罪の余白の作品情報・感想・評価

「罪の余白」に投稿された感想・評価

umeshio

umeshioの感想・評価

-
20160718
ハッw咲めっちゃむかつくwwwって思いながら観てたwんで、どうこれ収束していくんだろうなーという興味だけで観てたんだけど、消化不良でなんだろうな、もやもや。咲の闇みたいなものが少しは感じたんだけど、もうすこし!!もう一捻りあったらよかったのになあと思った。なんか物足りない。あと、咲はとても頭がよい設定だったけど、もうひとつなにか足りない気がする。もっと狡猾であったらよかったのになーと思ったりもした。WOWOW
ヤマダ

ヤマダの感想・評価

2.5
つまらなかったわけではないが長かった。
後半は、ながら見してしまった

咲は胸糞キャラではあったが
谷村美月(役名忘れた)の弱点を見抜いて指摘する様はなんか良かった
あまり目立つキャラじゃなかったのも男性経験がないのも、他の誰かのせいでもなく外見をよくする努力を怠ってる自分のせいだ。研究室にこもって研究してる方がマシだ。 とても的確(笑)
まあそれでも最後はああなってよかった
親が出張でいつも孤独だったから、、なんて理由にできないことをしてたと思う。

基本退屈だったが、「ダブルバインド」って言葉が本当に加奈と最後の咲にマッチしてて、テーマとしてよかったと思う。
秋元

秋元の感想・評価

3.5
後半に差し掛かるまでかなりイライラさせられるから 元気な時に見たほうがいい映画かもしれない
スカッとはしないけど 面白かった
内野さん、いいね
吉本実憂は悪女顔だな。
自分が父親だったら、地獄の苦しみを与えながら生き長らえさせるな。
簡単に殺さないし、逮捕させない。
スリルあってけっこう好きなんやけど、結局、サキのことが謎のまま終わった感じ。
「蝉しぐれ」で光りまくっていた内野聖陽の演技力はやはりすごい。
小鳥遊

小鳥遊の感想・評価

3.0
突然学校のベランダから落ちて
死んでしまった娘と
なぜ娘は死ななければならなかったのか、
真実を知りたいその父親

娘と仲の良かった、美人で頭の良い女と
そんな女を独り占めしたく
亡くなった女の子を目の敵にしてた女の子
初めは仲も良く、
よく3人で遊ぶこともあったのだけど
そのうちに娘は2人から嫌がらせを受けるようになり
ある日、テストの点数に負けた事から
ベランダの手すりに立つように命令され断れず実行。そのまま落ちて命を落としてしまう

悲しみに暮れる父親の元に現れたのは
名前を偽った美人のクラスメイト
まさか娘を虐めてた本人だとは思わず
娘の書いてた日記を一緒に見たことで
自分達のした事がバレてしまわないか焦る中、父親が文化祭に訪れた事で虐めてた本人があの美人な女だと知る
決定的な証拠のない中、
娘の死は事故扱いされ納得出来ない父親は学校や警察へ掛け合うが相手にされず

最後はマンションのベランダで
娘を虐めてた2人に問い詰めるも認めず
マスコミに日記のネタを流すしかない、と言ったとこで
美人の彼女が父親をベランダから突き落とすが、父親の命は助かり
女はそのまま少年院へ。


美人で頭が良くて魅力的で、
周りからも一目置かれる素敵女なのに
付き合う人間は自分できちんと選んでて
すごく性格悪いけど、
ほんとに効率的に上手く生きてる感じ
演じてる子も"可愛い"をちゃんと分かってて
画面越しで見ててもきゅんとしてしまう
仕草とか話し方とか、ズルい笑

その友達はただ鬱陶しいし目障り

死んじゃった女の子みたいな、
友達のことをちゃんと大切に出来て
可愛いって思えたり、
夢を応援出来る、そんな子と友達になりたい。

このレビューはネタバレを含みます

私もこんな美少女に翻弄されたい!
ちょっとエスターっぽかった
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.0
あまり良いコメントがなかったので期待してなかったら、そんなに悪くない。
手摺から落ちて死んだ娘のイジメの事実を暴くために女子高に押し入る心理学者の父親。学校側、警察、児童相談所の対応(の脚本が?)イマイチ。酒浸りの日々を奮起して、刺し違える覚悟で復讐計画を立てる。最後は良かった。
ホルル

ホルルの感想・評価

2.1
オチの発想はいい。もっと悪役が追い詰められる顔が見たかった。告白を見習って欲しい
警察と学校がちゃんと動いているシーンがあれば説得力があったが、なかったから納得出来ない部分が多かった。

あとは人間関係って恐ろしいな〜って感じ。

あの終わり方が気に入らない
>|