を求め、自らその病い感染し、奇跡的に生還する。しかし、その代償として血を求めるバンパイヤとなってしまった。しかし、信心深い神父である為、植物状態の病人や自殺志願者から血を貰い渇きを癒していた。そこに出入りしていた家庭にいる人妻テジュを愛してしまった事から、彼女にバレてしまうのは時間の問題だった...。
第一印象として『オールド・ボーイ』様な刺激がある訳でない作品である事から、どうも取っ付きにくい印象だったね。
ソン・ガンホもマッチした役柄なのかそうでないのか...。一方でテジュ役のキム・オクビンの振り切れたかの様な演技は見ていて潔さもあって好感持てたね。
神の存在を信じて病に感染した神父は、所謂、神の力を試した訳で、その罰としてバンパイヤになってしまったと解釈出来る本作、神も全く罪作りな存在と思った訳でね。
notcinefil

notcinefilの感想・評価

3.3
今回はソン・ガンホが神父です。軍人でも下町の冴えないオッサンでもなく神父です。きちんと聖職者然とした佇まいで登場してきます。こんな雰囲気の人学校で見たことある!って感じの人になってます。お見それしました。メガネ男子神父ソン・ガンホ、永遠のメガネ男子第1位、井浦新様に見える瞬間があってエロヤバかったです。ソン・ガンホ、身体能力高いなとちょっとした動きを見てていつも惚れ惚れするんですけど、実は手足スラッと長くてスタイルめちゃくちゃ良いよね。顔面の丸顔の印象強くてあんまりスタイル良いイメージないけど身体のライン綺麗だなって思う。

でも話は変です。設定が諸々粗いです。行き当たりばったりです。圧倒的ソン・ガンホ力の力技でなんとか見られるタイプの映画です。アメリカでティーンに「トワイライト」とかヴァンパイアもの流行ってるしガンホ兄さんでやっちゃう?みたいなノリだったんでしょうか?でもやってることは「スポットライト」で告発されそうなことだったりします。なんだかとても変です。聖体拝領のワインの代わりに生き血啜ったら面白くね?とかそういう発想だけ面白がってそれの詳細を詰めないので辻褄が合わないことばかり起こります。演技プラン大変そう…

これ監督が「JSA」と「オールド・ボーイ」の人なのか…ソン・ガンホを使っておいてソン・ガンホ力だけで何とか映画を持たせた「JSA」と、私このヒロインの人「オールド・ボーイ」の娘さんかな(別人でした)と思って観てたから監督知ったら納得。でもどの作品見てもあの監督だ!って感じがしない作風バラバラなのなんでだ?

この監督、「オールド・ボーイ」がカトリックの学校舞台で今回は主役が神父だからカトリック何か関係ある人なのかな?私と同じ信者じゃないけどカトリックの学校育ちくらい?信者なんだろうか…?でもカトリック信者はこんな映画作んないと思う…こういう題材使うにしても信者だったらここまで詰めが甘くならない気がする…
吸血鬼🧛‍♀️×ノワール×恋愛×ホラー
吸血鬼とパク・チャヌクの相性抜群❗️
吸血鬼の特性を話に上手く反映してる
中盤以降はジャンル映画としても合格点の出血🩸大サービス
トマトジュースで栄養補える怪物くん版ドラキュラの凄さ
韓国映画ってキリスト教に難癖つけがち
>|