IT/イット “それ”が見えたら、終わり。のネタバレレビュー・内容・結末

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2017年製作の映画)

It

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:135分

あらすじ

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの…

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。 真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ペニーワイズの正体が暴かれなかったのが一番の衝撃だった…続編があるのね
青春の痛々しさと瑞々しさを捉えたドラマパートが素晴らしい。目頭熱くなるシーンがいくつもあった。もちろんホラーとしてもとても良いです。
おれもどもりだから、ビルにめっちゃ感情移入した。
出てくる大人がことごとくロクでもないのは、少年達が大人になる後編の前フリになってるんだろうな。続きが本当に楽しみだ。
ホラー映画、初めて劇場で鑑賞しました。
「ホラー映画なんて絶対劇場で見れないよ!!」と昔から思ってた21歳男性の私。あんまりにもcmを見て気になってしまって……笑

さて感想ですが

・スティーブン・キング作品は、やっぱ怖いです、すごく怖い。(ミザリーしか見たことないです)
邦画のように「ここで幽霊出しときゃ怖がるだろ」ではなくてピンポイントで怖がらせに来ます。
予想は立てて言ったもののやっぱり怖いよ……

・ストーリー
ただただ怖いかと思いきや主人公達の心の成長物語、人によっては青春物語にも見えます。
個人的にラストの自分の中にあるそれぞれの恐怖に立ち向かうシーンは、ほんとに感動?しました。
見たあと私も自分の恐怖ってなんだろ?と考えた結果……やっぱ仕事かなって思いました(笑)


あと映画と関係ないのですが都内の映画館は、地方の映画館より映像&音響がすごいなーと思いました。
その分恐怖も倍増でしたけどね(笑)
旧作の気持ちで見たらがっつりホラーでビビった…

テンポも怖さもとても良くなってて良いリメイクだった

次作あるみたいだしそこで大人編なんだろうけどこの怖さでの蟹を見てみたい
ピエロと闘う少年少女。

芸術点が高い。どのシーンも画が素敵。そういう意味では怖さが薄くなっていた気がする。というか監督自身、恐怖に包んでやる〜的な気持ちはなかったんじゃないのかなあ。ホラーというより青春映画。ひとつの大きな敵を通して仲間との絆が深まる的な。個々のキャラクターがしっかり立ってて余計にホラーというより青春物語。
ホラー苦手な人でもなんとなく観れそうな気がした。笑えるシーン多め。

副題は、本当にいらないです。
あと字幕つけた人の名前入れるタイミングももう少し変えてほしかったです。
原作は未読。
昔映画化されたのは観たけど当時の記憶は曖昧。ただ正直そんな怖いとは思えなかったということは覚えている。
それは映画が良くなかったのか、自分のイメージ力の無さのためなのかが今ではよくわからない。
そんな折のリメイクなので、記憶を辿りながら観た。

が、結論から言うと前の映画はもう全然参考にならない。
前は恋愛話なんてなかった気がするし、兄弟の話でもなかったような気がする。

そして怖い。ちゃんと怖い。すごく怖い。
今回は行間なんて読もうとしなくても、視覚聴覚に直接怖さが来る。
グロい。さすがR15。

でも原作はおそらくR15じゃなくて、子供向けの話なんだろうと思う。
だから出てくる子供達の行動はどれも不自然。恐さを煽るのに都合がよすぎる。
今さっき腰抜かして大慌てだった怖い相手に丸腰で乗り込んでいく。
固まって行動しようと言い出した奴から早速1人でフラフラ離れてく。
危険や恐怖を感じたら大人を呼ぶか友達を呼ぶか、すぐ逃げるのが普通なのに、誰も彼もがなぜか怖い方怖い方へと自分から入っていく。
ドリフの志村けんのようだった。志村うしろー!!の声が聞こえてきそうだった。
その辺の行動が、子供なら観ててなんとも思わないかもしれないけど、大人の自分には不自然極まりなく見えてしまう。
話を盛り上げようと必死だね、と思ってしまう。
グロさ怖さは大人向けなのに話の展開の仕方は子供向けというバランスの悪さを感じた。

いろいろ投げっぱなし。エンドロールからして続編があるのがおそらく前提なのだろうけど、このままだと本当に困る。
体が弱い子のお母さんはその後どうなった?
女の子の父親は死んだのか?その後の処理は?
運命のキスまでした太った子の恋心はどうなる?
井戸の底に落ちたヤンキーのその後は?
なによりITはどうした?
これだけ投げっぱなしにされると本当に困る。完結してからまとめて観ればよかった。続編あるならあると先に言っておいて。

最後のIT、正直間抜けね。
結局子供達にタコ殴りにされて逃げちゃう程度の存在なんだと思うと、これまでの恐さはなんだったんだと。

各々のキャラクターが持つ日々の怖いものやプレッシャー、そういうものをITが具現化して、それを乗り越えた子供達の成長の話。でも手に傷つけて誓いを立てるとかは子供っぽい。
子供は階段の下や建物の隙間、ふとした暗がりなどに漠然と恐さを抱いているものだけど、そんな感覚が今もある子供が見るべき映画。でもグロさはR15なのだから見せるわけにもいかない。
そんな感覚を持つ子供の親が、我が子と重ねて観るといいのかもしれない。
ホラー風味少年漫画ものかな。結構良かったです。怖さは正直あまりないけど、ホラーに少年漫画の熱い展開をいれてあり面白かった。青春描写とキャラの一部ががスタンドバイミーぽかった。同じ作者なのだと感じました。しかし、これ続くのか?
日本のCMを観てまた日本特有のわかりやすくホラー要素だけに固めたCMだなぁと思ってたけど何作か作るって聞いて凄く納得。
2時間強かけて子供時代だけ描くのが新しくて凄く面白いなと思いました。
でも割と原作知らない人たちになんかよくわからないホラーの駄作って言われてるのもなんとなく納得できてしまう感じだったのが残念
続編でITらしい作品になってくれるのに期待!
・90年版鑑賞済。

・前作はホラーよりサスペンス寄りだったが、今作はガッツリおどかしがあり、子供達の恐怖のモノがホラー的でグロテスクになっている。

・ペニーワイズがよりスタイリッシュでイケメン。

・90年版に比べ、子供達が皆下品でマセてる。下ネタあり。

・青春的な面がある。

・いじめっ子集団のリーダーのやつどうなったか。

・まさかのチャプター2に続く。
個人的には結構よかったです。

ホラー映画ではあるけど、恐怖というよりは驚かす系。
そして実話とは少しかけ離れたいわゆる"なんでもあり"な設定なのでとにかく驚かせる場面が多いです。

リッチーのキャラがまた良くて、ちょくちょく笑わせてくれるところも良かった。
他の方も言ってるように、子供達の演技が素晴らしかったです。

ただ、日本では絶対ないだろってレベルにいじめのやり方がひどい。笑

つっこみどころ満載だけどおすすめです。
>|