グッド・タイムの作品情報・感想・評価

グッド・タイム2017年製作の映画)

Good Time

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:100分

3.6

あらすじ

ニューヨークの最下層で生きるコニーと弟ニック。2人は銀行強盗をしようとするが、途中で弟が捕まり投獄されてしまう。弟は獄中でいじめられ、暴れて病院へ送られることに。それを聞いたコニーは病院へ忍び込み、なんとか弟を取り返そうとするが---。

「グッド・タイム」に投稿された感想・評価

ゆき

ゆきの感想・評価

3.6
have a good time

ニューヨーク。知的障害を抱えた弟と先の見えない兄。2人は銀行強盗に入り成功したように見えたが弟のみが刑務所へ。2人のその後を描く。

2人の絆は何で繋がれていたんだろう。家族愛?罪悪感?同情?兄弟間の環境の背景をもっと知りたかった。
頭の切れる兄の言動は、まるでホームアローン。悪く暗く泥臭く育ったホームアローンを観た気分。
関わる人達全てにおけるgood timeとは。

ぱっと見は男臭く見えるシーンの数々はとても女々しい感情で溢れているようにも感じられた。
澄みきらない、注目を浴びることのない燻んだようなネオンの似合う一作。
映像と音楽は良かったけど、ストーリーがなぁ。。考えなしの兄がすべてのトラブルを引き起こしてる姿が、なんか見ててイタくて苦笑
星人

星人の感想・評価

4.1
極端映画祭 2作目 "音圧が極端!"

なるほど確かに、音圧が極端だわ!
めっちゃかっこいい!お陰様で目が覚めた笑
"ばかな二人が一晩困る"みたいな紹介をされてたけど笑、
いやまあそうなんだけど、お兄さんの無条件の愛情と弟本人との噛み合わなさというか上手くいかなさがほんとに切ない…
痛いほど真っ直ぐなお兄さんの視線と、虚ろで焦点の合わない弟の視線のコントラストに胸が締め付けられる…
sekshun

sekshunの感想・評価

4.0
ニューヨークの貧困エリアを舞台に、強盗に失敗した兄と知的障害の弟の逃走劇、ロバート・パティンソン主演。ザ・ゲスト、イットフォローズあたりを彷彿とさせる音楽とネオンが印象的。設定が割と斬新なのと展開が結構意外な所が良かった。
Marinana

Marinanaの感想・評価

3.5
The pure always act from love
The damned always act from love
The truth is an act of love
歪んだ愛情。光と音楽が最高だがシンプルにストーリーがつまらん
わこ

わこの感想・評価

3.5
初めから最後までずっとハラハラできる映画でした。お兄さんかっこいい。
eddiecoyle

eddiecoyleの感想・評価

2.8
OPNがアガる。ノワールにしては社会の底辺っぷりに問題意識が邪魔してキャラの造形の無鉄砲っぷりが輪をかけてジャンルから遠ざける。
NYの貧しい生活を送るコニーと、知的障がいをもつ弟ニックは銀行強盗を行う。しかし、逃げ遅れたニックだけ警察に捕まってしまう。
弟を保釈させるために、コニーは金を集めようとするが、今度は刑務所でリンチに遭ったことで、ニックは病院に搬送されたと知ったコニーは、密かにニックを連れ出し、逃亡を企むが....

コニーの最悪な1日をクライムサスペンスに描いた作品で非常にかっこいい仕上がりになっていた。赤と青を基調にした絵面は最高で本当にかっこいい。
話自体がシンプルにあまり面白くなかった。しかし、スピード感もあるし、何より状況が悪くなっていく一方で良くなることはまずないのも良かった。そしてなによりもリアリティ。惜しいと感じた作品。
ohshima

ohshimaの感想・評価

5.0
劇伴が本業じゃない音楽家が映画音楽担当した作品、その人のキャリアの中で一番好きになってしまいがちなんですが(似たようなラインだとportisheadやbjork、Joney Greenwoodとか)、これもご多分にもれずOne Orteix Point Neverの中で一番好きです。映画より先にサントラ聞きまくってましたがちゃんとこっちも最高でした。ブレードランナーもこの二人が撮ればよかったと思うしハンスジマーよりOPNのほうがいい仕事してる気がします。
>|