情婦の作品情報・感想・評価

「情婦」に投稿された感想・評価

トラ男

トラ男の感想・評価

4.5
ラスト10分からの畳み掛けが見事。

全体的にテンポが良くて、特に法廷シーンは引き込まれた。
また、太っちょお爺さん弁護士が、ユニークで言動がいちいち面白かった。
看護婦も脇役なんだけど、存在感あって、いい味出してた。
ss

ssの感想・評価

5.0
あああ!最高!
オールタイムベスト!

何だろう「12人の怒れる男」も最ッ高!と騒ぎ立てたけど、法廷もの好きなんだな、私。

なんかもっとこう…「情婦」という題名だから目も当てられない位
ドロドロしてるものだと、観る前は決め込んでいたのよね。

そしたらまぁ、観始めた瞬間から引き込まれていく。
もっちろん、マレーネ・ディードリッヒも最高なんだけど、それより何よりふとっちょお爺ちゃん弁護士、チャールズ・ロートンが!

一見、全然敏腕弁護士になんか全然見えないのよ。
大病して、病み上がりだから口うるさい看護婦やら執事たちにやんややんや言われてめんどくさそうにかわしながらも、階段昇降機には嬉々として行ったり来たり何度もしちゃうお茶目さにもう私の心は撃ち抜かれてしまって…笑
そして身体は絶好調じゃないけれど、弁護士の仕事を本気で愛していて、
真剣に取り組む彼の姿に、また私の心は撃ち抜かれて…笑

レナードとクリスチーネが出会って、家の天井が抜けるシーンはびっくりして吹き出してしまった。

緩急のバランスが素晴らしくて、「麗しのサブリナ」や「アパートの鍵貸します」でビリー・ワイルダー好きだなぁと思ってたんだけど、大大大好きになったわ!
自分が予想していたラストとは全く違う終わり方したもんだから、超興奮。

バーで「another one?」とお代わりを聞かれて「good idea」と答える感じもオシャレで素敵。
いつかそんな風に返答できるようになりたいわぁ、ぐふふと妄想は膨らむばかり。

2018/4/15
Lily

Lilyの感想・評価

5.0
凄腕弁護士と殺人容疑にかけられた被告とその妻のお話。
うわーすごい!完全に騙された!!
あいつが一番悪役だったのね…!

弁護士のユーモアのセンスが好きだったのとマリーネディートリヒの美貌と演技がすごすぎた…!
そら騙されるわ!

原作アガサクリスティーなのね!
即アマゾンで購入。
Haruki

Harukiの感想・評価

4.8
言葉の応酬で繰り広げられるミステリー。

証人や弁護士ウィルフレッドのキャラクターが魅力的で、脚本も展開が速く見事。
ほとんど法廷という場のみで進められるが、俳優陣の演技と二転三転する展開のおかげでどんどん引き込まれる。

ラスト5分の怒涛の展開とどんでん返しは驚かされ、快感。

マレーネ・ディートリヒの演技は最高。
elie

elieの感想・評価

4.5
映画好きが唸る名作
ついに観ました
アガサクリスティー原作の
超一級ミステリー
👏👏👏👏👏👏
お楽しみポイントが
細部までぬかりなく
全てにおいて完璧
気づいてからの
あぁぁぁぁっ!!!!が
何度もある
仕掛け多すぎ楽しすぎ
最後に凄まじい
裏切られっぷりだった
こういう映画が大好き◎
これは何度も観たくなる
tom

tomの感想・評価

4.0
どんでん返し系映画。

最後の二段オチはいるのか?と観終わってから数分考え込む。

結果、あの二段オチが、もう一度見たときの見方が変わり、面白さが増すのでは。という気持ちに。

今までみた白黒映画ではかなり完成度が高い。
とても観やすい映画でした。
太って病み上がりの弁護士が薬や注射を打ちながら殺人事件の無実を訴える男を弁護するようになる。目を見てやってない!のは分かると。
愛人殺し、しかも多額の保険金が彼に入る明らかに不利な状況を愉快なキャラの病弱ぽっちゃり弁護士は無実を勝ちとるために知恵を働かせながら裁判に挑む。
訴えられている男の妻は何故か不利な発言ばかりする。
そして密告電話が弁護士の事務所にかかる。男の妻のネタを持っていると。
禁止されている葉巻を加えながら、そそくさと向かう!
無実にできるだろうか?
何重にも重なり合うかのようなミステリー
面白かったです!
結末は誰もが予想してない終わり方でした。犯人は誰でしょう!
白黒時代の只者ならぬバケモノ映画。

これ以上にスリリングでかつドンデン返しを喰らった映画は人生で1位2位を争う。

法廷シーンは言わずもがなで、法廷シーンの間にある、チャールズロートン扮する病み上がりで頑固な法廷弁護士と愉快な仲間たちとのやりとりシーンは観ていて楽しいし、笑いのセンス抜群!

莫大な保険金をかけていたと云われるマレーネディートリヒの脚の美しさったら!
RuRu

RuRuの感想・評価

4.3
白黒やから物語に没頭できる。最後10分くらい、本間にどんでん返し。現代映画が語るどんでん返しとは比べ物ならん。主人公の弁護士おじいちゃんのキャラめっちゃ好き(笑)間、ストーリー、役者全てのバランスが良い最高傑作!!やっぱり名作はどの時代に観ても面白いねんなぁ凄いなぁ
Gatt

Gattの感想・評価

4.3
WOW!!
これはびっくり。最後の最後で怒濤の展開。これは、ネタバレ出来ません!
アガサ原作の凄さがあっても、それを上回る映画としての面白さ。コミカル且つ重鎮な弁護士に、本当はチョイ役な筈なのに、しっかりと味を加える看護婦とか、キャラ立ちも抜群。感情も色々な法廷もの。
映画って、本当に良いもんですね!って言いたくなる。
>|