君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.7

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

ななな

なななの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

原作知らずに青春映画に癒されようと思って観始めたけど、予想をはるかに超えてよかった...

桜良の元気な振る舞いから、強がってるのが透けて見えて辛かった。北村匠海くん演じる仲良しくんが振り回されてかわいそうだったけど、彼にとっての新しい扉をこじ開けたのはよかったな。
明日のこともわからないし後悔しないように生きなきゃと思った。
共病文庫を読むくだりとラストでボロボロ泣いた...タイトルの意味もステキ。

上地雄輔の学生時代って誰だ?と思ってたけど彼だったんだねw 大人になった仲良しくんと恭子が再会できてよかった。

近くにお城のお堀がある学校っていいな。エンドロール見る限り彦根かな?
北村匠海くん、地味さよりかっこよさが勝ってたけどいい俳優さんだし、浜辺美波さんもいい女優さん。これからが楽しみ。
Casey

Caseyの感想・評価

3.5
切ない。浜辺ちゃんが演技ヘタで切ない。北村くんが人気出るの分かるな〜。
pun

punの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

私の抱いている原作の世界観が、映画だとどうなるのかなと興味があった。原作にはなかった12年後と、しっかり繋がってた。

結末 は 知っていても、やっぱり泣けました。神様 はみんなに平等で 。命の丈 なんてわからないんだね。

ビックリしたのは、
「ガム君」も「学級委員のあの彼」も
原作のイメージぴったりで。

浜辺美波 さんも 「山内桜良」で
北村匠海 さんも 「志賀春樹 」だった。

原作のイメージをそのまま再現されていて。いや、それ以上だったのかも。

心情の変化とか、もっともっと細かい部分まで考えながら観たら 余計に 感慨深くなってしまった 。

パンフレット買ったのは、小学生の頃観た「世界の中心で、愛をさけぶ」以来で。自分でも驚いてる 。

主演の2人の演技 から
言葉にしなくても十分 気持ちが伝わってきて、じわじわと。

真実 と 日常 を与えてくれる存在 って貴重 なんだよね 。

映画 観た後、思わず もう一度文庫本読み直してしまった。
なんかわかんないけど、くしゃくしゃになるまで何回も読み返すんだろうなぁ。

若い世代向けの作品に思えるけど、本当は違うね。どんな世代の人でも心に残るものがあるよね、きっと。 「君の膵臓をたべたい」って言葉が、美波さんの声が ずっと残っていて 。

私の見解が大袈裟だっていいんだ。

もうしばらくは行けないので
最後に観た作品が これで良かった。

こんなにダラダラ書いたのに
まだまだ足らなくて、しかもまとまらない (笑)

そりゃあまり良くなかったとか
普通だったとか色んな意見もあるはず

映画だけじゃ、本当にもったいない 。
原作も読んでほしい 。

いつかこんな作品が書けるように、なりたいな。

私も、今日 を ちゃんと生きなきゃね 。

最後に‥再び言うけど、

心臓 じゃなく 膵臓 だから良かったのかもね 。
ayanoyuki

ayanoyukiの感想・評価

3.3
この死んじゃう主人公に
私が似てるって友達に言われたことがある。笑

そう思ってもらえてるって
嬉しい事だなと思った。

周りにどう思われてるか
分からないけど、自分の好きな
自分を貫きたい。
この主人公みたいに、人を
認めて、人に認められて、
人に愛されて、人を愛して、
自分を愛することのできる人だと
思われたいな。
ゆうき

ゆうきの感想・評価

5.0
星の王子さまが大好きだからなお良かった

「こんなに君を悲しませるなら仲良くなんかならなければ良かった。何にもいいことはないじゃないか」
「いやある。心で見なくちゃ、ものごとは良く見えないのさ。かんじんなことは目には見えないんだよ」
bell

bellの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

視聴記録

原作未読
言葉が凄く綺麗な映画
古い図書室、レースのカーテン、陽の光
…泣きました
恋人でもない、友達でもない、仲良し
相手に憧れて相手になりたいと思う
“君の膵臓をたべたい”
2人が惹かれあっていく描写が好き
「私に生きていてほしい?」
「とても」
「御門違いなのはわかってるんです、もう泣いていいですか?」
北村匠海がすごくよかった
少しずつ心が揺れていく様子、ラストの感情を曝け出して泣く姿、あんなの泣いてしまうに決まってる
メメ

メメの感想・評価

3.2
普段絶対に自分が選ばないタイプの映画ですが、夫が借りてきたので一緒に観た。
こういうタイプの映画でエンディングにミスチル流れ出したら、ほらほらほらすぐそうやってミスチルに頼るやろ〜?!最後ミスチル流しときゃなんかいい映画っぽくなるって思ってるやろ〜?!そういうとこやで自分〜!!!って心の中の関西人が出てくるのはわたしだけですか?
こういう映画で素直に感動できる可愛い女の子になりたかったね。なれなかったね。
舐めてた‥
変な液体でTシャツの袖がグジョグジョだよ。今まで知らなかった浜辺美波さんと北村匠海くん、それに食わず嫌いだった小栗旬にも感謝
「星の王子様」読んでみようかな。
明日が来るのは当たり前ではない。毎日、大切に生きようと思った。
niconico

niconicoの感想・評価

4.5
評判が良いので鑑賞。
なかなか観ることのないジャンルの映画。でも、最高だった。
そこかしこに出てくる考えさせられる名言。噛みしめると涙が…。
よく、お坊さん説教で諸行無常の話や亡くなる方が身を呈して遺された方に教えてくれることがあるよと言われるけど、正にその通り。
いやー、現代と過去の切り替えも巧みで自然。いいわー。
>|