おとなの事情(2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:
  • イタリア
  • / 上映時間:96分
    監督
    Paolo Genovese
    脚本
    Filippo Bologna
    パオロ・コステッラ
    Paolo Genovese
    キャスト
    ジュゼッペ・バッティストン
    アンナ・フォリエッタ
    マルコ・ジャリーニ
    エドアルド・レオ
    ヴァレリオ・マスタンドレア
    アルバ・ロルヴァケル
    カシア・スムートニアック
    あらすじ
    「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

    「おとなの事情」に投稿された感想・レビュー

    ぴろもーど
    ぴろもーどの感想・レビュー
    4時間
    3.2

    多かれ少なかれ、人は隠し事を持つもの。
    秘密ごとはなしね!そんな夫婦間、友人間の中でも、やはり隠し事はある。

    全てをさらけ出すと、その関係にヒビが入るから。

    それこそ私達の関係は脆く壊れやすいものであるから。

    今作は主に会話劇メインです。イタリア語ですし、苦手な人は苦手かも。
    しかしながらですよ、低コストかつこれだけテーマをはっきりさせた作品はやはりいいものです。良作。
    今作に関してはラストがまたいい。

    私達に秘密ごとはないでしょ?
    そこで始めたゲーム。

    ゲーム内容は至ってシンプル。

    みんなでケータイをテーブルに出し、届いたメールをみんなに見せる、電話ならスピーカーで話す。

    ほっこりするような秘密ごともあるんです、しかし、ケータイというブラックボックス。

    当然ながら、みんな秘密があり、それが次々と明らかになっていきます。

    ハプニングもあり、途中からは着信音がなるたび、私が冷や冷やさせられる。今はあかん!ってwwww

    設定も面白いし、余韻も残る。
    chizuru
    chizuruの感想・レビュー
    8時間
    4.3
    予想以上に面白かった!観に行ってよかった!
    大人になればなるほど彼らみたいに秘密を持って、この人には言ってもいいか、ダメか、とか駆け引きしながら生きてるよなって改めて思った。
    密室の会話劇自体大好物だけど、これはテンポが良くて本当に退屈しないし、次の展開が楽しみで仕方なかった。他人事だからこういう風に見れるけれど、自分に置き換えてみると怖くてドキドキ。悪いことしてなくてもみんな隠し事はあるし、そもそもあの状況だとなんてことないやり取りでも意味を勘ぐってしまうから怖い。でも、笑いどころもあってしんどくならないくらいの距離で見れて、正直とても楽しかった。笑 差別的な発言のシーンは見るに耐えなかったけど…
    ラストの解釈は様々かな?どうして彼女がゲームをやろうと言い出したのかも話し合ったら面白そう。
    次々飛び出すイタリア語が聞いてて気持ち良い!料理見てたらめっちゃお腹すいた。
    日本人は粘着質らしい。笑
    obao
    obaoの感想・レビュー
    1日
    4.4
    @シネ・リーブル梅田
    あぁぁぁ…怖い、怖い。お化けの出るホラーよりホラー。殺人事件が起こるサスペンスよりもサスペンスフル。
    しかし、所詮は他人事、、、笑えます。

    幼なじみからの友人 男4人とその奥さん3人が集まった食事会…月蝕パーティ。誰かがスマホにかかってくる電話やメールを公表するという恐ろしいゲームをしようと言ったのが、悲劇(喜劇)の始まり。

    スマホというブラックボックス。
    人に見せられない秘密…特にパートナーには!

    次から次へと暴かれてゆく秘密に戦々恐々と。居心地悪くても…何て他人の不幸は笑えるのでしょう。
    いのう
    いのうの感想・レビュー
    2日
    -
    うーん、言うほどかなあ…
    濱口竜介のパッションの真実ゲームの方が1億倍面白い
    とび
    とびの感想・レビュー
    2日
    3.9
    月食の夜のホームパーティー。スマホが暴くそれぞれのプライベート。
    巧みな会話劇によって、傍観者のつもりが、いつのまにか自分もホームパーティーの一員になったかのように、ハラハラソワソワしながら観ていたことに気づく。軽妙なのに後味がしっかり残る。
    サトー
    サトーの感想・レビュー
    2日
    3.8
    スマホにかかってくる電話やメールを食事の席で公開していくというところで生々しい不倫やら秘密が暴露されていくシリアスな笑いが多くて楽しかったけどたった二時間でこれなんだから言えるわけないだろ!とかところどころえぐさが刺さった。
    カツマ
    カツマの感想・レビュー
    2日
    4.1
    秘密は秘密のままの方が幸せ?スマホというブラックボックスは開けてはいけないパンドラの箱。もし開けてしまったらこんなことになるかも・・?というお話。イタリア映画らしいテンポの良さと次から次へと暴かれる底無しの泥沼劇に不謹慎にも笑みがこぼれた。群像劇として珠玉の出来だと思います。

    友達7人での晩餐の席。みんながみんなやましい事なんて無いという主張のもと、ひょんなことからスマホを見せ合うゲームに発展。だが、それは泥沼の始まり。最初は笑顔でゲームを楽しんだ面々の顔が徐々に凍りつき、出る出るわでついには衝撃的なカミングアウトの連発へ!こうなるともう止まらない!落ちるところまで落ちていく不幸の連鎖に、7人は飲み込まれていく。

    ホラー以上に生々しく妙にリアルなためハラハラが止まらない展開。早口でまくしたてるセリフと次から次へと現れる新事実に翻弄される登場人物達の醜さはもはや笑えるほどに滑稽だが、この状況に追い込まれたら、、と感情移入してしまうとこちらまで泥沼の中でもがいているように気持ちになってくる。秘密の無い人間なんていない。知らない方が幸せなことなんてこの世の中にはたくさん溢れてる。そんなことを痛烈に思わせる作品でした。
    herucom
    herucomの感想・レビュー
    4日
    3.8
    終わり方どないすんやこれ、、、ってなったけど、終わり方よかった。
    あの暗いまま終わらなくて安心笑

    終わり方作るの大変やったやろな笑

    おとなの事情はいっぱいあるんだなあ…

    でも大人になったらこのゲームいろんな人交えてやりたい
    携帯ってこわいヒヤヒヤ
    木葉
    木葉の感想・レビュー
    4日
    3.5
    面白かった。
    日本でも、舞台や映画にしたら、面白そうな題材だ。
    ケータイは、ブラックボックスであり、自分自身が把握してないことまで知ってると。
    皆が集う食事の場で全員がテーブルの上にケータイを置き、かかってきた電話、送られてきたメールをオープンにするというゲーム。こういう時に限って、変な電話や、メールがかかってくるから、大変だ。
    人生、知らないままの方が幸せなこともあるんだよなぁ。
    秘密を抱え、その秘密が他人に知られた時、どうするか。受け入れられるか、関係を見直すか。
    他人に言えない秘密や、知られたくないことは多分歳を重ねていけばこそ、誰にだってあるだろう。
    親友や、夫婦でも、結局は他人であり、見知らぬ人になりうると教えてくれてる気がする。
    面白かったが、どんな人間関係においても言っていいことと、悪いことがあるし、モラルの問題を、プライバシーの問題をそこまでオープンにしていいものか、いろいろ考えさせられた映画だった。
    >|