オリエント急行殺人事件のネタバレレビュー・内容・結末

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

あらすじ

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロ…

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内で殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。 鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバート夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。 ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えカスから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は乗客の中にいるのか、それとも・・・・・?

「オリエント急行殺人事件」に投稿されたネタバレ・内容・結末

こんなに観客を馬鹿にした映画があるだろうか。豪華俳優陣に有名作品のリメイク。それだけで観に来るだろうと適当に作った金儲けの為の駄作。辛辣なコメントになるが、自分が見事に術中にハマったことが悔しいからだ。自分の直感を信じるべきだった。
何度でも言うが、不用意に昔の設定にするのは止めて欲しい。リメイクなんだし、現代風にアレンジすれば良い。今作のストーリーは特にそう。雪山なのだから、電波が届かない。車内のwifiも雪崩の衝撃で故障、で文句無し。
オリジナル版を観たかもしれないが、全く記憶が無い。よって思い込みはあろうが、オリジナルから何かしらの工夫があるのか疑問。何故、今になってこれを作ったのか伝わって来ない。
話の展開もダラダラと間延びしており、終始退屈感を感じた。冒頭のイスタンブールだかのシーンは丸々カットで支障無し。列車が発車するまでのシーンも必要無し。
殺人が起きてからも中途半端な会話ばかり。謎解きの過程が味わえる事を期待していたのに、名探偵コナン方式だった。急に過去の幼女誘拐殺害事件が話に絡んでくるのが違和感しか無い。
乗客全員が誘拐事件の関係者でグルになって犯人を殺した結末は、さすがにショッキングだった。ただ、最後の謎解きがコナンなのが残念。伏線無しで、「あなたはこう言う関係者で」って感じの解説を畳み掛けてくる。
謎解き後もスッキリ感が無いのが問題。列車で事を起こす必要がある?あれだけ人を送り込むなら、もっと簡単な手がありそうなもの。
ポアロのキャラクターは絶望的。あの不自然なヒゲで、ドライな性格。コミカルだったり、ホンワカしたキャラなら似合うのに。話し方も単調で早口な為、全く親しみを持てない。
ラストの殺害を見逃す件も、散々に善悪を淡々と説いていた人物として説得力が無い。
かなり変わった人物として描こうとしているが、完全に裏目。面倒なおっさんにしか見えない。
他のキャラクターの掘り下げが一切無い。
CMで流れてる曲は最後まで流れなかった。
バカだからオリエント急行にアームストロング事件の関係者めっちゃ乗ってるやん世間は狭いんだなぁ〜って思いながら観てた
アルバートフィニーのほうをよく知っているのですが(デヴィッドスーシェのも観たと思うので混ざっているかもしれない)この映画の醍醐味ともいえる印象的な殺人の光景はあちらのほうが丁寧に描かれていた気がします
刺し傷の数がなぜ12だったのか? とか、そういう話があったかと思う

こちらの映画は乗客たちの過去よりも几帳面で0か1かしか認めないポアロの性格がとくに描写されていて、今回の事件によるポアロの苦悩というか、別の可能性を発見する場面を掘り下げている話なのかな
そんなのあったっけ? となるポアロのロマンスもあり、彼自身も今回は別の方向に深みを持っています
(ポアロの想い人はドラマ版でも思い出話として出てきていたような気がしますが、カトリーヌというのは『青列車の秘密』のキャサリンのことなのかな 原作にあまり詳しくないので、想い人という感覚が忠実なのかもよくわからないのですが)

この作品に触れたことがない人はキャラクターを覚えられるのか? というくらいの猛スピードで観客がなにも結びつけられないまま謎解きが進んでいく映画にはなっています
しかもめちゃくちゃ列車から降りています
ポアロのステッキがとても有能

この作品は女性の登場人物がとにかく魅力的で好きなので、今回のキャストも良かっただけにもっと掘り下げて欲しかったなあ〜〜というのはあります

ちなみにおもしろいのは「KIMONO」とどんな登場人物よりも目立つゴディバ

ドラマ版もアルバートフィニーのほうもだいぶ忘れてしまってたので、もう一度観てあらためて比べてみようかなと思います
普通、って感じ。可もなく不可もなく。クリスティの作品は「そして誰もいなくなった」だけ読んだのだが、どうも御都合主義的な何かを感じて肌に合わなかった。本作もまあそんな感じ。「その結末じゃない可能性もあるよね?」「そのヒントだけじゃ、絶対観客はその結末を推理できないよね?」というツッコミがどうしても浮かんで来たので…
ミステリとしては、話の流れから真相を含めて
大変面白かったですし良作でした。

私はアガサを読んだ事がないので、有名作品ですが内容も真相も全く知らずに観ました。
そのせいなのか、どうにもキャラクターに最後共感が出来ず、ラストのあの展開に「それって許して良いの!?」となってしまったタイプでした。

おそらく、12人というキャラの多さに、
小説であれば読み進めて全員に共感していけるのだと思うのですけど、あの114分という時間で全部を把握するのは、自分の脳では無理があったせいかも。
キャラの事情を理解している今、2回目を鑑賞すれば、あのラストの展開には納得して観れたかも知れないです。

冒頭であんなにバランスを気にしていたポアロが、真相に辿り着いたことで善と悪のバランスを崩し、彼の中でそのこだわりすら逆転させてしまった事が、この映画のキモだったのではと思っています。
が、やはり、どうにも急ぎ足過ぎた感があり、ポアロが彼らの心にものすごく寄り添っている事に対して、見ていて「え、ポアロそんなに共感してたの?」という感覚でした。

アームストロング家事件の概要も、もうちょっと詳しく説明欲しかったなぁ……とも感じました。
ポアロもあまり推理しているシーンが無かった気がして、ラストのところでの真相口上が、観ている私にとっては「どこでそこまで気付いていたの?」という置いてけぼり感覚でした。

名作ミステリだと思いますが、114分という時間はこの作品には短かったのでは……と思わずにはいられなかった映画。

しかしキャストはとにかく豪華で素晴らしい。
個性豊かなキャラクター達が、潰し合うことなく良いバランスで織り成している見事な群像劇になっていたと思います。
特にジョニー・デップのラチェットと
ミシェル・ファイファーのハバード夫人、
ウィレム・デフォーのハードマンがお気に入りです。
トム・ベイトマンのブークのキャラも面白くて好きでした。
とても哀しいお話…
ラストの緊張感がすごかった!!!

トンネルの中で結論に向かうシーン、
テーブルに横一列に並んでいる様が
最後の晩餐の絵画みたいに見えた…
前は「復讐成功!カンパーイ!」のラストシーンが印象的でしたが、本作は復讐を果たしてもそれぞれが消えない傷を持っていて切ないラストシーンが感動的でした。謎解き終わった後に列車内で乗客たちが寄り添い合うので泣けました。

乗客たちの人種や年齢など設定がオリジナルと違っているところがありましたが、元ネタの回収もしっかりしていて面白かったです。

めっちゃ動けるポアロがかっこよかったです(笑)
なんかものすごく映画館に行きたくなって、そしたらLiLiCoが宣伝してて、ついついポチってしまって鑑賞。
映画もドラマも原作もみてて(読んでて)結末知ってるのに。。。結末わかってるミステリーってやっぱ楽しさ半減と思ってしまった。
俳優が豪華だからマリアージュを期待したんだけどな。
特にポアロがフツーっぽくてしっくりこなかった、残念。
豪華だったぁ。
64観た時豪華だなって思ったけど、比じゃない。
ドラマとか映画とかで観たことある話だから、内容はわかっちゃいたけど。前半の景色の美しさを映画館のスクリーンで観れたってことでまずひとつ満足。
途中途中に組み込まれてる気になる点を解説読んで理解しとこっと。
(最後の晩餐とかさ……無知だから意味わかんないよね)
原作は未読だったので誰が犯人かそわそわしながら見ることができて楽しかった。
街や列車の映像も綺麗で迫力があってよかったし、ポアロの瞳がめちゃくちゃ綺麗だった。
>|