世界の中心で、愛をさけぶの作品情報・感想・評価・動画配信

世界の中心で、愛をさけぶ2004年製作の映画)

上映日:2004年05月08日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「世界の中心で、愛をさけぶ」に投稿された感想・評価

泣きまくりたい時に観る映画。
最初は青春映画!って感じで爽やかだけどだんだん暗く悲しくなってくる。空港のシーンで長澤まさみの「今度じゃだめなんだってば!」でいつも号泣。
森山未來と長澤まさみの2人の演技がとても良い。この時まだ全然若手なのにすごいな〜。
RaLa

RaLaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

わかっててもカセットテープでの告白、キュン。

構成にちょっと疑問。

興行収入85億円、観客動員数620万人を記録し、この年の実写映画No.1になった。(Wikipedia参照)
TB12

TB12の感想・評価

2.3
当時流行ってた時はスルーしてたけど今になって見てみた。

くっさい王道のアレなんだけど2000年代ってこういうの流行ってたよなあ。
wg

wgの感想・評価

4.3
あの時代にしか描けない描写や表現が詰め込まれていたストーリー性に刺激を受けた。とても良かった。
うら

うらの感想・評価

3.6
青春詰め込みましたみたいな高校生いつまでもみてられる最高
2ケツ、夕日、海、キス、フィルムカメラ、ラジオ、、
テープで交換日記みたくするのあの時代では普通だったのかな。エモです。
あとちょいちょいセリフがいい
長澤まさみかわいいい

病気ものあんま好きじゃないから後半はあんまり😵‍💫
回想スタイルも別に。ずっと高校生カップルみていたかった

タイトルしか知らなかったけど、偶然にも大型台風が迫り来る夜に観れて良かった
みぃ

みぃの感想・評価

3.4
テープから聞こえてくる彼女の声
ダイレクトに脳を刺激して思い出す
あの時の情景
あの時の彼女の笑顔
あの時の全てを…
大切な時間
忘れてはいけない日々
時が経った今だから分かる
どんなに好きだったか…
残された者にとってこの未練は続く
だけど生きてるからこそ前へ進むしかない
世界の中心で叫んでいるのは、愛ではなくて愚痴である。
蛇足が長すぎて、上映時間2時間20分。
蛇足に蛇足を足した蛇足足足映画。ムカデか?
一応『ロミオとジュリエット』にひっかけている。
ロミジュリは、手紙が届かなかったことで運命が変わってしまう。
しかし本作では、伝言のカセットテープが届かないせいで運命が変わるわけではない。
大人になっても高校時代の恋人の死を引き摺っている男が、彼女のテープが20年越しに渡されたお陰でスッキリするというだけの話。
引き摺り男を立ち直らせたのは、死んだ彼女のメッセージ。
死んだ後まで面倒見の良い、完璧彼女が長澤まさみ。
死んだ後まで厄介になるなよ、世話を焼かせすぎだろう。

つまり、難病で亡くなる切ない恋がメインではなく、
恋人の死を忘れられないグズ男が、最後スッキリするという映画。
それに2時間20分付き合わされるのは勘弁。
観てるこちらは、全くスッキリしない。

この構成、そもそも疑問だった。
白血病で亡くなる後半の悲劇を引き立てるには、前半は二度と戻らない青春の輝きやバカバカしさに満ちていないと効果的ではない。
バカバカしくて、どうでもよくて、下らなくて、後悔だらけの青春が弾けていればこそ、取り返せない時間の切なさに後半の悲劇が生きて来るだろう。
なのに大人になった引き摺り男の回想から始まるので、最初から哀しみが滲んでいるのだ。
それは、ノイズに感じる。

結局、ポイントが「悲劇の恋のいきさつ」ではなく、
「恋人を失った男の未練を断ち切る話」だから、大沢グズおで始まるのだ。
そんなのより、オーソドックスに二度と戻らぬ青春のきらめきと悲しい恋で良かった!!
凝った作りではなく、蛇足にしか思えない。
世界の中心でグズ男の後悔や愚痴よりも、「愛」を叫んで欲しいのだ。
看板に偽り有り。
小説とはわりと設定が違ったところもあったけど、それがいい方向に働いてた

小説では時間が解決した前を向くための「折り合い」が、過去からのアキのメッセージで救われるのは感動で胸を刺された
ho7m

ho7mの感想・評価

-
ラスト何十分かずっと胸のあたりが苦しくなってしまった、私は、かなり苦手だったみたい。最初の方も観る人置いてけぼりじゃんって感じちゃうとこ沢山あった、な。

これ、朔太郎目線だけから捉えれば美しいお話なのかもしれないけど…うーん。時代の違いなのか
自分の経験からか、律子目線になりがちで、まじでめちゃくちゃ苦しかったよ。え、苦しいよね?私なら過去の恋愛のことを、スッキリした顔で、こちとらの気持ちを全く考えずに話してくる人とか、絶対別れるのだが…
MAツキE

MAツキEの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

森山未來天才やん??
亜紀の滲み出る知性が尊い。 
総じて学生パートが良くて泣いた……

でも大人パートでん??となる所多かった。最後はテープを埋めてほしかった……
>|

あなたにおすすめの記事