おとなの事情のネタバレレビュー・内容・結末

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿されたネタバレ・内容・結末

イタリア語の授業で鑑賞。
友人達で開いた月食鑑賞の席で、「互いの携帯に届いたメールや電話を公開し合う」というゲームを行う。隠し事などないと豪語していた彼らの顔は、新たなメールが届くたびに少しずつ引き攣り、ギスギスとした雰囲気が漂い始める。
いやぁ、えぐいえぐい。主には浮気沙汰段々友人・恋人関係がグチャグチャになっていく様子が生々しいったらありゃしない。まさに月食がもつ狂気の力にあてられたような張り詰めた空気感。映画がおわってそこから解放されたとき、どっと疲れた。
しかし、一から百までドロドロな物語という訳でもない。ところどころに家族愛、恋人への愛情に溢れるシーンがあり、そのどれもが見ていて胸が熱くなるものであった。なんというか、愛ゆえの関心、愛ゆえの心配、拘束欲から、携帯という、現代におけるパンドラの箱に手をかけてしまった…という感じ。
この映画は、一辺倒な崩壊劇ではなく、「愛情」の煩わしい側面と、そして何よりすぐ壊れてしまう脆さを再確認させてくれるように思う。
中々の内容だったね。ブラックユーモア満載って感じ。

特にヤリチンクソ野郎は本当残念だったなぁ。ぐっちゃぐっちゃでドロドロっだけど、好きな人は好きなのか。

結局みんな仲直りしてたけど、?が飛んだなぁ〜笑
結局このゲームやったの?

やってたらこんなことになってたよって話?

もう怖くて途中から観てられなかった。
恋人の携帯なんか見てもひとっっっつもいいことないよねー。

親密な関係であればあるほど、
知らない方がいいことも増える、と個人的には思う。

しかしこの映画、全然金かかってなさそうだなー。

カップルで観ることはおススメしません。
すごい!すごい映画でした。

ワンシチュエーションで描く、
人間のエゴと欲望にまみれたもはやホラー映画。

三組の夫婦と、一人の独身男性の7人で
お互いの携帯にかかってきた電話や、メールを見せ合うというゲーム。
なにも出てこないわけないだろうというものなんだけど、まあ出てくる出てくる。

とくにゲイのカミングアウトのシーンでは、ひとつ唸らせるものがありました。

これラストが本当にすごいんだけど、
結局あのゲームはなかったことになっていて、いつも通りみんな解散して行くんだけど、あれだけのことをそれぞれが隠してるっていう、お互いに隠し事しながら何事もないかのように日々過ごしてることの、おそろしさがひしひしと伝わってくる。

脚本が、うまい。おもしろかったです。
みんなでオープンスマホ!

やめときゃいいのに、と何度思ったのか(笑)それにあんだけ言えない秘密、みんなあるならもっとやりたくない意見多そうだけどなぁー。まぁいいけど!

カミングアウト出てくる出てくる(笑

その中でもお父さんと思春期の娘の初体験の事でのやり取りが良かったなぁ。彼の家に誘われたって。大きくなって振り返った時に笑顔になれるなら行きなさい、とお父さん!ママには相談できなくて、お父さんに相談してたようです。

将来のためにメモっておこう(笑)

後半からごちゃごちゃしてたんですけど、なんかいつの間にか丸く?おさまってました(笑)スマホは夫婦のブラックボックスとはよく言ったものですねー(笑)うまい

まぁーそうなるよねーっていう展開です(笑)初めてイタリア映画見たかな。イタリア語、息継ぎのタイミングが難しく聞こえた(笑)

おんもしろかったです!
幼なじみとその伴侶である男女7人。いつものように他愛のない話をしながら過ごすつもりだったディナーで、ひょんなことからお互いのスマホに届いたメールや電話を見せ合うゲームを始めたことで巻き起こるドロ沼ブラック・コメディ。

ドロ沼になるのはわかりきっているのに、なかなかそうはならない前半はハラハラしながら楽しめた反面、いざ修羅場がはじまると一本調子で予想どおりに事が進んでいくのが少々退屈。それでも見ているあいだは充分楽しめる。

結局のところ、修羅場の原因も浮気だ不倫だゲイ疑惑だと、スマホなんてなかった時代と大して変わりばえせず、見終わったあとはやや古めかしい印象もあるが、ちょっと反則っぽいエンディングもなかなか粋で、最後は新作の創作落語を聞いたような余韻がある。
これはおもしろかった!!恋の渦みたいな舞台っぽいつくり。会話劇で、全てを知ってからもう1度みたい。色んな感想よんだけど、ラストのオチに気づいてない人が結構多いようでもどかしい。いいおとなは、あんなゲームしないのさ、良いことなんてないのがわかるから。全ての秘密を知っているのは映画を見てる私達だけで、その上で7人が帰宅するさまを見せられるコチラとしては、なんとも居心地が悪く、こわい意地悪な映画だー。だからおもしろい。
途中まで面白かったけど、最後の方でそこまでするかと思ったが、結局は無かったことのようだったので結果的には良かったように思えた。
"携帯は生活のすべてが記録されたブラックボックス"
ホームパーティーに集まった男女7人のワンシチュエーションコメディ。
戯曲のような脚本が巧み、ウィットに富んだ会話劇。
役者陣も皆、素晴らしい。
でも、ビアンカはもっと若くてカワイイ方が良かったような、、

月食は狂気を呼ぶ…?
月食が始まるとともに、
彼らの本性が露になっていく…

"今夜、カミングアウトしたのは、
俺じゃなくて皆だ"
大なり小なり、誰もが秘密を持っていて、
案の定の大騒動なんだけど、、
この映画が面白いのはラスト!!
月食が終わったのと同じくして、
彼らは何事もなかったように、
日常に戻っていく…?

あー、そーゆーことか、、
"おとな"はこんなバカげたゲームなんてしないのだ。
そして、彼らはこれからもうわべだけの仲良しごっこを続けていく。
ああ、おそろしや~
これはもうコメディではなく、ホラーです(笑)
まぁこうなるだろうなと想像の域を超えていない。ラストも納得いかず拍子抜けの感が否めない。
一組位は離婚する夫婦がいたほうがしっくりきたのでは?と思う。
>|