僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.の作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.の映画情報・感想・評価・動画配信

「僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.」に投稿された感想・評価

Hiraku

Hirakuの感想・評価

2.9
青臭すぎてみてられない。ドキュメンタリーっぽいカメラワークで撮ってるのにイケメン俳優が並んでて演技してる感じがなんか苦手。でもカンボジア行きたい。キリングフィールド見てみたい。本で読めばよかった。
はろ

はろの感想・評価

3.5
最後の「青空」で泣けた。
行動出来るって凄いな。
私も動こう。
だりあ

だりあの感想・評価

3.8
カンボジアに学校を建てようとする医大生たちの
物語。
カンボジアの事も勉強出来る。

世界の地雷の数、カンボジアの被害者の数には
衝撃を受けた。
父親を思い涙するガイドさん、抱きしめる甲太。
日本の恵まれ方が伝わる描写、異国というより
異世界感すらある。

「あの日、あの瞬間、僕たちが笑って子供たちも笑った、それは事実だ」
銀杏ボーイズの挿入歌が素晴らしい。

僕たちは世界を変えることはできない。
なつは

なつはの感想・評価

4.5
桃李くんが出てるから、見た。
期待してなかった、全く。
ボランティア系の番組とかって
どうしても純粋な気持ちで見れないから。

けど
「俺達が学校建てたところで
なんにも変わんないんだよ」
とか
「学校が建っても先生がいないとか
他にもいっぱい問題あるだろ」
とか
「なんでカンボジアなの?日本だって
困ってる人いっぱいいるじゃん!」
とか。

そういう声も含まれてて
それでも、前へ進んだ結果で
すごく、すごくよかった


何より4人がカンボジアを回ってる時の映像が
素っぽすぎて、凄くよかった。
その姿になにより心動かされた
San3

San3の感想・評価

3.8
出てる人豪華!と思ってみただけなんだけど、本も読もうって思った
sizusss

sizusssの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

良かった!卵の話…たまらなく涙出た。
見終わった後、収容所をググって調べたらもっと深く中身が分かって更に胸がえぐられた。
学生がたった1つの思いつきで、本当にそれを実現出来た!すごいと思う。
実行すれば、諦めなければ、人間必ず達成出来る。
yy22

yy22の感想・評価

-
2020.1.27 地上波061
2008年に自費出版され、ネットなどで反響を呼んだ葉田甲太の原作を映画化。1冊のパンフレットをきっかけに、“カンボジアに小学校を建てる”プロジェクトに懸けた大学生たちの奮闘や挫折を描写した実話に基づく青春ドラマ/深作監督はドキュメント風のライブ感を重視し、撮影現場では状況に応じてセリフを変え、即興芝居も歓迎。その真骨頂が、主人公の甲太たちが最初にカンボジアを訪れるシーン。ガイドが語るカンボジアの歴史と彼らの生のリアクションが胸を打つ。
ま

まの感想・評価

4.2
世界は変えられない
けど
その人の人生は変えられる

ボランティア自分もしているけど時々なんで私やってるんだろうって思う時があるけどなんかこの映画見てそんな複雑な感情でも誰かのために何かをすることはいいんだなって

学生に出来ることなんてちっちゃいと思ってたけどこの映画を見て大きいも小さいもなくてやりたいことを考えてそれを実行するだけでも違う。この映画を見てボランティアに対する考え方も変わったし大学生には絶対見て欲しいな。人生を変えたくなってくる人生を見つめ直したくなる。世界の人々は同じ人間で同じ命なのにそこには差があってその差を埋めるのはむずかしいけど私たちが歩み寄ることはできる。色々学べる映画、ほんとに。

俳優陣のリアルな演技と実際のカンボジアの実情が重なって感情を揺さぶりまくられて自然と涙が...
ちいこ

ちいこの感想・評価

3.9
誰かのために何かをする喜びは、自分のためにする喜びより大きい。
きっかけなんて何でもいいんだ。
笑顔を伝える、笑顔が返ってくる。
それでいいじゃないか。
自分のちっぽけさとか世界の非情さとかをまざまざと見せつけられる。安全な環境で暮らせていること、学校へ行けること、決して当たり前じゃない。辛いんだけど、観てよかった。
>|