君の膵臓をたべたいのネタバレレビュー・内容・結末

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿されたネタバレ・内容・結末

あり得ない設定だが、嫌いじゃない
原作は読んでない


女の子が死んだ時の主人公が思ったことが印象的
クラスの中心にいる可愛い女子が、グイグイ来てくれて、翻弄されるというシチュエーションはイケてない草食系男子にとってはまさにどストライクのシチュエーションです。

こりゃたまらん!というツボを次々とピンポイントで突いてくる月川監督の演出。
まあ、女性ウケは悪いでしょう。だけど許して下さい、こういうのモテない妄想男子にとっては大好物です。

「君も覚悟を決めなさいっ!」
って、そりゃニヤケがとまらんですよ…

とまあ、そんなニヤニヤな展開も後半にはガラッと趣きが変わり、迫る死と向き合う展開になだれ込んでいくわけで。

この映画は、決して桜良が不慮の死を遂げて悲しいという事ではなく、
春樹には「たくさんの人と心を通わせて欲しい」そうすることで、桜良の魂も「春樹の中で生き続けることができる」
というメッセージを受け取った僕が、教師として改めて生徒達と向き合おうと決意する。

という前向きな物語である、と私は受け取っているのハズなのですが…

ラストシーン、12年の時を経て再開する2人。微笑む桜良と涙を浮かべる僕…

映像、音楽、ストーリーが三位一体となって襲ってくる展開。
あぁ切ない、鳥肌がとまらん…。

このエンディングで桜良を失う喪失感が強烈過ぎてとても耐えられず、すぐまた桜良の姿が見たくなりもう一回見てしまうというこの中毒性。

この作品での浜辺美波さんは神がかってますね。北村匠海くんの柔らかい雰囲気もとてもいい。地味キャラを演じながらも、確かな存在感で貫禄を示してくれた小栗旬さんさすがです。
浜辺美波ちゃんが可愛い。
本当に…こんな女の子が周りにいたら毎日癒されて幸せ…。

余命は約束された残りの日数ではない。人はいつどのタイミングで命を落とすかわからないのだ。
夏休み一緒にみに行けたー

泣いてるのばれないよーにしくしくないた笑
原作を読んでいて、文字ならではの表現だなと思った所が多々あった作品だったので、映画に一抹の不安を抱いていましたが、予想に反してめちゃくちゃよかったです。原作のイメージを保ちつつ、映像ならではの表現を駆使していていい実写化だなと感じました。

原作でも大泣きでしたが、映画も相当大泣きで、ラストの「君は嫌がるかもしれないけれど、やっぱりあたしは君の膵臓をたべたい」で鳥肌が立ちました。

今を大切に生きようと思える作品です。
初っ端から タイトル 君の膵臓をたべたい について語られたので、 え? 早くね? これ 大丈夫? 予想外やん と思った。すごいドラマチックな話だが、すごい まとまり感がある。そして、やっぱりちゃんとこのタイトルの本当の意味が最後の最後に わかるようになっていた。ので、初っ端のあれはオーケーだった。最後の画面オフ黒での声オンリー とっても良かった 感動 鳥肌 何が来るのかはわかっているが。

途中たしかに だらだら ちょっと飛ばしたいなと思うところあったけど、それでもまとまりがあって丸。多分この映画 原作をだいぶうまくまとめてるんじゃないかな。

まぁ わりとアンリアリスティクな所-親が家にいない? 病気の娘を置いてきぼり? 小栗の親全然でてこないけど? そんな簡単に外泊させるか?-もあった。でも映画だし って感じで観れる。
みたいみたいと思っていてやっと見れた
タイトルはグロい感じだけれど
進みはなんとも爽やか
原作は未読。漫画は途中までとゆう中途半端な知識で読んだのですが
面白かったー

クラスで3番目くらいに可愛い女の子がとにかくかわいかった
ああゆうわがままお嬢さんみたいな子すきです

高校生の演技はぎこちなく、でもそれもいいかなと思える初々しさがよかった

ただ最後のほうの共病文庫みつけて読むシーンとか手紙見つけて読むシーンとかの盛り上がりに欠けた気がする
ちょっと泣いたけどちょっとしか泣けなかった
2018年 ③作品目

本は苦手なのですが、この原作は一気読みするほど引き込まれました。

咲良役と僕役の二人がとてもよかった。
咲良は特に、想像通りの雰囲気。
全く知らない女優さんでしたが、声のトーンがとてもよくて演技もよかったです。

この作品の一番の肝は僕に対する呼び方じゃないでしょうか。最後の最後までピックアップされないのかな?なんて思っていましたが、ちゃんと1番大事なシーンのアピールが出来ている作品でした。

大人になった彼らの配役はもう少し無名の人とかの方が物語がすっと入ってくるような感じもしました。というより、物語の根本が回想なのか現在進行形なのかはとても重要ですが、大人になったシーンは原作になかったのでそこは原作に忠実でもよかったのかな?なんて思いました。

でも、結局いい話に最後は泣いちゃうんですよね。自分だって誰だっていつ死ぬのかわからないですもんね。
後半は涙が止まらなかった。とくに、仲良しくんがおうちを訪ねて共病文庫を読み終わるシーンは号泣した。最後の手紙も。
それにしてもなんで、なんで、、っていう気持ちが収まらないくらいほんとにかわいそうで仕方ない。もう一度さくらを、もう一度旅行に行ってほしかった、思い出を作って欲しかったなあ、、、悲しい。
深夜の病室で二人でいる描写はほんとにかわいくて愛しくて、ずっと見ていたかった、仲良しくんが素直になるところが鮮明に描かれてて良かった。
物語としては素晴らしい。
が、しかし俺は言いたい。

この男の引きこもりっぷりな何なんだろうか。女子側がガンガンメッセージを送っているというのに、男はまったく気づかずにそれに答えようという気配すらない。
俺は彼女に同情したよ。女子が状況をすべて設定し、ゲームによってやらなきゃならない場面作りをしておきながらだな、何事もなかったかのようにノーリアクション。

てめーー!女に恥をかかせる気か?!!この引きこもりイ●ポ野郎!!!

そして、事態は彼女が去ってからようやく後悔しはじめる。は?今更?という。
「君の膵臓をたべたい」ではなく、貴様の臓器を提供しろヴォケーーー!!

それにしても、この女子はかなりの策士である。精神年齢もはるかに大人である。
それに引き換え男の方は小学生のように主体性がない。ただね反面教師としての効果はあった。こうゆう男になってはならないとw
>|