サムサッカーの作品情報・感想・評価・動画配信

「サムサッカー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

「人は皆何かに依存しないと生きていけない」
「自分が正解だなどと思うな。Thats’s bullshit. 大切なのは、答えないしに生きる力だ。」
前向きに生きるということを、ここまで”無理なく”描いた作品は初めて見た。
マイケル・ミルズは、本当に心理学が好きなんだなぁ。笑
様々な迂回はあったろうが、彼は非常にシンプルに生を捉えているように思える。
答えがなくても、指をしゃぶって不安と付き合い、ニューヨークの歩道橋を笑顔で突っ走りたくなる映画だ。
misato

misatoの感想・評価

-
マイクミルズの作品が大好き。
20センチュリーウーマンはミランダジュライの影響を完全に受けててむちゃくちゃ好きなんだけど、これはこれで元々のマイクミルズの感性やら考え方が垣間見えて良い。
朝田

朝田の感想・評価

-
20センチュリーウーマンしか見たことなかったけどマイクミルズってセンスめちゃ良いですね。舐めてました。スパイクジョーンズもそうだけど、ビースティボーイズのmv撮る奴に悪い奴はいない説が裏付けられた。気持ちの良い省略がキマる編集リズムと絶妙な音楽の使い方がこの作品を特別なものに。青春映画からホームドラマへの切り替えがスムース。冒頭の教室内のやり取りだけで主要な登場人物の紹介を終えたり、病院に運ばれる所からいきなり学校での面談のシーンにつないだりと手際がとにかく良い。ジャスティンが飛行機でキャスターの夢を見るシーンでの異なる空間にいる人々の表情を繋ぐカット割りに思わず涙。夢だって判ってるのに泣かせられるんだからマジ凄いよ!
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

3.5
人々の「弱い小動物」としての姿がだんだん見えて来る作品で、とてもいい映画だと思った。しかしその中でキアヌの、こいつだけは何か違う感がすごい。
KRHM

KRHMの感想・評価

3.6
大学に合格するシーンって青春ものにはつきものな感じがするけどどれも観てて嬉しくなるシーン。

キアヌかっこよ。
Chika

Chikaの感想・評価

3.6
キアヌ・リーブスがかっこいい。
ジャスティンがNYに行った後、弟が我が儘を言えるようになりますように。
はと

はとの感想・評価

4.5
17歳の少年の心に優しく寄り添い、ありのままの自分に勇気をくれる。人と人との繋がりを淡い輝きで照らし出すような抜群の映像センス。いかにもマイク・ミルズ監督らしい作品でとても感動した。

マイク・ミルズ監督の映画は私にとって特別で、世の中とのずれを感じてしまう私の感覚や価値観を肯定してくれるように思えて、嬉しくて泣いてしまう。その優しさに触れて、たまらなくなってしまうのだ。

きっと、これからの私を支えてくれる、そっと背中を押してくれる。そんな映画でした。大好き。
sat

satの感想・評価

-
ルーテイラープッチからジェシーアイゼンバーグみを感じた…
こんなにかっこいい歯医者さんいたら通いまくるよね
この映画もインテリアが最高でした

考えて努力して望むだけ
答えなしに生きる力、自分が思う答えは幻想
Anna

Annaの感想・評価

3.6
マイクミルズの作品が見たくて鑑賞。
浮き沈みが激しい主人公だけど、どこか応援したくなる。そういう人物像を作るのが上手いと思った。
他の作品同様家族間の葛藤がよく描かれてた
Naoki

Naokiの感想・評価

3.5
【自分を受け入れること 答えなしで生きていくこと】

グラフィックデザイナーのマイク・ミルズ監督作品。『人生がビギナーズ』が彼のフィルモグラフィーで最高傑作だと思っているが、これも良かった。親指を咥えてしまう癖がある少年の成長物語。

優しいよ。マイク・ミルズの映画は。無理に価値観押し付けてこないし、説教臭くないのに、観るとすっかり心が開けていくような感覚になる。
>|