オリエント急行殺人事件のネタバレレビュー・内容・結末

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.5

あらすじ

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロ…

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内で殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。 鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバート夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。 ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えカスから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は乗客の中にいるのか、それとも・・・・・?

「オリエント急行殺人事件」に投稿されたネタバレ・内容・結末

見終わった後のなんとも言えない後味の悪さ。久しぶりのオフだったのに。

電車の中で、ジョニーデップが殺されるという殺人事件が起きて
ものすごい髭した名探偵が推理した結果、乗ってた乗客全員による犯行ってことが分かって、、
でも乗客は全員、ジョニーデップの過去の殺人によって人生を狂わされた人達だから
その名探偵も警察には言いませんよ。

っていうオチ。

#名探偵で思い出しましたが、僕は最近ヒゲを伸ばし始めたんですが日に日に毛利小五郎みたいになってきています。
面白い
探偵ものはクールに終わるイメージがあったから結末らへんでちょっとうーん、、って思ったけど、やっぱり最後はクールに決めてくれて良かった
アクションはあんまり欲しくなかったけど、事件の真相が動いていく時の緩急の付け方は本当に見ていて楽しい
推理中の事実が混濁としていく所から、その最中の事件でまた状況が動き、さらに混濁していき、最後にスッと抜ける感じ。アトラクションだなあー
犯人の真相はブックの言葉の「共通点のない見知らぬもの同士が一期一会で何日かを共にした〜」という台詞があったからこそ、良い結末と思えた。列車と同じように事件も見知らぬ人々をつなぎ合わせてしまうんだなと。

あと、ポアロがオリエント急行に乗るまでのテンポが良い中でキャラクターを説明していく感じが好き
原作や前作の方が良いと言ってる人も多いので次は74年版を見ようと思う
名優たちが必要だった意味。
ひとりひとりの過去の出来事、喋り方、出身地や背格好の特徴とクセのおかげで
誰が誰かがわかりやすい!
あと名優揃いばだけに
小さな演技がものすごい光る!
ポアロの大推理。
さすがの一言でしたねー

こちら原作もなんの情報もないまま鑑賞して
え…ジョニーデップ死んでもうたやん(´・ω・`)序盤で落ち込んだわ笑
デプ夫が出て来てすぐ殺されるのが面白い。キャスト全員が際立っていて、プロットを知っていても充分に楽しめるのはすごい。
このスコアには個人的な想いが入っている。

アガサ・クリスティの推理小説には、複雑なトリックや大掛かりな仕掛けは登場しない。
「何故、殺したか」
その心情、その決断に至った動機が全て。
そしてその心理こそが推理の迷宮となり、解き明かされた時には心が通ったかのような不思議な充足感・爽快感・そして移入した感情による喪失感が残る。

小説のファンであった分、原作との乖離による緊張感があったが、同じ読後感があった。



1930年代という極めて階級格差が激しい時代に、役職も人種も異なる10名の哀しみに暮れる人々が、復讐という目的のもとに静かに集う。
小さな命を失った彼らの心情を想像するだけで、その静寂と覚悟を感じる。

全員が犯人でありながら、「ここに殺人者はいない」と締めくくる。
粋だ。
まさかの結末、乗客全員で犯人を1回ずつ刺していた
ケネスブラナーの演技いい
心が悲しくなるストーリーではあったけど、後味は悪くない。
辛さや痛み、どうにもならないもどかしさがひしひしと伝わる謎解きのシーンは
ミステリー映画の山場として最高。
音楽も素敵なものばかりだったが、
最後のシーンで流れるピアノの曲が
この映画を表しているように感じた。
登場人物が私好みの気品ある人物ばかりで見ていて気持ちが良かった。
豪華な俳優陣も流石!表情から何まで
この人が犯人なのでは?と最後まで
楽しませてくれた。
「ここに人殺しはいません、傷を癒すべき人のみです」という台詞(多分こんな感じ)
に正義とは、善とは誰かが測れるものなのかという事を考えさせられた。結末がわかった今、もう1回見たいと思う映画。
映像:7
推理小説ですので基本的に派手な絵があるわけではないのですが、小説では描けない(?)躍動感のある鉄道のシーンが印象的でした

音響:7
駅の喧騒では立体的な構内の騒々しさが、鉄道の滑走では迫力ある音が
臨場感を引き立てており映画への没入感を高めていました

物語:10
思いもよらないラストでとても楽しめました
普段から推理小説を読んでる人は事件発覚段階で犯人がわかるのかな?とも思いましたが、自分は純粋に楽しめました

演出:5
ミステリーですからそれなりです

オチ:10
これが全てです

総合:39
推理小説を全く読まない自分でも聞いたことがあるアガサ・クリスティの作品はさすが面白いです
微妙にほのめかされた続編もぜひみたいです
ケネス・ブラナーの訛りの上手さ、、イギリス人なのに。。監督兼主演、やはり彼は多彩!
最初はもたついてる印象があったり。ポアロの新しい像に戸惑って中々入り込めなかったけど、尋問あたりから最後にかけて良かった。。
トンネルでみんなが長机を囲んでる絵は、最後の晩餐の絵に見えた。。他人じゃなかったんだみんな。。グルだったんやみんな。。12。。



ただ、ジョニデの演技は近年の作品で、だいたい同じにみえるのがなんか寂しい。うさんくさい役が多いからなのかな?


話が盛り上がることもなく
淡々と進んでいく感じでした。

最後の犯人も
は?って感じだったし


ポアロ最初に何があっても
殺しは許されないとか言っといて
最後許されてるけどなんなの
って感じでした。


とりあえず面白くなかったです。


__
>|