わたしたちの作品情報・感想・評価

わたしたち2016年製作の映画)

우리들/The World of Us

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:94分

4.1

あらすじ

小学校4年生の少女ソンはいつもひとりぼっち。終業式の日に偶然出会った転校生のジアと友情を築いていくが、新学期になるとその関係に変化が訪れる。さらに、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの、互いの家庭環境の違いも二人の友情に小さな暗い影を落とす。そんなある日、ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまう……。

「わたしたち」に投稿された感想・評価

別にお涙頂戴な映画じゃないのに、観ながらも観終わってからも涙が止まらなかった。

(私もかつて彼女たちのようだったといろんなことを思い出したり感じたりすっかり泣きのツボにハマってしまった)

映画はもちろん、パンフレットも丁寧に作られていて買ってよかった。

大事にしていきたい映画だなぁとしみじみ。
ミチ

ミチの感想・評価

4.8
小学4年生の少女たちの、夏休みから新学期までを描いた作品。


冒頭のドッヂボールシーンが本当に秀悦。

特にドッヂボールが始まってからの主人公ソンを追う絵が素晴らしい。

もうこれだけで、作品の背景が伝わり、一気に世界観に引き込まれる。


小学4年生というのも絶妙な年代だと思う。

素直で無邪気。だからこそ残酷。

前の日まで友達だったのに、突然友達じゃなくなるあの感覚を思い出す。

本当に小学4年生が作ったんじゃないかと思うほどの空気のリアルさ。


好きな監督として是枝裕和を挙げるだけあり、小道具の使い方や即興演出など共通する部分が伺える。

そこに女性ならではのやわらかさのようなものが加わり、題材の捉え方はシビアなのだが、常にやさしさのフィルタがかかっているかのようだった。

登場人物たちへの愛しさが、劇場を離れてからもどんどんと強くなっていくのは、このあたたかくやさしい視点によるものなのかもしれない。

メッセージを押し付けることのないこの作品の中で、ソンの弟が放つ一点の曇りもない言葉は、観る者すべての心に刺さるだろう。


おそらくこの作品は性別や年齢で捉え方が大きく変わると思う。

彼女たちくらいの子どもたちにはどう映るのだろうか。

実体験をもとにした作品ということで、これからユン・ガウン監督がどんな作品を作っていくのかに期待したい。
あい

あいの感想・評価

4.4
20171117
これはすばらしかった。
友だちができたときの浮き足立つ感じ。やきもちやいたり嫌われちゃったかなって不安になる感じ。
女の子はきっと経験したことある感情がたくさん描かれている。
だからヒリヒリした。でもこういう経験はしておいたほうがいい。
Yoshmon

Yoshmonの感想・評価

4.2
いつかの記録。
いつかの記憶。

自我も積み重ねた常識や法則もない子ども時代には、物事の善悪は大人以上に鋭く”感じ取る“もの。そして揺れるもの。

僕にも辛い時期があったからよく理解できる部分もある。

ただ僕の場合は小中は良い友達環境に恵まれて、しかし教育機関として決して褒められた環境ではない高校に入学することになってから、それからの三年間は辛いものだった。

本作の2人の年頃では、その「純粋さ」が良くも悪くも危うさを孕んで、もがく姿はなんとも健気。…と今の年齢になって振り返ればそう言える。

「なかま外れ」の本当の辛さは当事者でないと絶対に分からないもの。

マジョリティから敢えて外れるのも、とてつもない勇気が要るもの。

最後の弟くんのナチュラルすぎるワンシーンでトドメを刺されたよ。

本作は、子どもたち頑張ったで賞。
ryokaneya

ryokaneyaの感想・評価

4.3
なんだこのトラウマど直球映画は!

見た直後は、苦い感情の方が大きく残っていたけれど、時間が経って反芻すると、あれを映画にしたこと自体、映画の中であそこまで成立したこと自体が、すごいなあと思う
全ての女の子に、見て欲しいし、
今のあの子にも見て欲しい

ソンもハン・ジアももちろんだけれど、ボラ役の子も、素晴らしくハマっていたと思う。
きょ

きょの感想・評価

3.8
いじめの描写がかなりリアルだった。
心の痛みがダイレクトに伝わってくる。

学校とか、人が集う場所にはどこにでもそこ特有の空気ができる。
その空気が時として”いじめ”として襲いかかってくる。
根は優しい性格の人でも、影響力の強いイヤな奴に流されていじめに加わってしまったりする。
イケてない奴と仲良くしていると自分がイケてないと思われるから、別に嫌いじゃないけど無視したりからかったりしてしまう。
本来いじめを行わないような人でも、自分を守るために加害者になりうる。
いじめを行う人間は弱い人間だと思う。
攻撃の対象が無ければ安心を得られないから。たぶん、みんな何かしら不安だからそういうことで心の穴埋めをしている。
誰か一人を悪者にすることも難しい。

二人しかいなければ、ずっと親友のままでいられたのに
ぺしん

ぺしんの感想・評価

4.5
これも日常系映画

たぶん学校内ではどこでも起こっているようなこと
「いじめ」まではいかないかもしれないけど、いわゆるスクールカーストの話
日常系といってしまうとほっこり系を連想するが、
これも日常系といえるだろう

初っ端のチーム分けじゃんけんのくだりでもうヤバい
胃がキリキリする
日本と何ら変わらない

こういう映画では大抵「クズみたいな大人」が事を複雑にするのだが、
この映画に出てくる大人は基本的に自然な対応をしている
そこが良かった

ブレスレットが伏線に…?という淡い期待も無残に散り、
先の読めない展開も見事

終わり方もとても良い
彼女たちの世界はこれからも続く
ユジク阿佐ヶ谷
小学四年生の女児。両親と弟と貧しいながら慎ましい暮らしで、集合住宅に暮らす。クラスではスクールカーストの最底辺で、目に見えて虐められているわけではないものの友人はおらず。そんな中、夏休みに転校してきた女の子。裕福で自己主張も強く、何よりわたしを認めてくれ、遊んでくれる。ところが、夏休みが終わって状況が変わり……。
スクリーンに描かれる小学生の目線から描かれる世界。母の勤め先と自宅、近所の公園、そして小学校。そうだったなあ。いま考えるとあまりに狭くてちっぽけで脆弱なコミュニティだったなあ。と小学校生活を振り返りながらしみじみ。子供は純粋で、残酷で、決して楽しいことばかりではないのだけれど、我慢だよ!と心の中でエールを送りながら、年の瀬に素敵な小品と出会い、ほんのり温まったのでした。
マサ

マサの感想・評価

3.5
どこにでもありそうな小学校の女の子達によるいじめ。夏休み前の終業式に転校生と出会うことで、二人の女の子の関係の変化にものすごいリアリティーが。マニュキアも何かを訴えかけてくる。終わり方も秀逸!
小さい頃の、スクールカーストの記憶。誰かに認めてほしくて、人を傷つけたり、傷つけられたり。

観ると心がヒリヒリして、途中から顔覆って観てた。
すごい映画だったなあ。また観たい。
>|