闇の子供たちの作品情報・感想・評価・動画配信

「闇の子供たち」に投稿された感想・評価

かえで

かえでの感想・評価

3.5
胸糞悪い映画ベスト10があるとしたらこの映画も入るのではないでしょうか。あの少女の目はわすれられない
蓮華

蓮華の感想・評価

1.0
自身の為の記録
これは再鑑賞禁止!!

これ昔、うっかり劇場で観てしまった記憶が…
気持ち悪くてもう2度と観ない。って思ってたのに、忘れて観てしまった…
全部ムリ!
江口の立ち位置なに?
マジでムリ!
皆さんエンディングの選曲ボロクソゆーてはるけど、ホンマに同感!
記録残しとかんと 又うっかり観てしまいそうやから 今回はしっかり
これは禁!ってしとこ。
aaii

aaiiの感想・評価

3.8
なんか生々しい所が考えさせられる作品。主人公の過去の「出来事」が分かった時、衝撃なのと人間の理性を抑えられない欲望になんとも言えない悲しい気持ちになってしまった。でももしこのような事実があるのなら目を逸らしてはいけないと思った。
Togusa

Togusaの感想・評価

2.2

このレビューはネタバレを含みます

【画面表面1mmの内容の映画】
梁石日原作のタイでの移植手術の臓器売買、幼児売春を扱った映画。
暗い話だし、敬遠したのであるが、山根貞男の評論で褒めていたので、観てみた。
が、丸で脚本が出来ていない。
人生経験のない中学生が書いたような脚本だ。
辛うじて、作画がまともなので見れる程度である。

画面にまるでテンポがなく、命を扱った題材であるにも関わらず、脚本に深みが丸で無い。
人物造形も背景の深掘りもできておらず、全てが紙面上のものである。
通常、この手の闇を追うジャーナリストを描く際は、報道する側の葛藤、矛盾や憤りが描かれるはずなのに、主演の江口洋介は、ただ会社でその情報を知り得たから、それを追っているとしか思えない。
それに、とってつけたような彼の過去とラスト。

例えば、移植を受ける側の論理が深掘りされておれば、観客は、家に帰っても、そのことを考えたかも知れない。
サスペンスとして盛り上げるのなら、例えば、人身売買を行うボスの表の顔が、子供を愛する慈善家とかだったら、面白かったろうに、クライマックスに移植手術を持ってきているが、全くサスペンスが存在せず、つらつら出来事が次々起こるだけだ。

だいたい、宮崎あおいは、マフィアがいる中で、子供が捨てられたトラックに近づくのか?

それに、タイの子供達と移植を受ける子供をある同じ事で違いを見せることで、置かれている境遇の差を見せることとかもできたはずだ。
また、大きな登場物であるボランティア団体が、普段どんな活動しているかも描けてない。
なので、映画に広がりを持たない。

事件に関しては安易なハッピーエンド。

時に緊張感みなぎるいい映画を撮る阪本順治監督は、ムラのある監督だ。
mitarashi

mitarashiの感想・評価

1.0
扱っている題材、描きたいであろうテーマをあらすじで確認し、しっかりと問題提起しているのかと興味を持ち視聴。

視聴後の感想は、
制作者は馬鹿なのか?と。

現実で起こっている問題はこんな軽いものではなく、描ききれないとしても、意味のない日本人のヒューマンドラマ、冗長な間、意味のない演出、さらに意味不明なサスペンスを要素を入れる等、この題材を馬鹿にしているとしか思えない。

肝心の記事がどうなったかも分からず、臓器売買に関わった親子のその後を削ってでもあの下らないオチを入れたかったのか?申し訳ないが脚本家は素人以下だ。

いくら女同士であっても、大人と子供であのキスのシーンはありえない。男女逆なら絶対に入れないであろうが、感覚が麻痺しているのか?扱っている題材を今一度思い出して欲しい。
エンディングの曲も、歌詞を一回読めば絶対にこの映画に選曲してはいけないと思うのだが何も考えていないのか?

扱っているものが扱っているものだけに怒りが込み上げて仕方ない。
杉本勉

杉本勉の感想・評価

4.0
だいぶ前に観た映画。
ふと、思い出した。
人身売買。
絶対アカン話だけど、それぞれに事情がある。それぞれの立場から考えると正論だけでは乗り越えられない。綺麗事ではない現実。生きるってほんと大変だ。
人身売買のおはなし。
タイの児童売春の話はねー。ロリコンにとってタイは天国って話聞いたことあったなー。その人からは嘘だろ?って思う話聞いたんだけど本当なんだな。
大人の仕事って子供達を守って子供達の為に明るい未来を作っていく事ではないでしょーか。
子供を売ってしまう親は否定しないけど搾取する奴、買う奴。皆死ね。
映像がカクカクしてる?というか昭和の映画の画質みたいなのが気になる。

ラストは人によっては「どう言うこと?」って思うかもしれないけど、解釈しやすいパーツが作中にあったから理解できた。
蝉

蝉の感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

タイで行われている児童売春、人身売買、そして日本とか関わってくる「臓器提供」。小さな子供たちが虐待を受け、売春され、エイズにかかったり火葬されるところまで描いている。攻めているようだがこれは現実であることだし、どちらかというとドキュメンタリーに近かった。
ラスト、南部がぺドファイル、幼児性愛者ということを表したシーン。1枚の鏡の周りに、幼児性愛者が逮捕された記事を貼り付けているあのシーン。彼が臓器提供されている女の子を見て驚愕しているのは、きっと「買った側」として、また違う問題 児童売春、でその子に関わっていたからだろう。自分の償いとしてあそこまで追っていたけれど、結局行き着く先は同じだった。絶望して自殺したのだろう。
作品としては微妙だったが、内容は物凄かった。現地でロケをしたキャストや監督も凄いと思う。
リアルすぎたし、目を背けたくなる。しかし見るべき、知るべき内容がこの作品にはあった。
MAAAAA

MAAAAAの感想・評価

4.0
ツラくて重い作品でした。
胸が苦しくなる。。

ラストはえっ?
何?どーゆー事?って
ちょっと理解出来なかった。
>|