At the terrace テラスにての作品情報・感想・評価

At the terrace テラスにて2016年製作の映画)

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:95分

4.0

あらすじ

ある邸宅でのパーティの夜。色白の人妻、はる子の「白い腕」に男たちは熱い視線をむけ、専務夫人は嫉妬の炎を燃やす。日頃取り繕っていた仮面が剥がれ落ち、欲望、嫉妬、秘密の暴露が飛びかうテラスでの会話劇。

「At the terrace テラスにて」に投稿された感想・評価

Vega

Vegaの感想・評価

3.6
きまず〜きまず〜〜!

面白かったです。


パーティは苦手です。立食パーティーではダメ人間っぷり発揮して毎度落ち込みます。家に人呼ぶのも嫌いです。ホームパーティってなんや?

でも人は基本好きなのです。
ここに登場するような人たち好きです。苦手だけど近寄ってしまう。嫌だなと思っても探ってしまう。そして疲れ果てるんだけど。

だからこういうの好きです。
サコ

サコの感想・評価

3.5
わろた。
心の中の声ぜんぶでてましたね、ぜんぶだせちゃうのが富裕層なのw?
私はまだこの声処理していー感じに嫌みゆう程度の富裕層だわ、
はるや

はるやの感想・評価

3.4
冷静になるとこいつらヤバいだろって笑える
けど、たぶん映画館とかで見てたら だから何?ってなってしまいそう
大人の小さなプライドとかがよく描かれているけど、映画で大衆向けとしてはどうなのかなあ
演技力はさすがです👏
ジャケットに「富裕層向け映画」って書いてあるけどフリだよね?本編がオチだよね?でもマーケティングも作品も迷走気味の邦画だから意外と本気で言ってたりするのかな?というのが気になって観ました。
結果、フリだったんでほっとしました。邦画に思い入れがないわけじゃないので。笑

シュールな雰囲気もよかったです。大きさも雰囲気もモデルハウスっぽい建物のテラスが舞台ですが、会話の内容に合ってる場所はホントは居酒屋、というようなノリでした。

パーティーあるある的な?仕事飲みあるある的な?シチュエーションからのシュールな展開がおもしろかったです。ホラー要素はありません(笑)。まったり見たい時にいい映画でした。

私としてはどう見ても専務の嫁さんのほうがいい女だし性格かわいいしタイプなのに、なぜか斉藤さんの嫁のほうがみんなにもてはやされるっていう謎の?展開からの笑撃のラストでした。

場の潤滑油になっていた独身の斉藤さん(斉藤さんが何人か出てくる)の体調が悪くなっていくにつれて場が荒れていきました。
そしてトヨタウザい…笑。達人クラスの空気の読めなさ。けど最近こういう人増えてる気がするし。そのうち空気読めるほうがウザい時代になるのかな…。

ちなみに私は空気を読まない男です。笑
基本読めるのに流れに従わないことがあるっていう…。
めちゃくちゃ面白かった…!
最後の終わり方が印象的すぎる笑
生々しいリアルな会話から発展していくストーリーがめちゃめちゃおもろい。場所はテラスのみで、あそこまで一本の筋書きは天才。
笑った。
ダラダラ喋ってるだけのしょーもない話しだけど、そのセリフと人間関係が妙に面白い。
映画っていうより、演劇っぽい感じ。
何度か吹き出してしまったが、ラストも吹き出てしまった。
この設定でよくもまあこんなに笑わせることができるんだなって感心した。
セレブのご乱行ももちろんだけど、ふとした瞬間に流れる気まずい雰囲気に笑う。
富裕層が開いたホームパーティーも終わりの頃、途中から参加して空気の馴染めなかった田上はテラスで色白の腕が綺麗な美人を見かけて…

2016年の日本映画
ひとつの場所で行われる会話劇
という舞台的なシチュエーションに惹かれて鑑賞。


ー今晩、片腕をお貸しいただけますか?ー


監督は知らない。(舞台やCMで有名らしい)
キャストもスターはいない。
ド派手な展開もない。
にも関わらず食い入るように魅入ってしまった不思議な作品。
終わり掛けのパーティでたまたま揃った数人がテラスで繰り広げる会話劇。
一人の男が女性の腕を褒めたことで始まり、最後には驚きの結末が待ち構えている。ほんとに驚いた(笑)
男と女の本音と建前がぶつかり合う最高の頭脳戦です。
こういうの見るともっと舞台とか生でみたいなぁという欲求に駆られてしまう。

キャストは見た事ないようである人ばかり
ヒロインの平岩紙さんは何度も色んなドラマや映画で見かけていたが、こんなに魅力的な女性だったとは気づけなかった!その白い肌から「紙のようだ」と芸名に名付けられたのも納得!!胸ないけど!!
一方おっぱいでアピールしまくるご婦人役の石橋けいさんは素晴らしいおっぱいっぷり。胸というよりおっぱいて感じのおっぱいで最高でした。
あともどこかで見たことある俳優さんばかりだけど名前は知りませんでした(笑)

自分がこの場にいたらどんなぎろんを交わしていたのだろう……と妄想するのも楽しみ方の一つかもしれない。
ちょっとこの山内ケンジ監督作品、他のものもみてみようかしら!

会話劇好き、舞台好き、そして白く美しい肌の人妻をどう褒めるか考えたい人にはオススメの作品。
silence

silenceの感想・評価

3.6
ニヤニヤしてしまう映画だった。会話だけでここまで見せれるのは凄い。
>|