Death Note/デスノートのネタバレレビュー・内容・結末

「Death Note/デスノート」に投稿されたネタバレ・内容・結末

うーん‥笑
なんかなぁ。

デスノートって、天才VS天才って構図が魅力だと思うんだけど、それがない笑

ライトはミア(あまねみさ的な子かな?)に速攻「俺人殺せるんよ」ってイキリ発言するし、ミアは暴走するし‥。
FBI死亡事件も、ミアの仕業だとなぜ気づかぬ。ノートも切り取られていることに考えが及ばないアホ
というわけでライトの魅力がない。
Lもなんかたいして「天才」を感じなかったなぁ。

原作や藤原竜也版って、すごいなぁ。
リュークがいなくても成立する脚本で笑った
ダンスパーティあたりからのヒロインの本性と主人公のやり方は好きだけどなあ…
Lの動き最初だけ似てたけど原作読んでないから走るのか!って驚いてしまった
日本のデスノートや原作とは
違う作品として観ないと…という感じです。

残念ながらライトとLの頭脳戦はないですね。

あっさりライトがキラと断定したり…
ワタリのフルネームなんでわかった?とか
もうツッコミどころ満載です笑

ライト走って逃げる
L全速力で追う
スピード感溢れる追いかけっこ!!
こんなの違うわぁと思うけど、
まぁそれはそれで楽しむように観るしかないですね。

【個人的なツボ】
モヒカン頭のワタリ
日本のとは全く別物と考えた方がいいですね。頭脳戦も、ライトとLの掛け合いとかも少ないし。
ミアが振り回すだけで、リュークも俯瞰的なだけだし………グロいなあとは思ったけど、、、。
いつのまにこんなの出来てたのか…

そして意外とまとまってて見ようには悪くなかったぞ!
地味にウィレム・デフォーも出ているのね。
ワタリ出番多いしLはめちゃくちゃ感動的だし、ミサの代役であろうミアは献身的ではなかったし笑
いろんな変更が逆に潔かったのかもしれない。

でもなんかこのエンディング後の救いがない話です。

暇つぶしに良いかも。
デスノートの設定を使った完全に別物。このくらいぶっ壊してくれて全然良い。おもんなかったけど。
キラがボニー&クライド的な感じもあって良い。リュークとLとキラの三竦みの攻防もそれはそれでストーリーがどう転ぶかわからんくておもしろい。おもんなかったけど。

デスノートってジャンプで連載するより青年誌で連載した方がもっと過激なこと出来たんじゃないかなと思ってたからこのNetflix版は途中まではそこそこ過激で良いと思った。
この感じで魔人探偵脳噛ネウロもNetflixで映像化されないかなあ。

でもこのライトはクソ無能。
もっと心理戦とか繰り広げろよ!!
あのLが銃バンバンしてライト追いかけ回してるのはひどかったしデスノートがもはや人間操りノートになってた、
リュークは観覧車壊してたし

ほんでワタリの本名ワタリやったのが1番ツボやった
原作ファンとしてはなんだこの茶番は?って感じ。面白くない。
Lが落ち着きないし普通に表舞台出てくるし、ライトも馬鹿だし、なんなんー!!ってなった笑
デスノートのルール多すぎてわろた。
原作、藤原竜也版DEATHNOTEを見たことがあると凄く期待はずれになるかも……?

天才設定のはずがライトもLも頭が悪く見える。

まずL、推理の課程もガバいし「結局直感じゃ…?」と思えてしまう。
後半から論理的でもなんでもない、ただ何をしてでも復讐する人間に成り下がる。作中でも感心するような推理は無かった。
ライトはただ勉強できる学生。
キラとしての知性は微塵も感じられない。ミアからDEATHNOTEをパクられたり勝手に使われたり管理ができていない。
自分がLから追われていて些細なミスもおかせないと思っていない模様。

FBI捜査官をノートに書くこともミアがやっており、その過程もダイジェストのためか苦もなくこなしており、FBI捜査官とは?と考えさせられました。
何もあんなセンセーショナルな殺し方しなくてもいいのに。わざわざデスノートという原作を使ってスプラッタ映画をつくりたかったのだろうか?基本的に原作とかけ離れているが、とことん物語の足を引っ張る女性キャラクターが大場つぐみっぽさを表現していなくもないなどと穿った見方をした。ここまで変えるなら父と子に重点をあてたヒューマンドラマにでもすればよかったんじゃない
>|