ニシノユキヒコの恋と冒険の作品情報・感想・評価・動画配信

「ニシノユキヒコの恋と冒険」に投稿された感想・評価

8637

8637の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

とにかく羨ましいっすね。
洒落た雰囲気を装う「モテキ」のような感覚。コメディセンスもそんな感じ。
しかしこんな映画はハイレベルな役者ではないと観ていけない。そういう意味ですごい映画だった。

あと個人的な話だが、構成が「グランド・ブダペスト・ホテル」に似てるなと感じた。
「グランド...」はある少女が好きな作家、があるホテルで知り合いから聞いた話、の映像化。この映画はある少女が行った葬式、で出会った女性に離された彼の恋愛遍歴、の映像化。
個人的に思った事なので無視してください。
piro

piroの感想・評価

4.7
ユキヒコの一挙一動、発言、言葉選び、全部がかっこよかった
欲しい言葉は全てくれるのに、何もかも完璧なのに、絶対に手に入らない感じ。
竹野内豊が好きで軽い気持ちで見にきたが、あまりにもカッコよすぎるから心臓がもたなかった。彼じゃないとこの役は務まらない気がする。
モテてフラれる役だけど、どの子もちゃんとした別れがなかった。それもまたリアルで。
遊び人ではないし、クズ男でもない。
どの女の子とのシーンも好き。
元気がなくなったら観ようと思う。

カット割や音楽隊のシーンは長くて間延びする場所も多々。でも、無条件に好きな映画だった。邦画で1番好きかも。
xxj

xxjの感想・評価

3.3
こりゃ、モテてしまう..全くクズではないし、女って面倒くさい生き物なんだよなあ
いろんな女の人と関係をもつニシノユキヒコを、どこかまったりと幸福に描いた作品。
これほどに女の人たちと遊びながら影は一切なく、きっとこんな関係でもニシノユキヒコはどこか女性たちを理解して幸福にしているのだろうなと思う。

ちょっとだらだらした意味のないカットや間があるのがもったいないし、構成の配分もうまくない気がする。けれど主演の竹野内豊のかっこよさはもう芸術ですね。女優陣もみんなすてきでした。

ニシノユキヒコは女性たちが願ったように、どこまでも幸福でどこまでも自由に、どこまでもニシノユキヒコとして生きて亡くなったのだろうなと思います。
nobby

nobbyの感想・評価

3.8
竹野内豊の魅力爆発やね。
あんまり見た事ない竹野内さんが、とても良かった。
内容はどうでも良い感じではあるけど、カメラワークとか空気感とかが好み。
まみ

まみの感想・評価

2.2
竹野内豊がただただ色んな女の人と遊んでいる映画。
でも、ゲスい感じは全くないから逆に怖い。
全体的に軽くて可愛いから見やすい。けど、良くも悪くも何にも起こらない。

竹野内豊とデートした気分になれる二時間だった。
そんなに好きではなかったけど、これを観たらやっぱりかっこいいな…と思った。

甘いお菓子を食べながら観たい。
お葬式のシーン、可愛いな。
橘

橘の感想・評価

3.6
原作既読ですが、「これじゃない」感…と思いつつ、観ちゃいました。
連作短編だったけど、と思っていたら阿川佐和子さんの語りという体なのですね。
ニシノくんはこりゃモテるわ…距離感が変。目の前の女の子がどうして欲しいかわかる、といっても、距離の詰め方早い。懐へシュッと入る。
竹野内豊さんダメさがちゃんとありました。昴とタマちゃんちでのクッションへの凭れ方、まだ良く知らない人の家であの寛ぎ様!と思いました。ちょっと面白かった。
女優陣では阿川佐和子さんと成海璃子さんが好きでした。阿川さんの話し方、上品でチャーミングで良いです。あとめっちゃカンロ飴あげる。

今となっては戦友みたいなもの、か。女性強い。
「ニシノユキヒコが幸福でありますように。」
竹野内豊の男前っぷりと、
尾野真千子、木村文乃、麻生久美子らの美しさを鑑賞するための映画。

内容は、無いよう。
私の中でのこの作品は、もっと静かで寂しいの

いろいろ呑み込んで
なんとかなんとか
優しく笑っていられるけれど
それにも限界がくる悲しさと寂しさの話なの
稲生

稲生の感想・評価

3.9
本田翼にハグされる人生(いいなあ(いいなあ))
〜〜〜〜
前作の焼き増し感は否めなかったけどよかったです。
現代日本における運動とは?→単純に広い部屋使ってた、人セクもそうだったけど
相変わらずいちゃつきシーンが良い。
あと小道具演出が見られるのも今回から?
もうちょい照明どうにかならなかったのかな
>|