ホワイト・プラネットの作品情報・感想・評価

「ホワイト・プラネット」に投稿された感想・評価

いい


フォローワーのみんな
ツイッターの方もフォローよろしく!!
ここ押すとリンク押せるよ
フォロバするよー
https://linktr.ee/verbonjoo
F

Fの感想・評価

3.0
この頃はNHKでも、このようなドキュメントが流行してた。ディープブルーなどの深海だったり、まぁ興味が湧くジャンルだけど何を見ても途中で飽きる。でも、このように形にしてくれないと一生見ることのらない光景だし、この作品に関しては温暖化も訴えていたことを考慮すれば見て損はないかも。ただ飽きる
極寒の北極圏の厳しい環境で生きる動物たちを捉えたドキュメンタリー🎬

地球温暖化によって今世紀中には北極の氷原がなくなっちゃうなんて言われると小さなことでも自分に出来る事をやろうと思えます。
2006年の作品なんで今現在はもっと良くない状況なんでしょうね😥

こういう作品はどうしても説教臭く感じてしまいますが、環境に対する意識を高める効果があるだろうし知らない事も多いのでこれからも定期的に見ようと思っております。


真面目かッ(*゚▽゚)ノ
知っている動物達の知っている生態ばかりで、特に目新しいことはなかった。
子熊はかわいい。セイウチは怠惰で、オットセイはバカだ。
カリブーはなぜ旅をするのか。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.0
いいんだけど、私の中でネイチャードキュメンタリーはどうしてもTHE EARTHとディズニー系のを超えれない。。あと選曲が微妙。
まぁ

まぁの感想・評価

3.5
北極で生きる動物たちの、1年間の様子を描いているドキュメンタリー…☆

自然って…凄いね…♪
動物たち…逞しいね…♪

…生まれたその日に、走り始めたり、
3週間で親離れしたり、
冬までに独り立ち出来るようにしたり…

縄張り争いは迫力があった…☆

ナレーションが少なく、動物たちのみに焦点を当てているので…
淡々としているけれど…

興味深く鑑賞…(o^^o)

BS日テレ(12月16日放送の録画)にて鑑賞…☆



樹文緒

樹文緒の感想・評価

3.5
動物のすごさが伝わるドキュメンタリー映画。体感的にナレーション少なめでした。
J

Jの感想・評価

3.1
思ってた以上にドキュメンタリー。
映画としてみるのはやめた方がいい。
動物好きには良いと思う。
カリブーとかセイウチとか一角とかホッキョクグマとかが出てた。
areyoume

areyoumeの感想・評価

3.1
白熊とアザラシの子供が可愛い!なんで子供ってあんなに可愛いんやろー。餌をとるとき頭突っ込んでんのもなんか間抜けで可愛いw

北極の動物のドキュメンタリー。メインは白熊の親子とカリブー(トナカイ)の大移動で、クジラ、一角、アザラシ、ウミガラス(ペンギンみたい)とか色々出てきた。感動の押し付けが無くて淡々と進むのは海外制作やからかな?若干退屈な感じはあるけど、嫌いじゃない。
映像はキレーだった。野生動物をあんなに間近で撮影すんの凄い!しかも一年を通しての撮影って大変だろーなー。
最後の地球温暖化云々のくだりはなんか冷めた。あれ必要やったんかな?

ブリュノ・クレの音楽が印象的だった。民族的で壮大で幻想的で好きな感じ。セザール賞を取った「コーラス」「キャラバン」「ミクロコスモス」も気になる。
https://fr.m.wikipedia.org/wiki/Bruno_Coulais
たくや

たくやの感想・評価

2.9
図鑑の中身を動画にした感じなのかなぁと感じる。映画の華々しさがなく、映画館で見るほどでもない。DVDで十分。可もなく不可もなく普通の印象しかない。
シロクマは子供だったら可愛いが、大人のシロクマは大きいだろうなぁ。動物だから狩りをするが、顔に血を付けながら食べていると自然界で生きていくのは大変だと感じる。
あまり見ることが出来ない動物の集団での移動は圧倒的。極寒地であるため、北から南への移動は大集団で行動する。極寒の生き物を紹介するこの映画らしかった。
>|

あなたにおすすめの記事