おとなの事情(2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:
  • イタリア
  • / 上映時間:96分
    監督
    Paolo Genovese
    脚本
    Filippo Bologna
    パオロ・コステッラ
    Paolo Genovese
    キャスト
    ジュゼッペ・バッティストン
    アンナ・フォリエッタ
    マルコ・ジャリーニ
    エドアルド・レオ
    ヴァレリオ・マスタンドレア
    アルバ・ロルヴァケル
    カシア・スムートニアック
    あらすじ
    「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

    「おとなの事情」に投稿された感想・評価

    morph
    3.6
    話の構成を理解出来てなかった。登場人物たちが何事もなかったように撤収してまた元の生活に戻ってゆくラスト、「えっ、これって水に流したの?!それが“おとな”ってことなのか…夫婦であり続ける秘訣なのか?…人生の凄み…」と解釈したものの、パンフを読むと、あのゲームは実際に行われたことじゃないとある。ゲームはif世界で起こったことのようだ。もう1回観ないと分からない。どこでパラレルだって提示があったんだろう。「月がダブってる」っていうセリフの繰り返しもそのイメージ?でもピアスのくだりは謎が解けた…。

    ゲームが現実にあったことだったら、みんなが反省を見せていたから後味もまぁ最悪ではないし、荒療治として抱えきれないことをぶちまける機会を設けたって思える。なのにあえて、秘密が暴かれなかった世界(現実)を維持している。おとなにとっては、秘密とは選択だ。明るみに出すこともできるけどそうしない。にも関わらず他人の信頼を欲しがるずるさ、たくましさ。

    スマホ見せっこのワンシチュエーション自体良いアイデアだし、鷹揚なイタリア人イメージとちょっと違うところもおもしろかった。登場人物の葛藤にはかなり共感したところもあった。こんな映画観たよと人に話したくなる。
    cinema
    -
    十数年築きあげたものが、たった2時間弱で焼け野原のごとく崩れ落ちてしまうような秘密をみんな持っている(のかもしれない?)。それが明るみになるべきか否か、どちらが幸せをもたらすのかはわからない。でもこの映画を見終えた今……なおさらそれはわからない…

    ただ面白かったなー
    murataku
    4.2
    これだけの場面で全く飽きずに見続けることができたことがすごい。
    予定調和で終わらない面白さ。

    そして暴かれたものが浮気とか性癖とかそういう秘密だけでなく、人が持つ偏見であることも物語の深さを感じた。
    miiya
    4.1
    めちゃくちゃ面白い。

    3組のカップル+一名。
    久々に集まっての食事会。
    積もる話も早々に、 今夜 食事中に ケータイにかかって来た電話やメールを公開するとゆう 暴露大会が始まり、、ー


    まあ 大体想像のつく 電話やメールが次から次へと出るわ出るわ、、
    これが 観ていてめちゃくちゃ楽しい。


    途中のロッコの娘へのアドバイスのシーンはとても良くて ジーンっとしたし 母親であり妻でもあるエヴァの気持ちを考えると 痛くて痛くて、

    そう、男女のいざこざだけではなく、
    大人として生きてたらこうゆうことあるよね。 とゆう展開が絶妙で 非常に面白いし結構刺さる。

    とりあえずコシモは いかにも遊んでそうじゃないか。

    何事も無かったかのように、
    いや むしろ 見えてなかった不安や隠していた不安が 表沙汰になって 安心したかのように いつも通りの生活に戻っていく大人なラストが素晴らしい。

    むしろ さらけ出したほうが幸せだよ とゆう訴えなのだろうか?

    いや、
    大人は ずるくて甘くて馬鹿な生き物だけど 、楽しいから辞められないよね。
    とゆうことかな、

    大人って大嫌いだけど、 好きだ。
    とにかく御飯が美味しそうすぎて。
    家や食卓もお洒落すぎて。 こんな生活したい。
    美味しい食事でも囲みながら こんなゲームでもして、 いや、そこは普通に楽しく食事したいね。 笑
    これはとにかく自分の中でとてもツボの話だった。
    携帯というものの本質が詰まっており、
    夫婦、恋人という関係というものは愛情はあるが
    あくまでも他人には変わりないということが解る。
    色々な勘違いや誤解が波乱を呼んで人間の汚い面が
    露わになってしまい、最後には取り返しのつかない
    大惨事になってしまうのだが、ここからが面白い。
    結局は月食が見せた起ることのなかった現実だと
    考えるのが正しいのだろうが、ピアスなどに伏線が
    織り込まれているのだと考えるとまた異なった
    見方をすることも出来るのではないのだろうか。
    初めてもう一度劇場で見たいと思える映画だった。
    相手を100%知ることが幸せじゃない、100%知ることができる、と思うのは傲慢なコトだよね。

    このまま、みんながバラバラになってしまうのか、、、と思いきや、そこは「おとなの事情」で上手く終わったコトにする、結末まで「おとなの事情」に溢れた映画でした。
    いの
    4.3
    練りに練られた(であろう)脚本。 面白い!

    スマホのメールや会話をリアルタイムで見せるなんて、そんなの“おとな”のすることじゃない! と、初めのうちは思っていた。でも、登場人物の揺れ動く心と同じように、自分の心も推移していった。

    ”夫婦が続く秘訣は、主張することでなく一歩譲ること。一歩譲ることは負けることでなく前進だ”、というような内容を、医者のロッコが語っていたが、その台詞はラストに近づくほど重みのある言葉となっていった。

    パートナーの秘密を知ると、パートナーの自分に対する不誠実さをとがめてしまう。でも、自分の不義理さも同様にバレていくと、パートナーの不誠実さも、”まあ仕方がない、相手も自分も、この程度の、不完全な人間なんだし”と、受け止めていくことができるようになっていくのだと思う。赦すというか、相手のことも自分自身のことも、諦めるというか。まあ、仕方がない。

    なぜ、エヴァはあのような提案をしたのか? あのあと本当にそれぞれのカップルはうまくいくのか? 月食の進行と物語の進行がどのようにリンクしていたのか? などなど、深読みできることがたくさんあり、これはやっぱり“おとな”の映画なのだと頷くことしきり。最後まで楽しんで観たご褒美に、可愛らしいペッペが、最後におまけとしてついてくる!
    慎一郎
    3.5
    数年前の『おとなのけんか』にそっくりだけど、私、ワンシチュエーション会話劇は大好物でして、これも面白かった。最後のオチも良いよね。どんよりしたまま終わっても映画としては面白かっただろうけどさすがに後味悪すぎるしね。真実、というかありえたかもしれないもうひとつの物語はこの日のお月様と同じく隠されたままでしたってことで。それはそれで残酷なんたけど。いろんな意味で大人の映画。
    イタリア人のホームパーティ。
    月蝕と人々の重なり合いを文字通り重ねた作品だと思う。

    夫婦、親子、義母と嫁、娘と彼氏、不倫、親友、幼馴染み、妻と旦那の友達、同性、新婚、SNSだけの繋がり、仕事仲間、などなど。。

    私が言うのもおこがましいが、うまく出来た映画だと思った。

    月がいつもに戻った通り、曝け出した内容にフタをして家にそれぞれで戻っていく結末にはちょっと驚いた。苦笑
    imnr
    3.3
    全員の携帯を卓上に並べ、メールや着信を全て晒すという危険極まりないゲームを酒の席の余興位の気持ちでやってみたら...
    出るわ出るわ、ストロンツォな秘密の数々。

    もうちょいバカバカしくても良かった様な...
    無駄にしんみりした方向に持ってきたがる(BGMとか笑)感じがちょっと違和感。
    ところがオチできっちりバカバカしくやってくれ、思わずズッコケそうになった。

    やってなかったんかーい!って笑

    あと軽く飯テロ。
    トマトソースのニョッキ、美味しそうだったなあ。
    >|