DOPE/ドープ!!の作品情報・感想・評価・動画配信

「DOPE/ドープ!!」に投稿された感想・評価

じゅん

じゅんの感想・評価

4.2
90年代のヒップホップ、ファッションが凄く良かった。映像も良かった。マルコムは友達思いで熱い男。
yiyi

yiyiの感想・評価

4.3
タイトル通りDOPEな話だったけど
サクセスストーリー?青春?
辛くなりすぎず前向きになれる映画.
生きている国が違うとオタクの捉え方が
こんなに違うのですね.
結構グッとくる言葉が出てきて
刺さった.

バンドの練習シーン最高.
流れるHIPHOPの曲もかっこいい.
berry

berryの感想・評価

3.3
これからが期待の若手俳優(アーティスト)が沢山出てる。
エイサップロッキーも登場
ちぃ

ちぃの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

★3.5 ロサンゼルスのドラッグの売人たちが住む街に住むマルコム。彼らはいつも黒人3人組でつるんでいて、90年代のヒップホップをこよなく愛していた。
マルコムは、成績優秀でハーバード大学に通うことを夢見ていた。
そんな彼が、憧れの女性が参加する、ドラッグディーラーのドムの誕生日パーティーに顔を出すと、その裏でドラッグの取引が行われていて警察が乗り込んでくる。
何とか逃げ出したマルコムであったが彼のバッグにはドムが入れた大量のドラッグと銃が。
ドラッグの存在を知りギャングがマルコムに接触してくるが、刑務所にいるドムからはある人物にドラッグを渡せと連絡が来る。
その人物の元へ行くと、ハーバード大学に入れる手はずを整えるから、ドラッグを売りさばけとのこと。
冴えないオタクのマルコムと仲間たちは闇サイトでドラッグを売り、ビットコインで取引をし、誰にもバレることなくすべてのドラッグを売りさばく。
結果、彼はハーバード大学に入れるよう口添えをもらう。
マルコムは早速ハーバード大学に出願するため小作文を書く。本当の自分と社会の黒人に対する思い込みの間で生きてきたことを書き連ね、最後に「なぜハーバード志望か?僕が白人でも同じ質問を?」という言葉で締めくくる。

ふんわり彼は合格したっぽい。
途中まで馬鹿なコメディーだと思って見ていたけど、最後マルコムがまじめに、ドラッグを売りさばくことから自分が感じて得たこと、自分が世間から持たれているイメージについて悩んだことなどを作文にする場面にハッとさせられた。もちろんドラッグ売りましたとは書かないけれど。

#unext
テンポ良く飽きさせない
キャラクターもみんな魅力的
当然音楽もいい
全体的に暗いテーマを扱ってるはずなんだけど、そこはかとなく明るく、最後はサバイブする力みたいな展開に
なかなか良い作品でした
key

keyの感想・評価

-
🏷211231

まさにDOPE...
90'sの音楽、ファッション最高~
N

Nの感想・評価

4.3
あの天才ファレル・ウィリアムズが総指揮を務めているだけあって音楽のファッションのセンスがめちゃくちゃいい。

貧困街に住む黒人が成功するにははバスケ選手、ドラッグディーラー、ラッパーの3択しかないとはよく言ったもので主人公も色々あってドラッグディールに手を出していく。ただ主人公は根は真面目というか態度はヒョロヒョロしているもののかなり頭が切れる存在でドラッグディールを逆に利用してポジティブな結果に結びつけるのが凄い。

違法なドラッグディールを悪とするわけでもない今作での描き方は結局力のない黒人はそういったトラブルと向き合い続けなければいけないという強いメッセージのように感じた。
keita

keitaの感想・評価

3.5
まさにドープ

ポップでコメディな映画

人種差別的な展開はほぼなくでもちゃんとラストでそこおしゃれに攻めてきた
Lynne

Lynneの感想・評価

2.6
青春映画と謳っているけど、スパイク・リーとかが撮りそうないくらでも重くなりそうな社会的テーマを、ものすごーーーくおしゃれにヒップホップとファレルウィリアムズでラッピングしたような映画。
90'sヒップホップを知ってたらもっと楽しめたかも?
riekon

riekonの感想・評価

3.0
ボトムズと呼ばれてる危険地区に住む
仲良し3人組
90年代のヒップホップが好き
オタクでバンドもやってる🎸
主人公のスタイルがいいね〜😄
ある誕生日パーティーに参加したら
とんでもないことに💦
かなり危険なのに感じさせない😆
この感じで最後までいって欲しかったかな
急に真面目な感じで残念😅
>|

あなたにおすすめの記事