おとなの事情のネタバレレビュー・内容・結末

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿されたネタバレ・内容・結末

「月食があってもまた満月になる。」ところから難を乗り越えるストーリーならまだしも、もしもチックな終わり方はないわ。
ジェノヴェーゼ監督の初作品映画という事だが、初作品とは思えないほど巧妙であり、魅力的だった。
4組のパートナーによる月食の楽しい食事会のはずだったが、恐怖の晩餐へと一転する。

あくまで推測になるのですが、ざっくりいうとコジモは新婚ながらに二人の女性と浮気していました。
その1人がエヴァのようなのだ。
それがこのゲームによってばれて最後のシーンでぎくしゃくした二人(コジモとビアンカ)も仲直り(?)したように自宅へと戻ります。
その時、掛けた月が満月に戻る。
意味ありげなシーンで二人はキスをします。
その間も性癖をばらされてしまったものや、同性愛というのを隠していたまたは罪をかぶったりするなどまさしく「おとなの事情」を露にします。
そんな中主催したエヴァとロッコのおとなの事情も見ものでした。
ロッコは気づいているのではないかとこれもあくまで推測ですが(笑)

これは見てほしい作品であり
違う意味でみたくない…かもですね(笑)
貴方は大切な人に携帯というなのブラックボックス見せても大丈夫でしょうか…??
いやーわたしはかなり好きだった。ゲッス〜。
コジモは最初からやばいやつ感あったけど、エヴァが1番ゲス〜。発案者だから何もないと見せかけてグループ内不倫とか。そりゃ今は鳴らさないからバレないよね。アンフェア〜
エヴァの旦那さんは素敵
コワイコワイ((゚□゚;))
こーなるのわっかってんのに何故こんなことするのか?ブラック・コメディの傑作だな笑
夫婦3組と独身男1人が携帯にかかってきた電話やメールをみんなの前でオープンしていくゲームをする。
いやぁ、しかし、この人達何でこんなヤバい秘密を隠し持ってるのにこんなゲームOKしたんだろ?と思わずに入られないほど、出るわ出るわ出る。これでもかってぐらいオープンになってはいけない秘密の数々。
もう、気まずくなるし居たたまれなくなるけど見入ってしまうよ、大人だから笑
浮気、嫁姑問題、この辺は予想通りで、かわいそうだが自業自得と言えないこともないから普通にキリキリしながらも笑えるけど、同性愛のくだりは考えさせられた、ヨーロッパも無理解は日本と変わんないのかもと思ったり。
それにしても、色々取り返しのつかないほどの秘密が露になったのに、力業で臭いものには蓋とばかりになかったことにして修正しようとするとこも「おとな」の映画って感じでよかったです笑
携帯やスマホは自分以上に自分なんだと思った。メールや通話履歴をチェックすれば掛け値なしの自分の姿が浮かび上がる。こえぇぇー((゚□゚;))
【ストーリー】
月食の時に食事会をする為に集まった7人の仲の良い男女。(夫婦3組とバツイチの男。)
食事会の最中、ひょんなことをきっかけにあるゲームをすることになった。それは食事の最中、お互いの携帯を見せ合い、メール、電話を全て、開示しあうというものだった。
そして、それぞれの秘密がどんどん解き明かされていく・・・

夫婦1
ロッコ・・・整形外科医師で娘から彼氏について相談を受けている。
エヴァ・・・カウンセラーで豊胸手術をする予定。夫婦3の夫コジモと浮気をしていた。

夫婦2
レレ・・・娼婦から毎日10時に写真付きメールが来る。隠す為にバツイチ男ペッペの携帯が同じだった為、交換する。
カルロッタ・・・飲酒運転事故で1人を轢き殺していた。カルロッタが運転していたが、レレが積みを被り、裁判中。FBで知り合った男とメールをしており、ノーパンで食事会に参加しろと言われていた。

夫婦3
コジモ・・・タクシー運転手。エヴァと不倫していた。また、マリカとも浮気をしており、マリカは妊娠したと電話する。
ビアンカ・・・獣医師。元カレからたまに連絡がくる。欲情した時に連絡があるが、身体の関係はない。

バツイチ男
ピッピ・・・臨時教師。レレと携帯を交換するが実はゲイで彼氏のルチオがいる。ビアンカには恐らく相談していた。

全員の秘密が暴露され、最後はもし携帯を見なかった場合のそれぞれの帰路を描いて終わる。


【感想】
面白かった。ロッコ、ビアンカ、ピッピだけがむジウだった。レレはピッピを庇っていて、自分がゲイという扱いを受けていた?ロッコが娘にコンドームを渡したと娘が言った時のみんなの気まずい雰囲気が面白かった笑 ロッコがいい奴過ぎて泣けた。エヴァが被害者面してたのがイライラした。最後はたらればのエンディング?
シチュエーション的に『ランダム 存在の確率』を連想していたらメロドラマのような音楽が流れ出してパラレルワールドで終わって教訓話になってびっくりした。でも、幕切れがあの体操で終わるのは余韻があったし、エモかった。

もっと心理サスペンスというか秘密を隠そう誤魔化そうとする駆け引きが続くのかと思ったので、中盤まで情報量が多いわりに読み取りにくいなと思ってたけど。

ロッコのお手本みたいな娘とのやりとり良かったなあ。お咎めなしのエヴァがなんとも言えん。

ペッペがゲイだと判明したあたりからグッとおもしろく。ペッペを守ろうとしたレレも、恋人を守ると宣言したペッペも素敵だった。

心機一転、真っ赤な口紅をつけて指輪を外して颯爽と出て行くビアンカは痛快だった。コジモは、ラストの、バレなかった場合の描写が効いてて。

妻カルロッタのゲイへの拒否反応、Facebookの男とのやりとりに関係修復不可能を静かに呑み込む夫レレがやっぱり好きだったな。

見応えがあった。
みんな2時間の記憶を抹消したのか??

面白かったけど最後はちょっと納得いかない、、おとな、、
ほぼ全編,食卓を囲んでの会話で構成されているので
閉鎖感があるのに展開やテンポが絶妙で
不思議な疾走感があって引き込まれた!

終わり方も一捻りあって,
ん??ドッキリだったの?って
一瞬思ったけど,
実際あんなゲームするオトナはいないもんね。

大惨事な食事会だったけど
真実を知れて被害者にとっては
それでよかったのかもと思っていたら
あのオチ...笑

こういう会話劇はやっぱり面白いなー
誰かもレビューに書かれていたが、あまりにも出来過ぎな話。ホームパーティに集まったおとなのカップル達は皆、人には言えない秘密を抱えていた。
その秘密が親友たちに晒されていく。
秘密を隠す為、親友たちを騙す。そして、皆がお互いを信じられなくなる。

そして、ラストにこうきたか!のオチがあり、その上、大オチも用意。

手が込んでる
上質な会話劇って感じでみているうちに引き込まれた。

結局実際はゲームやりませんでした、ってことなんだろうけど、みんな自分の秘密バレた方がよかったのではと思う。この後爆弾級の秘密を各自が保持していくと思うと…。
終わりに若干パンチが足りない。

ゲームとめた人が秘密のない善人だったっていうのが深い。自分のためじゃなく、みんなが壊れないように言わないっていうのが奥さんよりよっぽどカウンセラーっぽい。
娘さんへの対応といい、遊び人の浮気相手より絶対いい男だよ、奥さん!!
>|