トゥルース 闇の告発の作品情報・感想・評価

「トゥルース 闇の告発」に投稿された感想・評価

chip

chipの感想・評価

3.5
人身売買、、、
女性が他国から連れてこられて
その交通費を返すまで、
と言われ、男に抱かれる。
飽きたら、売られてしまう。。

こんなことが、現実にあるらしい。
実話ベースの重い作品。

ボスニアの紛争地帯、
国連からの依頼で来ている
多国籍の兵士や役人。
その人たちが売買に関わっていると言う事実をつかみ、なんとか表に出そうと奔走する元アメリカ警官を、レイチェルワイズが演じる。
書類を持ち出すシーンは、ドキドキだった!

彼女たちの悲しい目、必死でさがす母親。

事実が明らかになったあとも、関わった兵士たち役人たちは、誰一人お咎めなしで。
どうにもやりきれない思いが残った。。
りさ

りさの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

こちらは実話をもとに描かれています。
きっと世界中でおこっているであろう、「人身売買」。
1番信頼していた国連が関与していたら・・・
日本人にとってあまりにも衝撃的な事実があり、それを暴くために女性警察官(レイチェル・ワイズ)が立ち向かった。
まず衝撃的過ぎたのが、国連と言っても実は民間の会社だと言うこと。
もう「はぁ!?」って感じで開いた口がふさがらない衝撃的事実・・・。
それをひとりの女性警察官がどう暴こうってったって絶望的なものがある・・・。
こんなことが世界中でおこってるとしたら・・・
人間ってなんなのさ。
震災で日本が・・・世界中がひとつになれてほんっとに素晴らしい・・・
って思ってたとこなのに。
同じ人間なのに。
どうしてこういうことが起きるのか・・・
とっても苦しくって、辛い真実の映画です。
最後、ハッピーエンドではないので胸が苦しい感じで終わってしまいますが・・・
この映画を・・・この真実を・・・今後、世界はどう受け止める?
この映画、アメリカでも日本でもあまり上映されなかったそうなんですが・・・
それじゃぁだめでしょ~~~
こういう映画こそ、多くの人に見てもらいたいです。
96さん

96さんの感想・評価

3.5
離婚し、娘の為に収入が必要な
女性警官が、ボスニア地帯で働く
民間軍事会社に派遣し働く事から
判明した驚愕の実態を描く
サスペンスドラマ。実話がもと

実際の事実を元に
印象的なイメージカットを使用

驚愕の実態とともに
めまいのするような
閉塞、混乱、憤り感とともに

毅然とした態度の中に
ゆれうごく心理と
女性としての不安感を

絶妙の演技で演じるレイチェル☆

キレのよいカット構成で、
絶望のシチュエーションを
事実として脳裏に訴えかける
印象写実的な映像は、

実際の重みと「痛み」を観客に伝えてきます。

国際社会の闇の大きな問題を
深く考えさせられる作品に☆

重くてもいい、事実をもとにした社会問題を衝撃とともに感じたい!
時にオススメ☆

このレビューはネタバレを含みます

ボスニアにおける人身売買の実態を描いた作品。

これ、実話ベースなんですよね?

現地警察と売春組織が手を組んで人身売買をしてるってとこはまぁ〜あかん事やねんけどありえるかなぁ〜と、ある程度納められたけど現地の治安を維持するために派遣されている国連軍まで人身売買に関わってるなんて…国連っていったいなんなん😥❓

戦地のボスニアに派遣された警察官キャシーが全身傷だらけの少女を保護したことで人身売買の拠点であるバーの存在を知る。

こうなるとキャシーが正義感丸出しで闇の組織を壊滅に追い込んでくれてスッキリして終わってくれるかと思ったら…キャシーが命がけで告発した国連の関係者は誰も罪に問われることはなかった、しかも現在も人身売買は行われてるんです…終わり😥😥

期待したカタルシスは得られずに終了ですわ😥💧

イライラするなぁ〜…ほんま💧

国連に対する見方が変わってしまいましたわ😰
Riku

Rikuの感想・評価

3.8
ボスニアを舞台に行われていた闇の女性人身売買の実態を暴く社会派サスペンス映画。

テーマがテーマですし 実話を基にしているので、かなり重く 心にズシンとくる作品でした。。
「平和維持活動の名の元で人身売買が行われている」という事実に唖然😦💧
平和に貢献するはずの組織によって、非人道的な行為が行われているなんて とてもショックでした...

女性警察官を演じた レイチェル・ワイズの熱演はお見事!!
警察官としての正義を貫く彼女の姿に思わず感涙😢

ドクター ストレンジ役の人がちょい役で出演しててビックリ^^;
この頃は、まだブレイクする前か💡
大学の講義で鑑賞。終始胸糞悪い。同じ女性として人身売買に関わってヘラヘラしている男達全員どうにかしたいくらいに怒りが湧いた。相手が国連など、権力者だからマスコミを味方にしても勝てないのは悔しい。
犬

犬の感想・評価

3.5
当然

アメリカの民間軍事会社からボスニアに派遣された女性警察官キャシー
傷だらけの少女ラヤを保護したことから、少女たちが奴隷のように働かされている売春宿の存在に気づく
極秘調査に乗り出したキャシーは、そこで衝撃の事実を知り愕然とする
少女たちを救うため、ある決意をするキャシーだったが……

オスカー女優レイチェル・ワイズが主演を務め、実話をもとに戦地ボスニアにおける人身売買の実態を暴いた社会派サスペンス

実話に基づく物語

少女との約束

こんなヒドイとは
悲しすぎる

男ってやつは

人種問題
陸繋ぎだと大変
難しい問題ですね

雰囲気が良かったです
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.5
これは実話なのかな?最後にそう思わせる文言が出てきた。セルビアやボスニアなどの紛争地域での、少女たちの人身売買の闇を暴こうとするストーリー。重かったですが、おそらく現実に起こっていることだろうと思わせられることで惹き付けられました。地元警察っていうのはわかるけど、まさか国連までも?その辺がフィクションなのかノンフィクションなのか…。まさか!と思ってるのが、もうダメなんだろうな…。所詮、その人自身…、権力を利用する人間…要るんだろう。すんごいチョイ役でカンバーバッチが出てることに驚いた!!
Narumi

Narumiの感想・評価

3.5
見てられない 朝から見るにはきつかった
なんかちょっとホラー意識してる感あった
kiko

kikoの感想・評価

3.8
現在もどこかで進行形の実話題材の映画。
国連は名前だけのクソ組織の実態がよくわかる。レイチェルワイズが熱演。