君の膵臓をたべたいのネタバレレビュー・内容・結末

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿されたネタバレ・内容・結末

薬が効かず、とてつもない頭痛のなかカフェで原作を読み、涙をこらえて、さらに痛む頭としょっぱかったコーヒーを思い出した。笑
懐かしい。

ベタなストーリーとわかりながら、お涙系と高を括りながら、また本を読みたくなる作品でした。

恋愛しないし、登場人物も少なくて、私はこれ好きです。
僕の「お門違いなのはわかってるんです…」って言葉から始まる涙のシーンが他人に興味がなかった無表情だった彼の心情の変化が一気に溢れ出して切なくも温かいグッとくるシーンだった

あと病室で「とても」と答えたところにこの作品の言葉選びの繊細さをみた気がした
1日1日を大切に生きようと思った。

病を抱えながらも、一生懸命に生きている方が多くいらっしゃることを考えながら、自分の生き方を見直していきたい。

皆に平等に、いずれかは最後が来ることを、思い出させてくれて、今を生きる大切さや、喜びを感じさせてくれた。

偶然や、運命はなく、自分で選んだ選択で、今の自分がある。運命に流されているのではなく、自分自身で、一つ一つを決めていることを教えてくれた。
“偶然じゃない。運命なんかでもない。
君がしてきた選択と、私のしてきた選択が私たちを会わせたの。
私たちは自分の意思で出会ったんだよ”

原作もあらすじも全く知らない状態での鑑賞。無条件に涙が頬をつたっていく感覚は邦画では初めて味わった。
見始めた最初の数分は、主役の男の子役の俳優さんが角度によってはディランオブライエンに似てるように見えるなぁなんてそんな客観的な見方しかしてなかったんだけど、いつのまにかのめり込んで感情移入してて。
現在と過去の交錯型だから、結局桜良は死んじゃうんだなあとは分かったけどまさかあんな形でだとは思わなかったし。
王道の話に見せかけて意外性をついた、でもやっぱり王道の感動を運んでくる映画。

原作が人気のマンガだとか、そういう邦画の殆どが酷評されてたり、キャストに人気の俳優をたくさん置いてその人たちの認知度だけに頼り切ったような、そんなものが多い今のご時世の中でのこの作品は私の価値観を間違えなく変えた。
俳優の演技も大きい。主役の浜辺美波ちゃんと北村匠海くんの演技力はもっともーっと評価されるべき。強さを保とうとする感じはすごくリアルで、実際にあの女優さんも病気なんじゃないかって思うほどだった。

私も毎日を大切にしていこうと思う。
綺麗事じゃなくて。
彼女が言ってた通り、病気の人の方が時間がないとかじゃなくて、保証されてる明日は誰も持ってないんだから私にとっても時間があるかないかなんて分からない。
今を、無駄にしないように生きていこう。
原作を読んでからの鑑賞です。
役の方もイメージに合っていて、原作も映画も両方素敵でした。

大切な人に思いを伝えることがある日突然できなくなること、忘れないでいたいなって思います。
恋をしたいなと思わせてくれる映画だった。私も誰かの膵臓になりたい。思い出に残るような人になりたい。

ラストの5分くらい絶対泣きます。
ハンカチ用意です。
2017/8.29映画館にて。

原作な小説を読んで号泣して
何日も気持ちが沈んでいました。
結末ははじめから分かっているのにそれくらい影響力のある作品で
原作がすきすぎて
正直映画化すると聞いて不安になっていましたが気になって劇場へ。

がっかりしました。
いらない、蛇足が、結婚式の場面や、仕事をしている未来の主人公の姿。見たくなかった。
一般向けにより共感しやすいように作られているのだと思うがやはり原作小説のよさをくずしてしまっているきがした。

小説を読んでいなければもっとちがったのでしょうが
原作小説を読んだあと、この映画をはじめての気持ちで観ることはできなかった
女の子死んでしまうやつですね。
クラスの人気者とクラスの地味な子の恋(多分)ありますね。
女の子が死んだ後に見つかる手紙ありますね。
基本通り、そのままストーリー突き進むのですが、映画のタイトル。これは…これは、賛否分かれると思います。このセリフ、原作で重要な台詞なので、そのままタイトルにした感じですかね?
確かに意味重要だからタイトルにって、わかるけど〜気持ち悪いじゃない。
あとは、女の子がつけている日記のタイトル。文庫はいいけど、その共病って…残念です。
人気女子が日記を落として地味男子が拾うって有りがちだけど、あれは落としたというより上から落ちてきたよね?
原作ありの邦画らしく、まーツッコミ所満載です。
ただ、自分はラスト大泣きしました。
女の子、浜辺さんの演じ方がいじらしいというか。小栗さんの朴訥とした演技。もう泣けます。観終わって、はーなんか爽やかな気分になりました。
浜辺美波さんの演技力が素晴らしいと思います 観る前は病気がテーマで重い内容になっているかと思いましたが彼女の笑顔は病気を忘れさせるようで純粋な恋愛映画として進行していきました 彼女の死は衝撃的な終わりでしたが 仲良し君が大人になっても彼女を心の中で想い続けていることに とても嬉しくなりました
この作品が描きたかったのって、女の子が亡くなってしまうという事実ではなく、通り魔にあってしまうという結末でもなく、命の大切さでもなく、「特別な関係にはしたくないほどに大切」な人がいたという現実と、流れゆく日常に甘えていたという現実だと思う。

それゆえのあの泣かせっぷり。

公開前までは「好きな人が死ぬ」っていうよくある話かと思ってたのに、すごい裏切りだった。メインキャストの2人もバッチリハマってて完璧だったね。

約1年前だけど。
>|