浮き草たちの作品情報・感想・評価・動画配信

「浮き草たち」に投稿された感想・評価

いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
運び屋をさせられる若い男女のヤバい話には似合わない温かみが独特で何ともいえない良い味。柔和な劇伴で絡める演出が見事に効いていた。カラム・ターナー演じる、ちょっと不器用だが素朴で真っ直ぐな青年ダニーの魅力。グレース・バン・パタンの表情の変化にも惹かれた。
不良の兄から強引に頼まれた「見知らぬ人とブリーフケースを交換」して報酬を受け取るミッション。ケースの中身さえ分からないまま嫌々手伝った弟が、トラブルに巻き込まれる中で謎の少女と出会い、2人だけの旅を始めるというNetflixオリジナルのロードムービーだ。

内向的な少年・少女がトラブルに巻き込まれる旅と言えば同じくNetflixのドラマ「このサイテーな世界の終わり」を思い出すが、田舎町が舞台である事やノスタルジックなロックンロールがふんだんに使われる当たりも似ている。

恋愛に奥手な2人が、旅を共にする中で距離を縮めていく展開は、まさに等身大の青春。原題「Tramps」は徒歩旅行、浮浪者等の意味を持つが、基本的にあまりポジティヴな響きを持たず、邦題の「浮き草たち」、言い換えれば中身が無く浮付いた人達というのは、正に言いえて妙。

ドラマティックでないところがドラマな青春映画。こういうのは大好きだ。
YellTao

YellTaoの感想・評価

4.0
止まっていた景色から知らない景色、新しい景色へ、気持ちが一緒に浮浪する。

ポーランド移民のママズボーイ・ダニーと、賢く扱いにくいツンツン女子のエリー。兄のため,お金のために引き受けた怪しい"運び"の仕事で出会った二人。
ちゃちゃっと作業でバイバイのはずが、8歳の子でもできる事でダニーが大失態ww

思いやりある"くだらなさ"は贈り物!な私には極上のきゅん度♡ どうでもいい人からしたら無駄話でも、お互いにマッチする思考のカタチ。沈黙の距離が縮まってく感じが、堪らんーーー‼︎
懐かしくて新しくてこの先にも通じてく… 最高のヒューマニストだな、レオン監督!

「ビル中の女の子が好きになるって保証する」
「ビルの女の子なんかいらない」
かけひきでもないし告白でもない、そんな可愛い本音。最近こんな恋落ちしてないな〜〜
Shoko

Shokoの感想・評価

3.3
39本目。おうち映画28本目。
浮き草たち見ました。
急にカラムターナーくんの顔が見たくなっちゃって。
ネトフリオリジナル映画です。
1時間半で見終われます(かなりポイント高い)

ポーランド移民のダニー(カラムターナー)は留置所に入れられたお兄ちゃんからゴリ押しされて、本当はお兄ちゃんがやるはずだった運び屋の仕事をすることになって、ブリーフケースを運んで駅で交換するという内容なんだけどうっかり(?)別の人と間違えちゃって…その時一緒に行動してたエリーという女の子と共にどうにかブリーフケースを取り返しにいく道中で恋におちてどうのこうの…みたいな話です。ゆるクライム青春ラブストーリーです。

おかあさんと一緒に見てて、共通の見解は「日本の映画っぽい」です。
おかあさんがどこでそう思ったかわかんないけど、私はラストにダニーがエリーのところにめちゃくちゃダッシュするところがワァー邦画っぽい〜でした(褒めてないです)
しかしカラムターナーくんの顔がオシャレなので、全体的にめちゃオシャレ映画に仕上がってますので大丈夫でした。
顔小さいしシュッとしてるのに程よく体が大きくて(背が高いのか?)(筋肉はあんまりなかったけど)なんか良いよね、という感じ。ポーランド語喋ってたし。
あとラストのキスシーンが50億万点ってぐらい良かったので、見てよかった。なんでしょう、なんかもうあの居ても立っても居られずしちゃった!みたいな感じ、性癖どストライク。ありがとうございます監督。

カラムターナーくん、初めて見たのはファンタビだったんだけど(ニュートのお兄ちゃんね)あのエディレッドメイン演じるニュートの兄役がこんなにはまる人いるんだ!ってぐらい顔が似てるわけじゃないんだけど、若干コミュ障で挙動不審な感じがね、兄弟だね〜となったところから注目しててその次に「さよなら僕のマンハッタン」見て、あの映画も映画そのものがめちゃんこオシャレだったけど今思うとカラムターナーくんが出てたからオシャレに見えたのか?!
そして今作と見てすっかりお気に入りです。また他のも見てみよっと。
canape

canapeの感想・評価

3.5
こういう雰囲気の映画なんだか好きなんだよな〜
ビフォアサンライズを思い出す
n

nの感想・評価

4.5
微笑ましくて自然に笑顔になれる映画だったな私にとっては☺︎
移動遊園地で遊びたい🎡🎢
浮き草たちっていう邦題もとってもいい👏
Ryo

Ryoの感想・評価

4.5
不法侵入先で人ん家の服に着替えてヒゲまで剃る形式へのこだわりや、「俺の名前なんだと思う?」という台詞のダメ男ぶりにテラスハウスを感じる。気怠さや色調も最高
AxTxK

AxTxKの感想・評価

3.2
あらすじ
ニューヨーク🗽に住むポーランド系移民のダニー。ある日、不良の兄から仕事を頼まれる。その仕事とはブリーフケースを運転手と車🚗である場所まで運び、駅のホームで女性のバッグ👜と交換して持ってくるという内容。怪しいと思ったダニーだが高い報酬につられて引き受けてしまう。

感想
サスペンス系かと思いきや、恋愛系ストーリーになっていきます。

ところどころ、内容が分かりづらい部分もありますが、ピュアなダニーの気持ちがこちらにも伝わってきておもしろく仕上がっています。

引き受けた仕事の方はえ?という感じです
おふたりが楽しそうでなによりです。
冷静に考えたらこういう映画撮りたいんじゃない俺?
juri

juriの感想・評価

3.3
ひどく落ち込んでる時は暗い映画を見たくなるワタクシ。

こちらも更に落ち込むために見始めたはずでした。(どん底までいくと吹っ切れる)

まさかの結末。何故か嫌じゃない。
でも、嫌ってレビューもかなり理解できるなあ。笑
>|