ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走の作品情報・感想・評価

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走2016年製作の映画)

À fond/FULL SPEED

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:92分

3.4

あらすじ

整形外科医の父、妊娠中の母、9歳の娘に7歳の息子の四人家族のコックス一家は、おじいちゃんと共に真っ赤な新車でバケーションへ。しかし、途中立ち寄ったガソリンスタンドで迷子の女の子をおじいちゃんが車内に連れ込んでいたことが発覚し家族はパニック!さらに、車は130kmを超えたところでブレーキが壊れて、大暴走!!さらに160㎞を超えた車の中にまさかのスズメバチが侵入! 被害をだしながら進む車に警察・消…

整形外科医の父、妊娠中の母、9歳の娘に7歳の息子の四人家族のコックス一家は、おじいちゃんと共に真っ赤な新車でバケーションへ。しかし、途中立ち寄ったガソリンスタンドで迷子の女の子をおじいちゃんが車内に連れ込んでいたことが発覚し家族はパニック!さらに、車は130kmを超えたところでブレーキが壊れて、大暴走!!さらに160㎞を超えた車の中にまさかのスズメバチが侵入! 被害をだしながら進む車に警察・消防・救急隊まで出動しての大事件に発展していき…。

「ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走」に投稿された感想・評価

nuts

nutsの感想・評価

3.5
アホすぎてウケる。

車のスピードが設定されてしまって落ちなくなってしまい、爆走しまくるっていうバカな話。

終始車の中での出来事で、ここまで破茶滅茶な内容になるなんて…

個人的にはトイレのトラブルのヌルさにはちょっと納得いかない。
そうなるとは分かっていたのに、結果そんなオチ⁈
もっとハラハラさせてもらいたかった。

とりあえず、パパがロバートダウニーにしか見えなかった…。笑

2018-109
HIDE

HIDEの感想・評価

4.3
流石、ヒャッハーのスタッフ、面白い

主役がロバートダウニーJrにしか見えない
える

えるの感想・評価

3.0
ほのぼの家族ロードムービーかと思ったら、
『スピード』並のアクションを繰り広げながらの
ファミリーコメディでした。
フランスの笑いってシュールですよね。
ハラハラ、わはは、そしてイラッチクッとするところもある。
おうちで観るには 楽しい映画でした。
mariko

marikoの感想・評価

2.6
今年47本目
ツキが無さすぎ!!
3回くらい吹いた

AIの怖さをコメディで。
こと

ことの感想・評価

3.5
家族でドタバタコメディ映画🇫🇷

舞台は終始高速道路の車の中。
パリに住むある家族は、買ったばかりの新車に乗りバカンスへ。
嫁と舅の確執、というか空気を読めない舅、さらには新車らしからぬ故障の数々…家族に訪れる突然の危機!果たして無事に生還できるのか。

ずっと車の中で話が展開されて行くのですが、飽きずに楽しめました。
フランス版コメディとはこんな感じなのか〜

笑いに若干の雑さは感じたけど、これも国によりけりということで、個性ですね😊

家族で楽しめる作品です!
夢野猫

夢野猫の感想・評価

3.5
AI制御等への風刺を利かせたワンシュチエーションブラックコメディ。

笑えるかどうかは微妙な感じですが、登場人物が愛すべき馬鹿ばかり(笑)

そんな場合じゃ無いのに、やっぱり目が行っちゃいますよね、お爺さん(笑)
CHIHIRO

CHIHIROの感想・評価

3.3
おもしろかったけど伏線をもうちょい回収して欲しかった…家の件とかボトックスの件とか笑
いくつかレンタルした中で
こういうバカバカしくてほんわかするのが一本あるといいと思う。

ハイテク車を売りつけた方にかなり苛立ち。あっけらかんとしたあのおじいちゃんに苛立ちつつ、展開も小気味良い。ストレス感じなかったです。

ハイテク、といえば。
アメリカではレンタル店が残り1店舗というニュースを見た。
あちらではケーブルテレビが盛んであるのでレンタルなんかせずにすぐ配信されるからである。
まあ、自分で選んで見ることは変わりないのだけれど、なんというか、少しさみしい気もする。
ジャケットで選ぶ事もしばしばあるし。
あ、もうこれ準新作になったんだな、とか。顔馴染みがいたり。そういう小さい事だけどそういうものがなくなるのは。寂しい。だけど、人っていうのは便利な事を率先する。
いつか、日本からもレンタル店は無くなるだろう。実際潰れていっている。幼少期に行っていた寂れた店も、とうの昔に無くなっている。そういった感情もいつのまにか忙しさと当たり前の感覚で薄れていくんだろうな。
フレンチカーパニック映画の決定版!!
暴走車と化した最新鋭の自動車がハイウェイを疾走する!最新技術を信じるな!命取りになるぞ!
そして何もかもの元凶は老害という新旧の災い。親離れ出来ない大人、色ボケした老人の乗った車中が阿鼻叫喚の地獄絵図!!
………って考え無いで楽しむコメディ映画ですよw
紅孔雀

紅孔雀の感想・評価

3.0
途中までのクスぐりにぜんぜん笑えず、車が160キロで暴走し始めてからも、これまたちっとも笑えませんでした(笑)。でもつまらない、かと言えば、結構、かの『スピード』並にヒヤヒヤさせてくれて、よくできたカー・アクションなんですよね。笑えないけどよくできている、フランスならではの大人のコメディでした(と、意味不明のコメントですいません。でも、なんとも評価しにくい、一筋縄ではいかぬ作品でした)。
>|