ニシノユキヒコの恋と冒険の作品情報・感想・評価

「ニシノユキヒコの恋と冒険」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

原作がおもしろかったので、少し期待はずれ。ニシノさんのバックグラウンドがスキップされてしまった。そこをどう表現するのか楽しみにしてたのに、みなみにチューするとこでおしまいとは!!あとはちょっといちいちなんとはないシーンが長すぎると感じて焦れてしまった。電車、坂道、下手くそなオーケストラ…。豪華キャストが演じるそれぞれの女性(カノコちゃん、こういう子いるいる!しかし本田翼なので拒めるニシノすごすぎる。成海璃子の太ももも拒めるなんてニシノすごすぎる。)と、空気での表現は素敵。オムニバスをこういうカタチでまとめたのはおもしろいなと思った。印象的なシーンは、ニシノさんとマナミが階段をすれ違っていくところ。エンディングの音楽とイラストが好き!でもでも、ニシノさんの登場と消滅がベタすぎて!!!そこだけは!!!そこだけはなんだかとっても嫌!!
桜

桜の感想・評価

-
『寂しさは共有できないからね』と言っていて、嬉しさも悲しさも共有できるけど確かに寂しさは共有できないし男女はその価値観の違いからすれ違いが生まれることが大半なんだよなあ
知ってたんだけど言葉にされるとハッとする

井口奈己の、説明しない部分がある感じすごく好き。キスしたくなる映画だ!
マヘルの撮り方がパーフェクトで愛するものは同じだよ!って監督に言いたい
ヴレア

ヴレアの感想・評価

3.6
単純にモテる男が女性を取っ替え引っ換えするラブストーリーだと思うなかれ。
一見軽いタッチでゆったり進んで行くが、そこには残酷なほどの悲しさと孤独が潜んでおり、なんとも独特の世界観であった。
普通ならこんなにモテてイケメンな主人公ユキヒコは嫌味に感じるかもしれないが、全然そういった感じを受けないのも不思議である。その要因の一つは、どこか捉えどころのないユキヒコの性格にあると言える。元カノが家に来てるというのに、現在付き合い始めた彼女を家にあげて自ら修羅場を作ったり、いつの間にかマンションの隣の部屋の人と恋に落ちたり。なかなか通常では理解しがたい行動が多く、目が離せない。本人は普通の結婚を望んでいるが、女の子の方から去って行ってしまう。彼女達にとってユキヒコは自分を満たしてくれる都合のいい存在でしかないのだろう。だからユキヒコは常に愛に飢えている。例え幽霊になっても・・・。
とにかく、役者達の演技も皆素晴らしく世界観も独特なのでオススメです。
おしゃれゆるふわ映画。
自分の思う川上弘美感とやっぱり違ったので終始違和感。
この作品に関しては原作派。
そして、この原作好きは漏れなくこじらせてると断言する。
emi

emiの感想・評価

3.1
竹野内豊のゆるふわイケメン映画。
この雰囲気、人セクの監督と知り納得。
どストライクです!素敵な描写の連続だったな~。ニヤニヤしっぱなし。何で2時間しかないのか、ずっと観てられるよ、これ。
とにかく出てくるキャラクターの一挙手一投足全てが可愛く愛おしい。竹野内豊までもが!んで、スリムクラブの漫才みたいな、独特の長い間が異様に面白い。ウケ狙いに行ってんのか分からんが、凄い心に残る演出だった。

そして阿川佐和子さんはね、前々から可愛いと思っててスクリーンで観てみたいと思ってたんだよ。そこを女性監督が見抜き、起用し、演じさせ、チャーミングな部分を見事に引き出し切り取っているっていうのが最高
堊

堊の感想・評価

4.0
【セックス魔神本田翼】。よく見るとギリギリで全部女からキスさせてるのがよかった。竹野内豊をもっと無機質に描きたいのだろうが、やっぱりぼくも雄臭さが無理。成海璃子のホットパンツを露骨に狙ったカット、完全にイメビ。ハスミンの「黒沢清なら送風機を用意して…」ってレビューで有名な強い風が吹くのが幽霊の出現になったり、鳥が鳴くのが不穏に思えたり、イメージの連鎖が今までの作品になかったようで面白かったが竹野内豊だけが画面にいたり、バンドの長回しはふつうに退屈。尾野真千子がキスしたあとメスの顔になるのはもはやホラー。
sakikas

sakikasの感想・評価

2.5
気合いの再見。
人セクのいちゃいちゃと紙一重だが、どうしてこの映画はムカつくんだろう。竹野内豊の雄臭がやっぱり苦手なのかも。
どの女とのいちゃいちゃも貴いが、横道世之介みたいな思い出し方したくないというか、この感じを私は肯定的に評価しないタイプっす。
Naru

Naruの感想・評価

-
阿川さんお会いしたことあるけど、素のまんまんだった
竹野内豊さんにキュンキュンする映画
>|