学校の怪談の作品情報・感想・評価

「学校の怪談」に投稿された感想・評価

何回も観ているがホラーじゃなくていまやコメディって言いたいくらいですね。
CGがあまりない時代に作られたためテケテケや人面犬など妖怪達がリアルですねぇ(汗
これで騒いでいた自分が笑えるくらいです
UNO

UNOの感想・評価

-
怖くはなかったけど、青春物としていい映画だった

あと、ラスボスがカッコいい
Saki

Sakiの感想・評価

2.3
友人と見たのですが、全然怖くなかったです。
一周回って、始終笑ってました。ある意味面白かった?
怖いし泣ける、、90年代のよさが詰まっていた、、超展開多くて普通に面白かったし、おばけは怖くなかったけど、誰もいない教室の不気味さとかめちゃリアルで怖い。
小学生のとき見ていた気がする
だいたい小学生は怪談話大大大好きだからなあ…
ああいうときもあったんだなあって、懐かしむってことは、もう大人なのだなあ…

夏映画
ウワサがホントになりました。

今日は、スゴイ大雨で早く帰れたよ。ということで学校の怪談。

当時、この映画の子供たちと同じ小学生でこの映画を映画館で観れたことは凄く幸運だと思う。なので、思い出の映画であり大切な映画でもある。子供の頃に観た映画は、いつまでも心に残り大事にしていきたい。
星5にしたのは、思い入れが強く点数が付けられなかったため。なのであまり参考にはならないかもしれないが、面白いのは間違いない。
ぜひ、たくさんの方に観てもらいたい作品である。

怪談とあるが、ホラー映画というよりもファンタジー映画に近い。子供たちが主人公なので冒険ジュブナイルものといった感じ。日本版スタンドバイミーであり妖怪がたくさん登場する遊園地(おばけ屋敷)みたいな映画。

全ての子供たちに捧げられており、大人から観るとどこか懐かしい思い出を与えてくれる大好きな作品。DVDボックスがランドセルの形をしてるのも面白い。

学校の七不思議って、なぜかワクワクする。話を聞くだけで楽しいし、あれこれ調べるのも楽しい。それをそのまま映像化されている。

旧校舎に閉じ込められ出られなくなった子供たち。その旧校舎には妖怪が住んでいて・・・。
メリーさん、花子さん、テケテケ、人体模型、ベートーベン、口裂け女など有名な妖怪が登場する。そして、クマひげさん。笑

造形がどれも素晴らしく一度観たら忘れられないユニークな妖怪たち。
なかでもテケテケは、かわいらしく愛くるしいキャラクター。自分は、この映画でテケテケを知ったため、テケテケは可愛い妖怪なんだと思っていた。その後、地獄先生ぬーべーでひっくり返った記憶がある。テケテケは本来足がない妖怪でカマを振りかざし脚を奪いに来る。この映画のテケテケは足がちゃんとあり小さいカマと骸骨を背負いフワフワ、クルクル回りキュートに追いかけてくる。誰からも愛されるキャラクターに仕上がっている。

もう一つ、欠かせないのがインフェルノ。造形のクオリティが素晴らしい。ハリウッド映画に出てきそうなその不気味なデザイン。日本で、ここまで気合の入った造形は見たことがない。

そんな妖怪たちと遭遇しながら出口を探す。彼らは無事脱出できるのか?
最後は、ちょっぴり切ない。
こうやって少しづつ大人に近づいていくんだね。

懐かしき思いでたち。
それは、心に深く深く刻まれ頑丈に保管されている。
夏休みに入ったら全国の小学生に是非観てもらいたい
きっと忘れられない映画になる
これは切ない初恋の話なのだ……
PnC

PnCの感想・評価

3.5
むか〜し幼い頃に何度も観たしたね
今観てもなつかしい〜って普通に楽しめる
何度見ても涙が止まりませんね。
あの頃の夏は今ほど暑くなくて、ウザったいくらいのセミもどこか風情があったように思います。
懐かしい〜!
このシリーズ、お母さんと弟と映画館に観に行ってたなぁ。
>|