ザ・ブック・オブ・ヘンリー(原題)の作品情報・感想・評価

「ザ・ブック・オブ・ヘンリー(原題)」に投稿された感想・評価

KarimF

KarimFの感想・評価

3.2
ママに大金と車を用意して死ぬ小学生なんて多分いないけど、最後は泣いてしまった。とにかくジェイコブがかわいすぎる。

ママがママになっていって、安心した。
kazata

kazataの感想・評価

2.0
『ジュラシック・ワールド』に次ぐコリン・トレボロウ監督作のどメジャー・ユニバーサル映画!&ナオミ・ワッツ主演!&さらに『ルーム』のジェイコブ君!+『IT/イット』のジェイデン君!まで出演しているにも関わらず、もしかしたらこのまま日本未公開かもな作品(?)なんで、見逃すまいとDVD輸入して意気揚々と鑑賞するも……これはこのまま未公開で致し方ないのかも、なトホホ映画でした。(いやいや、これはある意味で、全てが間違った方向に導かれてしまった“逆ミラクル作品”かもしれませんね)

天才少年のジェイデン君は、隣家の同級生の女の子が継父から虐待されていることに気づき、彼女を救おうと密かに継父殺害計画を立てるが、、、病死。ダメ母だったナオミ・ワッツが亡きジェイデン君の意思を継いで計画を実行に移そうとする話──なんですが、いろいろとツッコミどころ満載というか無理があり過ぎて全くノレないまま。
病死するまでの“感動の家族ドラマ”パート(ここぞとばかりに出てきては泣かせにかかるジェイコブ君!にやっぱり涙しそうになっちゃうのだけれど…)と、後半のお粗末な“サスペンス”展開からの“御都合主義”展開炸裂という謎のアンバランスさに、感動を通り越して唖然・呆然・愕然としてしまいました。

……このキャストで普通に真正面から家族ドラマを描いた方が良かったんじゃないでしょうか。
思わず「殺ってしまえ!」と思うほど感情移入してしまった。
頭脳明晰であっても人間性は未熟な子供に同化してしまったということなので反省。理性で思いとどまった母親の勝ち。
救いのあるラストではあるが、賢いゆえに悟ってしまった子供の失われた未来に涙する。

このレビューはネタバレを含みます

子役が実にかわいい。

前半と後半でしっかりと分かれている映画だったけれど、
前半はあまりにも幸せで、あまりにも悲しかった
ほっこ

ほっこの感想・評価

3.7
前半はただただ、ジェイコブくんにやられっぱなし。可愛さの破壊力がすごすぎる!!
ナオミ・ワッツ扮する母親&神童な長男ジェイデンくん、そして弟ジェイコブくんの素敵親子の物語かと思いきや、途中から一変!後半にかけてはまさかのサスペンスフルな展開に唖然。
子供は純粋無垢で、正義感があって。
だけど大人になるにつれてグレーな感情が芽生えて、そして罪を犯したりする。
ナオミ・ワッツの不器用で、だけどひたすら子供の事を信頼して愛し続ける母親が素敵だった。
JIZE

JIZEの感想・評価

3.9
天才的な頭脳を持つ息子とシングルマザーが隣に越してきた少女を児童虐待から救うため一冊の緻密な計画本を武器に奮闘するヒューマン映画‼輸入版で監視。大予算を投じて絶大な支持を得た近年で「ジュラシックワールド」を手掛けたトレボロウがその続編を手前にどういう新作を放り込んでくるのか期待と不安がかなりあったが完璧にジュブナイル路線であまい感傷にひたらせる哀愁ある作品であった。また構成が奇妙。いわゆる前半では息子とのヒューマン要素が盛り込まれ後半では軽いサスペンスで構築されている。要は生前に息子が構想した"ある作戦"を親が実行にうつす客観的に取れば類を見ないかなり奇っ怪なプロットである。深刻な児童虐待が社会問題として作品の背景にあるなかで白イヤホンから流れ出る息子の音声を元に母親が手順を踏んでいく様は息子と親の絶大な信頼が描かれている。ストーリーだけなぞれば非常にイビツで恐ろしいホラー映画になる筈が子役たちの純粋で粘っこい静観なる芝居から本作の物語には暖かい息吹を与えられたのではないだろうか。後半の現実離れした作戦を除けば親と子の静かな攻撃性が輝る良作であった。
Yuminaaa

Yuminaaaの感想・評価

3.7
子どもってすごいなあと思った!

家族のこと大事にしないと。

そしてお母さんがどんどんとお母さんになっていくのが伝わって来て素晴らしいなあと思いました!

わたしもあんな素敵なお母さんになりたい☺️
So

Soの感想・評価

4.0
なんだろう、この手のやつすごい好きだなぁ。ヘンリーのお母さんへの信頼?というか見越してる感じ。
お母さんの決断は正しいよ。
ちゃあ

ちゃあの感想・評価

3.8
途中から泣きそうになった。完璧じゃない母親だけど、子供のことを本当に愛してるのが伝わって来た。
chikurin

chikurinの感想・評価

5.0
やばい。母は強いです、ヒーローです!
切なくて、ハラハラして、ホッとして、泣きました。
「暴力が悪いのではなく、無関心が悪い。」
ちゃんと考える!
>|