君の膵臓をたべたいのネタバレレビュー・内容・結末

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿されたネタバレ・内容・結末

膵臓の病気で亡くなるのかと思ったら、まさかの。ちょっと裏切られた感が残った!
浜辺美波ちゃんのあざと可愛さに悶絶。
亡くなり方は残念すぎますが、
主人公の男の子が、涙する姿に泣きました。

北川景子が美しい。
最初は回想シーンとかでいいなあとか思っていたけれど、さくらが死ぬシーンを雑に描いていて少しがっくりした、
あそこはもっと犯人を身近な人にすべきかと思う
国際線の飛行機の中で視聴。
ありきたりな病で命を落として系の、感動映画かと思いきやラストは良くも悪くも予想外の結末。
インパクト残したいだろう題名にもなっているテーマが狙い過ぎていて少し無理があったような。
程よく感動。ヒロインはかわいすぎていて天使でした。
浜辺美波の少しあざとい演技は嫌いじゃないし、むしろ好きでした👍

ストーリーも大人になった主人公が昔を思い出す…という構成で良かったと思う。

ただ、昔を思い出すシーンと現在のシーンの入れ方が少し微妙。
いつ切り替わったのかがたまぁにあやふやになってしまいました。

あんまり好きじゃなかったのが浜辺美波の死に方

別に良くない?笑
そこは最後のデートさせてやれよ!と思ったのは僕だけでしょうか…😥

体力的にも、あれが最後のデート。あのまま通り魔に刺されなかったらきっとお互いの本音をぶつけ合えることのできる、素敵なデートができたんじゃないかなぁ…

個人的にはそこで泣きたかった!

普段感情をあまり表に出さない主人公の涙は、そこのデートにとっておくべきだと感じました(いや、ほんと個人的ですが笑)

あと「友達になってください」を言うタイミングよ。
遅すぎん?死んでしまった浜辺美波との約束を12年無視してきた事になりませんかね…

けど後半に持っていくまでのストーリーや浜辺美波の可愛さにやられました
ただ、大好きにはなれなかった映画。

_________________________
[この映画のBest俳優]
浜辺美波
[脚本面]☆☆☆
[映像面]☆☆☆
[ストーリー性]☆☆☆
[オススメ度]☆☆☆
世間で騒がれてるほど感動はしなかったし内容が薄いように感じたかな。主人公の子が死ぬ時がえ?ここなの?ってところで涙よりびっくりのが勝っちゃう感じ。
はまり役だったとおもう!
小説を読んでいたので結末が来るのが恐ろしかったけれど、泣けた
展開が急で投げやりに感じ、私には合いませんでした

展開はタイトルで想像していた内容と完全一致してしまったので、展開やオチに期待する人より雰囲気や登場人物のかかわり合いを見て現実に影響を受けたい人に向いてると思います
病気で亡くなると思ってたら、まさかの通り魔って?????
物語の流れがブチット切れて、そのあとは物語に入れなかった。何でそうしたの?
とても、よかった!ラストが衝撃だった、、、
>|