台北の朝、僕は恋をするの作品情報・感想・評価・動画配信

「台北の朝、僕は恋をする」に投稿された感想・評価

フランス映画みたいな音楽が流れるが、それが逆に邪魔な気が。新しい台湾映画を目指したのはわかるけど、無理してる。コメディ・タッチがこそばゆい。恋に踏み出せないカオがいいね。
台北に行きたくなる作品。というかこれに触発されて台北に行った。
ゆるーく、ほっこりした気持ちになる映画。純粋な登場人物たちが可愛い。
きこ

きこの感想・評価

4.2
最高にキュートでハッピーになれる映画!
登場人物がみんなかわいい。優しい。〜人だから、って言葉は嫌いだけど、台湾に旅行したときに感じた台湾の人々の印象そのまま。
台湾の街並みが素敵だなあ。路地裏はなんでこんなに魅力を含んでいるのだろう。
ラフ

ラフの感想・評価

4.5
いつ見たのか、どうしてみたのか忘れたけど、この映画に出会えて良かったと思えるほど好きな映画。ちょっとミュージカルチックになったりもするとことか、事件が起きても楽天的な雰囲気が漂ってるとこが最高!!
台湾に行きたいと思って実際にロケ地行って感激した。台湾という地はいつでも素敵な何かをくれる。台湾映画ドラマを見るだけでも同様にそう思える。
よっ

よっの感想・評価

4.7
台湾行ったことを思い出す。この人が撮れば自分の地元とかでもノスタルジックに映してくれるんだろなぁ。

話もゆるくて世の中は変わらなくても自分の見える世界は変わるって感じでとても心地よい。
ossy

ossyの感想・評価

4.3
ノスタルジックな感じがいいです。
音楽もイイ。
誠品書店も行っちゃいました。
堊

堊の感想・評価

4.8
バーンズアンドノーブル行ったときにキッズたちがみんな座り込んでウエダハジメとブリーチ読んでる光景にヤラれたんだけど、台湾も座り込むのオッケーっぽい。泣くよりも早く映画が終わる。
suburbia

suburbiaの感想・評価

4.5
観るたびに台湾に行きたくなりすぎて発作が出て困るのでできるだけ観ないようにしてる。
ある夜の台北で起こった、ドタバタラブクライム劇。
起きてることが結構怖かったり深刻な割には、キャラたちも音楽もゆるりとしていて、不思議な世界観、良さがありました🇹🇼
夜に見ればよかった(>_< )
>|