アメリカから来たモーリスの作品情報・感想・評価

アメリカから来たモーリス2016年製作の映画)

Morris from America

製作国:

上映時間:91分

3.5

あらすじ

アメリカからドイツの町へ引っ越してきた黒人のモーリスは、ラッパーに憧れる中学生。異国の地ドイツで、言語の壁やステレオタイプな差別にうんざりし、友達も作らず孤立していた。でも、ある日ドイツ人の年上の女の子、カトリンに恋をしたことから、モーリスの冒険が始まる…。

「アメリカから来たモーリス」に投稿された感想・評価

のだみ

のだみの感想・評価

3.0
ヤクブ目的で見た。
ヤクブ、15歳の女の子はアカンよ

ドイツ語喋るどのキャラクターも可愛くて(フルート少年も含む)ドイツ語勉強したくなりました。
koyaaa

koyaaaの感想・評価

3.3
カーラ・ジュリよかった.
知的で茶目っ気あって可愛らしいひと.

映画はちょっと淡白すぎるかな、と.

親父の思い吐露と主人公のかわいらしさでどうにか間がもってるという感じの映画.

クラブシーンに違和感を感じた.
多分アメリカ人から見たヨーロッパ人感みたいのが投影されているのだろう.
わたしにはその辺の感覚はないけれど.
ヒップホップを期待して観たから、父子の話でちょっと拍子抜け。
ドイツ映画が新鮮だった。
ミツヒ

ミツヒの感想・評価

5.0
甘酸っぱい、冒頭のJeruの曲を巡る父子のやり取りから惹き込まれた
shin

shinの感想・評価

3.1
ほっこりします。
モーリスが可愛らしい。
で、モーリスのお父さんがいい。大人。
こういう人になりたい。

ダメジャ、ビギー、jay-z、クレイグマック
クラシックね。
aymm

aymmの感想・評価

3.9
モーリス可愛い、、
ラップのシーンが素敵!
ほっこりしたいときに観るべき映画。
終わり方もいい。初恋は叶わないもの。
TOT

TOTの感想・評価

3.4
アメリカからドイツの街ハイデルベルクに移住して来た父子家庭の黒人少年モーリス。
唾棄したくなるほどステレオタイプな差別と無理解に、ヒップホップ版シング・ストリートのような恋と音楽の相関。
でもメンターは兄ではなく、父。
アメリカ人も黒人もいない、父にとっては最愛の亡き妻との思い出の街で、親子がヒップホップと会話を通じて、ふたりぼっち支えあう関係になっていくのがとてもいい。
ちょっとだけ上手くなるモーリスのステージングも。
マシュマロ入りココアを美味しそうに飲む彼のぷにぷにの頬の愛らしさに、大人になんてならないでと、少し思うキュートな作品。
同日に観た『Kicks』、さらに『ムーンライト』と同じプロデューサーにアデル・ロマンスキーの名前(バリー・ジェンキンス監督の友人、『ムーンライト』撮影監督ジェームス・ラクストンの奥様)に、はは〜んってなる(なにが)。
smmt705

smmt705の感想・評価

-
アメリカから来た設定って聞くと、ガンガンなブラザーが来るかと思いきや、素朴中の素朴なモーリス。クッションに意中の女の子の服を着せるシーンはちょっとセンチメンタルで、お父さんとのジェンガーはソークール
なやら

なやらの感想・評価

3.6
面白かった。MDMAをキメたダンスシーン+フリースタイル披露シーン(二度目)における昂揚演出の明らかな不足が勿体無いし、頻発するスローモーション使いも擁護し難くダサいものの、話がなかなか良い。劇中起こるアレコレをすべて通過儀礼として昇華出来た主人公と、「ここではないどこかへ」精神に殉じて果てのない放蕩を続けるヒロインとの残酷な対比が泣かせる。。。
思ったよりヒップホップはフィーチャーされてなかった。扱い方も記号的上澄み掬いに留まってる。
not much hip hop aspect in the movie. its a grow up movie and a slight first love movie about a 13 years old boy. which is the most difficult age for a teenager who had to move to different country in this age.
>|