IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。の作品情報・感想・評価・動画配信

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。2019年製作の映画)

It: Chapter Two

上映日:2019年11月01日

製作国:

上映時間:169分

ジャンル:

3.4

「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」に投稿された感想・評価

655321

655321の感想・評価

3.8
なんだかラップやってみたくなった!

っていうバカみたいな感想。

矢継ぎ早にディスって

「お前ら…大人になったな…!」バタッ

ってサイコーの流れだった。

笑えるしジーンとするし。

いろんな“記憶”に対してHey Yoなノリで
向き合うのアリだなって思ったYo!

失って立ち上がって、失って立ち上がって。

良い映画でした。チェケラ!
ena

enaの感想・評価

2.8
昔怖いもの見たさに観ましたが
ただ心臓に悪かったです。

怖くて2は見る気になれませんでした
なめこ

なめこの感想・評価

4.2
前作より感動要素が強くなった分、ペニーワイズの極悪非道ぶり、気持ち悪さがより全面に現れていて良かった。
フォーチュンクッキーの件と遊星からの物体Xのオマージュ?の件は本当にキモかった。
べバリーが昔の自分の家を訪ねるシーンは気味悪すぎて最高でした。
 
「怖くない」と思う事で勝つというのは前作と同じだけど、前作はペニーワイズをボコボコにして追い詰めた所を、今作では精神力のみで追い詰める辺りにルーザーズ達の成長を感じた。
 
心底怖いけど、ラストには感動する。
超一級品のホラー映画。
 
ヘンリーの扱いがかなりぞんざいな気もしなくもないけど…
 
映画評価基準
 
この映画が好きか 8
没入感 8
脚本 8
映像 10
キャスト 10
感情移入度 10
音楽 6
余韻 9
おすすめ度 8
何度も見たくなるか 7
 
計84点
myu

myuの感想・評価

3.4
2021✔117本目

海外のホラーって日本のホラーとは違ってドロドロしてなくて、呪いとかじゃなくてびっくり系だから暗い気持ちにならないで見れるのがいいところ!
今回もたくさんびっくりしました!気持ち悪い!

でも別に話的にはそんなに面白くなかった!
んん!
日にち分けて見たからっていうのもあるかもだけど💦

全然一人で見れた!細かい内容忘れちゃうくらい薄いかな!
you

youの感想・評価

3.5
キング感があり良かった!
こうゆうお化け屋敷とかアトラクションあったら面白そう笑

このレビューはネタバレを含みます

チャプター1の続編。
公開時に映画館で観て、最近Amazon primeで観賞。
チャプター1と本作を合わせた総評になるが、ものすごく簡単に言ってしまうと「思ってたのと何か違う」。原作は未読のため、これが原作通りならば文句は言えないけども…。

ペニーワイズが子供たちの恐怖を糧とし、そのトラウマを具現化した存在だということは理解できる。ただ、その設定が足枷となって、ペニーワイズの姿やアクションが妙にコミカル過ぎたり、ゲームのモンスターのようだったり、弱点や攻略法が「こんなんで良いの?」感が強い。子供目線でみたらきっと怖いんだろうとは思うが、子供じみた悪口で退治できるというのは映画史上最弱の悪役ではないか?しかも本作はR15指定のため、肝心の子供は見ることができない。

他に気になった点としては、
・ルーザーズクラブと言いながら、大人になった彼らはそこそこ立派な成功者になっている。ちょっと都合が良すぎる。
・冒頭であるメンバーが退場するが、その理由は理解できるようなできないような。
・ベバリーは仲間の死をどこまで見ていたのか?それによってはクライマックスの出来事についての彼女の責任は重大。彼女は知っててあの武器を渡したことになる。どこかで運命が変わったのなら、それはどの時点か?
・キャスティングは素晴らしい。よく面影のある俳優を選んだものだ。

ペニーワイズのビジュアルはとても好きなんだけど、静止画なら最高、動くとガッカリという感じかな。
sakura

sakuraの感想・評価

-
子供の頃のなんとも言えない恐怖ってたくさんあったはずなのに、すごく忘れてる
sayaka

sayakaの感想・評価

3.6
役者と吹き替え版の声優がよかった
相変わらず爆笑した
話の流れがあるにしても悪口に弱いのそこだけ切り取るとめちゃくちゃ面白かったwww
武器で殺しても死なないのに悪口には弱いw
三十代後半に差し掛かって、社会的にはそれなりに成功しているけれど、プライベートでは簡単には割り切れない問題を抱えている。そんな日々の中に突如フラッシュバックしてくる忘れたい(忘れたことにしたい)出来事。過去に囚われた自分を如何に解放することができるだろうか。仲間と共に立ち向かうことができればあるいは……。いや、それぞれの問題にはそれぞれが向き合わなければならないのだ。

淡い輝きと影が幾重にも立ち現れてくるような、愛すべきルーザーズクラブ。上映時間を倍にしてもいい。もっと長くルーザーズクラブと一緒に時を過ごしたい。そんな風に思える映画だ。過去のホラー映画のオマージュがたくさん散りばめられているのも楽しい。個人的には大好きな遊星からの物体Xネタが嬉しかった。何度も観たい映画。
映画としては前作の方が怖かったししっかりしてたかな。エンターテイメントとしては十分に楽しめます。学校の怪談を見てる気分。宇宙からの物体Xやキャリーのオマージュなのかな?ちょっと長いのは残念です!
>|

あなたにおすすめの記事