グッド・タイムの作品情報・感想・評価

グッド・タイム2017年製作の映画)

Good Time

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:100分

3.6

あらすじ

ニューヨークの最下層で生きるコニーと弟ニック。2人は銀行強盗をしようとするが、途中で弟が捕まり投獄されてしまう。弟は獄中でいじめられ、暴れて病院へ送られることに。それを聞いたコニーは病院へ忍び込み、なんとか弟を取り返そうとするが---。

「グッド・タイム」に投稿された感想・評価

どうも、オーバードーズで生き絶えていたムービーコップです(言いたかっただけ)


NYに住む貧しい2人兄弟。弟は知的障害をもち、弟を大切にする兄。その2人が銀行強盗を行うが...

なんか現代の貧困層のアメリカをしっかり映し出すような作品。なんとなく考えさせられるものがある1作でした
buccimane

buccimaneの感想・評価

4.0
OPNさんが音楽付けるに相応しいルーザーの映画で1つ2つ勝って100負けるみたいな感じ共感したけどこういうやつって公開時にすぐ反応できなくて結局ソフトになってからになっちゃうな。
黒人ガールとの会話ホロッときたしエンディングのイギーポップさんとの曲めちゃ良い。
PHAT FORMやEcko着てるのちょっとお洒落に見えちゃうよな。
イシ

イシの感想・評価

-
「バスケットケース」みたいな兄弟愛もので切ない映画かなと思ったけどリアルじゃなかったな 実は兄貴が全然弟のこと考えてないと思った 弟を自分がダメ子な理由の口実にしてるだけで結局時代遅れな映画やんと思った
ななみ

ななみの感想・評価

3.0
腐ったこの街とこの俺と、皆んなを犠牲にしてもがいてるのに、それでも弟を助けられない。
みたいな話で、ずっとしんどかった。
始めに兄弟愛みたいなものを見せられるから、早く兄弟のシーンを観たいと思ってるのに、エンディングで号泣してしまった。
弟は多分、自分の意思で何かを成した事がなかったんだなぁ…。
なのに、きっと兄は、弟を手元に置くまで気が狂ったままでいる。
内容はシンプルなクライムドラマ。
ネオンカラーで染まった夜の街に鳴り響くシンセサウンドが印象的。
ハンドカメラを多用しており映画は常に「動」って感じ。
面白かったがイマイチ緊張感が持続しなかった。リアリティ溢れる反面、映画としての盛り上がりに少し欠けるかもしれない。
Yuka

Yukaの感想・評価

3.1
ネオンの使い方がキレイだった。
監督の伝えたいことをちゃんと理解できるか観る人を選びそうな作品。
リン

リンの感想・評価

3.5
銀行強盗の途中で逮捕され投獄された弟。
その弟を助けるために頑張るお兄ちゃん。
しかし、思うようにいかず。。。

というのが大体のあらすじですが、
この映画は人によってかなり評価の別れる作品ですね。
展開は先が全く読めずハラハラするんですが、
進行が結構淡々としていて、そこを退屈に感じる人もいるように思います。
(このようなクライム系の映画は、銃などを使ったアクション要素で
 展開を盛り上げたりすると思いますが、この映画はそこが割と淡白です。)

また、ロバート・パティンソンの演技がすごく良く
(彼が出てる作品は初めて見ましたが、)この映画の評価を押し上げているように思いました。
MegmiTanak

MegmiTanakの感想・評価

3.0
仏カイエ・デュ・シネマ誌で2017年のベスト10にランクインしており絶賛の様子だったので観たが、個人的にはあまり。
楽しむどころか胸の高鳴りが止まらなかった。ドキドキではなくイライラの方。
yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.0
知的障害のある弟、その弟を愛する兄。ニューヨークで暮らす貧困層の白人兄弟。家族間も良くは無い。教育を受けて 仕事を持つ者側から見ると 弟をそれなりの施設で保護する事が最良だと考えるが 反対側からすると 迷惑な事に気付いた。疎いほど世間的な事に無知、なのに悪知恵は 働く。それが全て空回り。思い付きは 大胆で強気、でも
行き当たりばったりで先を見ない。なんでこうなる?と思う事件って 本人は必死でもがいてたわけね。笑っちゃうくらいのしくじり感が悲壮で 気の毒。
なにがGoodTimeなのか、と誰もが思うだろう。俺もよくわからない。ただ、解釈することはできたので展開する。
主人公は知的障害を持つ弟をもつ兄貴であり、兄弟の話だ。
恐らく家庭環境は悪く、2人とも親はおらず祖母に育てられたと思われる。
そのせいもあり、兄貴は基本的にワルだが、弟を守る正義感だけは強い。

お金のない祖母、障害をまつ弟、という環境に行き詰まり、兄は銀行強盗を企てる。

この発想自体完全なワルである。

銀行強盗の逃走中、弟がが警察に捕まってしまい、警察に捕えられた弟を助け出すことをゴールとしたストーリーが展開される。

弟の所在を調べると、警察署ではなく病院にいることが判明、その病院に忍び込み、無事に弟を救出したに思われた。

しかし、なんと救出したのは弟ではなく、完全な人違いであった。身体中包帯だらけになったいたこともあり、間違ってしまったのだ。

そしてこの男、普段は薬の売人とつるみ、ワルを通り越してクズの域にある男である。

この話、この男の存在がキーである。

色々あり、このクズと共に逃走を繰り返すことになる兄貴であるが、当然ながらお互いに衝突する。

衝突のシーンで、主人公がクズに対し、
「お前は何の役にもたってないクズだ。恥を知れ!」的なことを言う。

それに対しこのクズは、
「お前は俺がここ最近いくら稼いだか知らないだろう!お前が一生かかっても稼げない額だ!」と、的外れな反論をする。

これに対し主人公は呆れた顔で、
「お前はほんとに何も分かってない」と見下す。

その後間も無くして主人公が警察に捕まるところで話は終わる。


、、、


一体この映画は何だったんだ?と思うところである。

私は考えた。
「弟のために銀行強盗をして金を得る。弟を警察から救う。」
という大義のために全力を尽くせた時間が、この「クズ」である兄貴にとって「良い時間」だったのではないかと考えた。


皆さんお分かりの通り、この兄貴に本来クズを罵る資格は無い。しかし、この日、この主人公は100%弟のために生きている。やり方はメチャクチャだが、全ては弟ためである。


人生で初めて全力で利他的に生きた時間、それはこの兄貴にとってGoodTimeだったのではないだろうか。
>|