ボーダータウン 報道されない殺人者の作品情報・感想・評価

「ボーダータウン 報道されない殺人者」に投稿された感想・評価

TaeTae

TaeTaeの感想・評価

3.0
女性記者が武器の石ころだけを持って犯人を追う無謀さにイラついた。
権力者を擁護する警察、医師の判断だけに耳を傾けるシェルターの代表者など、誰も守ってはくれない社会で、搾取されるだけの人生に希望を描くことは無理だろう。
観ました。

こうして、映画を観てる間も自分の知らないどこかで殺人事件は起きている。
ただ祈ることしかできない現状。
shinnaoki

shinnaokiの感想・評価

2.5
もはや、メキシコは人が住むところではない。無差別な殺人、捕まらない犯人、続く犯罪。警察とマフィアの癒着や、暴力。

楽園なの?
yoko45

yoko45の感想・評価

3.4
 おそろしいです。しかも実際の事件に着想を得て作られた話だそうです。
 工場で働く女性が襲われる場面、砂に埋もれながらも息を吹き返す場面は体が固まります。
 車に追いかけられたり歌手が出演していたり濡れ場もあったりで、低賃金労働や暴力を告発、問題提起する色が弱まっていた感じも受けました。純国産の電機製品を買いたくなります(純は難しいですが)。
Snowman

Snowmanの感想・評価

3.5
事実を基にした映画。衝撃的です。アメリカとメキシコの国境の街フレアスで働く女性達は海外の企業に低賃金で過酷な労働を強いられる。そんな街で殺人事件が多発するが国や警察は事件を揉みけそうとする。外国の企業も事実を見て見ぬ振りする。その殺人事件の犯人を奇跡的に助かった被害者ともに追いかける女性新聞記者の真実を求める戦いと生き地獄で生きる人の力強いドラマ。


メキシコの土地を奪われた貧困層の女性たちは、命を尊重されてない使い捨てのコマ。危険でもそこで働くしか無い。
権力は腐敗し真実より企業優先。
。グローバル化の暗黒面。ジェニファーロペスの迫真の演技に魅せられます。

これを見て日本も国家と企業がかかわる犯罪が実は有り、それを伝えるメディアも権力になびき、知らされていない事実があるんじゃないだろうか。
知る必要がないのか、知らなければそれで良いのか。どうなんだろうか。
らら子

らら子の感想・評価

3.5
酷い! 本当に酷い映画でした。
これが本当に今起こっているということだから尚更。
USとメヒコの国境地帯って果てしなく続く砂漠ばっかりで、いろいろな殺人が起こっているのは他の映画でも取り上げられてはいるけど。
弱い女性をターゲットに、それも自分の性的欲望を果たすためにって、まじ腹が立つ!
レイプ殺人事件の数が半端ないんだよね!
この映画が作られてから、女性従業員の送り迎えの警護が強化されたとは聞きましたが。
こういう映画をみると、社会のシステムには反発も感じるが、無秩序ではない国に生まれ育ち、住んでいることに感謝したくなる。
司法が整っているから、安心して暮らせるとも言えるしね。
メキシコも少しでも女性や子供たちが安心して暮らせるようになることを祈るばかりです。メキシコだけではないのだけれど。
思わず、ジェニファー・ロペス、がんばれ!!って思いながら観ていました。
Taiju

Taijuの感想・評価

3.0
史実を伝えるための映画としたら、少しシリアスなシーンが多い。そっちに気を取られてしまう。
mmm

mmmの感想・評価

3.0
実話を元にした事件ということだが、こんなにも恐ろしくどこにも逃げ場がない状況が今もなおフアレスの女性達には続いているのかと思うと胸が痛い。救いのない映画でした。
☆☆☆★★

2008年11月7日 TOHOシネマズ/シャンテシネ3
メキシコ国境の町シウダー・フアレスで今なお多発する連続女性殺害事件を基に作られた映画。社会派作品。
アメリカの大手新聞社で働くメキシコ人の女性記者が事件にのめり込んでいく。
映画では、国家の怠慢や外資の流入、女性蔑視などが事件の要因として挙げられている。もちろんそれだけではないだろうが、それ以上やるとテーマがとっ散らかるのでやめたのだろう。
映画が終わっても、事件は未だ終わっていないし、問題は解決されないままだ。軽い気持ちで見るのはお勧めしない。
>|