リングサイド・ストーリーの作品情報・感想・評価

リングサイド・ストーリー2017年製作の映画)

上映日:2017年10月14日

製作国:

上映時間:104分

3.3

あらすじ

「俳優ってのはなっ!人に非ずって書くんだよ!」 「役者なら、一世一代の演技見せてよ!」 10年付き合い同棲中の江ノ島カナコ(佐藤江梨子)の彼は、ヒモ?同然の売れない役者”村上ヒデオ”(瑛太)。 出会った頃、舞台袖で見たヒデオは輝いていて、7年前大河ドラマに出た時は、カンヌ映画祭に連れていってくれると信じていた。最近は、相変わらずオーディションに落ち続け、マネージャー百木(近藤芳正)が決…

「俳優ってのはなっ!人に非ずって書くんだよ!」 「役者なら、一世一代の演技見せてよ!」 10年付き合い同棲中の江ノ島カナコ(佐藤江梨子)の彼は、ヒモ?同然の売れない役者”村上ヒデオ”(瑛太)。 出会った頃、舞台袖で見たヒデオは輝いていて、7年前大河ドラマに出た時は、カンヌ映画祭に連れていってくれると信じていた。最近は、相変わらずオーディションに落ち続け、マネージャー百木(近藤芳正)が決めたエロVシネの大役さえ、撮影当日にドタキャンする始末。 ある日、カナコは勤め先の弁当工場を突然クビになり生活は大ピンチ!プロレス好きだったヒデオは、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1(レッスルワン)」の広報が人員募集している事を知り、彼女の職探しをアシストする。しかし新天地でイキイキと働きだし、自分を構わないカナコを、浮気していると勘違いして嫉妬に狂ったヒデオは、とんでもない事件を起こしてしまう。 事件のケリをつけるため、K-1チャンピオン和希(武尊(たける))との一騎討ちを命じられたヒデオ。 果たして、愛するカナコのために、ヒデオはリングに上がるのか?

「リングサイド・ストーリー」に投稿された感想・評価

sarasa

sarasaの感想・評価

-
レスラーさんたちが🤼‍♂️可愛い!瑛太もサトエリも周りもわりとクズ!世の中生きやすくなる、笑
田中要次が少なかったな
チュン

チュンの感想・評価

2.0

悪いけど流して観てしまったよ。

なんかこの2人を好きになれなかった。
正直どうでもいいやってなっちゃった。
このまえ観た「光」といい、瑛太のだらしない男役いいなーとは思ったけど。
サトエリはらしさがなかったね。
うん、あんまこのストーリーに食いつけなかったですね。

わるいね。
み

みの感想・評価

3.0
あまりに、あまりに瑛、いやヒデオがクズで(笑)ウザすぎて(笑)危うく瑛太嫌いになりそうだった(最高ということ)。
サトエリさんたまらん彼女。甘やかしでツンデレで真面目で。

胸熱ストーリーを期待してしまったもので、、それは無かった(笑)
kaname

kanameの感想・評価

3.0
ダメ彼氏に足を引っ張られながらも日々逞しく生きる女性の姿を描いた物語。

どうしようもない人間にも何かしらの魅力があり、それを理解してくれる人が必ず何処かにいて…アホみたいな内容の中にも胸を打つ物がある不思議な作品w

誰一人ウジウジと悩まない明るく爽やかな雰囲気も気持ち良かったなぁと。
まぁ

まぁの感想・評価

3.7
売れない役者と、彼を支える女性の物語…☆
分かりやすい物語で…観やすかった…♡

「夢を見させてくれる男性」…確かに「貴重」かも…☆
やりたい事があるのは…良いな…と思うし…
彼を支える彼女も…素敵だった…♡

二人三脚で…顔晴れ…って…応援したくなった…♡

「俳優は人に非ず」…名言かもしれない…♡

本物のプロレスラー、K1選手…たちなのかな…
試合のシーン…熱くなった♡

(10年同棲していて…彼に芽が出なかったら…
現実的に考えると…バイバイ…ってなりそうだけど…
彼を支えよう…と思えるのは、
理由があるんだな…と思う…(理由は劇中に…♡)
そして…彼も…彼女の事が…♡))

瑛太、上手い…♡
佐藤江梨子も…良かった…♡

一回しかない人生…
「悔いなく」…「やりたい事、好きな事」…やりたいな…♪

胸が熱くなる…(時々クスッと)…良い作品だな…と思った…(o^^o)
rimi

rimiの感想・評価

3.0
プロレス詳しくないけど、ゆるく楽しめた。
どうしようもないヒモ野郎でも、ヒデオみたいに不器用ながらもこんなに真っ直ぐに愛されたら憎めないだろうなぁ。
プロレス界の熱い男たちがかっこよく見えた。
ひたむきに夢を熱く追いかけ、周りの人を巻き込んで夢を見させる求心力のあるひとは素敵。
でも実際のヒモはタチが悪いから関わりたくない。
さたま

さたまの感想・評価

3.2
底辺俳優(今はほぼ無職でヒモ)の彼と、そんなダメ男を支える女性。ある日女性が浮気している?!と勘違いしたヒモが、回り回って浮気相手(誤解)とプロレスで勝負することになる。
全編通して瑛太さん演じる無職男性が本当にしょうもない言動を繰り返すコミカルなキャラクターで良かった。本当こういうダメ男な役上手ですね…。
主役ふたりの関係を描きながらも、競技としてのプロレス、そしてそれを生き甲斐にする人々を掘り下げていて良かった。
実験4号

実験4号の感想・評価

2.8
地味に面白い映画だった。
瑛太はこんなダメな役がものすごい合っている。こんなダメで憎めない人、別れられないよね。

プロレス団体の裏側が見えて面白かった。自分はプロレスファンではないけど、こんなところで働いたら好きになっちゃうなあ、と思った。
nori007

nori007の感想・評価

3.8
「百円の恋」の武正晴監督作で、何故似たような物語をまた撮るんだろうと思っていたのだが、実際はまったく異なる映画であった。もちろん共通するテーマはあるもののこの物語は、スポ根物というよりは、格闘団体の裏側、俳優業の裏側を見せてくれる映画である。
サトエリが久しぶりの正統派な役でとてもよかった。対する瑛太のクズっぷりもすごくよかった。もちろん賞を取るような作風では無いものの様々なことが非常にリアリティがありすごくいい映画であった。
k

kの感想・評価

3.0
ヒモの売れない俳優とその彼女。彼女がプロレス団体でバイトを始めたことにより関係に変化が訪れる。溢れるプロレス愛、格闘技愛。そして実際いるんだろうなあ、こういうヒモの売れない俳優(笑)プロレスを起爆剤に、言い訳ばかりで燻っている全ての人にエールを送る映画。
>|