僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.の作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.の映画情報・感想・評価・動画配信

「僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.」に投稿された感想・評価

あんこ

あんこの感想・評価

3.6
心が痛いよ、、。
お金、お金、お金、、。
ただの紙っきれで、ただの金属の塊なのに、人の人生を左右する元凶と化してしまうのが非常に心苦しい。

病気になった時は治療を受けて、お腹がすいた時はご飯を食べて、将来の夢を叶えるために勉強して、自由な時間があって、家にも学校にも屋根があって、人権は普遍的なものであるはずなのに、生まれた国や地域によって最初から可能性の限度を決められてしまうのはなんかなぁ…


カンボジアの歴史ツアーは本当にフリーズした。
かえで

かえでの感想・評価

3.5
今じゃあ、大河や朝ドラに活躍中の俳優さんの若かりし頃がみれる。
カンボジアで実際に起こった悲劇は忘れてはいけない・・・カンボジアを知るきっかけになる映画だ。
kentakumai

kentakumaiの感想・評価

4.5
カンボジアに学校を立てる学生団体の話。自分の無力さを何度も突きつけられながらも、必死に前を見て進んでいく。

学生時代の初心を思い出すことができる作品で、今後も何度も観たい。
こんなんで良いと思うんだよね俺は。なんでそれをやったの?とか明確に答えられなくてええやん。おもろそうだから、今を変えたいから。それでいい。
Akari

Akariの感想・評価

4.2
大学生がカンボジアに学校を建てるという実話ベースのおはなし。
原作と少し違うところあったけどいい映画だった!
トゥールスレン博物館でブッティーさんが話すシーンはとてもリアルでかなしくなったけど、子どもたちの笑顔がまぶしすぎた✨プノンペンいってみたい
映画公開当時は、ありがちな話だな〜と思っていた自分が情けなくなりました
やるとやらないでは雲泥の差、だ
りこ

りこの感想・評価

3.5
ドキュメンタリーのようだった…

ありきたりな毎日を物足りなく感じていた大学生のコータは、ある日郵便局に置かれた国際支援のパンフレットを見て、「カンボジアに小学校を建てよう」と思い立つが…

本当にリアルな空気感だった。
普通の大学生が、軽い気持ちで大きいことをやろうと言い出したり、そして壁にぶつかったり…
特にカンボジアでのシーンは本当にドキュメンタリーを見ているようでした。

個人個人が何かしたところで世界は変えられないけど、こうして軽いきっかけでも何かしようとすることがすごいと思う。
何もしないで文句言ってるよりずっといいよね。
SRS

SRSの感想・評価

4.1
窪田くんの青空歌うシーンがすっごくかっこよかった。ジーンときました、、、

カンボジアの小さな子どもたち。私よりすごいなぁ。。
なぜカンボジアなのか。その支援をしてどうするのか。
その問いにうまく答えられないもどかしさが痛いほどよく分かった。
ただ、その笑顔がみたい。彼らの幸せを守りたい。その必要性を皆んなに伝えたい、知ってほしい。だけどその意義を問われると納得させられるだけの理屈なんて言えない。
そんなの必要なのかな…。取り組んだきっかけは何であれ、たくさんのモノゴトでありふれた人生の中で、偶然目にして、触れて、そして感じたものがそれだった。これじゃダメなのかな?
“誰かのために何かをする喜びは、自分のために何かをする喜びよりも上回るときがあるんじゃないかなと思う”
これがしっくり心にきました。

そして、何と言ってもブルーハーツの「青空」が最高に響く…
また行きたくなった!!!

⌘自分たちがしたところで何か変わるの?ってよく言うけど、その変わりそうにない微力が少しずつ積み重なって時を経て、変わっていくんじゃないかな。
【実話】
ルー

ルーの感想・評価

4.5
これもずっと観たかった映画!
素晴らしかった。またカンボジアに行きたくなった。

今ではたくさん耳にするようになったり、ネタにされたりすることもあるけれど、この時はまだ当たり前に聞く話ではなかったんだろう。たしかにエゴかもしれないし、上から目線かもしれないし、課題もあるかもしれない。けれど、彼らは彼らがやりたいことをやって、そしたら楽しくて笑っちゃって、その結果カンボジアの子ども達も笑っていた。そこに「日本でも困ってる人がいるのに」なんて批判は、意味のある批判ではあっても、彼らと彼らの行為を否定できるものではないと個人的には思う。

世界を変えることは難しいけれど、自分たちにできることで子ども達を笑顔にできるのなら、それは素晴らしいことだと私は思う。綺麗な理由が必要なわけじゃない。やりたいって思いを叫んでいいんだ。
大学生がカンボジアに小学校を建てる。
なぜ建てるのか。何のために建てるのか。
本質的な部分を描いていて、すごく感動した。
ブルーハーツ最高。
>|