世界の中心で、愛をさけぶの作品情報・感想・評価

世界の中心で、愛をさけぶ2004年製作の映画)

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

3.4

「世界の中心で、愛をさけぶ」に投稿された感想・評価

tok

tokの感想・評価

3.9
美しい愛感のゴリ押し
でも以外と悪くないのは森山未來が良いから
せっち

せっちの感想・評価

4.5
キャスト知らずに見たらまさかの「モテキ」での2人(笑)若さゆえのフレッシュな演技、しかし非常にしっかりしていて様々な表情を見ることができた。

特にストーリーの軸となる亜紀のカセットテープの声はレベルが高く、声だけでその時の気持ちや体調が取ってわかる。それに最初の活発な印象から次第に衰弱し命の終わりを感じさせる迫真に迫る演技だった。3人の想いが交錯し、乗り越えて未来へ進んでいく切なく綺麗なストーリーに感動。命と愛について考えさせられたし、今の自分の悩みなんてちっぽけだなと思えた。
南

南の感想・評価

-
号泣した…
なんであんな美しいのびっくりした長澤まさみ………ああ…
ここまでおもいあえる、恋をしたい
柴咲コウだと最後まで気づかなかった
柴咲コウの子役のこ素晴らし、、、
高橋一生や堀北真希もでてるなんてね
アキからの最後のカセットテープを届けようとしているあたりから最後まで通しで泣いていました。
残酷だ…
mio

mioの感想・評価

3.5
こんな話だったけ。

かなり前に見てストーリーうる覚えだった。

ちゃんと記憶と一致したのは助けてくださいのシーンだけ。

17歳で恋した相手がこの世から居なくなるって、辛すぎる、そりゃあ逃げたくもなる。

窓に名前書いたあとにこっそりアイアイ傘書き足す所めっちゃ可愛くてキュンとした。

高校生役の高橋一生が拝めます。
当時観て何がいいのかわからなかったけど、今みても分からない。悲しいぐらい自分の恋愛共感能力がない。
はるな

はるなの感想・評価

3.0
私の記憶の中ではセカチューって
ドラマの印象が強かったんだよなあ

テープの中の長澤まさみの声に
そのときの体調とか朔への想いとか
ぎゅっと込められてて良かった
Marin

Marinの感想・評価

3.8
純愛映画。観ていて素敵だなと思えるし、本当に泣ける。長澤まさみが可愛い。
Lucille

Lucilleの感想・評価

3.2
中学生の春に初めて友達と見に行った映画。
あの時とんでもなく泣いた気がするけど、この間見たらやっぱりじーんときた。
ayaka

ayakaの感想・評価

3.6
やっっと観れた!!

大沢たかおと森山未來の雰囲気まんまでビックリ😳!


「天国ってのは、生き残った人間が発明したものだ。そこにあの人が居る。いつか、またきっと会える。そう思いてぇんだ」

「残されたものに出来るのは、後片付けだけ。」
って重じぃの言葉にやられた😢

律子が凄い責任感を抱いてたけど、違うんだよ(;_;)!!2人にとって、大事な人なんだから…(;_;)

それと亜紀は、マジックが上手いなぁって。


★自己満好きなシーン★
亜紀がバイクに乗って、「胸当たる?(笑)」のとこ。

私の名前、季節の秋だと思ってるでしょ。白亜紀の亜紀。って説明しながら、窓に名前を書いて、その後サクの名前も書くとこ( ´ω` )
ゆう

ゆうの感想・評価

3.8
この時代の邦画って雰囲気が好きです。
原作とだいぶ違ったけど映画の方がよかった。
亡くなった人と別れる勇気や決意がテーマかな、柴咲コウの役柄がほんと切ない。
高橋一生、尾野真千子、堀北真希が出てたのには驚いた。
瞳を閉じてがもっていく。
>|