オリエント急行殺人事件のネタバレレビュー・内容・結末

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.6

あらすじ

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロ…

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内で殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。 鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバート夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。 ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えカスから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は乗客の中にいるのか、それとも・・・・・?

「オリエント急行殺人事件」に投稿されたネタバレ・内容・結末

独自解釈が好きじゃないタイプなので、案の定受け入れられませんでした…アレンジされたすべてが物語をわかりにくくしているしチープにしてる。エルサレムでの謎解きでもなんでもないあれはなんだったんだ?そしてこれだけ豪華キャストを使ったのに全然個性が出て無くて、何回も見た話なのに画面に映る度に「こいつ誰だっけ?」ってなる残念さ。最後のポアロの「私を撃て!」の安っぽさよ…。
俳優陣がすごく豪華なのと、どんでん返し系ミステリーものが好きだったので観に行った。
時代背景や世界観、映像は本当に綺麗で雪の中を走っていくオリエント急行にはすごく乗ってみたいと思えた。
ミシェルファイファーとジュディデンチが美しくて、演技も個人的に好きだった。

物語中盤までは犯人推理を探偵ポアロと一緒にしていたが、終盤になるにつれて乗客の言っていることがちぐはぐになりだいたいの結末は予想できた。
推理していた段階での過程は良かったが、箱を開けたらわりと力技すぎてそこはもう少し細かく作り込んで欲しかったなという感じ。

最後、犯人が明かされた時にポアロが出した答えにも納得がいかなかった。
今まで色々な人間を裁いてきたポアロが根本の「本当の正義とはいったい何か?」という題に直面して、あんなにもすんなりと善のための悪を受け入れて全員を見逃したのは腑に落ちない。
もうすこし、こう、葛藤しろ。
原作も好きだったけど、オリジナル部分あるこの映画も好き。

ポアロのフランス語訛り、最後の晩餐に見せる推理シーン、所々で監督のこだわりが感じられて楽しかった。当たり前だけど演技の上手い俳優さんの映画って面白いんだなぁ。
不朽の名作を丁寧に作り上げた映画。
推理もののため吹き替えで鑑賞。内容把握は出来たが、アメリカ訛りの〜やイギリス英語〜などの描写があったので字幕版では訛りの違いも表現しているのかな。
最後の謎解きシーン、トンネルの前に登場人物が1列に並んだシーンはまるで最後の晩餐のようで圧倒された。電車の装飾も豪華。
ただただ豪華!
そして謎解きのシーンで全員が並んで座ってるシーンが、最後の晩餐のオマージュとして表現されてて1番おおっと思った。真ん中がご夫人。痛みを共有した人たちの最後の晩餐、なるほど。
原作は未読だったので
推理シーンはドキドキしながら観られました。
名前を覚えるのに四苦八苦したけど
豪華なキャスト陣が演じる登場人物たちは
皆魅力的で良かったです。

ただ、面白かったには面白かったけど
何かが足りない…。

ポアロが何故真相にたどり着けたのか、
イマイチよくわかりませんでした。


法では裁けなかった犯罪者を
どうにかして裁きたい。
その為の殺人は善か悪か。


この現代でも変わらず存在する問題を
数百年前に描いたアガサ・クリスティは
やはり素晴らしい小説家です。
原作も読んでみようと思います。
原作を知っていたので、楽しみに観に行きました。

特に盛り上がりがあるわけではないので少し間延びした感じがしてしまいました。

映像美はありましたが…といった感じでした。もしかすると、内容を知らずに行けば存分に楽しめるかもしれません。
機内で。
面白かった。
最後ポアロが犯人達を見逃すのは、
日本の映画やドラマなら罪は裁かれるかなと思うから
独特だなと思った。
乗客の怪しい経歴とか複雑な関係見せられ、いろんなことを匂わされた後で、全員が犯人でしたって結末は私は納得いかなかった。
すっごい苦労して観光地にたどり着いたのに目的の観光自体はそんなに楽しめなかったって感じ。

ただポアロはかっこよかった。蒸気機関車とか役者自体も豪華だし雰囲気自体はすごい楽しめる作品かなと。

内容はイマイチ。もうちょっとひねりが欲しい。
内容は知っているので、犯人探しとかはせずの鑑賞。
本当に豪華な役者陣勢揃いでそこに観る価値あり!!と思います。
内容知ってても心打たれるシーンがあるのはやっぱり役者さんの力だと思います。
>|