台北の朝、僕は恋をするの作品情報・感想・評価

「台北の朝、僕は恋をする」に投稿された感想・評価

yume

yumeの感想・評価

3.1
昼でも夜でもなくて、夜明けの朝に恋に落ちるって素敵だなぁ
終わりが良い映画ってそれだけで満足度加算される
アキタ

アキタの感想・評価

4.0
ゆるーい。台湾の湿度感が最高。
人間の関係性とか描き方が絶妙で良い。

みんなかわいい。
スージーが特にかわいい。
また台湾に行きたくなった。いい映画。
初々しい感じと、穏やかなラブコメ&ドタバタ劇。奇をてらっていないところが良かった。夜の台北と音楽がいい雰囲気を出していて、ストーリーが楽しく感じられた。良い映画だと思う。
ツカダ

ツカダの感想・評価

3.4
コミカルな登場人物とゆるい雰囲気が魅力だと思う。ので、それぞれのキャラクターが自分にハマれば大好きになれる映画だろうなあ、と。
私はカイのこと好きになれなかったのが運の尽きで、カイに惹かれるヒロインも理解できないし…、という感じでした。
ヤオは好き!可愛い!あと、台北の街並み最高ですね…。ブツの受け渡し交渉(?)のシーンの廃工場っぽい建物とかめちゃめちゃ好みだった。

このレビューはネタバレを含みます

ラストの本屋のシーンのカメラワークが良かった。公園でダンスするシーンも印象的。恋したくなる。
Xi

Xiの感想・評価

3.5
なんて可愛い映画!
夜の台湾に行きたくなります!夜市行きたーい!
スージーが可愛いっ!
そして最後は踊りたくなることでしょう。
この監督エドワード・ヤン監督の弟子みたいですが、なるほど〜なんか納得しました。光の使い方がすきでした。
ヒナコ

ヒナコの感想・評価

4.2
カメラワークと音楽がすき。
よかった、水餃子食べたいし、夜市でデートしたい…台湾また行きたすぎる。

広場で紛れて踊るシーンがお気に入り。
ヒロインがかわいすぎるし、主人公タイプかも…っと思いながら観てた。
いまむ

いまむの感想・評価

3.8
ゆるっとおだやかラブコメ&プチサスペンス。
ちょっとポンコツなチンピラ達が逆に平和で良かった。
あの本屋に行ってみたいなぁ、、


落ち着いて観れる結構好きな作品でした。
邦題付けた人はちゃんと映画みたのかな?笑
タイトル朝だし、朝から映画観よ〜と思って観たらほとんど夜のシーンだった笑
ほっこりする、かわいい!!
つっこみどころは多いけど、かわいい映画だからまあいいかと思ってしまう小品。

ヒロイン役のアンバー・クォがとにかくかわいくて、パリにいる女なんかどうでもいいだろ主人公!大してイケメンでもないのに!もうこの子でええやん!と怒り心頭、Netflixで観たのだけど腹立ちのあまりiPhoneを投げ捨てそうになった。

もちろん関係はないのだけど、チンピラ連中のオレンジの服がなんとなく『となりの怪物くん』を想起させる。実写『とな怪』でオレンジの制服観たときは「超変」と思ったけど、こちらはもともと地面から1センチぐらい浮いた映画だからアリなのかもね(いや、『とな怪』こそそういう映画か)。

ただ、あの昔の男前風の刑事とか、ちょっとかわいそうかな。自業自得ってことなんだろうけど。
>|