「新しいワタシの見つけ方」に投稿された感想・評価

あき
3.1
可愛い女の子で好きですよ
Yasu
3.0
いい話ではありますが、素人が短期間の練習で乗馬大会で優勝するのはちょっと現実味が無くなりましたねぇ〜。でも実話なんですよねぇ~。
馬を飼育したり、調教したり、乗馬したりって、かなり大変そうだけど、この作品を観て感じたことは、馬も人間も、共に共存していると、そこには必ず毎日の生活があり、ドラマがあるということ。
嬉しいことも悲しいことも一緒。
馬が好きな人にはすごく共感できるようなストーリーかも知れない。私は牧場暮らしはしたことないけど、牧場暮らしをして、馬と一緒にいる空間も意外と楽しいかも知れないと感じた。
marin
3.5
この映画で色々と救われたならなにより。
別に作品としてどうこうとか、いいと思う。
いいはなしだなぁ
chiyo
3.0
爽やかで純粋、久しぶりにまっすぐな映画を見ました
いいな、馬も愛らしい
KAZUKI
3.2
学生生活をくすぶってる毎日の女子高生が、人生の転機に出くわし新しい自分を見つける系。
尺が短くトントン拍子で話がサクサク進むので、まどろっこしい部分がない分個人的にはウケが良いです。
ただ、ご都合主義というか
素直でシンプルなストーリーに文句を付けるタイプの方にはBADかと。
要するに綺麗な部分しか描いてないです。

あと、これ実話なんですね(´ー`)
エンドロールで気づいてビックリしました。
ゆりな
3.0
分かりやすくストーリーが進む、水戸黄門的な気持ち良さ。
レッドバケツの男の人、山咲トオルちゃんに似てる。
チャンス役のお馬さん、すごく綺麗で筋肉や毛並みが美しくて、癒されました。
あぁいった慈善事業は利益を得ることがなく、寄付金などで経営するから気持ちだけではなかなかうまくいかないんでしょうね。これからもたくさんのお馬さんたちが救われますように。
ミドリ
3.9
『チョコレート・ドーナツ』のスタッフが手掛けた作品。
人間に見放された馬を助けている、アメリカに実在する牧場がモデル。

----------

厳しい母親に育てられたエマは真面目に育った。学校へも母親の車で送り迎え。
ある日友人に誘われいつも通り断ったが、真面目である事を馬鹿にされてしまい、遊びについて行ってしまう。
夜、牧場に忍び込み度胸試しをしようという事になったが、自分だけが警察に見つかってしまった。

次の日校長に呼び出され、罰として侵入した牧場での奉仕活動をすることになった。一緒にいた友人の名前は話さなかった。
馬の世話は初めてのエマ。ペットも飼ったことはなかった。
最初は嫌々だったが、世話をしているうちに馬に興味を持つようになり、牧場の人とも触れ合う事で、どんどん牧場のことが好きになっていく。

ところが牧場は経営難で、所有している土地の一部を手放すという電話を耳にしてしまう。
何とかしたいと考えたエマは、高額の賞金が懸かった大会に出場しようとする。

----------

『○○の見つけ方』ってタイトルの作品も、『幸せの○○』みたいに多いよね。『エマのチャンス』って原題、2つの意味あって素晴らしいのに。これ以外無い位完璧。
『新しいワタシの見つけ方』…まずは牧場に侵入する、ってことになるけど…w

93分なので余計なエピソードはなくトントン拍子に話が進む。もっと世話や乗馬の苦労とか友達との衝突を描いても良かった気がするけど、低評価な理由はそこなのかな?
私的には余計なエピソード挟んで退屈するより全然良かった。本来『見つけ方』じゃなく『エマのチャンス』だし。(2回目)

人に虐待されたりした馬を救って新しい馬主に譲り渡す牧場の話だけど、重くなく、ちょっぴり寂しいけど観た後の余韻も爽やか。

チャンスも可愛いんだけど、私はミスターロジャースのあの笑顔に心を撃ち抜かれた。撫でたい。可愛すぎ。
白黒のキーリーも可愛かった。

エンディングで、チャンス役のウィローという馬は実際にレッド・バケツに52頭目に救われた馬だという事など、出演動物についての情報があってほっこり。ミスターロジャースは牧場にいるんだって。会ってみたい。

自然に囲まれた中で動物と暮らしながら生計を立てるのは少し憧れるので、自分の生き方とか考えちゃった。

2017年:95本目
>|