君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

しい

しいの感想・評価

3.6
勝手に東出くんと広瀬すずかと思ってたら違かった
ぴ

ぴの感想・評価

3.8
小説版とはまた違う良さ、どうしても展開の速さは感じたが。
映画版では主人公の未来までも描かれていて、賛否両論はあるが個人的には満足。
主演二人の演技はとてもマッチしていて違和感なく見れる。見てよかったと思える感動作。
movie

movieの感想・評価

4.0
いや、邦画なめてた。久々にしんみりできる映画だった。小栗旬とかよりも北村匠と浜辺美波が演技うますぎた。ただあっけなく死んじゃうとこにはがっかりした。
全体的にみたらいい映画で、主題歌Mr.childrenのhimawariもかなり良かったからみてない人は是非!
浜辺美波死ぬのはずるいよ〜
俺も博多旅行行きたいよ〜
Taul

Taulの感想・評価

3.0
『君の膵臓をたべたい』
図書、桜、日記らの題材が上品でピュアな二人をソフトに包み、もうファンタジーのよう。浜辺美波が階段を上るシーンが切ない。難病や純愛ものというよりも、人や今に向き合う話か。恭子をもっと描いても良かったかも。セカチューフォーマットにミスチル。ちょっと涙した。
AKRS

AKRSの感想・評価

4.3
原作を少し読んでいたけど
それでも泣いた。
印象的なセリフがたくさん。

すべての事は偶然でも運命でもなく
自分の意思で選んだ結果。

2人ともがお互いになりたいと思える
関係ってとても素敵。

人に認められ、人を認めることができ
人に愛され、人を愛する人間も
人と関わらず自分自身で生きる人間も
どっちもすてきだけど
みんな無い物ねだりなんだなあ
病気であんな前向きに振る舞えないと思う。強がり、それがとても見ていてつらかったです。
君と私の1日の価値は同じなんだよって…
バニラ

バニラの感想・評価

5.0
すっごく良かった‼︎
タイトルの意味も良かったし、僕の反応も大袈裟でなく自然で良かった。
今まで観た映画で一番好きで、小説も買いました♪
かぴ

かぴの感想・評価

5.0
原作ファンで、映画についても前情報を入れてから鑑賞。ひとりで5回みた。
見るたびに違うシーンで泣けてくる。
原作には原作の、映画には映画の良さがあってどっちもだいすきになった。
飛行機の中で視聴して泣いた。
後悔しないように今を生きることが大事だ。
>|