IT/イット “それ”が見えたら、終わり。のネタバレレビュー・内容・結末

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2017年製作の映画)

It

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.5

あらすじ

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの…

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。 真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」に投稿されたネタバレ・内容・結末

90年版の良さを残しつつ、ホラーシーンを増やしていて良かった。
2の製作も決まったようなので恐らく27年後を映してくれるのだろうという期待をさせる『第1章 完』だったと思います!
ホラーというよりびっくり系。
というか人間じゃないよね、
最強すぎて困惑。
血で誓うみたいのはちょっと
感染症とか心配になっちゃった。
何者か分からない序盤の方が怖かった。
ピエロとのバトルは残念。
イケメンだらけ。
弟が結局戻ってこなかったのは悲しい😢
ハッピーエンドがよかった、、、
ホラー映画があまり得意ではないため、かなりビクビクしながら、めちゃくちゃ整った顔をしているスタンリーくん目当てで見に行ったが、思っていたよりもホラーではなく、スクールカースト、いじめシーン、微グロがダメな人の方が苦手かなと…

ペニーワイズそのものの怖さを例えるとびっくり箱から突然人形が出てきたような怖さ。でも、彼が出てきてしまえばこっちのもの、仲間とともに恐怖を克服したキッズ達がピエロをボッコボコにしてしまう。(ちょっと笑った)

ペニーワイズが見えるのは子供だけ、大人は見えないのではなく、見ようとしない。ベンがいじめっ子に酷い いじめを受けていても目をそらすところなど、嫌なものに目を背けるというシーンがあり納得した。それ以外にも最初になんでだ?と疑問に思う細かい設定が言葉での説明もなくわかっていく所が面白かった。個人的に1回目はペニーワイズにたくさんビビって、2回目以降は1回目で見逃した細かい設定を整理して見る感じだったので何回見ても面白いかも!

ただ、字幕ではオブラートに包んで比較的柔らかい表現にされているがかなり汚い言葉を叫んだりしている😅

ガラスで切った血まみれの手で手を繋ぐ所などとにかく私の性癖に刺さるようなシーンばかりだし、スタンリーくんはじめ子役のオフショットがめちゃくちゃ可愛い。最初の兄弟が抱き合うシーンは綺麗すぎて自然に涙がこぼれ落ちるので初っ端からハンカチ用意必須です。
ババァなので子供たちが頑張っているだけで泣いてしまいます。みんなかわいかった。よく頑張った。

ジョージーちゃんがいなくなってしまったビルくんの気持ちを考えると悲しい。
ジョージー……

リッチーくんの下品さがおもしろかった。

ペニーワイズが袋叩きにされているところは少し面白くなってしまって、もう少しなんかあったのではないかなと思ってしまう。
それでも子供たちの成長を感じられる青春映画として、とてもよかったと思う。
ホラー映画とは感じなかった。
今まで観たホラーの中では1番怖かったかも。
勿論ペニーワイズもそうなんだけど、個人的には彼の登場シーンよりいじめの描写の方が余程ホラーだった。
結局のところLosers clubの友情の煌めきを強めるための過剰描写だとは分かっていても、余りに現実が地獄過ぎでは…?という感じ
最後のクレジット?で「第1章」って出てきたけど、いやまだ続くんかーい ここで綺麗に終わらせようよ!と思ったので第2章はおそらく観ないけど、まぁ観られてよかったです。
度々出るITは最近のホラー要素っぽく
大胆で凶暴で全然怖くありませんでした
やはり原作の静かにしのびよる主張が
激しくないんだけどおぞましいような
ITの方が何倍も怖かったです。
「IT」のリメイク。旧作は観たような観ていないような。「スティーブン・キング原作」ってカンムリだけでありがたいホラー作品のような気がするけど、じつはあまりピンとくる作品に出会ったことがない。

しかも今作は「スタンドバイミー的な?」「グーニーズ的な?」という前評判を耳にして、正直なところ全く期待はしていませんでした。劇場公開も、知名度ある俳優が出てるわけでもない洋画ホラーにしてはなんやら中高生にヒットしていると聞いて、さらに劇場で観る気が、ごにょごにょごにょ。

レンタル開始したので遅ればせながら観てみましたが、これがなかなかツボにはまりました。いやむちゃくちゃこわいしキモいし、よくできているじゃないですかー。

導入部分の兄弟、ビルとジョージーのシーンから始まり(ジョージー可愛すぎ)からの予想外のR15展開。これビルのトラウマになってしかるべきってぐらい、わたしもトラウマ化必須の強烈なシーンで腰抜かしそうになった。下水の入り口から覗くペニーワイズとの不穏な会話。会話中にふと表情なくなるピエロ。こわい。惨劇を見てた猫の表情までこわい。

ビルの仲間「ルーザークラブ」の面々、ユダヤ教のおうちの子、細菌恐怖症で母親からの過干渉を受ける子、転校生のおでぶちゃん、黒人の子、そしてしっかり者で大人びた紅一点の女の子。それぞれの恐怖の対象を膨らませて見せる存在としてのピエロの姿で幻のように現れるペニーワイズ。

大きな音やビジュアルで脅かす場面もあるにはあるけど、やはり子供たちの「恐怖心」「想像力」からくる怖さが際立ってよかったと思う。ペニーワイズのビジュアルよりもそちらの描き方がポイント高い。

両親を(放火?で)殺された黒人の子のトラウマや、べバリーの父親への(たぶん性的虐待)恐怖心からくる「血」への恐怖とか、バスルームのシーンは、もういろいろと生々しくて恐ろしくて、それまでクールだったべバリーの怯え方がとても辛い。べバリー役以外の子もみんなうまいね。

それぞれがトラウマを寄せ集めたペニーワイズと対決する廃屋のシーンあたりは、もうどうでもよくなってたけど。そこでビルが、また弟の幻を見てしまうのがとても切ないし、怖かっただろうな、と。

いじめっ子クラブやべバリーをいじめる女の子グループのいじめ方も尋常じゃない残虐さで目を覆いたくなるけど、リーダーの男の子も警官の父親にすごい恐怖を感じているってのもまた、ポイントだね。

ちなみにわたしが一番「ひーーっ!!!」ってなったのは、ベンが一人で図書館で見ていた「デリーの歴史」の本ね。「あの事件」の、ぱらぱら写真のような見せ方!スライドのシーンよりキたわー。デリー創設期の都市伝説も「伝染病により町民全滅」とか「先住民の奇襲で全滅」とか、とにかく「怖いもの」「恐怖」の化身がペニーワイズなんだなぁ、と。大人になって恐怖の対象は変わってきても、すぐそこにペニーワイズはいるよ、・・・ってめちゃくちゃこわくないですかぁ!

さてさてつい先ごろ、この続編、おとなになったルーザークラブのキャストが発表され始めましたね。
赤毛で大きな口と目が印象的なべバリーが大きくなったらジェシカ・チャステインになるってめっちゃはまり役!
ビルは大好きジェームズ・マカヴォイ、そして下ネタ炸裂のメガネっこがビル・ヘイダー!いやいやいや、楽しみです。ベンは、大人になったらイケてる建築士になってるらしいけど、ベン役の子が言うように、クリス・プラットだったらいいなぁ。俺得!

「それが見えたら」的な副題いらん、と思ったけど、「それ」がリアルに姿見せて戦うあたりから一気に面白さ半減するから、そういういみかな?
ホラー映画って言うよりは、少年達が力を合わせて悪に立ち向かう感じだった。

ペニーワイズも残酷な殺人ピエロというよりは、クリーチャー的な感じだった。
序盤から勢いよく子供を襲うけど、途中からは焦らしプレイがメインになってくるあたり詰めが甘い。

最後子供たちにボッコボコにされてるペニーワイズちょっと可愛そうだった
>|