君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.7

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

期待度が高かった分、想像以上に面白くなく泣けなかった。ヒロインの子の演技に同情できなかった。
あのね

あのねの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

今更ながら、下書きに残っていたので投稿します。

◎高校時代のキャストと大人時代のキャストの似た雰囲気がとてもよく出ていた。恭子と、ガムをくれる男の子は特に同一人物なんじゃないかというレベル。
北村匠海くんと小栗旬さんは、個別のお芝居は本当に素晴らしいが、ビジュアルはさほど似ていない気がする。彫りの深さとか目元の濃さとか、結構かけ離れている。でも声質や話し方、佇まいはそっくりだと思った。すごい。

◎原作の小説を読んで「涙は出たけどそこそこありふれたストーリーだし新鮮さは感じない」と思った。
映画でもそれは変わらなかった。
だが原作と異なるいくつかの点
・大人になった登場人物たちと高校時代を対比して描いている
・桜良が春樹の気を引こうと蔵書の分類番号をめちゃくちゃにして「その方が宝探しみたいで良いでしょ」
・桜良の遺書が共病文庫の最後に付け加えられる形ではなく、手紙になっている
・桜良が特別な日につけていた「桜の形のイヤリング」の存在
これらは良い役割を果たしていたと思う。

◎劇伴音楽の美しさと光を多く取り入れた淡い色味の映像は、原作の儚く美しい雰囲気がよく出ていたと思う。

◎ミスチルの主題歌「himawari」
楽曲自体は大変素晴らしいが映画の世界観に合っているかというと微妙なところ。サビの「暗がりで咲いてるひまわり 嵐が去った後のひだまり そんな君に僕は恋してた」という歌詞も、まぁわからなくはない。桜良はひまわりみたいな笑顔だったし、まっすぐ力強く生きようとしていた様子はたしかにひまわりの花を連想させる。だが、ポスターやメインビジュアルも桜の花、劇中で重要な役割を果たすイヤリングも桜の花、そしてヒロインの名前は「桜良」
…そこはひまわりじゃなくて桜でしょ!と思った。

◎まとめ
原作を読んだとき「うーん、まぁ良かったけどね」と思いました。映画も「うーん、まぁ良かったけどね」という感じ。まぁどちらも泣きましたよ。とくに映画はメイクが崩れるくらいには泣きました。でも「泣いた=いい映画」だとは思っていないので、手放しに「泣けた〜良かった😭💕」とSNSに投稿することはできない感じです。
個人的には、恋人と観てしっとりと良い感じの雰囲気になるか、1人で観て余韻に浸るか、どちらかがいいな(今回は1人で観ました)。同性の友達グループで観たい映画ではないかなと思いました。中高大学生のデートにはこういう作品がおすすめなのかなと思います。ただ、アイメイクは控えめにして行きましょう ( 笑 )
良いことも悪いことも書きましたが、この映画「好きか嫌いか?」と聞かれたら「好き」と答えるとは思いますが。
Riko

Rikoの感想・評価

3.5
北村匠海が大人になったのが小栗旬っていう流れに慣れないまま…。
でも思ったより難しいストーリーでもなくて、甘々しくもなくて好きだった。
クリス

クリスの感想・評価

3.7
本当は、好きなのに余命僅かだから一緒になれないのをひた隠すヒロインにジーンとした。

「僕」も最初こそ他人に興味が無くひとりで生きていたのをヒロインに触れあい徐々に愛に目覚めて行き親友を築き上げていくのも共感する。

ヒロインとの旅行で振り回される「僕」がなんとも微笑ましい🎵

ラストは、病気で事切れるのかと思いきやそれは無いだろう❗❗っていう驚き👀‼
20180923鑑賞。余命幾ばくかもので探していてたどり着く。作品内容は知らず。浜辺美波演じる桜良の死ぬまでにやりたいことリストがかわいい。彼女のあまりにも不条理な最後は予想外だった。ともあれ、毎日を大切にしなきゃ。
Nana

Nanaの感想・評価

4.5
地上波放送で。
映画館に見に行くべきだったけど、
見に行かなくて良かった作品。

感動しすぎて泣ける映画。
浜辺美波ちゃん可愛すぎる😍
ぽんぬ

ぽんぬの感想・評価

4.5
元々原作が大好き。
映画と原作の終わり方が違うけど、
どちらも素敵だと思った。

1日1日を大事にしなければと思う
原作を読んでいて
だいぶ時間が経ってしまった。
この作品でも、やっぱり、
終盤にかけて涙が止まらなった。
ktk

ktkの感想・評価

4.1
話題のやつ今さらです
これはブーム納得って感じ
普通にまた観たいって思ったし
題名も意味がわかってスッキリ🕺
はるな

はるなの感想・評価

1.5
原作が好きですごく楽しみにしてた
ストレス発散に泣きたくて観に行ったのに
未来の設定いらんし、やだった
>|