暗殺の作品情報・感想・評価

暗殺2015年製作の映画)

암살/ASSASSINATION

上映日:2016年07月16日

製作国:

上映時間:139分

3.7

あらすじ

1933年中国・杭州に設けられた韓国臨時政府は、日本政府要人と親日派を暗殺するため、独立軍最高のスナイパーのアン・オギュン、速射砲、爆弾専門家の3名を上海に結集させる。臨時政府の警務隊長で、日本政府の密偵であるヨム・ソクチンは、彼らを招集する一方、仲間と政府を裏切り、巨額の報酬でハワイ・ピストルと呼ばれる殺し屋に暗殺団3名の殺害を依頼する。ヨムの画策を知らぬまま、暗殺実行のため、上海から京城(現…

1933年中国・杭州に設けられた韓国臨時政府は、日本政府要人と親日派を暗殺するため、独立軍最高のスナイパーのアン・オギュン、速射砲、爆弾専門家の3名を上海に結集させる。臨時政府の警務隊長で、日本政府の密偵であるヨム・ソクチンは、彼らを招集する一方、仲間と政府を裏切り、巨額の報酬でハワイ・ピストルと呼ばれる殺し屋に暗殺団3名の殺害を依頼する。ヨムの画策を知らぬまま、暗殺実行のため、上海から京城(現・ソウル)へと送り込まれた彼らには、非情なまでの運命が待ち受けていた…。

「暗殺」に投稿された感想・評価

面白かった。複雑な気持ちにはなるけれど。
皆様の百貨店三越(しかも日韓併合中の京城店)でチョン・ジヒョン(しかも丸眼鏡やウェディングドレス着用)が猟奇的に銃をぶっ放して大興奮。ただ「モブとしての日本語」ではなく「流暢な日本語」がストーリーの重要素だけに吹き替えしてでも言語演出は徹底すべきだったと思う。@DVD
nazmad

nazmadの感想・評価

3.9
とりあえずチョン・ジヒョンが好きすぎる。不器用に踊りを楽しむところから、悲しみを押し殺す表情、一人二役のくだり、戦う気高い表情まで演技が上手い、そして美しい。

映画としても面白い。反日映画というよりは、日本(支配側)に与する韓国人と、独立運動派の韓国人という韓国人同士の戦いを複雑なストーリーによって描くことに成功している。
一人一人がそれぞれの正義を持っており、妥協しない人々のぶつかり合いが続く。

ガンアクションは暗殺というよりは派手なドンパチで登場人物がみんなやたらと強い…がそうしたケレン味がしっかりしてるので映画がダレない。
脇役、全員にしっかり見せ場がありキャラも立っている。総じて映画として非常な高水準。素晴らしいですね。
あお

あおの感想・評価

2.0
日本人としては複雑な心境になる。チョンジヒョンがカワイイしカッコイイ!(WOWOW)
しんや

しんやの感想・評価

3.5
韓国映画も何作目かになると、知ってる役者さんがチラホラ。

チョン・ジヒョンは、猟奇的な彼女
変わらず美しい、凛とした佇まいも素敵

チョ・スンウも見つけた時は嬉しかった
私、この方物凄く気になってる
魅力的なんだよなぁ〜

あとやっぱりのオ・ダルス
今まで見た韓国映画の9割ぐらいに出てる
この人が出てくると、ホッとする

ストーリーも日本人としては、少し複雑ではあるが、面白いし、
何と言っても美術が凝っていて良かった。
ERI

ERIの感想・評価

3.4
日本の統治下だった韓国臨時政府は、日本政府要人と親日派の暗殺計画を企てるアクション映画。その実行に3人のプロが集まる。一人は天才スナイパーのアン・オギョン。この役をチョン・ジヒョンが演じる。次に、爆弾のプロのドクサム。最後に速射砲のサンオク。

ヨム・ソクチンは、独立国家を目指すが要領がよく裏切り者。自分の利益のために祖国を売った人こそ、悪。反日っぽい作品のようで、監督の描きたい真意はそうでもないような作品でした。

まずチョン・ジヒョンの美しいこと。毅然と戦う姿勢が似合う人だ。そして作り込まれたアクションはエンタメとして見応えがありました。登場人物と派閥が多くて、関係性を理解するの少し難しかったけれど。
えり

えりの感想・評価

4.0

好き!

チョンジヒョンは相変わらず美しいし
とにかくハジョンウがもうやばい

かっこいい…( ;∀;)♡♡♡♡♡


イジョンジェ最悪!と思ったけど
しょうがないかなぁ…とも思う

時代がそうさせる
生きるのに必死だもんね
mukoryo

mukoryoの感想・評価

3.0
イ・ジョンジェ目当てで鑑賞。イ・ジョンジェのスパイは似合いそう、格好良さそうと期待したのですが…出番は多いものの、格好良さは表してない役柄でした。チョン・ジヒョンは年齢が上がっても可愛さは健在。ハ・ジョンウはニヒルなおいしい役どころ!オ・ダルスとチョ・ジヌンのおとぼけコンビが楽しい。ガンアクションシーンはジョン・ウー監督のノワールものを意識した作りでエンターテインメントに徹してる。
jianjie

jianjieの感想・評価

4.0
日本統治時代時代の朝鮮を韓国人目線で描いた映画なのかなって思った。日本人役を韓国人がやってたので日本語が少し不自然。でもこの内容では日本の俳優は出せないと納得した。日本人目線で統治時代の映画とか見てみたいなー。
meran

meranの感想・評価

3.8
『お嬢さん』で下手な日本語を話す韓国俳優達が印象的でしたが、またまた日本語を話すハ・ジョンウ!

今作も日本統制化の韓国で日本軍の要人の暗殺計画を企てる韓国軍、そしてその暗殺団を暗殺しようとする暗殺団。

ちょっと話がややこしく、暗いシーンも多くて前半は解り辛いが、独特のテンポと雰囲気を持って話が進み後半から話が面白くなって行く^ ^

コミカルでスリリングな映画でした。もう一回観たい^ ^
>|