グッド・タイムの作品情報・感想・評価

グッド・タイム2017年製作の映画)

Good Time

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:100分

3.6

あらすじ

ニューヨークの最下層で生きるコニーと弟ニック。2人は銀行強盗をしようとするが、途中で弟が捕まり投獄されてしまう。弟は獄中でいじめられ、暴れて病院へ送られることに。それを聞いたコニーは病院へ忍び込み、なんとか弟を取り返そうとするが---。

「グッド・タイム」に投稿された感想・評価

“冴えない銀行強盗の行く末。どうしようもない胸糞悪さ。これぞ現代のリアリズム!”

銀行強盗に失敗した兄弟。逃げ遅れて逮捕された弟を助けるために、逃げながら救出の機会を伺う兄。しかし逃げれば逃げるほど果たしてどこに向かっているのかわからなくなる…的な構造。

一応、フィルムノワール。極めて小市民が織りなすアメリカの強盗未遂事件。
一見、映画的には物足りない気もしないでもないけど、それでも最後までそれなりに集中して見きれてしまったのは多分リアリティがあるからだろう。

「え、いまそれやる?」と思う主人公の言動が、実は本当に追い込まれた時の人間て実際こうなんじゃないか?と思わせる変な説得力がある。

アメリカンニューシネマぽいけど、その割には展開や演出が地味。その代わり彼がつく嘘がやり過ぎず無駄が無い。何か程良いゲスさ。
この手の話で一切銃が出てこないのもまた意外。

古いような新しいような不思議なバランス。
あー、こういう事毎日一回は世界のどっかで起きてそうだなあ。
なんて感じで観れた一本。
ニューヨークで暮らすコニーとニック。彼らは銀号強盗を行い、知的障害の弟が捕まってしまう。おとうとを助けるため、兄は無計画な行動を起こす。

タイトルにある『グッドタイム』はなかなか感じられない。音楽、空撮、ハンディカメラの揺れなどドキュメンタリー作品のようで、リアルに感じました。

監督のベニーは『神様なんてクソくらえ』の人で、現代のアメリカ社会の闇を描いている作風ですね。
Shoei

Shoeiの感想・評価

4.2
展開に次ぐ展開で楽しかった。けどこれは絶望的すぎる終わり方。人生に意味なんてない、と言われたような気分よ。
しょう

しょうの感想・評価

3.5
銀行強盗に失敗した主人公が、逮捕された弟を救い出すためにニューヨークを駆け巡る映画。あらすじだけだとカッコいいが、肝心の主人公がアホで行き当たりばったりの行動を繰り返し事態を悪化させていく。登場人物全員がアホで、おまけに運も悪いため、笑えるレベルのアホな展開が続く。結果的に最初から何もしなかった方が良かったというバッドエンドだけは悲劇的。
hiro

hiroの感想・評価

3.3
どう考えてもバッドタイムなんだけど兄は大好きな弟の為と思ってしたことがグッドタイムだとしたらそうなんだと思う。弟はそう思わなかったとしても。
marco

marcoの感想・評価

3.6
主人公たちの行動がどれも裏目に出てしまう感じの息苦しさ。
やっぱり音楽と照明がいい
オススメしてもらったので観たら超面白かった。

https://kayamovie.com/20180418/
Sasaki

Sasakiの感想・評価

4.0
ロバートパティンソン主演のクライムサスペンス。ハリーポッターシリーズで爽やかイケメン魔法使いを演じていた彼が、ピアスにヒゲを生やして銀行強盗の犯罪者!?と真逆の役柄に驚きましたが、さすがの演技でした。とても自然で、彼の目つきにはとても迫力があり、表情で語る表現力には圧巻です。この映画は脚本やストーリー展開よりも、音楽や撮り方に注目してしまいます。ラストは意外とあっさりした終わり方でしたが、エンドロールの最後まで画面に食いついてしまいました。
ムチコ

ムチコの感想・評価

4.2
そうとう機転が利くのに肝心なところうまくいかないお兄さん。
巻き込まれガールはとんだとばっちり。テレビニュースをごまかそうとするところ辛かったなぁ。

音が強烈。明るく清潔で何処へも行けない、物哀しいラスト。
waon

waonの感想・評価

3.5
ぼちぼち良かった!
ただただ巻き込まれた16歳の女の子が可哀想すぎる。
弟と思いなのか微妙な兄やな。
グッド タイムってタイトルがなんかあわない。全然good timeちゃうやん。
>|