オリエント急行殺人事件の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

あらすじ

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロ…

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内で殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。 鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバート夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。 ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えカスから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は乗客の中にいるのか、それとも・・・・・?

「オリエント急行殺人事件」に投稿された感想・評価

ゆげ

ゆげの感想・評価

-
私が寝台列車とかに憧れちゃう理由はこれかもしれない
原作は未読だけど、名作小説を新解釈で映像化した作品ということで、動のシーンも多く、飽きずに見続けられた。
昔見たドラマ版とまた一味違う、ダンディでスマートなポアロのキャラクター(と草刈正雄さんはじめ吹き替えキャストの演技)も好ましい。

優れた物語は何度語ってもよいものとはよく言ったもので、見終えてしまえば話自体は意外とシンプルなのだけど、犯罪に至るまでの経緯や、善悪を超越した犯罪に対する名探偵という構図は魅力的。


同作者で唯一読んだことがある「そして誰もいなくなった」も最初読み終えた時は結末に驚いたのを覚えている。
今更語るまでもないことなのだろうけど、作者の話を創る能力は凄まじいなと再認識。

事件の終焉に対して感じる想いもきっと人それぞれなのだろう。
他の名探偵だったらどんな解答を示すのか、そんな風に考えてみるとちょっと面白いかも。
(杉下○京だったら一つ目の結論は決して提示しないだろう、とか。)

もしもこの作品をあらゆる媒体含め未見で、興味自体はあり、映画を見る余裕がある友人がいたら迷わずに勧める。





ところで、同じく名探偵を新解釈で描いてはっちゃけ具合が最高なシャーロック・ホームズの続編まだー?
犯人がわかっていながら見る作品なのに中だるみがない!名作たる所以かそれとも名優たちおかげか⁈
この作品を見たことのない方は必見です。
yuna

yunaの感想・評価

3.7
オープニングから列車に乗り平穏を保っている時までの演出は本当に素晴らしかった👏殺人が起こらないならオリエント急行に乗って、美味しい食事とワインを飲みながら素敵な旅を味わいたい!!

ケネス・ブラナーがジュディ・デンチをエサにしたらこんな豪華キャストになったとか(笑)私は彼女が007のMだということしか知らなかったのですがそんなに凄い人だとは!😳今作での彼女は犬を連れている気難しいおばあちゃん役です👵

私はアガサ・クリスティーの小説はこれと「そして誰もいなくなった」しか読んだことがありません。
もし「シャーロック・ホームズ」のコナン・ドイルの作風と比較するなら、探偵があまり動き回らないのがクリスティーの傾向だと私は勝手に思ってます🤔
意外と心理戦で、言葉で説き伏せる感じ?ですかね!私は好きです!

そんな動きの少ない作品をどう映像で動かすかを楽しみにしていた所があったのですが、良かったです。

話が変わるのですが、私は洋画は必ず字幕で観る派です。吹き替えが苦手なので(笑)
しかし今回はこれが仇となるほど日本語訳を目でずっと追い続けた場面がありました👀ww
できればそこだけは人が喋り続ける映像ではなく、その情景を映像で再現してもらえれば字幕派としては目が疲れず(笑)ストーリーに起伏が生じてより良かったのでは〜なんて個人的に思いました。
吹き替えで観たらまた違う感想になるかもしれません!

名探偵ポアロはホームズ並みに変わり者でキレ者です。ケネス・ブラナーの髭は似合っていたのですが、ハリー・ポッターのロックハートとは顔が別人過ぎて気づきませんでしたよ!!
しかも主役兼監督だったとは!!!
Taiju

Taijuの感想・評価

3.7
原作も1974年版も観ておらず、お恥ずかしながら全くの初見。楽しみにしてました。
映像・風景が綺麗でロマンチックな雰囲気。
ただ途中で眠気が襲ってきていくつかの重要なシーンを見逃してしまったかも…。
終盤に謎解きのシーンがある訳ですが、その情報のヒントはどこにあったの?なんでポワロそれ知ってんの?となってしまいました…。

原作小説を読んでみて英語と比較してみたくなりました。
るー

るーの感想・評価

3.5

「全員名優」のキャッチコピー秀逸すぎ。
観る前は、よっしゃ!!犯人当ててやろ!って意気込みで観ました笑

ただ観ているうちに何かがおかしいと思い、犯人が〇〇であることは正直途中から疑い始めました。笑

でもこの映画の本当の趣旨は違うんじゃないかと思いました。
犯人が誰なのか考える映画ではなく、命の重さを考えさせられる映画だなと感じました。
ポアロも言ってました。「善悪の天秤にかけるのは難しい」と。
本当に難しい。

とにかくこの映画は本当に「全員」名優でした笑
あき

あきの感想・評価

5.0
予告編のまま、まさかポアロで泣けるとは。クライマックスにとても感動した。
yuma

yumaの感想・評価

3.7
2017.96

同じサイズのゆで卵2個 🥚⚖🥚

寝台列車の旅は僕の夢の1つ
オリエント急行、凄く素敵な内装
レストラン、BAR、個室
格好良く出来たオリエント急行🚞💫

イスタンブール発→ロンドン行

あまりにも有名過ぎるらしいのでネタバレ

※ネタバレ※

急遽オリエント急行に乗る事になった
探偵ポワロ🕵️‍♂️

冬のオリエント急行はガラガラのはずがなぜか満員
仕方なく相部屋することになる
列車は走り出し
10数人..
様々な人が同じ空間で同じ時を過ごす

金持ちそうなおばあさんと付き人
イケイケなおばさん
教授、医者、家庭教師、ビジネスマン など

列車は雪山で🏔 雪崩で脱線..

車掌は一人ずつ安否を確認する。
すると強面の男(ジョニーデップ)
が刺し殺されていた。
刺し傷は様々で10数回刺されていたのだ。

乗客船員が強面の男に恨みを持つ集まりで
殺人を計画していたのだ
(恨みは省略)

誘拐殺人犯への復讐だった🔪

刺し傷に統一性がなかったのは全員が
1回ずつ刺したからです。

唯一の誤算
🏔雪崩れ 🕵️‍♂️ポワロが乗り合わせた事

感想
ん、まぁー、でしょうね💯

推理サスペンス代表映画 🎞
お団子

お団子の感想・評価

3.5
一冊のミステリー小説を2時間で読み切ったすっきりした読後感のようなものがありました。街並みも電車の中の様子も、俳優さん達も素敵で見ていて世界を旅したくなりました。謎自体も複雑ではありましたがとても面白かったです。ただ少し探偵が天才すぎたのと、海外ならではの終わり方でそこはあまり好きではなかったです。私が日本人だからですが、やはり最後は潔く受け入れるべきだったと思いました。
>|