暗殺の作品情報・感想・評価

「暗殺」に投稿された感想・評価

明月

明月の感想・評価

3.5
前情報なしに、なにげにみたら、チョン・ジヒョンに、イ・ジョンジェ、ハ・ジョンウ、チョ・スンウと、端役にいたるまで、いやもう知らない顔がいないよ!!っていうオールスターキャストでびっくり。

日本の侵略戦争中の独立運動家たちの闘い。
暗殺計画が、裏切りや運命のいたずらによって、複雑に入り組んできて、どうなるのかドキドキしながら観た。
一度観て、もう一度ザックリ観て、
もう一回ザッピングして観て内容が分かった。
日本人は本当に悪い奴だ。
礼儀知らずで態度が悪く極悪非道。
朝鮮人、中国人を大虐殺した。
その関係者を暗殺すると言う物語。
侵略戦争の代償は大きい。
殺されて当然の侵略者達。暗殺者(スナイパー)は英雄である。またその仲間を売る仲間を裏切り生き生き残ろうとする者。
日本人にはなかなか辛い映画はあるが、
韓国ドラマ流のおとぼけあり、
爺はなかなかのキャラと見応えのある映画だ。
みんなの日本語はなかなかかわいい。
(´・ω・`)
hiroki

hirokiの感想・評価

3.0
京城(ソウル)の三越百貨店でイングロリアス・バスターズのような大虐殺。ラストは灰とダイヤモンド。上海のミラボでまた会おうには泣いた
マサ

マサの感想・評価

3.0
昭和初期の韓国。当時は日本が入り込んできているのでとても複雑で難しい時代。タイトル通り暗殺がメインの話だけど、色々な伏線が絡み合って最後の場面へと集約されていくから、見ごたえ十分!ヒロインの人屋根から落ちたりとかアクションもやっててすごいな!
peco

pecoの感想・評価

3.0
見応えのある作品だった。

ハジョンウが...
格好いい。

日本人役が日本人に見えない(方が多かった)ので、思ったほどの嫌悪感はなかった。
日本の俳優を使う気は最初からなかったのかな。
日本に統治されていた韓国が日本に対する激しい怨念をぶつける。日本軍や親日家を暗殺のターゲットにして、韓国民のストレスを解消させる国策的な作品なのだ。

見所として女子のスナイパー役で密かに尾野真千子が出演している。日本人なのに、わざとアクセントのおかしな日本語を話して女優魂を発揮する。

鬼畜として扱われる日本軍が面白いようにバッタバッタとやっつけられる。まるで無能な集団だ。韓国の方が観ると、血沸き肉踊るで痛快なのかもしれないけど、こっちは逆だ。やり過ぎはいけないぞ、バッキャローッ!
bopapa

bopapaの感想・評価

3.2
2018年 173本目

主役が尾野真千子さんと綾瀬はるかさん足して2で割ったみたいな人、めっちゃ可愛い。あと韓国映画でよく見る人が沢山出てました。時代背景的にめっちゃ日本人悪者過ぎてビビりますが、あくまで映画ですし自虐史観は程々にって感じで。

しかしスナイパーってカッコ良いな。主役の役柄がそれなのですが、ともかく遠い場所からスコープひとつで狙い撃ちするって素敵。実際眼鏡が必要な視力でもスナイパーっていけるもんなんですかね?

他のキャラも時代背景が暗いからこそコメディ寄りに振り切ったような人らもいて、バランスをうまく取れてたような気がします。

話としては冒頭に起こる20年前の事件がうまく本筋に絡んでくるのも含めて切なくてとても良かったです。ちゃんとスッキリと終わらせてくれるしね。

このレビューはネタバレを含みます

最後に密偵の言葉があの時代を全て表している。
こうなる(独立)とは知らなかった。知らなかったからと・・・
密偵が殺したはずの人と隊長の女性独立運動家の最後の任務。
ヨムソクチョンが密偵なら殺せ。
今、実行します。
ジョンジヒョンの淡々な言葉と演技がとても良かったです。
coro

coroの感想・評価

3.3
日本による朝鮮半島支配下時代。歴史に翻弄されるレジスタンスたちの姿も、日本人役の拙い日本語も切ない。

オ・ダルスの起用からも伺えるように、エンターテイメントとしてのオブラートに一応包まれてはいるが、やはり日帝の非人道的な振る舞いを目にしてしまうと、つい視線をそらしてしまう。

事実は常にひとつだけれど、真実がいつもひとつだとは限らないのが歴史の面白いところ、なんて言わずに負の歴史を受け入れることも大切な事だと思ったりもする、今日この頃。


チョン・ジヒョンのうぶなダンスが可愛い
登場人物も多いし ちと複雑やけど それもまた楽し・・・。

139分あっという間 見応え有り!

日本語がなぁ笑。
>|