おとなの事情の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

新婚カップルや娘の反抗期に悩む夫婦、倦怠期を迎えた2人など、食事会に集まった7人の大人たちが、「メールが届いたら全員の目の前で開くこと」「かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すこと」というルールを設定し、「信頼度確認ゲーム」を開始する。
ゲームが進むにつれ、夫婦間のもめ事や家庭の問題、仕事や性格についての悩みなど、7人の本当の姿が次々と露呈していく。


リアルすぎるくらいリアル。
携帯なんてブラックホールそのものでどんな秘密だって隠されている。
他人の携帯なんて見るもんじゃないのに、こんなゲームするから隠していたことがバレるのだ。
最初にこんなゲームやろうって言い出したエヴァが一番の悪だったような気が。

みんなそれそれの秘密を暴露されたのに、この食事会が終わった頃にはみんな何事もなかったかのように振る舞い、見て見ぬふりをしてやり過ごしいる。
これこそが「おとなの事情」なのだ。
タニー

タニーの感想・評価

3.0
ホームパーティーでふと始まったゲーム。スマホをテーブルの上に置いて・・。
絶対いい事ありゃしない!

このゲームの中でははっきりバレてないけど、エヴァが一番悪い女かな?
aya

ayaの感想・評価

3.1
最後はグルだったの?と思ったが
これが大人の事情で
なかったことにするという意味では
この映画は深いなと思った。
NAO

NAOの感想・評価

3.8
2018.06.11 on dvd
-----------------------------------
史上最悪のゲーム 真似しちゃダメ
-----------------------------------
カップル&夫婦必見③
『At the terraceテラスにて』から背徳感と居辛さを抜いた下位互換会話劇。ただ唯一、最後何事も無かったように帰っていくシーンはイタリア人ならではなのか月食の影響なのか理解できず、いい意味でもやもや、特にカジモとカルロッタね。意外にジーンとくるシーンも多かったなぁ、子育て論に関してはかなり的確なので、『ハングリーハーツ』『メイジーの瞳』同様夫婦は一緒に見るべきかも。

しかし個人的にはソフィアの択一が気になる。。
nozomi

nozomiの感想・評価

3.7
お父さんがすごく素敵な人。

それぞれの癖が面白い。
ラストは意地悪で素晴らしい。
Hana

Hanaの感想・評価

3.8
ホラーよりホラー笑
もう…わやくそ!おもしれぇ!
ただ お父さんの娘への言葉は素敵でした!

邦題のまんまの内容で好きな映画です。
スマホ見せ合いっこゲーム始めます。これはエライことになるぞーとニヤニヤ見ていたハズがいつの間にやら表情カッチカチに。全ての嫌な予感的中。それ見たことか。気まずさでハゲそうでした。おふざけで始まり葬式のような神妙さで終わる、この流れ方が秀逸。ラストに用意された演出がまた皮肉たっぷりでねー。呆れるやら虚しいやら。秘密の上にゴザ敷いて楽しくピクニック。全然他人事ではありませんね。
黒羊

黒羊の感想・評価

3.0
「おとなの事情」

舞台はイタリア。三組の夫婦と一人のバツイチ男性がホームパーティーを。
ある妻が「みんなで携帯をテーブルの上に置いて、これから来るメールや電話を全部隠さないゲームやろう」と。さてさて、どーなる事やら…?

殆どが部屋内、テーブルにみんなが座っての会話劇なので舞台を観ているようでした。

まぁ一晩にこんなにドラマ起きないよね!って感じで、夫婦や彼らのスマホに色々なメールや着信がきて!ぐぎぎぎ!てんやわんやー!

な展開ですが…
シリアス展開やそれっぽい音楽流れてもコントを見ているようで感情移入は出来んかったなー。最大の仕掛けも…伏線あったっけ?ほーん?てな具合。
オチもあるようでないような感じ。ちゅーか、なんやこれ?

でもこれが全員日本人なら雰囲気出なかったのかなーと思う。イタリア人でイタリア語でイタリアン食ってるから、なんか覗き見してるような感じになりましたわ〜

一番の見所は、彼氏とお泊りしようか悩んでいる娘を諭す父親のセリフ。
日本でこれを言える父親はいるのかな?
良かったです。

俺がこのゲームに参加するとしたら…
うん。スマホからsim引っこ抜いて竜田揚げにして食べます。
みつい

みついの感想・評価

4.0
ほぼ・ワンシチュエーション。それにしてもよくしゃべるしゃべる!あったかもしれない火種と、仲良しでも言えないことと。まさしくおとなの事情。
最初はあまり面白くないかなと思ったのですが、後半の追い上げが個人的に衝撃的で中々面白かったです。
>|