ブルー・ジャーニー/湖のものがたりの作品情報・感想・評価・動画配信

「ブルー・ジャーニー/湖のものがたり」に投稿された感想・評価

AOI

AOIの感想・評価

3.7
【フィンランドの湖の自然ドキュメンタリー】

今一番(買い物に)行きたい国フィンランドのネイチャー・ドキュメンタリー

ながら見のつもりで流したら見入った(☉.☉)
このMark数はもったいない!ムーミンは出ないけど、きっとお好きな方、たくさんいると思うよ
ムーミンは出ないけど(二回言った)

空飛ぶ魚のような映像や伏流水に生命を感じる

カワウソ全然可愛くない(笑)
獲物を喰らう自然界の生き物は、崇高などう猛さがあるから、可愛くなくて正解☝️

負けガエルの情けなさはゴメンやけど笑ったわ

意味わからんけど、サムリ・エデルマンのスピリチュアルな低音ボイスのナレーションも良い
いやー、イイネぇ・・・
これ、隠れた名作ドキュメンタリーだろ!
いいシーンが沢山あった

よかったところ
・とにかく水中が美しくて、鮮明
・ノーザンパイクって魚がかっこいい
・引きのショットがどれも最高に美しい
・アザラシとビーバー可愛すぎません??
・音楽が壮大
・氷の空間のシーンがむっちゃ良い

よくなかったところ
・虫がキモイ
・神話がよくわからん

アザラシ、氷の世界、北欧が好きな人にオススメ!
かうぇぇ〜😻
四季の移り変わりとともに動物たちの生態系が素晴らしく映し出されているドキュメントの真骨頂。美しすぎる映像は全ての生き物が愛らしく、時に残酷で自然の驚異と神秘に五感は支配されていく。特段にショッキングな場面はないが、独特の雰囲気を纏った作品だ。
🦢🦌🦆🐠🦐🦅🐟🐸
地表全てを凍らせるごとく厳しい冬に、緩慢となったその生活を〝皆が物思いにふける時である〟と比喩する粋なナレーションにも耳が傾く。

製作陣に最大の敬意を払いたいびゅーちふるな作品。
erigio73

erigio73の感想・評価

3.7
フィンランド航空の飛行機の窓から見下ろすと、天気の良い日には無数の島と湖が見える。この自然は自分が体験したこともなければ今後足を踏み入れることもない風景だろうと思っていただけに、この映画で美しい自然の姿を見られて良かった。どうやって撮影したのかなと思うシーンがたくさんあった。
湖水地方の自然と生態系を扱ったドキュメンタリー映画 映像めっちゃ綺麗だし、決定的な瞬間を惜しげも無く詰め込まれたし、語りもフィンランドの伝統的世界観も絡めてて幻想的だった!euフィルムデーズ2018にて鑑賞
EUフィルムデーズにて。
「生」を感じられる作品。映像が本当に美しくて、水面の表現や、水中での光のコントラストは鳥肌ものでした。
ただし、虫が苦手な方にはおすすめできません(^_^;)
vicvic

vicvicの感想・評価

3.6
フィンランド映画祭にて鑑賞。

フィンランドの美しい自然をありのままに映し出していてとても綺麗で驚いた。

自然の摂理を感じることができた。
撮影監督の話によると3年間この撮影に費やし、予算も少ない中撮ったらしい。

映像1つ1つを撮るための根気と気合が必要だと思った。
映画を撮るのは難しい。
フィンランド映画祭にて。
いわゆる大自然ドキュメンタリーだけど、フィンランドの自然にまつわる言い伝えと交えながらの脚本が他との差別化になっていて良かった。
決してつまらないのではないけど、映像も音楽も綺麗だし森や水辺しか出てこなくてリラックス効果は抜群そうだから、ディスク化されたら睡眠導入剤として買うかも。
基本的に自然のありのままを映してる中、子アザラシのとこだけは可愛さを狙ったように見えたけど、別に狙ったわけじゃないんだろうな。素の子アザラシが可愛いんだと思う。
そしてみんなラッコのオシッコで笑うべきか笑わざるべきか迷っていた(気がする)。笑えばいいと思うよ。終わり
s

sの感想・評価

-
フィンランドは湖の国でその数19万。その湖で暮らす生き物たちにフォーカス。古代からフィンランド人は動物にもそれぞれ精霊がいると考え、敬意を払っているのがわかる。広大で幽玄な光景には圧倒され、冷んやりとした空気ながら監督のあたたかい目線を感じる。

監督登壇