PとJKの作品情報・感想・評価

PとJK2017年製作の映画)

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:124分

2.8

あらすじ

恋愛初心者の高校1年生のカコは、友達に誘われて大学生のふりをして参加した合コンで、功太という男性に出会う。お互いに好印象をもった二人は惹かれあうが、カコが実は高校生だとわかると、急に功太の態度が厳しくなる。実は功太は警察官だったのだ。せっかくの恋の始まりに胸を躍らせていたカコだったが、功太の態度はそっけない。そんな中、同級生の大神が入っている不良グループの犯罪現場に出くわしてしまった二人だったが…

恋愛初心者の高校1年生のカコは、友達に誘われて大学生のふりをして参加した合コンで、功太という男性に出会う。お互いに好印象をもった二人は惹かれあうが、カコが実は高校生だとわかると、急に功太の態度が厳しくなる。実は功太は警察官だったのだ。せっかくの恋の始まりに胸を躍らせていたカコだったが、功太の態度はそっけない。そんな中、同級生の大神が入っている不良グループの犯罪現場に出くわしてしまった二人だったが、後ろからおそわれそうになる功太を守るためにカコは大神の前に立ちはだかり、変わりに殴られて気を失ってしまう。病院で目を覚ましたカコの前にいたのは、功太だった。警察官という立場で女子高生とは付き合えないと自制していた功太だが、高校生のカコと一緒にいるために「結婚しよう」とプロポーズをする。最初は猛反対していたカコの父親も、功太の気持ちが本気だと理解し、結婚を承諾する。ただし「高校卒業までは通い婚。卒業までは結婚していることを隠し通すこと」という条件つきだった。こうして始まった二人の内緒の結婚生活。恋愛すら初めてのカコは、大人な功太にドキドキさせられっぱなし。一方で、停学中だった大神がカコのクラスに戻ってきた。大神は怪我をさせたことを反省しカコに謝罪。カコはあらためて「友達になろう」と大神に提案する。しかし、大神の家庭の事情などを知る功太は心配し、大神にはかかわるなと突き放す。すれ違ってしまう功太とカコの心の隙をつくように、二人を待ち受ける大きな事件が発生…!次々と困難が立ちはだかる二人だが、果たしてこの困難を乗り越えて本当の夫婦になれるのだろうか?

「PとJK」に投稿された感想・評価

mami

mamiの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

エンディング謎すぎた。
観覧車揺れすぎな🎡
Kei

Keiの感想・評価

3.1
記録
羊男

羊男の感想・評価

2.9
恋愛モノなんてどれも同じ展開なのに、面白いものとつまらないものの違いは何だろうと色々気付かされるつまらない方の見本。特にラストの酷さは歴史的。
漫画は読まずに見ました。序盤から終わりまで終始ツッコミどころ満載。そういうツッコミ映画なんだ、と思ってからはゲームしながら見てました。真剣に見る映画じゃなかったです。
一番おお!と思ったのは吹奏楽が演奏していたユニゾンのシュガーソングとビターステップ!うまかった!!
コミック読んでたので気になってたし、亀ちゃんかっこいいから観たけど、残念な感じだった。
脚本がダメなのか、監督がいけないのか…。
コミック原作なので、設定がありえないのもあるけど、いろいろ突っ込むとこ満載だった。

自分を守ってケガして入院してる彼を、どうして置いて去れるのか。
自分勝手にも程がある。

大神くんのことを心配して、家の片付けを手伝うとこなんかは感動した。
宇宙くんの演技が良かった。

警察の先輩の山本さんが優しくて素敵だった。

最後のミュージカル的なのは、いらないよね。
意味が解らなかった。

17,9,23 DVD
原作は読んでないのですが、世間の評価がすこぶる酷いので覚悟して鑑賞。
ハードル下げたからか割と楽しく観れました。
でも何も残らないけどね(笑)

ラストのブルーノ・マーズやフリッパーズギターとかの音楽が良くていい感じでジワジワきました。
でも何も残らないけどね(笑)

ともさかりえの母親役は無理があるような…。
まみ

まみの感想・評価

2.0
キャストの無駄遣い感半端ない
つっこみどころ満載
最後の選曲ミスもなんとも言えず
でもたおちゃんは可愛かった
Marinaaa

Marinaaaの感想・評価

2.5
うん😌
kuwa

kuwaの感想・評価

1.5
まず設定が実写向けのようで実写向けではない。
言動が全く感情移入できなくて残念でした。

噂の真宙くんが観れたのでそこだけは良かったですね!

そろそろ太鳳ちゃんは「まれ」以外に代表作が必要だと思うお。
んもれ

んもれの感想・評価

1.8
俺がごめん…

とか

死ぬ‼︎‼︎‼︎‼︎


漫画だと成り立つが現実の人間として見るとやっぱヤバい奴だよなP
>|