おとなの事情のネタバレレビュー・内容・結末

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿されたネタバレ・内容・結末

「なぜ人は月食に魅かれるの?」
「"狂気"を呼ぶからさ」

矛盾した大人たち、
同族嫌悪?類は友を呼ぶ?
行動には理由がある。誰かの影響も・・

「君のことが心配なんだ」
最後までゲーム反対派のロッコ。
学んだことは避けること。優位に立とうとして争わないこと。譲ることは弱さじゃない。むしろ賢明だ。
ロッコはエヴァの浮気に気づいてた?

女好きの友人にエヴァを紹介したり娘の連絡先を教えちゃう辺りロッコは脇が甘い。
自分から献上してるようなものだ。
そのうちスイスの医師のところで豊胸するかも。
巨乳好きのコジモのために。

犬のフリをしてたコジモ。犬って子供沢山作るからね。

ロッコのカウンセラー役をしてるのはおそらくビアンカ。(元カレの相談役をしてたように)
夕食会でカウンセリングの話をバラしたのもビアンカだし、ロッコが別荘の予約が取れた連絡を受けたとき落ち込んだ表情をした。

カルロッタの10歳の息子、
ブルーノ(Bruno)はイタリア語で『褐色』を意味する。
レレの子ではない可能性が高い。
あの中で一番肌が焼けてたのはコジモだけど、、あの場にいた女性全員と(過去含め)デキてた可能性は・・

月が2つに見えるペッペとレレ。
2つの月食、二重の秘密。
皆で写真を撮る時にペッペの後ろにレレが隠れるように移動しペッペの肩を動かないようにガッチリ抑える。皆の背後で月食化する二人。

ペッペは教職を解雇される。
Siriの使い方やアメリカのダイエットアプリを最近覚えた。
携帯の着信音がカエルの鳴き声(=両生類)
(着信音を茶化されたレレは「子供の仕業だろう」という。)
電話の相手ナチオの声は妙に若い。
ペッペの相手は元教え子?
解雇の理由はゲイだけじゃない?
裁判沙汰にならないのは2人共ゲイだから?(解雇で罪を最小限に抑えた)※あくまで憶測

デート前メイクする娘に怒る時も、
コジモに「最低のクズね。」と唾を吐いた時も鏡にはエヴァの姿が映る。
娘に厳しいのは鏡のように似ているから。

ビアンカがテーブルの上に置いていった回転する指輪は月食の輪のようで。
数秒でパタンと倒れる。

夕食会の修羅場の後、
着替えたはずのロッコが青いシャツのままだったり、エヴァが突き返したはずのピアスを耳から外していたのを見ると、

月食の間に起きた出来事は幻だったようだ。


月食が終わりいつもの満月に。

それぞれの日常に戻り隠してた秘密をいつも通り一人密かに実行してるラストがいい。
仲良し7人(夫婦3組と独身男1人)が月食の夜にケータイを見せ合うゲームをし始めて信頼関係が崩れ家庭も崩壊、、のように見せてなんだパラレルワールドだった?のオチ。ピアスのシーンがないとよくわからなかったよ!!でもなかなか面白かった。
コメディのジャンルになっていたけどホラーです。
それぞれの秘密が重すぎた。後半はだれか死ぬんじゃないかってヒヤヒヤしながら観てました。

終わりが最初わからなかったけど幻落ちだったみたい。知らなくていい秘密と知っとかないとまずい秘密もあった気がするけど…それがオトナの事情か。
最初は、携帯を見せ合いして、人の秘密を暴露させようとする、という設定に、何でわざわざそんな事を、いいことは一つも起こらないのに、、、。
と、そもそものストーリーの始まりに面白みを感じなかった。
見ていくと、想像以上の数々の秘密の暴露の嵐。
そして、他人のそれを知った時、
自分にとって不利益が生じた時、自分の本性が暴かれることになり、関係は破綻する。
人間の本質を描いた作品なのか?
私は、カミングアウトというのは、自分の意思でするものだと思う。
秘密を暴露すると人間はこうなる、的なことを描きたかったのかもしれないけど、浮気の発覚と、セクシャルな差別が関わることのカミングアウトを同列の秘密と扱って欲しくない。
最後のシーンの、何事もなかったかのようにそれぞれの生活に戻っていくシーンは、最初は全然わからなかったけど、
月食の闇と心の闇をかけて、もしお互いが秘密を暴露しあったらどうなるのか、という物語という解釈で納得がいった。
秘密の一つや二つ、誰もが持っているだろ。
みんなが秘密を持っていることで現実の生活はうまく回っているんだから、あえてばらさないことの大切さを描いた、ということでの、「おとなの事情」ということだったのかな、と私は思った。
こーゆうラストは新しいかも!!

もし、こんなゲームをしていたら、、、??
っていう終わり方だったのかなと。
一つの部屋の中だけで登場人物も変わらずに進む会話劇。三谷幸喜の「12人の優しい日本人」を思わせる。
よくできた脚本。
幼なじみの男たちがパートナーを連れて月食の夜にホームパーティー。
浮気で離婚した別の仲間の話題から、携帯をテーブルに出して、来たメールも電話も全部晒すゲームをすることに。
それぞれの隠し事が少しずつバレていく。
ゲイ、娼婦と寝てる、カウンセリングに通ってる、見知らぬ男とセクシーなメールを交わしてる、義母を老人ホームにいれようとしてる、など。
最悪なのは新婚の夫が友人の奥さんと寝てること。しかもその奥さんは浮気相手が目の前にいるから何も送られてこないのを分かっててゲームを提案した。
夫がいい人なだけになおのことゲスさが際立つ。
さらにその男はもう一人別の女と浮気していて、妊娠させてしまった。浮気相手の奥さんはその場でもらったピアスを突き返して「くそやろう」とののしるが、お前もくそやろうだ。結局隠し事がなかったのは二人だけ。
最後夢オチで少し残念。…と思ったけど、終わってから考えるとあれでなくては映画全体の意味が全然違ってしまう。
あのラスト(月食の間に見えた、「もしも携帯を見せ合ったらどうなるか」という幻のストーリーだった。現実にはみんな隠し事をしながら生きていくというオチ)だったからこそ、「どっちがいい?」と突きつけられたのだ。

これをハッピーエンドで三谷幸喜が書いてくれたら面白いだろうな。
そもそも、ケータイを他人には見せん。隠し事あるにしろないにしろ。しかも、最後仲直りしまくりやけど、これはイタリア人やからなのか?浮気しとったらその時点でほぼ終わりに近い気がするけど、それは日本人だけの感覚なんかな?
「月食があってもまた満月になる。」ところから難を乗り越えるストーリーならまだしも、もしもチックな終わり方はないわ。
ジェノヴェーゼ監督の初作品映画という事だが、初作品とは思えないほど巧妙であり、魅力的だった。
4組のパートナーによる月食の楽しい食事会のはずだったが、恐怖の晩餐へと一転する。

あくまで推測になるのですが、ざっくりいうとコジモは新婚ながらに二人の女性と浮気していました。
その1人がエヴァのようなのだ。
それがこのゲームによってばれて最後のシーンでぎくしゃくした二人(コジモとビアンカ)も仲直り(?)したように自宅へと戻ります。
その時、掛けた月が満月に戻る。
意味ありげなシーンで二人はキスをします。
その間も性癖をばらされてしまったものや、同性愛というのを隠していたまたは罪をかぶったりするなどまさしく「おとなの事情」を露にします。
そんな中主催したエヴァとロッコのおとなの事情も見ものでした。
ロッコは気づいているのではないかとこれもあくまで推測ですが(笑)

これは見てほしい作品であり
違う意味でみたくない…かもですね(笑)
貴方は大切な人に携帯というなのブラックボックス見せても大丈夫でしょうか…??
いやーわたしはかなり好きだった。ゲッス〜。
コジモは最初からやばいやつ感あったけど、エヴァが1番ゲス〜。発案者だから何もないと見せかけてグループ内不倫とか。そりゃ今は鳴らさないからバレないよね。アンフェア〜
エヴァの旦那さんは素敵
>|