闇の子供たちの作品情報・感想・評価

「闇の子供たち」に投稿された感想・評価

Sugarcubes

Sugarcubesの感想・評価

3.8
インドの児童売買のドキュメンタリーを観ていてこの映画を観たことを思い出したので記録。
観ていてとてもしんどかった作品。
とても。
kady

kadyの感想・評価

4.0
どうしても子役が演技に見えないほどリアルで最後まで観るのが辛いぐらい何度も観るの辞めかけた、、、もう2度と見ないと思う。
でもそれぐらいこの映画は凄く良いと思う、と言ったら変だけどそれぐらい衝撃的なストーリー

こういう内容の映画ってスコア付けにくい、
最後に、えっ、、とまさかの展開が待っていて本当にびっくりした。衝撃がすっごく残る映画。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.5
メジャー資本でこんな映画が作れるのはすごいですね。エンターテイメントの要素が殆どないし、生々しく吐き気の覚える映像ばかりで、大ヒットするわけもないことは初めからわかりきっているのに。

これが真実に基づいているかどうかはともかく、東南アジアの貧困と人身売買について考える機会になることは確かです。

ただ映画としては、やや消化不良でしょうか。意外なラストはそれなりの演出的効果はありましたが、結局どのように報道がされたのか、佐藤浩市演ずる日本人家族がどうなったのか。解決していない問題が残されたままです。
あや活

あや活の感想・評価

2.0
DVD明日返さないといけないのに今日あまり観る気にならなくて途中までしか観なかったけど、続き観るためにまた借りようって雰囲気の映画じゃない

現実的な映画
ryo

ryoの感想・評価

3.1
しんどい。
ただただ辛い。

需要があるから供給が生まれる。

買う奴がいなければ売る奴もいない。

映画はフィクションでも、
似たような現実がある事を、
多くの人に知ってもらい、
考えるきっかけを与える為には、
大変意義のある映画だと思う。

人身売買や売春に晒される子供が、
可哀想で辛いと思いつつ、

もし自分の子供が、病気で、
何もしなければ余命いくばくもない
状況だったとしたら、
はたして自分はどうするのだろうか。

自分の子供を助けたいと
願ってしまうんじゃないかと
不安になる。

こんな事を思ってしまうようでは、
僕はまだまだ未熟な親なのだろう。


映画のラストも、罪悪感を感じていたから
自殺を選んだのだろう。

ただ、途中の南部さんの
「ここは天国さ」って台詞が、
映画を見終わった後は
とても気持ち悪く感じる。
これはフィクション
だけど、これは実際にどこかで
起こってるだろうなって思わせられる
人身売買や臓器売買がテーマの映画。

ところどころ辛いシーンがあったり
なんで今?ってところもあるけど
ラストの壁のシーンで えっ…てなった
お金は大事だけど、、でも、、
もっと違うやり方あるんじゃない?
って思う( ´・ω・`)
YOK

YOKの感想・評価

-
胸糞映画は好きだけど、これは違う。そういう胸糞じゃないんだ。きつかった。落ち込んでしまう。
なんとも言えない気持ちになる映画。
NGOって所詮自分探しだろ?って言われる場面と、最後のシーンの対比がかっこいい。
自分探しでできる仕事じゃない。
記者は、見たものを見たまま書く。
それが本当にどこまでできているのかはわからないけど、ジャーナリズムって本来きっとそういうことなんだろう。
2人の姉妹の結末がどちらも苦しくて。
怒るべき矛先はその構造であって。
学ばなきゃいけないことはたくさんある。この映画で悔しい思いをする数十倍毎日悔しい思いをしている職業の人がいることに敬意を表して。
ふ

ふの感想・評価

-
しんどさに飲み込まれてしまうようなものを回避するために俯瞰して見る技術を身につけたのはいつからだろう?そうしなければ、でもそうじゃないよな、の繰り返しだった。
偶然そこに生まれて暮らす人、起こってることの中心へ行ける人、例えば見ることしかできないから(見ることだけはできるから)ずっと見続けることで責任を取ろうとする人。見る、見られるに自覚的な人。
あのとき宮崎あおい演じる彼女は余命半年のあの子の姿を見たのだろうか?

わたしは穢れている?そう思わないのならキスをして。ほら、やっぱり穢れてる。
>|