HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツの作品情報・感想・評価

「HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ」に投稿された感想・評価

GreenT

GreenTの感想・評価

2.5
DVDのジャケが(笑)。見てもどんな話なのか全く想像できない!ブログに上げたので興味があったら見てください。

この映画は、内容を知らないで観た方が面白いと思います。シャラメ・ファンは必見!!

シャラメが演じるのは、冴えない引きこもりのティーンエージャーのダニエル。父親が死んだ年の夏、ケープコッドに住むおばさんのところで夏休みを過ごすことになる。ケープコッドは金持ちが避暑にくるところで、Townie(地元民)とSummerbirds(観光客)という階級の違いが見られるような観光地。若者もそうで、金持ちの息子が地元の女の子をパーティに呼んだりとか、そういうカルチャーが見られる。ダニエルは、地元の子ではないが金持ちの観光客でもなく、居場所がない。

このオープニングでやたらと「背景は、1991年!!」っていうアピールがすごい。それも、誰だかわからない13歳の男の子のナレーションで語られる。

ダニエルは友達ができなくて一人でドライブイン・シアターに行くが、そこでマケイラという、町中の男の子が憧れる地元の女の子と知り合いになる。

こんとき、ドライブイン・シアターに掛かってる映画が、『裸の銃を持つ男2 1/2』『シティ・スリッカーズ』『ロケッティア』(笑)

この辺までは、ダサい男の子がひと夏の経験をする、みたいな映画を期待するところなのだが、ダニエルはハンターという、地元でも有名なドラッグ・ディーラーのワルとも知り合いになる。このハンターの人物紹介をするティーン達の演技がすごい下手で、この辺で一度「失敗した!」って観るのやめようかと思った。

しかしダニエルがハンターに「俺もドラッグ・ディーラーになりたい」と言うあたりから、話が『ハート・ブルー』とか、そんな感じになってくる(ちなみに『ハート・ブルー』は1991年の映画!)。それでちょっと興味を惹かれる。

ダニエルは飲み込みが良くて、ハンターよりも大胆に商売をして、ものすごい大金を稼ぐのだが、ここのシャラメが『ビーバス&バッドヘッド』と言うか、『ビル&テッド』と言うか、「Dude!」みたいな喋りが上手くて、結構笑える。でもメタルヘッドともちょっと違くて、あの頃流行ったトミー・ヒルフィガーのストライプのポロシャツとか着てた、有象無象の高校生みたいな(笑)

で、だんだんクライム・スリラーみたいになってきて、監督はタランティーノとかスコセッシとか、あの頃スタイリッシュだったバイオレンス・ムービーみたいのをやりたいみたいなんだけど、そういうカメラワークとか、ちょっとイラッとくる。やりたいことはわかるけど、全く賛成できない(笑)。

アレックス・ローって子が演じるハンターは、「冷血なワル」とかって紹介されてるけどカリスマがないし、マイカ・モンロー演じるマケイラも、「街一番のセクシーな娘」っていう割には華がない。本当に、シャラメだけで映画を引っ張ってる。

で、ハンターとマケイラは兄妹なんだけど、色々事情があって別々に暮らしていて、話もしない。けど、ハンターは、マケイラと付き合う男は「殺す」みたいに言ってるんだけど、なんでそんなに過保護なのか、動機がわからない。

マケイラに惚れて付き合い始めるダニエルも、ハンターが人を殺したのを見たことがあるから、バレたら殺されるとばかりに怯えるんだけど、ハンターにそんなカリスマがないしな~。

青春ものからクライム・スリラーになっていくところが意外で、だから内容知らないで観た方が面白いことは面白いんだけど、同時に「最初どういう話だったっけ?」って、最初の30分はなんだったの?!という感じもする。ダニエルの父親が死んだとか、そういうのも全く回収されないし、Townie(地元民)とSummerbirds(観光客)の格差とかも提示されるだけで物語に盛り込まれないし。

1991年を背景にしたことも特に生かされていない。映画は『ターミネーター2』も出てくるし、1991年に公開になった映画にこだわっているけど、サウンドトラックが90sだけじゃなくて70sとか、50s~60sとか、全然90年代臭がしない。

DVD特典のインタビューで、監督は小さいとき夏だけケープコッドに行ってて疎外感を感じたこと、大学時代にマリファナ売ってた、ワルとダサいやつという釣り合わないコンビの同級生がいたっていうこと、これらを1991年にケープコッドを襲ったハリケーンに組み合わせたら面白いと思って脚本を書いたと言っていた。

後、メイキングを見ていたら、明らかに「もう一つのエンディング」があって、そちらの方がまだドラマ性があって良かったんじゃないかと思った。まあでもどっちでもあんま変わらないかな。エンディングも誰だかわからない13歳の男の子のナレーションで終わるんだけど、このナレーターが全くの第三者っていうのがすっごい「?」って感じになる。

iMDbのユーザー・レビューを見ると、私と似た意見の人も多いけど、「プロット雑だけど、雰囲気が好き!」って感じのサムズアップも結構あって、監督のイライジャ・バイナムの監督デビュー作らしいから、新人のぎこちないところがツボに入る人もいるのかも。
ヨラ

ヨラの感想・評価

3.6
思ったよりぐっとこなかったけど、音楽も演出もキャストも好みでした
ダニエル、ハンター、マッケイラー
ダニエルは最後までハンターを騙そうと
あ〜なんて悲しいこった😭
Moeka

Moekaの感想・評価

3.4
昨年アメリカにて
出だしから始まり良くも悪くもミュージックビデオのような映画、台風の目にいるときは既に時遅し、、、夏は魔物が潜むというがティモシーはCMBYNにしてもこのキケンな魔物に脅かされる姿がよく似合うしポップだが過激さとプロットポイントがいちいち弱いので残念 お洒落ではある
madoka

madokaの感想・評価

-
アメリカに興味が持てないのはこれだ
映像と音楽は美だった
ティモシーの目はいつだって怖い
mmd14r

mmd14rの感想・評価

3.8
アメリカのAmazonって最高。Call me by your nameで惚れたティモシー・シャラメは圧倒的美しさと弱々しさが魅力的。

ティーンエイジの夏は刺激的だけど、これは極度に刺激的。誰もが一目置くキラキラした男に憧れて、冴えない少年Danielがひと夏の若気の至りをしちゃうって話。ドラッグに溢れてるあたり、さすがアメリカ。

正直なんか不思議なストーリー。恋愛も青春もドラマも要素が入ってるのに、どこのはっきりしない感じ。あの頃あった思い出は今はもう遠い過去だけど、記憶に強く残ってるって感じ。映像とフォントと音楽がバッチリ合っていていい。

ティーン・ビーチ・ムービーに出てたマイア・ミチェル、懐かしいなあ。
Cecilia

Ceciliaの感想・評価

3.0
90's風な衣装やセットが可愛いのとティモシーくんがかっこいい。
内容は普通で特に記憶に残らない。
mizuki

mizukiの感想・評価

2.5
ティモシーくん冴えない男子に見える。ありがちだけどテンションあがる。
ティモシー・シャラメ主演作。1991年。高校卒業したての夏休み。主人公ダニエルは叔母の家があるケープ・コッドで過ごすことになる。夏休みは観光客であふれかえる町。とあるパーティーで出会う不良の男性ハンターに魅力を感じたダニエルは、彼と一緒にマリファナを密売しはじめ、その一方で、ハンターの妹マッケイラーと恋をする。


マッケイラーは町の美人として有名…みたいな感じがまた良い。普通にありえる話だしどこにでもある話だけど、ぼさぼさ君がこういう女に転がされるのはたのしいし、っていうかもっとそれを見せてくれよってめちゃくちゃ思った。

ごちゃごちゃの関係でなかなか楽しい。ネオンの感じも素敵で、古さが良く出ている。VHSのノイズのようなタイトルがまた魅かれるし、最近見なくなったドライブインシアターで物語が展開していくのも魅力的。

俳優も色々と豪華で、あとから出てくる大人も結構一流。見ていて安心のメンツ。
やっぱり配色が昔ながらで、アメ車もめちゃくちゃ良い。

さて注目のティモシーだけど、やっぱり彼は細すぎるちょっと怖い。顔の輪郭がはっきりしすぎて、どこか危ない雰囲気がある、しかもこれで麻薬の密売を始めてしまう純粋な青年っていう役柄がまた最高。どうにかして元の生活に戻してやりたい親心があるけれど、どこかでこのまま堕落させてしまいたい心も出てくる不思議な顔立ち。

純粋で面白くない、目立たない青年がきらきらした兄妹に魅かれることによりどんどん変わっていく感じが最高に気持ち良い。
最初は純粋さに魅かれていただろう彼女が次第に何を見ているのか、どんどんわからなくなってくる。

ハリケーンが来る辺りからの展開は面白い。

ティモシーの服がひたすらにダサくて好き~~!

ただの普通の、本当に変哲のない映画だけれど、こういうのはこれからも生まれてほしい。
アメリカとネオンとアメ車と80~90年代。これさえあれば話は面白い。

マイカ・モンローとダコタ・ファニングがまだイマイチよくわかってないです、、、すみません
noroyu

noroyuの感想・評価

3.3
いまをときめくティモシー・シャラメ&マイカ・モンローの共演作っつーことで期待したんだが...

なんだかなー「ほろ苦いあの夏の思ひ出」系映画を一本に凝縮してみました、って感じが出すぎてるんだよな。どっかで見たことあるシーンをただ繋げただけといいますか(いやまぁそういうコンセプトで作られてるんだろうけど)。それによって上っ面のドラマに終始している。

あと、「みんなが憧れる町一番の美女」をマイカ・モンローがやっているのだけど、こういうのってブロンドでやっちゃダメだと思うんだよね。女の子が軽く見えてしまう。どうしても深みが出ない。

そういう意味では同じ系統の映画として「アドベンチャーランド」の偉大さを再確認させられた気がしたよ。


---------------------------------------------------------------------------------------
https://noroyu.stores.jp/
■海外から選りすぐった映画Tシャツ&グッズのセレクトショップを運営しております。
ぜひ一度チェックしてみて下さい!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<映画を着よう>
https://noroyu.stores.jp/
---------------------------------------------------------------------------------------