アガサ・クリスティー ねじれた家の作品情報・感想・評価・動画配信

「アガサ・クリスティー ねじれた家」に投稿された感想・評価

TOTO

TOTOの感想・評価

3.0
自尊心とか興味って、使い方一つで巨万の富も築けるし人も殺せるんやね。
まじか、ってなった
終わり方も、すごかった、
最後の最後まで見事に騙された
mika

mikaの感想・評価

3.2
観よう観ようと思い、中々観られずやっと。。。
・・・というのもナイル殺人事件で、期待ハズレだったので・・・。

つか、また同じ感想ですけどね(汗

後半30分だけ面白い(ぉぃ

2回寝落ちして、3回目にやっと観たんですが、色々想像しながら観たんですよ。・・・で、まさかの大どんでん返し!
驚きました。。。

で、あっさり終わりますからね(・・;
後味悪いわ。。。。
CANACO

CANACOの感想・評価

3.3
原作未読。ミス・マープルもポアロも出てこないアガサ・クリスティ原作作品。

探偵役はチャールズという若い男性が務める。元外交官、現在は探偵事務所を開いている

チャールズのもとに、美女の元カノ・ソフィアが訪れる。ソフィアは、一代で財を築いたレオニデス氏の孫娘で、同氏が他界したと打ち明ける。世間にはまだ知られていないが、家の中にいる一族の誰かが殺したに違いないから、犯人を見つけてほしいとチャールズに依頼する。そこから始まる王道の犯人探しの物語。

ソフィアは怪しい一族のなかでも重要な人物なので、その彼女の元カレが探偵をすることで、探偵も容疑者に含まれる。ソフィアが元カレに依頼した意味を深読みすることもできる。
アガサ・クリスティ作品を知っている人ほど、いろいろな可能性を考えることができるのでおもしろいと思う。

同作が発表されたのが1949年。湯川秀樹がノーベル賞を獲り、『第三の男』が製作された年。最後まで観た感想として、この年にこの作品を創作したのはやはりすごいと感じる。ヒントも伏線もばりばり張り巡らされているのに当てづらい。

映画としては、作中でソフィアの妹・ジョセフィンが言う通り、チャールズはホームズではなくワトソンのため、爽快感は少ない。観客と同じスピードで悩み迷って、最後の最後まで真相に気付かない。なので、自分で真相を見つけられない限り、抑揚のない調査シーンが続き、ラスト10分まで「どうなるん?」という気持ちで見守ることになる。そしてラストで「ああっ!」と突き飛ばされる。
あそこで切るのは個人的には説明不足だと思うけど、現実には、あの後はゴシップネタに発展しそうなので仕方ないのかな。
この家族全員、クセが強い!
昔のミステリー作品にありがちなキャラ設定で、誰が犯人かわからなくしてる。観ての、読んでのお楽しみですね。
久しぶりのジュリアン・サンズ。歳取ったなー。
【過去に観た映画】2019.6.17

ミステリーの女王アガサ・クリスティーの原作。

華麗なる一族の大富豪の毒殺
で幕があく。
残されたのは巨額の遺産と
“心のねじれた”家族たち。

期待しすぎたからか、
前半部分がゆるすぎ、退屈。

せっかくおもしろい要素が
盛りだくさんなのに、
肝心の謎解き部分の提示がない
のに、他の部分を示しすぎで
バランスが悪いかも。

ラストは、あっ!というが、
色んな意味のびっくりである。

ミステリー好きの友と、
見終わって、唖然とした顔で
無言で見つめあったもの。
虚脱感。

このレビューはネタバレを含みます

犯人が意外な人物だったから面白かった。好きなジリアン・アンダーソンが出てたし。こういうどうしようもない家族って興味深い。たいていは仲がいい時もあれば悪い時もあるけど、こういう年中やっかいなことが起きる家族ってすごく嫌だろうな。なかなかに感情移入してしまいました。
HSN

HSNの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

映画というよりは2時間ドラマという感じ。

結末は意外だったし、終わり方もスパッとして驚き。
jun

junの感想・評価

4.0
アガサ・クリスティ原作。 読まずに鑑賞。

よくある愛の無い家族の遺産目当ての殺人に、国家権力等の絡みもある作品かと思いきや、「まさかの犯人」と「殺した動機」に衝撃。
そして愛ある最期に感動でした。

ただ、あの最期だと、冤罪で捕まっている二人はどうなってしまうのか?謎のままなのが消化不良でした。

2時間あっという間で、原作を読んでみたいです。
つい

ついの感想・評価

3.6
なかなか面白かった。知らない話だったので、どうなるかわからなくて最後まで楽しく観れたかなー。

昔の推理小説にはありがちな、大富豪の不可解な死とその遺産相続を巡る一族系の争いの話ではあるけど、それぞれのキャラクターの描写も丁寧で、とても見易かった。

あんまり犯人は誰だ、という目線で観てなくて、ゆるい気持ちで観てたら、最後はおおっ!という感じで良かったなー。
>|

あなたにおすすめの記事