わたしたちの作品情報・感想・評価

わたしたち2016年製作の映画)

우리들/The World of Us

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:94分

4.1

あらすじ

小学校4年生の少女ソンはいつもひとりぼっち。終業式の日に偶然出会った転校生のジアと友情を築いていくが、新学期になるとその関係に変化が訪れる。さらに、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの、互いの家庭環境の違いも二人の友情に小さな暗い影を落とす。そんなある日、ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまう……。

「わたしたち」に投稿された感想・評価

TsutomuZ

TsutomuZの感想・評価

3.7
傷は癒える。
しかし、死んだら取り戻せない。
だから、今、遊ばないと。

韓国映画は子役と喧嘩が最高だと分からせてくれる。

演出脚本に応えることができる演技の凄さが子ども主演の映画の醍醐味である、ほつれを感じさせてくれないという、贅沢な悩み。
誰もが体験した、でも大人には決してのぞくことができない世界。そんな世界が作品として成立している奇跡!永遠の名作。
Aya

Ayaの感想・評価

3.6
え?!2017年9月末公開なの?!
うわー1年待った感じ??

いい評判ばかりが流れてくるため、早く見たい!地元で上映するよ!と言われてあれからどれぐらい待ったでしょうか・・・。

公開無し

よりも

公開予定時期未定

の方がタチ悪いと思うんですよ。
こんなに遅くなるのなら大阪まで行ったよ・・・。

非常に繊細な映画でした・・・。
地味でもないし、派手にお金かかってるわけじゃない、凄くいい案配の韓国映画、って感じですね。

身体的にも成長に差が出て、自我が固まってくる小4の女子。
ボラというクラスのボス的女子を筆頭になんとなくハブられてる、状態。

そんな彼女は夏休みに入る頃転校生ジアに出会い意気投合。
両親がおらず、お金持ちの祖母に預けられるジアは羨ましくも平気で万引きしたり、母親と仲の良さそうなソンに嫉妬する面も持ち合わせる親友ができる。

しかし、彼女の通う英語塾にはボラも通っていて・・・。
新学期が明ける頃には関係に変化が訪れる・・・。

凄くリアルな小4!!
こまっしゃくれてとないし、可愛い〜!感じでもなく、本当にそこらへんにいそうな子たち。

ソンは基本お人好しで人の顔色を伺ってしまい、損な役回りを押し付けられても文句が言えない。
でも底無しに優しい。

やっとできた友達にも悪いことは悪いって言うし、落ち込んでたら励ましてあげる。
そして弟の面倒を本当によくみる。

ソンはもっと怒ってもいいくらい理不尽なことばっかりされてるんですけど、相手にもこういう事情があるよね・・・と優しさが先に立つのは、この子の家庭環境が全てを物語ってるのです。

すこぶるいい家庭なんですよ!!

仕事ばかりのお父さんはお酒を呑んでは自分の父親(ソンのおじいちゃん)の悪口や仕事の愚痴を言うが、きちんと帰ってくるし子供にも優しい。

お母さんは小さな食堂を切り盛りし、おじいちゃんの入院費を払うのだって当たり前!ソンも叱るし、弟に怪我ばっかりさせる友達だって叱る。
でもいつも笑顔で話を聞いてくれて、勝手な決めつけは絶対しない。

そしていつも過剰なレスリング遊びにより怪我をしてくる無邪気な弟のユン。
人懐っこい。

こーの家庭で育って、性格曲がるの難しいよ!!
ということは反転して考えると、素直になれないジアや、ハブる事ばっかりするボラは?って気持ちになっちゃいますね・・・。

とにかくこの家族がいい。
しかもソンはスマホ持ってないから、「優しい嘘」で描かれたみたいなSNSを使ったいじめには巻き込まれない。
いや、巻き込まれてるのかも知らないけど、見てない。

別の映画でデイヴ・フランコが言ってたんですけど「昔のいじめと今の時代のいじめは違う。昔は家に帰れば忘れられたけど、今は家に帰ってもSNSで悪口を言われたり四六時中逃げ場がない」と。

あのセリフ思い出しましたね。

ホウセンカのネイル、ドッチボールの線、言い合いからの仲直りといった細かい描写を丁寧に紡いだ良作。


日本語字幕:根本 理恵
horry

horryの感想・評価

4.0
子どものいじめを描いているが、とても緻密。些細なきっかけでいじめのターゲットが移ること、ほんの少しの嘘や誇張で壊れる人間関係、絡まって解けない思いなどが、子どもたちの素晴らしい演技でクリアに映し出される。

子どものころ心に刺さった棘は、誰にも残っているのではないか。普段は忘れているのに、思いだすと痛みをぶり返す棘。古い棘の痛みを感じる作品だった。
純

純の感想・評価

4.5
小さいころ、孤独とは「残りものにされること」でした。繊細だから誰にも選ばれないくらいで泣くんだねなんて言わないで。そんな顔、あなたには似合わないと知ってほしいからきれいな鏡を贈ります。聖母のほほえみも美しい歌声も、どうしてこんなに無力なんだろう。意地悪なあの子と同じリボンの結び方ができなくちゃ、あなたは安全ではないのですね。

子どものときの世界は、学校がすべて作り上げていた。正しさと思っていたものは、悪い宗教のような縄できみを締めつけていたのに、その痛みに耐えないと、きみはいつまでも残りもので、誰にも拾われない落し物だと思い込んでいた。みんな、悪い夢ですよ。ひとりひとりが個性を伸ばし合うための場所で、「みんな」という言葉からはみ出したら生命線が断たれるなんて、一体なんて名前の詐欺なのかな。

本当は、わたしだけがわたしの心を見つめていられれば大丈夫ですと言えるようになるはずだったのかもしれないね。友達ができないというただそれだけで、不幸になる必要はないと身体のどこかは知っていて、いつも心をなだめていた。それでも絆に憧れてしまうのは、わたしたちに血が通っていることの証明になるのではないですか。誰かを抱きしめられる体温があるから、繊細さゆえに泣いてしまいます。

戻りたい、と縋る気持ちが悲しかった。約束を破られたことが裏切りに見えたのは、確かに信じる気持ちがあったからだと、どうか思い出してあげてほしい。新しい約束をしようよ。戻れはしないけど、わたしたちの世界ならまた作ればいい。不恰好かもしれなくても、うつくしいホウセンカ色の爪で繋がっていよう。時間をかけて、大切に与え合ったふたりの色。呼んでいる声がするね。

尖った気持ちに棘を向けていたら、傷つけ合うだけで終わってしまうんだなあ。かさぶたになってあげなくちゃ。僕は友達を叩きたいんじゃなくて遊びたいんだという弟の言葉が、何よりも広くてやさしかった。寂しいや痛いを知っているもの同士だからこそ感じる視線があること。寄り添ってほしいのがいつなのか、ふたりはきっと知っている。持っているものや失ったものは違うけど、それを大切な時間を否定する理由にしないでほしいな。もう一度素直になれるよ。わたしたちなら。わたしたちだから。
Bigs

Bigsの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

子どもたちの心の動きを丁寧に、誠実に捉えた大傑作だと思いました。

学校で疎外感を感じるソンと、転校生のジアはふとしたことから仲良くなり、夏休み中即ち周囲の圧力が無い期間に仲を深める。しかし母親と疎遠のジアはソンに嫉妬心を抱き、またいじめっ子ボラが現れると過去いじめられた経験からジアはソンとの距離を取るようになる。それでもソンはジアと関わろうとするが、ちょっとした誤解、周囲の悪意により言い争いや暴力に発展し、2人の亀裂は決定的になったように見える。それでも、より無邪気な弟の話を聞いたソンはまたジアに歩み寄ろうとしていく。

まず、本作は子どもが主人公ですが、結局は子どもに限らず人間の根本的な性質に関わる物語だと思って観ました。
元々友好的な人間同士の関係性が、どういう要因により悪化していくのか、そして重要なのはどうしたらそうならないのかという答えのヒントが、普遍的な物語として語られていたと思います。
嫉妬心や周囲の同調圧力により少しずつ亀裂が入ること、やられたらやり返すの論理で悪口や暴力に発展していくことは観てるだけで痛ましい。心優しいソンが暴力を行使するまでになるのはショッキングだった。

映画全体として、ストーリテリングがハイレベル。位置関係で隔たりを表現したり、小道具(爪のマニキュア、色鉛筆)の使い方も上手い。終盤の顔の傷(絆創膏)は、そのとき心に負っている傷を表していたり。あと、とにかく子役の演技が素晴らしく、特にソン役の子は表情1つでニュアンス豊かに感情を表現していた。
小学生の記憶が蘇りました。
形は違えど誰もがこのような光景を見てそれぞれの立場で何かを感じていたのだと思います。
ただ当時は子供なので上手く感情をコントロールできない。そんなもどかしい懐かしい記憶を辿れる映画でした。
韓国の子役の素晴らしさが
ここに詰まってる。

演技をしているという感覚を覚えさせない
あまりにも自然でリアルな表現力に
ただただ圧倒。
記録
子供のいじめをテーマにした韓国映画。本作を観ていると自分がいじめられた時を思い出した。特にドッジボールでのメンバー決めなど感情移入してしまった。本作はシナリオはほぼ無く子供たちの感情のままに演出している。この映画はオススメなので是非ご覧下さい。
いじめられっ子の小学生と転校生のいざこざ。
どこにでもありそうなことを物理的にも精神的にも小学生の彼女たちの目線で語る。

自分もイジメはなかったけど、
小学生の頃は学級崩壊をしていたので、
少しその頃のことを思い出した。

ほんの少しの一言だったり、
ちょっとした期待値のズレで、
あの頃の自分たちは感傷を起こし、
友達と喧嘩したり、大人に当たったりしていた。
この映画でも親とうまくいっていない転校生の少女が、親と仲良くする主人公を見て、嫉妬するところから関係が悪化する。
本当にそんな少しのことだ。

しかし、そういうことはあまり大人たちには見えていない。
「なんであの子はあんなに暴れるの?」
大人たちはよくそう言ってた。
暴れるアイツを自分もそんなに好きではなかったけど、彼が暴れる理由も同じ時間を一緒に過ごしてたからこそ知ってる。
だから、子供たちでなんとか解決しなければいけない。

それを、自分はできなかったが、
この主人公の様にちょっとの勇気を持てればと思う。
少しの後悔。ても、大きなの希望。
>|