君の膵臓をたべたいのネタバレレビュー・内容・結末

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿されたネタバレ・内容・結末

感動、明日があるかは分からん。
大切に。
とっっっっても北村匠海くんがかっこよすぎたし、最初そんなにかわいなって思わなかったのに最後には美波ちゃんに魅了されてました。
なんでそーなるんだ
とか
そーなったらこっちはどーなるんだ
とか思ったけど
すごい感動した。
たくみくんの演技が素敵すぎたのかな。たくさん泣いた。
あとそこまで悪役がいなくてわたし的には素敵な作品だった
今を大切に生きなきゃだなって思わされた感じ。
最初は全然いろいろ乗り気じゃなかったたくみくんがだんだん心開くのがかわいかった。
けどあんなかっこよさでクラスに友達いないとか言われても信じられないです。
偶然が生んだ奇跡のラブストーリー的な感じだった笑
あの死に方はかわいそうだなぁ
桜良さん、退院した途端あんなにダッシュは無理だろ、という冷静なツッコミはあるものの桜良の母の「あなたのおかげで桜良は人生全うできました」というセリフが印象に残りじんわり来た。
本来なら同時には存在しない2人が同じ画面内にいるのとか、正直ゲームとか面白い要素が結構あったのにいまいちそれがうまく機能してない気がした。
漫画も小説も未読のまま、
漫画で読破済み友人1
小説で読破済み友人2と観に行きました。

完全に初見。
タイトルからすい臓の病気のこともなんとなく察することができるし、序盤の通り魔の伏線も、わりと分かりやすく(小説だともっとあっさりしていたらしいですが)、結末はこんな感じかな、というのはなんとなく読めていました。



が!いや……いやいや…………見事に…………見事にやられた…………



なんだ咲良……かわいいよ咲良……



「僕」は平気なかおしてますけど、本当は傷つくのが恐くて、だから一人でいるんですよね。そこで、咲良があらわれて、徐々に、徐々に(いや唐突に?)仲良くなる。
はじめはちょっかいかけられていただけなのに、咲良が弱っていくにつれて、「僕」の方からも、こんなことがしたい、こうしてあげたい、と行動を起こすようになる。二人の関係性と「僕」がどんどん変化していく様に、どきどきしました。


もう桜を見させたいって図書室でガムくんと雑誌をパラパラしてからの、あの、ガム受け取ったシーンなんてもう、心が「あ~~~~」となる。
なりますよね、用意されたようなシーンだし、ことあるごとにガム差し出してきたんでこうなるシーンがくることはわかってたんですけど、でもいざくると、「あ~~~~」となる。こういうのだいすきです。いいですね、定番。定番こそ正義!
ガムくんの笑顔が良いんだまたこれが!めちゃくちゃ良い笑顔。


そこからのスイパラでの待ち合わせ。
今後の予定をメモにまとめる「僕」、あの福岡でどぎまぎしていた僕はもういないんですよ。次は何をしよう?どんなことをしよう?って、僕が自分で考えてる。
それに答えるように、元気に準備する咲良、メールのやり取りに、ほどうきょうを渡る。くる、くる!!!!!打ち直すメール!!!!!

きみのすい臓が食べたい。

言った!!告白じゃないかこんなの!!言ったぞあの僕が!!!!言いましたよみなさん!!!!!

盛り上がる音楽と、ふたりと、観客の反応は最高潮。わかる、わかるんです、わかるの!
絶対このスイパラに咲良はこれない!!!!!!わかる!!!この流れは!!!たぶん、いや絶対に、絶対にこない!!!!!!!!!!わかるけど期待して、期待してからの夕陽!!!!!!!!!!!

やっぱ来なかった!!!!!!!!!!!!



からのドン!!!!!!!!!!!!




ニュース!!!!!!!!!!!!





予測できていたのにいざくると、めちゃくちゃショックで、あ~~~~あ~~~~という気持ちが止まらない。
流れるようにお葬式をやって、もうこっち(観客)も放心状態なんですよ。辛いの。咲良、あんなにかわいいんですよ、良い子で……………そんな子が……………………まだあとすこし、時間はあるだなんて、おもっていて、それなのに、こんな……………………………………


僕「一ヶ月かかった」


でしょうね……………………………
そりゃそうでしょうね…………………………………

やっと時間をかけて、僕は咲良に会いに行くんですけど、共病文庫読んだあとの僕の嗚咽最高に涙を誘いました…………………
あれはもう役者さんがすごい…………………………釣られて泣ける泣ける、信じられねえ………………………信じられないくらいつらい………………………………こんな気持ち、久々です………………………………………


そのあと、現在にもどって、あの手紙に気づいて、ガムくんの伏線も回収して、北川景子の「ばか!」頂きました~~~~サイコー!!!!!かわいーーーー!!!!ありがとーーーーー!!!!


以上です。
観る前は「泣ける映画だろうな~…」くらいのローテンションだったんですが、観覧後は友人1,2が引くくらい泣いてました。しんどかった。だってあそこで、だってあそこで死んじゃうんですよ………しんどいじゃん……………

ストーリー的にもやっぱり初見が、映画か小説か漫画かにせよ、一番泣けるんじゃないかなと思います。
小説をはじめに読んでいたら、物語的にもっとたのしめたのかな~とちょっと思いましたが、こういう話は(悲しすぎるため)スパン!と終わらせたいので、映画がちょうどよかったです。

はあ~~~~しんどかった。
良かった。
内容も展開もしっかりしていて、イメージしっかり出来上がっちゃったので小説まではいいかなって思った。

ただ、ヒロインの演技がこってこてで最初入りづらかったな〜・・・
演技というよりもそういうキャラ作りっていう印象だったけどᕱ⑅ᕱ"

桜良ちゃんの亡くなるシーンも「何の因果もないただの通り魔」っていうのがあっけなさを象徴しててよかったなー。

小栗旬さんは新しい作品を見る度に振り幅の凄さ。
あ、あとガムいる?の矢本悠馬さん、最近よく見る気がするけど、好き。

最後の最後に、あぁふたりは本当に、しっかり、両思いだったんだな〜って。
夏目漱石にとってI love youは月が綺麗ですねだったけど、この映画の中では君の膵臓をたべたいだった。
1日の価値は皆一緒
今の自分は自分の選択の結果
生きるとは人と心を通わせること

心に残った。
1人で大泣きした。
隣の韓国人にガン見された。
半年分ぐらい泣いた。最後は予想を裏切る展開だったが、あのような最期を迎えたことで、主人公の無邪気さや天真爛漫なイメージはそのままの印象に見終えることはできたのかな、と思う。賛否両論だと思うが、個人的にはとってもよかった!

先にオチをいうと、一緒に観に行った人は私の数倍泣いていた(笑)


「自分の1番弱い部分を知って、
それでも今まで通り笑い続けてくれる人がいたら。」
これは、そんなお話。

最初の方は、高校生の初々しい感じに
こっぱずかしくなる気分で観てました。(笑)

でもでも、
主人公の桜良の思いが詰まった言葉や
桜良にしか言えないセリフを、

自分のことに置き換えて
そっか…そうだよなあ…って思いながら、
同じことを周りの人に伝えたくなりました。

偶然なんかじゃなくて、選択の積み重ねで出会ったと思えば…
…素敵だなあ。


・個人的に、矢本悠馬がめっちゃ好き
・手紙書いてみよう
・泣いたレベル→2滴くらい
>|