ハローグッバイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

4.0

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

りさ

りさの感想・評価

-
10代の閉鎖された人間関係のなかでもがくしかない感じとか、女子特有のドロドロとか、年月をへての諦めとか許しとか、全てが人間臭くて観ていて苦しくなったりした。それでも10代はキラキラしてるし素敵な時間だったんだなと思えるお話しでした。

主役の女の子の存在感がすごすぎた。
ayapan

ayapanの感想・評価

4.6
前に予告編観て、気になって気になりすぎて、やっと観に行けた。。公開が延長になってくれてほんと良かった🙆💗

萩原みのりちゃんも久保田紗友ちゃんも
すっっっごく良い。


なんだろうか、、どうゆう感情なんだろうか、自分でもよくわからないんだけど、後半ピアノの音がすっと入ってきて、気付いたら涙が。。口ずさみたくなるような、耳から離れない素敵な曲。。誰のなんだろうって帰り道に調べたら昔、偶然にもビレバンで心奪われて買ったCDと同じ人だった。。。びっくり。Schroeder-Headz、渡辺シュンスケさん、この人の音楽の虜みたいだ。

交わりそうで、交わらない
終わり方もすっっっごく良かったし、
上辺だけ、SNSが離せない、、
そんな薄っぺらい友情なんかより
はづきと葵みたいな友達の形がいいって心から思う
2017/08/16
ユーロスペース
BS2011

BS2011の感想・評価

3.9
とても気持ちのいい映画だった!
二人の女優がとてもいい〜
学校のイケイケグループに所属する女の子と、真面目で目立たないタイプの学級委員の女の子。
そんな本来関わらないはずの2人が1人のおばあちゃんと出会うことで距離を縮めて行く。

みんな抱えてるものがあって。
隠したい闇があって。
見えない傷があって。
大事なものがあって。
でもそんなのは人から見たらわかんないし、関係ないし。
まず人にはそういうものは見せたくないし、侵入されたくないし。
人の心なんていうのは理解できるわけもないんだけど。

だけど、本当はちょっと知って欲しくて、自分のことをわかって欲しくて。
そんなほころびが、実はたくさんあって。
そのほつれた糸を優しくほどいてくれたのがおばあちゃんで。ほころびが広がって。
そこにいたのが、ハズキにとってアオイであり、アオイにとってハズキであったのだと。


それにしても萩間みのりちゃんがどタイプだったからもうずっとハズキ見てた。
すかい

すかいの感想・評価

4.3
フィルマークスユーザーさんのレビューを見て興味を持ち鑑賞。軽く調べた時に雰囲気が良さそうな作品だなーと思っていたけれど、始まって数秒で好みな雰囲気の良さが感じられて思わず嬉しくなった。「本当の友達とは?」というテーマもとても私好み。

内面には寂しさを抱えつつも1人でいることの出来る芯の強い葵と、上部だけの関係でも1人でいるよりはマシだと考えるはづき。相反する2人の女子高生。そんな2人があることをきっかけにお互いのことをちゃんと知るようになり、理解していく。段々変化していく彼女たちの関係性に胸が熱くなった。

それゆえにラストは個人的にはここで終わり!?この先が見たい!!という感じだったけど、あの終わり方ってそれこそリアルだなって思う。別々の道だけど共に一歩ずつ前に進んでいける関係って素敵。今時の女子高生事情はよく知らないので実際こういうものなのかどうかは分からないけど、自然に見える上手い描写だったと思う。
SHINDY

SHINDYの感想・評価

-
最後音楽で持ってくの、ちょっとずるくなーい?

後半からの盛り返し。

最後まで観ると、いい映画。

洋画見てから観ちゃうとな…
邦画ってもちろん邦画の良さがあるけれど技が無さすぎないですか。。
屋上から下校する委員長=葵を視界に認めたはづきが思わず動き出し、次のシーンでは本作に繰り返し登場する重要なトポスである階段で背後から葵に寄り添って行く。ここではづきは何も言わず、葵も一瞥すらせずにごく当たり前に近寄るはづきを受け入れ、さらに次のシーンではこれまたごく当たり前に2人で老婆の家を訪ねて行くが、この一連の流れが大変に美しい。こういうのは映画ならではの表現だ。最後に仲良くなったりしないのもまた良いね。設定なんかはありがちに見えながら少しだけありがちではないなかなかの秀作。はづき(萩原みのり)と葵(久保田紗友)の対比が良いが、特に萩原が素晴らしく、「中心と内面」があるのかないのか判別しがたい表情と芝居が天性のものを感じさせる。もたいまさこは役には若すぎる気が。ちょっと違うイメージがあるが、まあ悪くはない。菊池健雄は『ディアーディアー』も観てみようか。
高校二年生の夏、元カレの子どもを妊娠したかもしれないカースト上位美少女はづきと実は万引き繰り返すパシリ優等生委員長あおい、仲良くなるはずのない二人が認知症の老婦と出会って、そのおばあさんの初恋の人を探すことになり、友情のようなものを見出してゆく。


はづきは常に友達グループ4人で行動し、いつもLINEの通知音が鳴りやまないけれど、そんなのは孤独から目を背ける間に合わせだ。ただこの教室という世界で生きていく方法。妊娠疑惑の相手である元カレの今カノが同じグループにいる居心地の悪さ。他二人は気持ち悪い伺い合いをしている。応援してくれてるんだよね、私たち、友達だよね。心、誰ともつながっていない。本当の味方がどこにもいない。一方、優等生で委員長でお金持ちでパシリで友達のいない葵は学校にも家庭にも孤独を抱え、それを紛らわすために万引きを繰り返していた。



そんな二人だったのに。そんな二人だったから?誰にも言えない、言わなくてもいいような孤独を抱えていたから。誰かを希求する心がたしかにあったから。助けてくれなくっていいよ。もしかしたら、誰でもよかったのかもしれない。でも君の暗闇が太陽に反射して教室の天井に主張するきらめきに、私は気づいてしまったんだよ。誰にも言えない苦しみが君にもあるってことだけ知れた喜び。


最も身近な人間関係に疲れてしまっても言い出せないのは無論その関係を崩したくはないからで、だからこそ少し離れた、人間関係に乱れを及ぼさない人には気楽に話せたりするものである。自分の高校時代を思い出す。一年生の時に体育をサボって保健室に行ったらサボっている保健室の常連ぽい三年生の女子の先輩(関係ないけどすんごい美人)がいて、初対面の僕に向かって一時間ずっと最近クラスの中で何があってどうつらかったかということを話してくれて、その後卒業するまで校内で見かけるたびに会釈したな。あの保健室にいた時間しかゆっくり話したことはないし、もうSNSすらつながっていないけれど。


認知症の老婦は、助けてくれた二人のことを二人が帰る頃にはもう忘れてしまっていた。私たちのことだってそれでいいよ、忘れてもいいよ、でもたしかにあの時のわたしたちには心のつながりがありました、もはや時すら超えて。「安心して、明日から話しかけないから」本当に話しかけないからね。またいつも通りの日々だから。元通りになるだけだから。そうやって生きてきたから。


もう二度と話さないかもしれない。二度と目を合わせないかもしれない。絶対に思い出にしかならなかったあの時間。心にだけ残ってゆく宝物。いつか忘れるかもしれない。別に恋しくは思わないかもしれない。でもいつでも思い出せるんだよ、あの旋律を身体が忘れてはくれなかったから。
ebifly

ebiflyの感想・評価

3.8
最後交わらないところのリアリティ。だよな、そうだよな。
>|