IT/イット “それ”が見えたら、終わり。のネタバレレビュー・内容・結末

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2017年製作の映画)

It

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.5

あらすじ

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの…

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。 真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」に投稿されたネタバレ・内容・結末

なんか、、、
ホラーでもなんでもないような。
なにこれは。

思ったより物理戦で笑えた。


結局なにを描きたかったのか…
ホラーやらそういうのに伝えたかったことなんて求めちゃいけないか…?
かといってなにが楽しかったわけでもないし…
画面は…良かった…?
でもピエロちゃっちいと思った…

お兄ちゃんがただただイケメンだなーってずっと思ってた


街の大人たちは不気味だな、と思った!
言っちゃ悪いけど、この程度の映画は、たくさんあるのになんであんなに映画館に人がいたのだろう??
映画自体は、とても良かった。

前半からアメリカのスクールカーストというかいじめのえげつなさがすごい。家庭に問題を抱えている子の多いこと…。バタフライエフェクトを観て結構衝撃を受けたけど、向こうではそこまで珍しくもないのかもしれない。あと全体的に品がなくて汚い(笑)

基本的にサプライズ系の恐怖が多いけれど、その中にちょこちょこフェイント演出(たとえば、薬局のおねーさんに絡まれるシーンでは、風船ガムといいおねーさんの目力といいペニーワイズを連想させる)なんかも挿入されるため、気の休まるときがない。終盤は物理で倒す+プリキュア的根性論で押し切られた感じがあって、もはやホラーではなかったですが…
個人的には観ていて疲れるしストレスフルな映画でした。ホラーにしてはやたらと尺が長いし、もっと短くてサクッと観れる方が好みではあります。

ここまで大人が全く頼りにならない子供中心の映画も珍しい。ピエロの登場パターンを水場に限定した方が一貫性はあると思いました。
ジョージーがめちゃくちゃ可愛いから序盤からかなり萎えました。
ヒロインの子はすごい可愛くてサバサバしたタイプだから好きなんだけど、最終的に、詩を書いてくれた上に最後命を助けてくれた子、ではなくイケメンの主人公の方を選んじゃうのは、なんだかなあと思いました。
あと途中で軽くエイズ云々の話も出てきているのに、最後のシーンでみんなでガラス片使い回して血の宣誓をしちゃうところとかはちょっと軽率じゃないですかね…ピエロを倒して俺たちは無敵だと思うのはわかるけど。

未公開シーンからわかったことは、主人公の家庭も弟がいなくなったことで問題が浮き彫りになったということ(母親の描写が最初のピアノ演奏シーンのみなのは不思議に思っていた)と、ガキ大将(のレベルを超えていたが)が屋敷に乱入する前に自分の仲間も殺していたこと、かな。終わり方としては、未公開シーンの方を採用してもよかったのではと思います。

大人になってまた集結するなんて…アメリカ版20世紀少年かな。
青春+ホラー的な。

「IT」は思春期の子供たちの恐怖の概念。的解釈でok??(雑)

あんまり怖くないらしいと聞いていたので弟の腕が喰われるとは思っておらず結局それが1番驚いた。
しかも弟助けて終了じゃないのかよ‼︎‼︎

突っ込みどころも多くおびただしい血の海をみんなで清掃するのとか「⁇」ってなったけどなんか今時のホラー映画だなぁと思った。(時代は古いけど)

しかもこれ第1章だったのね…知らなかった…2章はちょっと観るかわからない。。
ビルとベバリーの
恋愛模様もいいのだけれど
個人的には
ベンとベバリーを応援しちゃう📣
トラウマ映画。
ホラーであること以外の情報を何も得ずに見たけど、想像していたより恐ろしかった。
子供が殺されるという描写は私にはキツイ、腕は引きちぎられ、トドメを刺す。
そんなオープニングに目を背けたくなる。

ベバリー家の血だらけになったバスルームもしんどい。
どこにも逃げ場はない、たとえ家にいても安全ではない。
息がつまりそうになった。

(これが怖くないというレビューが多くて、私の恐怖耐性が低いことを自覚してしまいました)

好きですこのトラウマ映画。
リメイク前見てなかったけど
おもろしった
最後普通に戦うのはびびった
スタンド・バイ・ミーにホラーをプラスという表現には私も同意です。近年様々なホラー映画を鑑賞しましたが、こんなにも後に残る感覚は久しぶりでした。グロい要素は極めて少なく、精神的に恐怖を煽る感じです。リメイク版ですが、元の作品と比べる必要はありません。これはこれで好きなので映画館で三回、DVDで一回鑑賞しましたが、飽きずに最後まで観れましたよ。最後の解釈は人それぞれ。そういう終わり方はあまり好きではないのでそこだけがマイナス点。続編はあると思って期待しています。
やっぱり怖いの苦手…やけど少年達の素敵な青春物語でもあったから記録に残そう……
青春ホラーもの
リメイクする前は観ていない
スタンドバイミーのような世界観
80年代90年代の昔の映画の雰囲気を青春ものとして表現し
近年の映像技術、演出を取り入れてホラー部分はリアルに表現
昔と今の良いところをそれぞれ取り入れた作品で違和感はまったくない
印象的なのはアメリカの子供たちは駐輪場を使わないのかと思うほど自転車をスタンドも立てずにそこらへんに放ったらかし
まさにスタンドバイビー

弟の殺され方はえぐい
友達のギャグはおもろい
女の子がかわいい
いじめっ子のいかれ具合
それぞれの持つ恐怖
主人公との兄弟愛
友情 克服

わかりやすく鑑賞しやすい
>|