わたしたちの作品情報・感想・評価

「わたしたち」に投稿された感想・評価

ドッジボール死ぬほど嫌いだったなあ。本当に狭い狭いでも果てしない惑星で生きている彼女たち。終わり方がすごく好き。
いじめられっ子が夏休みに引っ越ししてきた子と仲良くなるが、塾でいじめっ子と一緒になったことから休み明けにはいじめる側にまわってしまった。
子供たちの演技がとても上手でお互いの内面の心がよく描かれている。
弟くんがめちゃくちゃ可愛い。
miki

mikiの感想・評価

3.6
スクールカースト、嫉妬、裏切り。
小学4年生の少女たちのリアルな日常が描かれている。

子供は、小さな胸に色んな思いを抱え葛藤しながら成長していく。
学生時代、クラスに性格悪い子がいたら苦痛だよね。私もあまり言いたいことを言えず我慢しちゃうような子供だったので、色々思い出しちゃった。
よく出来た映画!
自分が小学生の頃思い出さずにはいられない。
小学生の頃って平気で残酷なことをするんだよね。
昨日まで友達だったのに急に無視したり仲間外れにしたり。
すごく仲良かったのにいつの間にか全然喋らなくなったりする事はよくある。
いつもひとりぼっちのソンが転校生のジアと友達になって毎日楽しそうにしてたのに、夏休み明けからのソンを無視するジアの態度の急変にはショックすぎる。
きっとジアと友達になってもうクラスでひとりぼっちじゃない、これからはジアがいると思ってたはずなのに。
貧しくても温かい家族のいるソンとお金持ちだけど両親からは愛情を受けていないジア。
そんな2人の家庭環境の差やそれぞれ違う持っていないもので羨ましく思ったり、少しずつすれ違っていく姿を見るのが辛い。
久々に胸がぎゅっと締め付けられた。
てぃだ

てぃだの感想・評価

4.0
「はちどり」は
政治的なテーマが結構
全面に出てきて
どうにも乗り切れない部分も
あったんだけど


これはいい

イ・チャンドンが見つけた秀英
今後も期待大である

小学4年生で
既に大人の世界である

女は女である

男もそうだろうけど

虐めてる自覚なんて本人たちには
全くないはずで

友達
家族


どうしようもない経済的な
家庭の格差

携帯持つ子と持たない子
お小遣いある子とない子
塾行ける子と行けない子


コロコロ変わる人間関係

そこには理由はなくて
でも何故か苦しくて

ドッジボール
僕も大っ嫌いだったなぁ
あんなんできゃぁきゃぁと
盛り上がれる同級生が
バカにしか
見えなかった爆
(←単にスポーツ全然できなかっただけ)

ていうか
センコー
こんなアホみたいな
チーム分けさせんな
最後まで残ったやつが
どんだけ傷つくか考えろボケ

友達って
無理に作らなくてもいいよ

こんな奴らとは特に
仲良くしなくていいよ


友達なんかいない方が
自分の時間を有意義に使えて
楽しいよ

っていうのを
わかる年になるまで
頑張って
生きなんしゃい

弟が
結構いいこと言う

憎しみの連鎖(と言うとキリがないけど)は
どっかで断たねば
O

Oの感想・評価

4.2
いつも一人でいたソンが転校生のジアの存在にどれ程救われたことか。ホウセンカの汁で爪を染めるのはアン・ウニョン先生もやってたな。良いシーンだった。
ちょっとしたことで喧嘩したりすぐに仲直り出来たら、一番良い。分かり合えるはずなのに素直になれない。いじめる側もいじめられる気持ちが分かっていながら自分じゃなきゃいいって思いながら繰り返すのかも。最後のソンは自分がやられたことを思い出してちゃんと声に出した。偉い。
叩かれたら叩き返してみんなが本当のことを言い合えたら世の中丸く収まるのに。そうはいかない現実が辛い。葛藤する子供の繊細な心の機微がとても良かった。
YES300D

YES300Dの感想・評価

-
2021年 25本目

小学生とかってまじ親の規範そのまま真似するから、うん…。と思った。弟かしこすぎる
サバ

サバの感想・評価

3.8
胸がザワザワする。
小学生の頃を思い出した。
ドッチボールの所はソンの気持ちが良くわかる。
小学生の頃わたしは背も低く、運動音痴で体育の時は、嫌だったな。子供は、残酷である。

子供は、子供のランク分けが知らず知らずある。勉強であったり、運動であったり、家庭環境であったり、クラスの中心になる子、そうでない子。

ジアは、裕福であるけど、両親が離婚していてお婆さんと暮らしている。
ソンは、貧しくはあるけど、両親、弟と家族揃っている。
お互いの引け目であったり、嫉妬であったり、この女子特有の微妙な関係がよく描かれている。

弟のように、まだ何も考えられない年頃だと、喧嘩しても友達と遊べるのだろう。

さあ、このあとは?な曖昧な終わり方もいい。
yukko

yukkoの感想・評価

3.0
小学生女子のいやぁ~な生態を思い出した‥😨ああ、こんなだったな😥
敵と味方が入れ替わる。日常茶飯事。
幼い弟の一言で大事な事に気づく。

たわいない話なのに評価高いな😲何故?私は退屈だった。

『パラサイト』の母ちゃんがめちゃ優しい良き母ちゃんを演じてて草。
ほんとはマニキュアだって高級な色鉛筆もどうでもよくて、ただ仲良く遊びたいだけ。
長女の要領の悪さがとても共感してしまった。お母さんのやさしさとまっすぐな健全さに救われる。
>|