オリエント急行殺人事件のネタバレレビュー・内容・結末

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「オリエント急行殺人事件」に投稿されたネタバレ・内容・結末

メアリデブナム出航前にポアロに
教え子にはまっ先に地理を教え込みます。
人生に迷った時、まず居場所かわからないと
見たことあると思ったら!ミシェルファイファーでした。
恋のためらい フランキー&ジョニー、マラヴィータ。

ディケンズ好きなのね、名探偵ポワロ。
なんのあらすじも、原作も見ずに観たが、
うーん、、キャストはめちゃめちゃ豪華なだけあって、もちろんハズレではないんだけども、
全員が犯人かよって感じだったし、アンバランス受け入れちゃったよ!ってのが個人的にはなんかやだった笑
最後の晩餐があまりにも美しかった。カットひとつずつの印象がすき。
・かなと東京で。
・列車の中で殺人があって容疑者は中にいた10数人。探偵が犯人を謎解く。犯人は全員。
多分世界一有名な復讐劇
あと多分ジョニーデップが死ぬ物語の中で一番ジョニーデップが死んで良かった物語

有名すぎて先に結末を知っちゃってたから「この真相をどう演出するんだろう」みたいな気持ちで観ちゃってなんかもったいなかった
何も知らないまっさらな気持ちで観たらもっと面白かったんだろうなあ
記憶なくしてえ

1人1刺しなところがみんなでやる復讐って感じで良いよね
犯人を見逃した探偵もなかなか珍しいよね
正義はむずかしい
 原作は読んだことがないが2015年に野村萬斎さんが主演を務めたドラマは観たことがあった。当たり前だが、日本のドラマのように巻き戻して解説するような、懇切丁寧な謎解きの詳しい説明はない。映画的な美しさと、素敵なリズムに酔える映画だった。

 序盤、ポアロとラチェットが二人で会話しているシーンが好きでウキウキした。ヒリヒリした緊張感の漂う会話が大好きである。私は、この2人のような媚びない大人に憧れを持っている。

 列車のある風景の美しい映像、そして言葉通り"名優"を楽しめる映画でございました。
ポアロの人間的側面が押し出されすぎており、ポアロの倫理観、左右対称をこだわるポアロの哲学、そして物語の結末がなんだか腑に落ちない。

しかし、推理解説シーンでの「最後の晩餐」風ショット、人物の多面性を表現するために鏡を使った視覚的演出などの撮影、そして豪華俳優陣の演技はよかった。
映像が綺麗。

オリエント急行、乗ってみたい。

原作小説を読んだことがないので
読んでみたいなとおもった。

ラストの結末には、
例えどんな理由だろうと、被害者がどんなに悪者だろうと、人を殺したことには変わりないので、裁きを受けるべきなのでは?とおもったけど、ポアロが下車したあと、それぞれ、どんな人生を歩んでいくんだろうとか、きっと罪の意識に耐えられなくて
自首する人もいるのではないかなとか
勝手に考えちゃいました。
ラスト近く、トンネルの前のあのシーンが、最後の晩餐に見えました。
>|