オリエント急行殺人事件のネタバレレビュー・内容・結末

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.5

あらすじ

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロ…

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内で殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。 鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバート夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。 ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えカスから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は乗客の中にいるのか、それとも・・・・・?

「オリエント急行殺人事件」に投稿されたネタバレ・内容・結末

出演者が豪華です。原作を読まずに観ましたが、結末は賛否両論かなと思います。
・ケネス・ブラナー、ほぼオンステージ状態。
演じてる時は、さぞいい気分だったろうな。

・私的復讐と法という視点で、デヴィッド・スーシェのテレビ版ポワロを念頭に置いたアダプテーションで、ポワロのアイデンティティに、犯人も自分たちがしでかしたことに心を揺るがさざるを得なかったテレビ版の苦さに、撮影・編集に加え、謎の解明編が見事だった74年版と比較すると、娯楽作として随分おとなしくまとめてしまったなあ と思う。
映画館で観賞。
こうゆう謎解き系の映画って好き。
実は何となく途中から犯人は分かってしまったけど…

原作はアガサ・クリスティ。
古い古い映画になるけど『情婦』もよかった。
今はあれと同じ話を結構使われてるから、リメイクは難しいんだろうな。
公開されてからすぐにネタバレ見てしまっていたし、観た人からも話の内容を少し聞かされていたので、犯人とかも分かっていた状態で観ました。
ラストの衝撃よりもジョニー・デップの死に役に衝撃を受けました。
まさかの出演時間30分かよって。
以上です。
原作知らなかったんだけど、全員犯人ってのが俺みたいなポンコツでも途中で勘付いてしまって、思ったよりスッキリ感が無かった。あとちょっと眠い
ポアロやホームズ像は原作に寄せるのか、今の映像向けにアレンジを加えるのか、最近は原作は原作、映画は映画、というのが主流な気がします。原作が古典になりつつありますからね。これも最初だけ、ポアロの変り者感を出して、あとは今の人が見やすいようにしていると思います。
情景も素晴らしく、役者の演技もよく、程良く主役のアクションもありと流石既に実写化経験のある有名ミステリーと思わされる。

ミステリーの種もなるほどと納得した。しかし肝心の犯行シーンが冷静に見ると、みんなで寄ってたかってナイフで刺しているシュールなシーンに見えてしまってなんだか冷めてしまった。

そこがなんとなく引っかかってしまって、古き良きものを観たという気分にはなれなかった。
これはこれは。
こうしてポアロも共犯者のひとりとなったのだな。
ポアロも共犯。見逃すにしても、あの医者だけは更に一線越えてると思うから許されない。
こんな有名ながらも話の結末知らなかったから存分に楽しめた!
よくできてるわ〜
眠るときのヒゲのマスクが面白かった
>|