ハローグッバイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

高校の委員長の葵と、はずきの関係が、認知症のおばあさんとの出会いによって変わる話。
この映画にも協力している、瀬田なつき監督「PARKS パークス」を観ていて、きっかけに登場人物の関係が変わる共通点を感じました。
主題曲の旋律が印象に残りました。
葵とはずきを演じた二人の女優が良かった。
STAR坊主

STAR坊主の感想・評価

4.0
女の子グループのあんななぁー
お金持ちお嬢様の委員長を嫌う女の子グループ、葵は親の愛情を感じられない生活1人ぼっち‥‥
友達や元カレとのいざこざに疲れる、はづき。
そんな二人が痴ほう症のお婆ちゃんを助ける所から物語は流れて行き、本当の友達とは親友ってなんだろうと考えさせる。

葵もはづきも悦子お婆ちゃんの想い出友達話を旅して二人が心のモヤモヤが吹っ飛んだと思う。
あの手紙とメロディーは良かった。

流れる思いでの曲が優しい雰囲気がとても素敵でもたいまさこはさすがの素晴らしい演技でした!
Garu

Garuの感想・評価

4.1
丁寧な作りが素晴らしい。

まず映像の作りが丁寧で上手く、すごく好きだった。
感覚的な好きよりも、どちらかと言うと技術寄りの、もちろん経験と才能によるものだと思うが、色々なところの作り方がちゃんとしてるのが好き。好感。
監督の作品は初めて観たと思うのだが、一気にファンになった。

もちろんそれに伴う本作の内容も面白かった。
若者特有の小さな世界での友情についての考え方と、それの成長が軸になっている。
ただ成長してなくなるのではなく、小さな世界はいつまでも小さな世界で存在して、世界が大きくなってもその小さな世界は変わらないと言うような事を感じさせてくれる。

主演の2人もとても良く、可愛かった。こちらもファンになってしまう。

経験がなくても女子だったことがなくても、大切な感情を共感出来る映画。しかも個人的に監督の作りは素晴らしく好き。

ただ、大切な感情だが、もっとハッとするような感情のドラマだったらと思う所もある。

すごく好きな作品だった。そして映画観たらポスターも良い。
Iri17

Iri17の感想・評価

3.0
チャラいJKも、真面目な委員長JKも心にぽっかりと空いた隙間が満たされない。親に相手にされない、友達との関係が欺瞞に満ちていて空虚、理由はそれぞれでも、2人の抱えている悩みは根本的に同じものだと思う。

この映画の素晴らしいところはJK2人の心情がかなりくっきり描かれているところだろう。かなりリアルでとても素晴らしかった。ちょっと展開とストーリーがつまらないなとも感じたが、女優さんの演技もすごく自然だったし、結構楽しめた。

僕は高校の時、双極性障害で3年間の思い出とか友達が皆無なんですが、最近の高校生ってこんなにヤバいんですか?怖いですね…
hyak

hyakの感想・評価

-
友達ほしいなあ。私も女子高生だったはずなんだけどな〜〜おかしいな。殴り合ってケンカして泣きながら抱き合ったりしたい。ああ…。なんかベタに泣かされてしまった。曲がいいよね。
おばあちゃんの友達が
大変だったねって声をかけたのが
すごく重みのある一言だったなって。
先日観た韓国映画「わたしたち」を観て、小学生のころは、小学校から半径1,2km以内の世界がすべてであるということを思った。しかし、本作のように高校生になると視野が広がっていく。

その視野が広がっていく中で二人の主人公が出会ったのが、認知症のお婆ちゃん。高校生になってもやはり精神的な部分では幼いし、経験もないので、全くの他人に接することで気づくことがある。水と油のような正反対な主人公二人だが、最終的に学校での友情関係ではなく本物の友情を得る。

ということで、女子高生向けなのかと思いきやそうではない、どの世代にも向けた作品になっています。

音楽は画面を観ながら、即興でピアノを弾いている感じがとても自然で、撮影も素晴らしい。キャスティングも映画が作られる前から主演が決まっているというありがちな邦画の制作スタイルではあるが、どの人物も全く違和感がなく集中してみることができた。

残念だったのが、階段を上るシーンがやたら多く、途中で何がやりたいのか解ってしまったこと。
kam

kamの感想・評価

3.7
優等生キャラの委員長と女子高生らしくチャラいはづき。全くキャラの違う2人は、人には言えない心の闇を抱えていて…もたいまさこ演じる痴呆症のおばあさん悦子との出会いをキッカケに2人の交流がはじまる。

主演二人の演技がすごく良かったです!
お互いをちゃんと理解し合える友達になれるかもしれない。でも、打ち解けられない。

はづきがとる葵(委員長)との関係性がもどかしい!高校という閉鎖空間の中での立ち位置を無くしたくないという思いと、いつもの仲間との距離感が開いていく感じ。あーもどかしい!笑

あまり長くない映画ですが、こういった雰囲気の邦画はこれくらい分かりやすく短い方な中だるみなく見れて良いと思います。
み

みの感想・評価

-
好きな映画。
主人公の2人が綺麗。もともと綺麗な2人を監督がさらに綺麗に撮るのがうますぎ。
FumikaToda

FumikaTodaの感想・評価

3.9
自分が幸せに生きてこれたからこそ、人の幸せを願える。たしかに自分が幸せな時って人の幸せを自然と喜べるなってこの歳になって私も感じられるようになった気がする。
学生の時って、周りの目とかどういう立ち位置にいるかが全てなっちゃうけど、はづきは本当に大切な事に気づけたんじゃないかなって思う。勇気を持って欲しい。
>|