ヴェンジェンスの作品情報・感想・評価

ヴェンジェンス2017年製作の映画)

Vengeance: A Love Story

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:99分

3.2

あらすじ

湾岸戦争の英雄であり退役後は刑事として働くジョン。とある事件で長年の相棒を亡くし、失意の日々を過ごしていた彼は、ある日訪れたバーでティーナという女性と出会う。シングルマザーとして懸命に生きる彼女と触れ合う内に生きる気力を取り戻していくジョンだったが、そんな彼を突然悲劇が襲う。ティーナが愛娘の目の前で町のチンピラたちにレイプされてしまったのだ。ジョンはすぐさま犯人たちを逮捕するも、彼らは金にものを…

湾岸戦争の英雄であり退役後は刑事として働くジョン。とある事件で長年の相棒を亡くし、失意の日々を過ごしていた彼は、ある日訪れたバーでティーナという女性と出会う。シングルマザーとして懸命に生きる彼女と触れ合う内に生きる気力を取り戻していくジョンだったが、そんな彼を突然悲劇が襲う。ティーナが愛娘の目の前で町のチンピラたちにレイプされてしまったのだ。ジョンはすぐさま犯人たちを逮捕するも、彼らは金にものを言わせて雇った敏腕弁護士の力で無罪を勝ち取り、逆にティーナと家族を激しく中傷する。法で裁けぬ悪に怒りを爆発させたジョンは、犯人たちに自らの手で制裁を加えることを決意するが……

「ヴェンジェンス」に投稿された感想・評価

法で裁けない悪を討つ。
渋くてなかなか良かった。
ニコラスみたいな名優が主役じゃなければ厳しいかな。
あめり

あめりの感想・評価

2.9
色々あっさりしているシーンもあるけど、内容は現実問題でもありしっかり重い映画。ニコラスにはもったいないようなニコラスだからもったのか・・・。
Hiroking

Hirokingの感想・評価

2.5
ニコラスの久しぶり作品で、表紙では、誰かわからなかった。
なかなか厳しい内容で、社会情勢を反映し、理不尽な世の中に正義を!と言いたいのか?はたまた、悪者退治なのか…
前半は、ストレスが溜まる!
ニコラスの良さがまたもったいないと感じた作品でした。

2018年173本目
法廷のシーンで裁判長が色々ありえないでしょ。
悪人をぶっ倒すシーンがあっさりしすぎててカタルシスが少ないなあと。
まぁこういう映画嫌いじゃないけどね。
OG

OGの感想・評価

3.4
どうにもこうにも良作に恵まれないニコラスさん☺︎
この作品にも期待値は低め☺︎
序盤はニコラスさんの登場も少なく、いやーな雰囲気がプンプン☺︎
しかし、物語が進むにつれて、なかなか見ごたえのある雰囲気に☺︎
意外とあっさり終わってしまった感があり、もう少ししっかり作っても良かったのでは?と思いました☺︎
ReN

ReNの感想・評価

2.0
Blu-ray購入し鑑賞。

借金王のニコラスケイジがまた仕事を選ばすB級映画に手を出すのは今更突っ込むのも疲れるが、これといって語ることがない。

ただ、ありがちながらもしっかりと作品として完成できているので楽しめた。
ロナー

ロナーの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

復讐シーンがあっさりしていたため、「全然vengeanceじゃねえじゃん!」と思ったが、原題の「A Love Story」という文をみて納得。復讐もそうだが、愛の物語なのだと。
お久しぶりケイジさん(^_^)
物語の題材は重く、精神的にキツイです。犯罪を犯した奴らがのうのうとシャバで活動しちゃう様な理不尽な世の中に、ケイジ演じる刑事ジョン・ドロモアの静かな怒りが爆発しやす💥
最近はケイジの作品殆ど見てませんが、昨今の作品同様B級映画です。でも中々楽しんで見れたかな〜( ̄∇ ̄)
アクションは少なめですが、久々ケイジが静かな怒りを哀愁と共に醸し出してましたね〜( ̄∇ ̄)
マネー次第でどんなクソ野郎も弁護しちゃうやり手の弁護士役にドン・ジョンソン。しかしやり手に見えなかったな〜(^-^;
私の中では刑事ナッシュの吹替が最高です(^_^)
いや〜久しぶりにケイジって一杯言った。満足です😁
imagoo

imagooの感想・評価

3.2
記録

#vengeance
#nicolascage
#annahutchinson
#talithabateman
#donjhonson

このレビューはネタバレを含みます

 レイプ事件が起こるけど犯人が無罪になったので刑事さんが自警団的な行動をとる話。

 ニコラス・ケイジが一応の主演ですが、映画の半分くらいは事件の被害者とその娘さんがただただネガティブなことが起こる展開でなかなか暗い映画でした。映画の半分くらいで裁判の結果があって、そこでニコラス・ケイジが法で裁けない悪を退治する行動をとりますが、そこらへんはあっさりと成敗してしまって特にこれといってお咎めがなかったりしてあっさりとリベンジを達成してしまうので、エンタメ映画としての復讐のカタルシスがあんまり得られなかったです。その一方、被害者母子の描かれ方も芝居じみていて感動が得られなかったです。

 冒頭でアメリカのレイプ犯罪の高さとか高額な報酬で事件を無罪にしてしまう弁護士の存在とか社会的な問題が描かれそうだけど、そこまで深くないのが残念でした。
 
 最後に犯人を呼び出す電話の声が女性だったので、あの女性は一体誰だったんだと疑問のまま終わる映画でした。
>|